CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«自覚と意志 | Main | 生きる価値を確認して治す意志から行動へ»
教員5400人、心の病で休職 [2010年01月11日(Mon)]

教員5400人、心の病で休職

 文部科学省のまとめでは、2008年度にうつ病や適応障害などの精神疾患で休職した全国の 公立学校の教職員は過去最高の5400人だった。(朝日新聞 1/10/2010)
 三楽病院の真金薫子氏は「「人間関係のあつれきに耐える力が弱くなっている」と感じている。 」神奈川県では、職場復帰を目的とした職場リハビリ制度を導入している。こうしたことが紹介さ れている。

 大分県の取り組みが asahi.com「教員の心の病対策 連携/医師やPTA」 で紹介された。うつ病など精神疾患で休職する教職員が増えている問題に対応しようと、県教委は 「学校職員のメンタルヘルス対策検討委員会」を昨年12月に立ち上げた。
 適応障害も抑うつ症状が中核となる場合が多いだろう。休職しても休職期間中に、種々の症状が 軽くならないのであれば、実態はうつ病である。 薬物療法で軽くならないならば、心理療法も提供する制度を作るべきである。
 教職に必要な技術、知識のスキルはありながら、日々のストレスの対処法次第でうつ病や適応障害の抑うつ症状が起こる。教職は生 徒と保護者とのコミュニケーションがあって大変難しい仕事である。ストレスの強い状況が多い。 全員が発病するわけでもないので、種々の支援のほかに、心の使い方を学ぶことも必要だろう。
Posted by MF総研/大田 at 11:37 | 教師の苦悩 | この記事のURL