CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«謹賀新年!(心の病気の哲学) | Main | 「絶対無の場所」の自覚から心理療法へ»
哲学から心理療法の開発へ [2010年01月04日(Mon)]

哲学から心理療法の開発へ

 =マインドフルネス心理療法と西田哲学

 アメリカのマインドフルネス心理療法は禅の哲学(多分、人の心の真相の哲学)を中核とした治療技法によって心の病気の治療をする心理療法を開発したという(ACTは行動分析学の発展の末に似たところへ来たという)。マイン ドフルネス心理療法で救われる構造を西田哲学(西田幾多郎)の言葉で簡単に見ている。

心理療法の開発も行為的直観、反省、意志の無限の作用

 マインドフルネス心理療法はアメリカで発達している。うつ病、不安障害、依存症などが治らず 、自殺が減少しない。日本ではやっと認知行動療法に注目し始めたばかりなのに、アメリカでは、 さらに先を行っている。アメリカでは、認知療法でさえも不充分である(*1)としてさらにうつ病 、不安障害、依存症、家族の不和、犯罪などが起きる人の心を探求して、効果の高い心理療法を開 発し続けている。この連載記事をよくご理解なされば、マインドフルネス心理療法がうつ病、不安 障害などを治すわけをご理解いただけるでしょう。しかし、一つ難問があります。この哲学に基づ いて開発された治療技法の「課題」を患者さんが実行してくださるかどうかです。この哲学に基づ く心の変容を起すようなトレーニング手法の開発が、アメリカの心理療法者の間で試行錯誤されて いるのです。そして私どももそうです。哲学的にはうつ病、不安障害などが治る原理はあるが、そ の実践方法はまだまだ開発途上です。患者さん向けのテキスト、セッション1から10までは、現 在のたたきだいです(改良が必要です)。 何割かの患者さんが治る、それで治し治される目的をめざして教え教えられる意志的行為(行為的 直観)をして、反省して、また行為し、治る。治る患者さんは苦痛が解消してそれで治す行為は終 結する。だが、 治療者は、その課題を実践できず治らない患者さんもいることを知り(反省)、葛藤を起す。 治療者にとって治らない患者さんがいるのは葛藤、苦痛であり、その葛藤の終結を意志する。もっ と 治療効率のよいもの(「理想」をめざしていく「意志作用」)をめざして、研究開発の行為をする (意志を含む行為的直観)。それを反省してまた「まだ十分治せない、さらによい手法が必要であ る」と衝突葛藤を起し、また理想を求めて開発する、無限に発展していくものです。
  • (*1)認知療法の限界があるのは、理論と治る実際との間にズレがあるためという。認知療法を 受ける人が治るには、「認知を修正」できたからではないというのだ。うつ病の薬物療法がうつ病 はセロトニンの分泌低下によるという仮説に基づいているが、ここにもズレが推測されている。う つ病はセロトニン神経が低下するだけで起こるのではない。 前頭前野、帯状回、HPA系(視床下部ー下垂体ー副腎皮質)などにも変調がある。セロトニンだ けを標的にしていては治らないうつ病がある。特に非定型うつ病、不安障害はそうである。
 うつ病、不安障害の治療のヒントが、人の精神活動を哲学的に探求して説明した西田哲学から得 ることができると思います。しかし、西田哲学は哲学であり、心理療法ではありません。その哲学 が解明する心、精神活動(西田は意識現象という)を心の病気の方にいかに習慣化させるか(*2)治 療法を開発しなければなりません。
  • (*2)次のような直観、反省(直前の直観における自己の作用を知る)、意志、行為など。
    • 客観と主観の別がない行為的直観に生きる
    • 自己の細工を用いない(直観の時に駆動させる本音を停止する。本音は、見る時にすでに思惟 (価値崩壊の思想、知識。自分はだめ、できない、など)、感情(嫌悪、不安など)、意志(回避 、逃避、依存など)が働くので、それに気づき(反省)違う直観、意志を起すことが必要である。
    • 自己自身の作用を反省するに留めて作用の対象を次々と変えていく連想思惟にはいらない。
    • 短絡的な楽への習慣的な行為(苦痛からの回避、逃避、依存、欲望充足など)を変えるために 個人の願い(長期的な)目的(家庭や社会での役割を果たせるようになりたい)をめざした意志 =行為的直観=を行為するトレーニング。
    • その他、西田哲学のような自己や世界(苦痛の対象)の哲学に基づく種々のトレーニングを行っていくが、治療 者から助言されて意識的に訓練する直観、思惟、意志が習慣化されて行為的直観的「無意識的」に 行われて葛藤、苦痛を起さないようになること。 「病気であることを忘れて薬を服用するのを忘れていました」ということから回復が自覚される。 苦痛にならない行為的直観の生活が多くなって、自分の「苦痛」や「自分はうつ病者である」「パニック障害である」「対人恐怖症である」と苦 痛や自己を対象化して分別思考しなくなっているので ある。1,2年の訓練の後、 「いつのまにか、自分がうつ病、パニック障害であることを忘れていることが多いです。」という ことが1カ月も続けば「完治」である。

(カウンセリングを受ける患者さん(心の病気の方)にはやさしく説明します。哲学的な言葉ではなく、高校生程度で理解できるように説明します。)


 認知療法は、西田哲学でいう行為的直観の後の「反省」、さらに思惟を用いて、患者の「思想、知識」を変えようとする心理療法です。しかし、西田哲学は思想、知識のみを扱わず、「思想、知 識」も含めてすべての精神作用を統合する「意志作用」、そして意志作用が生じる自己の根源、真に実在するものは何かを探求しています。 自己とは何か、苦悩の対象となる客観的存在とは何か、それを見る作用、その作用を見る「作用の作用」を探求しています。うつ病、不安障害も行為 的直観から離れて対象を苦痛とみています。だから、西田哲学が示唆する方向こそ究極の心理療法が向かう方向であろうかと思います。 アメリカのマインドフルネス心理療法の輸入も始まりました。禅の哲学だと言っています。私ども は西田哲学で説明ができると思っています。 西田哲学、禅の哲学を背景にした心理療法はこれまで日本にないので研究、体系化は始まったばか りです。心理療法と西田哲学の論文は存在しません。このブログはテ キストの草稿の草稿で、思索しつつ書いています。将来、加筆、修正、編成しなおして、テキ ストにします。講座に出席なさる受講生の方に配布します。過去の講座に出席なさった方にも配布するつもりです(本年、秋になります)。
Posted by MF総研/大田 at 12:09 | 私たちの心理療法 | この記事のURL