CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«行為的直観(1) | Main | うつ病、医療崩壊»
行為的直観(2)・自己なし、自己を無にする [2009年12月19日(Sat)]

行為的直観(2)・自己なし、自己を無にする

=自己なし、自己を無にする

 マインドフルネス心理療法の救われる構造を西田幾多郎の言葉で簡 単に見ている。

行為的直観

 直観が行為を生み、行為が直観を生む。そういう行為的直観は、 自己否定をとおして成立する。自分を否定して物自体となって 物を見るとき、行為にかりたてられる。自分がないのである。主観が あって客観と合一というので はなく、自己、主観がないのである。自己がなくなることによって行 為的直観があるのである。自己は、点ではなく、すべての対象や作用 を内に包む場所的なものである。自己なくしてすべてを包み映すもの が自己である。見られるすべてと自己は対立していない。自己なき自 己である。
     「私の直観というのは従来の直観主義に於いて考えられたものとそ の趣を異にしていると思う。 いわゆる主客合一の直観を基礎とするのではなく、有るもの働くもの のすべてを、自ら無にして自 己の中に自己を映すものの影と見るのである、すべてのものの根底に 見るものなくして見るという 如きものを考えたいと思うのである。」 (「働くものから見るものへ・序」、巻4、5頁)

     「自覚というのは自己に於いて自己を見ると考えられ、しかも自己 が見られない所に即ち自己が 無となった所に真の自己を見ると考えられるのである。対象的に見ら れるかぎり、それは自己でな い、・・・自己に於いて自己を見るというのはどこまでも対象的なる ものを包むということを意味 するのである、場所が無となって行くということを意味するのである 。」 (「無の自覚的限定」、巻6、89頁)

     「真の自覚というのは無にして自己自身を見る、無が無自身を限定 するということでなければならぬと思う。自己とは無にして有なるも のである、それは単に過程として見られるのではない。自 覚的過程というのは無にして見るものの自己限定として見られるので ある。」 (「無の自覚的限定」、巻6、101頁)

マインドフルネス心理療法への方法

 行為的直観の「自己なし」は、哲学を理解することと、現実になりきることとは違う。 哲学者が、「自己なし」を実践できているわけではない。哲学は、あくまでも、思惟である。 「自己なし」を実践したものは、叡智的レベルの思惟ができる。
 我々は行為的直観的に見て、行為するものである。その時に、実体 的な自我があると執着して自己の小細工 を弄して、自己の判断評価に固執すると行為的直観を失う。現れる現 実をあるがままに見ることができず に苦悩の思考を起し、客観から遠く離れた苦悩の行為を生み、持続す ると、心を病むことになる。
 精神疾患を治癒させるマインドフルネス心理療法においては、自己 を無にする、自己の評価をなるべく停止して、症状や状況、感覚、感 情などをあるがままに見る、聞く、感じて、一方、価値実現のことに 意識を向ける(意志作用という)という訓練を続ける 。自己を無にする、自己なくして、現れる現象をあるがままに観察( 直観)する。この時、たとえ不快 な現象が現われていてもそのままに受け止める、映すので、それ以上 の苦痛(思考の回転による苦痛)は拡大しない。
 それ以上の苦痛とは、自己の主観的、独断的、自己中心的な評価的 判断、才覚で、現われた客観を嫌い、不快の思考 をすると、ネガティブな感情を誘発してこれが苦痛を加えるのである 。さらに、意識しない身体内 部で神経生理学的フュージョン(連合)をひきこおこして症状が悪化 するのである。
 自己を無にして見るだけの受動的な観察のみでは、それ以上悪化さ せないという消極的な状態に とどまり、神経生理学的フュージョン(連合)によって生まれた症状 (身体内部の病理)が回復す る保障はない。現状維持にとどまるかもしれない。そこで積極的な行 為(価値実現の意志的行為)が必要となる、行為的直観 である。主観的独断的な評価を脇に置いて、自由意志により価値実現 の行動をするのである。
 価値崩壊の反応は習慣化されていて、神経生理学的な基盤も恒常化 」しているので、 いっそくとびに、発病前と同様の行動はできな くても、類似する行為でやさしいことを行為するのである。行為的直 観的にやさしい課題を実行す るのである。不快な事象があっても、課題が不快であっても、それを 受け入れて(なるべく自己の主観的、独断的な評価的判断を無にして )、価値あることを実行するのである。そうい う行為、課題は、治癒に改善効果があることが合理的で、確認された ものでなければならない。苦行のような課題で あってはならない。ありもしない絶対者を崇拝させるもののような直 観から離れたものであっては ならない。

    (注) 上記の( 頁)は、西田幾多郎全集、昭和40年、岩波書店。

Posted by MF総研/大田 at 18:59 | 私たちの心理療法 | この記事のURL