CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«非定型うつ病をマインドフルネス心理療法で治す(2) | Main | 非定型うつ病を治す(3)»
<目次>マインドフルネス心理療法と西田哲学 [2009年10月24日(Sat)]
<目次>マインドフルネス心理療法と西田哲学
  • 患者さんにはやさしい技法に変えて助言する
  • 参考にした西田哲学は難しいけれど心理療法はやさしく
    ◆この連続記事は哲学の紹介ですから心理療法ではありません。患者さんにはこの まま説明はしません。哲学を背景にして患者さんでもやさしくできるような治療技 法として開発されます。最初は難しいでしょうが、何度も聞いているとわかってき ます。
  •  自己洞察瞑想療法(SIMT:Self Insight Meditation Tecnology/Therapy)は、西田哲学をモデルにして深い自己の探求をしていくことによって、心の病気を治し、さらに西田哲学に導かれて自己洞察を深めて、医療分野以外のべての領域に貢献しようとする手法です。
     心の病気の治療のためならば、西田哲学でいう、自覚的自己までで(初級)十分ですが、ただし、それを越えた直観の手法を初級でもおりこみます。そして、心の病気が治癒してさらに探求する人、および、最初から医療以外の領域に取り組む人は、西田哲学でいう、叡智的自己、人格的自己の探求までを視野に入れて、初級から中級、上級までを探求します。
     (ただし、これは、西田哲学ではありません。それは、西田哲学の研究者の役割です。 SIMTは、西田哲学の実践です。意志作用の習得、行為的直観の実践、絶対無の立場からの実践、そして、社会の現実の種々の領域での応用の実践です。心理療法が一つです。あらゆる領域に於ける自覚的自己、叡智的自己、人格的自己に生きることを通して、貢献できる可能性があります。)
      ★自己洞察瞑想療法(SIMT)の構造
      (西田哲学から学んで、どうすれば、心理療法にできるのかを考えつづけている。これが一例である。西田哲学それ自身は心理療法ではない。それを、どのように応用すれば、現実に苦しむ人を動かして、西田哲学がいう深い自分を発見して自分を肯定できて苦悩を克服できるのか、課題である。)


    西田哲学に関連する記事
  • <目次>西田哲学からみる科学学問、そして哲学
     〜マインドフルネスSIMTと表裏
    (8/21/2015から)
  • <目次>最も深いマインドフルネスの実践の哲学(6/11/2015から)
     =これは、西田哲学の人格的自己、絶対無、世界の立場からの実践になります。
     西田哲学は、実践面が弱いという批評があります。本当にそうなのか。西田哲学の実践論を解明します。
  • <目次>NHKこころの時代「日本仏教のあゆみ」(4/23/2015から)
  • <目次>道元禅師のマインドフルネス (4/15/2015から)
  • <目次>板橋勇仁氏の西田哲学に学ぶ(2/03/2015から)
  • <目次>マインドフルネスには哲学つきもの(1/28/2015から)
  • <目次> 人格的自己の「マインドフルネス」へ(哲学者井筒俊彦に学ぶ)(10/26/2014から)
  • <目次> 専門家のエゴイズム(9/12/2014から)
  • <目次>苦悩の現実の中で世界を創造して生きていく (03/03/2014から)
  • <目次>人生の価値を発見して生きる(01/31/2014から)
  • <目次>人生価値の確認(1/07/2014から)
  • <目次>叡智的自己 (10/13/2013から)
  • <目次>人格とは何か (7/16/2013から)
  • <目次>昔から日本にあったマインドフルネス
  • <目次>竹村牧男氏「日本仏教の歩み」

    ◆マインドフルネス心理療法、西田哲学 ◆西田哲学の最終的立場 ◆宗教と西田哲学 ◆薬物療法や従来の心理療法の限界とマインドフルネス心理療法 ◆種々の自己 ◆種々の世界 ◆絶対矛盾的自己同一 ◆価値の確認 ◆行為的直観 ◆作られたものから作るものへ ◆場所 ◆実践 ◆自覚と意志 ◆我執、独断が自や他者を苦悩させる ◆思考、思惟、苦悩 ◆直接経験、直観 ◆V・E・フランクル
  • Posted by MF総研/大田 at 22:21 | マインドフルネス心理療法 | この記事のURL