CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«弁護士までが違法薬物汚染 | Main | 不安障害もマインドフルネス心理療法で改善します»
AERAムック「職場のうつ」 [2009年09月20日(Sun)]

AERAムック「職場のうつ」

 AERAムック「職場のうつ」(朝日新聞社)が発売されました。 残念ながら、マインドフルネス心理療法の紹介はありません。 それが、日本ではまだ行う人が病院などにいないということをあらわしています。 普及するまでに10年はかかるでしょう。
また、情報がどのステップに該当するか分類してみました。 情報がない部分、治療法がない部分があります。大都市とそれ以外に区分すると、いよいよ、空白の地域があるでしょう。

これは充実したデータ集である。
  • (A)まず、最寄の精神科医、心療内科医の治療を受ける
  • (B)それで治らないのであれば、多少遠くても、うつ病専門のストレスケア病棟 (P86)に加入の病院の 治療やカウンセリングをうける
  • (C)それで軽くなって復帰が近いようであれば、復帰支援プログラムを受けるのがよ い。
  • (D)復帰しても5割は再発している。そこで、再発防止のために、「アエラ」では、認知行動療法を受ける、自助グループに参加する、自助グループを作ることがよいという。
 これだけ充実していれば、治りそうなものだと思う。(A)だけで長びかせず、よくみて くれる医者をさがすのがよい。(B)は薬物療法だけでなく、カウンセリングもある。ここ までで大部分が改善しそうなものだ。
 ただし、非定型うつ病は難治性の場合があるので、カウンセリングでも治らないよう であれば、「非定型うつ病」でも扱ってくれる医者、カウンセラーをさがす。
 この本でもいうように、薬物療法だけで復帰すると5割も再発(非定型うつ病も多いだろう) しているので、 再発防止のために、認知行動療法を受ける場を作る、自助グループを作ることもよい。ただし 自助グループは薬物療法だけで治った人たちだけで会合を重ねるのではなくて、認知行動療法を学ぶ場としたほうがよい。自信のない人たちばかりで会合していて、共倒れになるとまずいだろう。
 また、この「アエラ」の紹介するサービスでも地域によってまだ不充分である。これは、東京、企業で働いていて退職していないめぐまれた人たちのプログラムが中心である。また、地方では 薬物療法だけしか受けられない地域もあるし、認知行動療法のカウンセラーがいても、それでも治らない人がいる。 40歳、50歳まで立派に生きてきて、うつ病になった時、若いカウンセラー(認知行動療法は新しいので若い人が身につけている)から、「認知を変えなさい」と言われてもとまどう。認知行動療法のカウンセリングを続ける意欲を失うことがある。
 女性、高齢者、子ども、家庭が不幸な場合のうつ病についても、上記の相談組織だけでは不充分である。
 また、相談機関があっても支援を求めようとしない心理傾向の強い人もまだ対策が見えない。 いくつかの調査で誰にも相談せずに自殺する人が多いことが指摘されている。精神科医だけにかかって他に相談したら治るとは思いにくいのがうつ病である。コミュニケーションをとれない。うつ病とはそういう病気である。 相談のネットワークがあっても、強く「治る」と言いながら信じられるような治療を助言しないと、うつ病はどうしても死にたくなる病気である。薬物療法を受けると同時にうつ病に詳しい心理療法者(*)のケアを受けるような体制をすすめたほうがいい。うつ病は絶望の病気である。精神作用が制止して、相談すれば治るとも思えないような異常な心理になる深刻な病気である。薬物療法を開始しても希死念慮、自殺念慮は消えない。治らない期間が長くなるにつれ絶望が深まる。実存をおびやかされる病気であり、それをよく心得ていて治せるスキルを持つ心理療法者がよりそうべきである。やさしいだけでは、死にたい気持は変わらず深刻なうつ病は治らない。

(*)大部分の医者は、認知行動療法のスキルを持たないし、患者が多くて10分診療という実情から、心理療法の提供は経営上できない。おまけに認知行動療法も患者を指導するほどに熟練するのは簡単ではない。医者以外の心理療法者が必要である。
Posted by MF総研/大田 at 17:32 | うつ病 | この記事のURL