CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«自死は病死である | Main | 心理療法・2種を使い分ける(5)»
非定型うつ病がマインドフルネス心理療法で治った! [2009年09月08日(Tue)]

非定型うつ病がマインドフルネス心理療法で治った!
 =そして再就職

 最近、マインドフルネス心理療法を受けて 治った(非定型うつ病だったと思われる)という 方から再就職して無事ひと月たったと連絡がありました。 非定型うつ病だったらしく薬物療法だけでは治りにくかったのですが 熱心にマインドフルネス心理療法による課題(呼吸法、ストレス処理の心得、運動など )を遂行されて治されました。
○○様 (マインドフルネス総研のカウンセラー宛)
  ○○様

朝晩には随分と秋の気配を感じる季節となりました。
○○先生ご夫妻様にはいかがお過ごしでしょうか。

私達夫婦はお陰様で、元気に過ごしております。
主人が働き始めて、1ヶ月が経ちました。
いろいろストレスはあると思いますが、毎日元気に仕事に行っております。
ここまで回復できたのは、ひとえに先生のお陰です。

(途中省略)

1ヶ月無事に働くことのできたご報告とお礼を兼ねて、メールさせていただきました。

まだまだ気が抜けない、大変な時期だとわかっているつもりです。
これからも二人で協力して、頑張っていきます。

(以下省略)

○○○(カウンセリングを受けた方のお名前)
○○○

 この方は、 鉛のように重く感じる鉛様麻痺感、夕方からの方が気分の落ち込みという 特徴から「非定型うつ病」だったようです。 地元の医者による薬物療法を開始したが 副作用が強くてSSRIなどは長く服用できませんでした。 カウンセリングも受けたが治らなかったとのことでした。
 そうした薬物療法やカウンセリングを開始後1年半たったころ、 治らないので、インターネットで検索して 当会を知り、カウンセリングにお見えになり、こちらの心理療法を開始しました。
 この方は想像もできないほどの長距離にもかかわらず、セッション10までカウンセ リングを受けて、 それからは自主的に課題を実行して 薬も止めることができて1年半たって治ったのです。そして再就職されたのです。
 この完治の背景には、家族の温かい愛情と協力がありました。遠いところを時々、お 二人でカウンセリングにおいでになりました。非定型うつ病は薬物療法だけでは治りに くく、命の危険もあったそうですが、この方は熱心にマインドフルネス(自覚と直接経 験注意)やアクセプタンス(不快事象の受容)の課題を実行なさって、順調に回復され ました。運動のうちでも、水泳をよくなさったのです。 まるでマインドフルネス心理療法のモデルのような回復経過でした。 非定型うつ病も、マインドフルネス心理療法で治るという貴重な事例です。もちろん、 ご本人の真剣な課題の実行のおかげです。
 うつ病は自殺のリスクがあります。家族が理解と支援をすべきです。本人と医者まかせにしていると、治らない場合、自殺のリスクがあります。家族が関心をもってくれないと孤独を感じます、絶望します。自殺がありうる深刻な病気ですから家族が勉強していただきたい病気です。
 おたよりをいただきました。一部をご紹介させていただきました。 薬で治らないのであれば、非定型うつ病かもしれません。 全国におられる非定型 うつ病が治らずつらい思いをなさっておられる方も希望をもっていただきたいと思いま す。
 おたよりにもありますが、就職してまだ1カ月です。 薬物療法ではうつ病は再発が多いのですが、この方はマインドフルネス心理療法 によって心の免疫力が変わっておられます。薬物療法だけで回復した場合、自己評価の 低さ、自己の根源的な不信が残っています。 マインドフルネス心理療法で治った場合あきらかに違います。どういう心の使い方がうつを招くかを学習してそうならない心の使い方(無用の思考に落ちないで直接経験注意集中、不快事象の受容など)をトレーニングしました。うつ病の重要な症状が起きる前頭前野の機能の回復の実践も十分にしました。だから、精神活動の回転は発病以前の健康な時期に戻っています。薬物療法での回復の場合、気分は改善しても前頭前野の機能回復が十分ではないことが多くて復帰しても、仕事の処理能力、コミュニケーション能力などが十分に回復しておらず、自己評価が大変低くなっています。
 マインドフルネス心理療法で回復した場合、自分の精神作用の理解があり、うつ病のわけもわかり、前頭前野の機能の回復もあり、ストレスの対処法を身につけたということから、 自分の信頼、自信、自己 評価の高いことです。もう大丈夫だという自信があります。最初の発病以前よりも、ストレスへの対処ができま す。 今後もストレスはあると思いますが、アクセプタンス(不快事象の受容)のスキルが身について心の免疫力 が強くなっていますので、切り抜けていかれると思います。


  • ほかにうつ病やパニック障害を克服した人たち

    「家族の自殺を防止するための新しいうつ病対策の準備会」

  • ⇒会合を持ちませんか
  • Posted by MF総研/大田 at 23:12 | 新しい心理療法 | この記事のURL