CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«自殺防止活動に考慮してほしい | Main | 非定型うつ病のモデル図»
家族にできることがあるとはうつ病と知ってから [2007年09月17日(Mon)]

家族にできることがあるとはうつ病と知ってから

 次のよびかけをしています。  こう書いているのは、自死遺族に「あなたが気づくべきだった。助けるべきだった。」と過去の ことをいうのではありません。 もし、そうご自分で思う<後悔、自責>のため、あるいは、ご家族が責める<他責>によって、今 苦しんでいるのであれば、生きておられるその方自体の支援のために「家族でできることがあるの では?」ということになります。過去を後悔、責めることが「家族ができること」ではありません 。「家族ができることは」現在、うつ病や他の心の病気や家族間の不和などの悩みの支援のことで す。
 自死のご遺族は後悔や責め合いはしないほうがいいと思います。 自死は種々の要因が重なって起きているので、家族の責任ではありません。 従来のうつ病の教育、治療技術、うつ病のわかりにくさなどがあります。
  • 何しろ「うつ病」は大変わかりにくい病気です。本人も悩むから調子が悪いのだと思い、「う つ病」であるとは気がつかないような病気ですから、家族も気がつかないことが普通です。
  • 学校教育でも「うつ病」について学習する機会がありませんでした。たとえ学習していたとし ても、現実に「うつ病」になった場合、「これがあの時、学習した「うつ病」なのだ。」というふ うには気がつきにくい病気です。
  • たとえ、うつ病だとわかって、薬物療法を受けても、なお治らない「うつ病」が多いのですか ら。家族にできることは限られています。医者でさえも治せない「うつ病」も多いのですから。 家族の責任とは言えません。
  • 家族がうつ病になった原因、債務とか就職とかいうことも家族ができることには思いつかない ことが当然です。そういう知識も持ち合わせていないことが普通だからです。最近では、支援組織 が紹介されるようになりましたが、情報がわかるとは限りません。
  • たとえ、うつ病であるとわかっても、できることは限られていました。どうしたらよいか分ら ないというのが普通以上のことです。
 だから、ご家族の自死を防ぐことができなかったのは 後悔したり、責めることをしないほうがいいと思います。種々の要因が重なってうつ病になります ので、遺族の方のせいではありません。「できることがあったのでは?」ということは現実には難 しいです。 後悔すると遺族がうつ病になってしまいます。 これからの連続記事は過去のことではなくて、現在、うつ病になっているかたの自死予防で す。 自死遺族の苦悩、うつ病も含めて、今うつ病で悩むご家族がおられるのであれば、勉強したほうが いいこと、ご家族のできる支援を考えています。それでも、種々の事情から、大変難しいです。た だし、うつ病になると、思考力、判断力、行動力、情報探索力、コミュニケーション力が変化しま すので、ご家族が心得ておいたほうがいいこと、できれば、代行すること、支援できることなどの ヒントをつかんでいただきたいのです。もう、これ以上、うつ病で苦しむこと、自死を起さ ないためにできることがないか考えます。
連載記事=自死は防止できる
Posted by MF総研/大田 at 15:13 | 自死予防対策 | この記事のURL