CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«心の川 | Main | パニック障害の改善例ーその後(注)»
パニック障害の改善例ーその後 [2007年04月27日(Fri)]
「パニック障害の改善例・手記」 (後編)

 ** 自己洞察法によって症状が改善した事例(後編) **

 埼玉メンタル・カウンセリング協会(マインドフルネス総合研究所の前身)の新しい心理療法(マインドフルネス、アクセプタ ンスを中心とした「自己洞察瞑想療法」)で、パニック障害が改善した方から、手記が寄 せられました。前編として、掲載させていただきました。
パニック障害が自己洞察瞑想療法で治った(手記)
(前編)苦しんだ日々、カウンセリング、そして、治るまで−(1)
(前編)苦しんだ日々、カウンセリング、そして、治るまで−(2)

今度は、その2年後のご様子を、メールの内容で、ご紹介します。ご本人の承諾を得てい ます。プライバシーにかかわることは含みません。
  • 初めてカウンセリングにこられた時、40代の主婦であった。
  • プライバシー保護のため、ご本人と同定されるような情報は含んでおりません。
  • カウンセリングにおいでになった年を【(0)年】とし、その2年前を【(-2)年】、翌 年を【(+1)年】とします。 これは、大田の処置。
  • (注X)は、メールには、なかったもので、大田の 加えたコメントである。
 薬物療法では治らなかったパニック障害で、面接前にあった症状がほとんどなくなって から、2年後にも、「外出恐怖も何もかもなくなり」と、全く発作も広場恐怖もないとい う。
 しかも、自分と他者、環境というものについての洞察が深まっておられることがわかる 。こういうものの見方の深まりは、マインドフルネス心理療法においては、よく報告され ている(注3)。すでに、セラピストからは離れている のに、本人が、その後も、呼吸法を中心にしたマインドフルネス、アクセプタンス、機能 分析法などを実践していると、セラピストの指摘によらず、自分からおのずと洞察されて くる。
 この方は、治療中においても、症状や環境について、自己について、洞察の深まりがあ った。いつか機会があれば、ご紹介したい。
6)その後、再発せず、普通の生活が続く
【(+4)年春】
 Mさんから、当協会の代表あてに、メールをいただいた。2年近く経過した頃であった。全く 発作が起きず、完治した状況が続いている。この人は、前編に記載されている時の面接以 後は、全く、来訪されていない。ご自分ひとりで、実践を継続して、自己洞察が深まって いった様子がみられる。
    XX先生 ご無沙汰しております、XXです。

    <一部省略>

    先生とこちらの療法のおかげで、私は普通の主婦の生活ができるようになり、 さらに、ささやかですが、家計の足しになるアルバイトができるようになった ことに感謝しております。

    今は外出恐怖も何もかもなくなり、穏やかに過ごせています。 でも、短時間ではありますが、坐禅(呼吸法)はしています。 頭の中がしんとなる心地よさは、ほかの何ものにも代えられません。

    でも、今まさに苦しいまっただ中の方もいらっしゃるわけです。 その方たちにも何とか良くなっていただきたいと、心から思っています。

    > 体験談を見て、パニック障害の方がよくおいでになります。
    > この心理療法への信頼を高める効果があります。
    > 社会へのご貢献ありがとうございます。(注4)


    私としてもうれしいかぎりです。 自分の症状が一番ひどかったときを思い出してみると、 「このつらさが一生続くのだろうか」「二度と普通の生活が送れないのでは?」 という不安が一番強かったように思います。 「つらい状態は固定的で、絶対に変化しない」と思い込まずに、 「自分は変化しうる存在なんだ」「永遠に同じ状態ということはあり得ない」 という希望があるかないかで、随分違う気がします。

    体験談というのは、そういう役割を持てると思っております。

    <一部省略>

    それから、私自身のことですが、パニックになったそれなりの理由というものが、 自分の気質・性格の中に大いにあったと気付きました。 環境のせいばかりにしていたのですが、自分の気質がそれなりの環境をつくり、 その環境からの刺激でさらに自分の気質が強まる、という因果関係のようなもの だったと、やっと気付いてきたこのごろです。遅いですね。 でも、この気質は先天的というか、心の癖のようなものかもしれませんね。

    私のようにパニックになる人は、他人と自分の境をつけ過ぎる、他人から傷つけ られることを防御するために、その人を嫌う方法をとる、ということが多いのでは ないでしょうか。
    つまり、「自分、自分」という狭い思考やものの見方のせいで、自分自身が苦しむ のではないでしょうか。

    いつか、先生から頂いたプリントの中に、心を病む人と病まない人の違いのような ものが列挙されていて、「母のように包み込む気持ちのある・なし」が 書いてあったように思います。
    あの当時はあまりぴんと来なかったのですが、なぜか心にずっとありました。 それが今になってみると、まさにそのとおりだと納得できます。

    母のような気持ちがない=受容しない、包容力がない、排除する、慈悲心がない ということですから、そういう自分なんだと認めることはかなりキツいことです。 でも、見るべきものは見なければ、何も変わりません。

    ただ、生来の性格ですから、なかなか「母のような気持ち」を常に持つことは難しく、 周りの人を批判してしまったり、軽く嫌悪してしまったりという気持ちのほうが まだまだ多く、反省の多い毎日です。

    でも、そういう自分の状態を意識していれば、二度とパニックに戻ることはなく、 わずかずつでも変わっていけるのはないかと思っています。 以前、先生がおっしゃった「心の中で第二の自分が見ている」というようなことです。 (注5)

    心の悩みの答えは仏教にある――という直感は今も変わらず、まずは初期仏教から 少しずつ調べて勉強しているところです。 知れば知るほど、お釈迦さまは本当に素晴らしい教えを開かれた、と感動します。 その仏教を基本にした先生の療法は、絶対に世のためになると確信しております。 (注6)

     先生にはぜひご活躍いただき、苦しむ方を導いて差し上げていただきたいです。 そのお手伝いが少しでもできれば、これほどうれしいことはありません。 そのおかげで私自身も精進させていただくことができますから。 (注7)



    ありがとうございました。

(注) 大田のコメント (次の記事)

 このように、発作も広場恐怖も全くなくて、普通の生活を送っておられる。ところで、パニ ック障害になる人は、中脳水道(または青斑核という説もある)に脆弱性、過敏性があっ て、そこが興奮した時に、発作が誘発されるという仮設が有力である。そのようなクライ アントが心理療法で完治した時には、脳神経はどんな変化が起きているのだろうか。
 HPA系の負のフィードバックは改善されたのだろう。縫線核セロトニン神経も強化されただろう。これで、就寝中の発作や、発作のない時の身体症 状も消失する。前頭前野が活性化して、意識的な抑制、広場恐怖への自動思考、予期不安が抑制される。しかし、解明されていないことがある。
 中脳水道の脆弱性、過敏性は、そのままであって、セロトニン神経の無意識の抑制と、 前頭前野からの意識的な抑制の2つの抑制力が発作の誘発を抑制しているのか。
 それとも、中脳水道(または、青斑核)の脆弱性、過敏性が解消したのか。このいずれ であるのかは、確認されていない。
 もし、脆弱性が残ったままであれば、何十年後、加齢による、セロトニン神経や前頭前 野のおとろえによって、高齢になってからパニック発作が起きることがあるのか、わかっ ていない。高齢者のうちには、介護などで、うつ病になる人は多いが、パニック発作を起こさない高齢者は多い。若い頃、パニッ ク障害となって、マインドフルネス心理療法で完治した人が、その後、高齢になっても、 再発しないのか、知りたい。心理療法は、中脳水道などの脆弱性を完全に修復するのかど うか。その後、高齢になっても、再発しないのか、知りたい。心理療法は、中脳水 道などの脆弱性を完全に修復するのかどうか。心理療法で完治した人を何十年も追跡調査 しないと判明しない。
 この心理療法は、マインドフルネスとアクセプタンスを重視した瞑想によって、ストレ ス耐性を向上させることにより、種々の心の問題を解決する心理療法であり、アメリカでは、 かなり盛んになっているが、日本では、まだ、これを行なうカウンセラー、セラピスト、 精神科医は、ほとんどいない。だが、研究が始まっているから、今後、日本でも、普及し ていくだろう。アメリカのセラピストは、開発者が、それぞれ、名称をつけている (ストレス緩和プログラム、弁証法的行動療法など)が、私の心理療法は、少し異なるところがあるので、独自の名称(自己洞察瞑想療法)をつけた。総称すれば、マインドフルネス心理療法であろう。そして、認知行動療法の一種である。
Posted by MF総研/大田 at 23:25 | パニック障害 | この記事のURL