CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
朝日新聞で西田哲学を紹介しています [2018年09月18日(Tue)]

朝日新聞で西田哲学を紹介しています

9月17日の朝日新聞で、西田哲学を紹介しています

https://www.asahi.com/articles/DA3S13682385.html
「西田哲学 西洋との格闘」

 記事は、西田哲学館の浅見氏や東洋大学の竹村氏の言葉を述べています。

 「日本に閉じこもらず、かといって西洋への違和感を無視せず、 世界の哲学に独自の考えを加えようとしていた」(浅見館長)

 竹村牧男氏(東洋大学学長)は「昨年、オランダであった研究会に参加すると、 エストニアの研究者らが哲学を論じていました。」

 「西洋の人間観や世界観が行き詰まりを見せる中で、西田は欧州人にとって、 哲学と宗教の世界に新鮮な視点を提供する貴重な存在なのでしょう。」

 こう述べておられます。西田哲学が世界中で研究されています。自己を究明する 禅やマインドフルネスの論理的基礎です。日本の禅やマインドフルネスの専門家が知らないではすまないのではないでしょうか。ACTにも、弁証法的行動療法にも、ビパッサナー瞑想の初期仏教(四諦八正道)にも「自己」の観察がありますが、日本のもの(禅や西田哲学)とは、必ずしも同じではありません。

 ブームの「マインドフルネス」の前に、日本には禅がありました。次に、 西谷啓治の言葉を紹介しますが、禅こそ「マインドフルネス」「自己の観察」なのです。 禅のいいかたはわかりにくかったので大衆化されませんでしたが、 自己の真相の哲学は確かです。
 自己の真相の哲学としては、日本の鈴木禅哲学や西田 哲学を羅針盤、全体の「海図」として展望して、観察の方法は「公案」「只管打坐」の方法ではなくて (これらは大衆化できなかったから)、ブームの「マインドフルネス」のように、わかりやすく説明して観察していく、 新しい実践を開発研究していけば、第一に、方向を日本人のものと乖離せず、第二に、西洋がおちいった二元観の 限界に突き当たらず、どこまでも深い「己事究明」「自己洞察」「観察」「マインドフルネス」 になると思います。
 千年もの伝統がある日本の禅、そして論理的に記述された鈴木と西田の哲学も大切にしたいものです。
Posted by MF総研/大田 at 22:16 | 深いマインドフルネス | この記事のURL
金沢でマインドフルネス瞑想療法士🄬の講座と鈴木大拙館の見学 [2018年09月17日(Mon)]

金沢でマインドフルネス瞑想療法士🄬の講座と鈴木大拙館の見学

 金沢から、さきほど戻りました。

 昨日は、マインドフルネス瞑想療法士🄬の認定講座の第4回、マインドフルネスのための西田哲学入門でした。場所の論理、対象と作用とは同じ場所にある、意識の階層、それに応じた自己の階層、そして、意志作用の哲学を学習しました。

 本日は、北陸マインドフルネスセンターさんの企画で、加賀料理をたべて、鈴木大拙館の訪問でした。

 料亭は寺町の一角にありました。時間があったので散策すると、寺がたくさん、何十もあるようです。一つの禅寺で松尾芭蕉の句碑に遭遇しました。芭蕉も「マインドフルネス心の世界遺産」の一人です。偶然みつけて嬉しかったです。芭蕉は、江戸の禅寺で修行し印可されました。句が深くなりました。そのあたりに芭蕉の足跡があります。
 料亭を出て、閑静な小道を歩いて大拙館に向かいました。途中、三宅雪嶺(北陸マインドフルネスセンターさんが説明してくださいました)の生家跡をみて、大拙の生家跡を見て、大拙館にいきました。そこで学芸員さんの説明をききながら、大拙のことをしのびました。池があります。空を映しています。時々、水の噴出までいかない騒ぎが起こり、波紋がひろがります。源の騒ぎは消えたのに、波紋が延々とひろがっています。感情の尾のようです。
 日本人ばかりでなく、外国の人も大勢おられました。鈴木大拙への世界的な期待が感じられます。

 大拙館を見たあと、林の小道をあるいて、兼六園下のバス停まで歩きました。

 ホテルに観光パンフレットがいくつか置いてありましたが、何と、ひとつは、 「金沢ふるさと偉人館」の「北條時敬(ときゆき)とその教え子たち」の案内です。西田幾多郎の先生です。 (9・15〜11・25)
 これはいかなくては! 来月の講座の余暇にいきます。
 北陸は、西田、鈴木のほか、道元禅師、瑩山禅師、暁烏敏、清澤満之、雪門玄松(西田幾多郎の禅の師)、西谷啓治など、深い自己を探求した(今でいう、マインドフルネスの深いもの)人々が多くいました。かほく市では、小学生に「寸心読本」が配布されるそうです。やさしく書いた西田の伝記です。 だから、今も、深いマインドフルネスを探求したいというひとが多いのですね。「作られたもの(環境)から作るものへ(主体、自己)」ですが、北陸には、深い自己探求の遺産と現在活動がたくさんあります。それに囲まれて育つ北陸の人たち。小さいころから学ぶ環境あって、今、深いものがうけつがれるのですね。
 伝統があって、今もまた日々見る機会があるから引き継がれているのですね。

 東京には、深いマインドフルネスを生む伝統と場がありません。
 「東京には深い空がない」
 残念ですが、伝統ある環境はどうしようもないことです。関東には、日本の深いマインドフルネス(言葉以前の真の自己までの観察)は育たないような気がします。東京は、欧米発の対象的マインドフルネスなのでしょうか。
 少し広くみると関東には鎌倉があります。西田幾多郎と鈴木大拙が晩年に住んだ住居2つが残っています。墓もあります。夏目漱石(この人もマインドフルネス心の世界遺産)の小説「門」に出てくる禅寺があります。これらを活用して鎌倉市民に関東一体の人たちに伝えて、日本の深いマインドフルネス、自己洞察探求、禅、仏教のもう一つのセンターになりえます。これまで活用した伝統がないので、困難ですが、遺産があるのでこれを活用すれば可能性があります。
 哲学者の佐伯啓思氏がいっています(あとで紹介)が、伝統のないところには深い学問もなかなか生かされません。学問的にも哲学的にも深いマインドフルネスは、欧米に期待できません。深いものが生きている場がないのですから。昔からあった日本が深いマインドフルネスを開発できる伝統的な遺産を持ち、それに若いころから教育、芸術、武道、坐禅などで日常的に触れてきた日本です。期待できますし、努力しなければなりません。
Posted by MF総研/大田 at 22:03 | 深いマインドフルネス | この記事のURL
志賀直哉もうつ病だった・自然の中で自分の小ささを悟り救われる [2018年09月15日(Sat)]

志賀直哉もうつ病だった・自然の中で自分の小ささを悟り救われる

http://mindful-therapy.sakura.ne.jp/sekai-isan/05-siga01-kunou.pdf
★志賀直哉の苦悩

 昭和の文豪、「小説の神様」、志賀直哉。苦しみをもった人が、あちこちさまよって、大自然の中で、自我の小ささを悟って、苦悩から解放される、そんな小説が「暗夜行路」です。
 志賀直哉も自分がうつ病になりました。自殺未遂のような事故を起こしています。「死んでもいいや」というふうに、電車がくるのを積極的に避けない。わかります。
 いろいろさまよって、鳥取の大山に登山して下界を眺めて、自我の小ささを悟ります。 志賀直哉は、没後文学館を作るなといったそうで、武者小路実篤や遠藤周作のような、志賀直哉文学館はありません。残念ですね。旧居跡や彼が見た土地などをたずねます。
 個人の記念館などない心の探求者も含めて、古人を紹介するネット上の仮想記念館が「マインドフルネス心の世界遺産」です。作品に触れ、遺跡を旅なさってみませんか。

 川端康成も「千羽鶴」で、似たような女性を描いています。こちらは、九州の阿蘇、飯田高原です。

 つらい中にいる人は、小説をもって旅をして、大自然に触れて、自分の小ささ、自分の悩みの別な有様を感じることもあるでしょうか。盆地のような高原に行くと、自然は無条件で自分を包んでいます。そして、高いところから下界を俯瞰できる高原に立って眺めると、人は一個の砂ほどにも見えません。あの中で自分は悩みを空転させていたのかと感じることがあります。登山はできないので、ロープウエーで気軽に高いところまで立てる、そういうところが好きです。谷川岳、越後湯沢、那須、入笠、箱根など。

 マインドフルネスSIMTでは、本音の探求を通して、自分中心の嫌悪と執着から苦悩を作る側面を観察します。ゴリ押し人間が作る苦悩はパワハラ、セクハラを告発して、やめてもらわなければなりませんが、自分の自我が作る苦悩は、マインドフルネスの観察によって、乗り越えていきます。
http://mindful-therapy.sakura.ne.jp/sekai-isan/mokuji-sekaiisan.htm
★マインドフルネス心の世界遺産
 人間を探求した人々。その足跡をめぐる旅をおすすめします。「マインドフルネス心の世界遺産」の旅です。石碑、歌碑などを探し当てます。

http://mindful-therapy.sakura.ne.jp/sekai-isan/05-siganaoya-mokuji.htm
★マインドフルネス心の世界遺産の旅、志賀直哉
Posted by MF総研/大田 at 06:48 | 自殺防止対策 | この記事のURL
自殺念慮は消えにくい・日本財団の発表 [2018年09月14日(Fri)]

自殺念慮は消えにくい・日本財団の発表

 本気で自殺を考えた人の67%は、1年後の調査でも同じ気持ちを抱き続けているという調査結果を、日本財団が9月13日に公表した。
 そして、自殺未遂をした人の55%が繰り返していたという。

https://www.nippon-foundation.or.jp/news/pr/2018/47.html
★日本財団の発表

https://www.nippon-foundation.or.jp/news/pr/2018/img/47/1.pdf
★今回の日本財団の発表内容

https://www.nippon-foundation.or.jp/news/pr/2016/102.html
★日本財団の発表 2016年

 自殺念慮が消えないのは、うつ病が治らないからだと思う。うつ病は、簡単には治らない。薬物療法があるが、 薬は症状(抑うつ症状)を軽くするが、なかなか完治しない。ほかの精神症状が回復しないのだ。ここは、心理療法が効果的だが、日本では、うつ病を治すスキルをもつ心理療法者が少ない。それで、 精神科医の薬物療法を受けているうちに、ながびいて絶望して自殺に至る。

 今回の調査対象で、1年後も、まだ自殺念慮が消えないのは、この1年薬物療法だけを受けていたからだろう。心理療法を併用すれば、治る可能性があるはずだ。

 この状況の改善を精神科医学界が主体的に対策をとるべきだ。個々の精神科医は、忙しく、心理療法を知らないから。学会あげて対策を実施すべきだ。がんならば、医者は、上手な専門病院を紹介する。 うつ病、不安症などで自殺の危険のある患者のために心理療法を提供する拠点病院を全国に数か所、学会あげて作るべきだ。個人の医師が治せないうつ病があるのだから、学会が対策をとるべきだ。
 今、連続記事を書いている。どの専門家も、うつ病などを治す心理療法を本気で提供していない。再発予防のマインドフルネス認知療法はおこなわれているが、「治療」ではない。 医師の家族でも、どの専門家(宗教者、仏教学者、心理学者、マインドフルネス推進者、自治体職員など)でも、うつ病になるだろう。いつ、自分自身や自分の家族がうつ病になるかもしれない。実情を知っているので、薬だけでいいとは思わないだろう。 本気で、検討すべきだ。
 私もマインドフルネスの自己洞察瞑想療法(SIMT)を提供できる大規模なセンター(遠くの患者でも入院合宿してSIMTのトレーニングをする)を作りたいが、マインドフルネス瞑想療法士(MMT)を多く育成する資金がない。患者が低額で参加できるセンターを運営する資金がない。助成団体や篤志家の助成や寄付が必要だ。それを使って心理療法を受ける患者さんに利用料を補助する方法がいいと思う。
 スキルをもつMMTの人数が少ない。少しずつMMTを増やしていきたい。MMTが増えて信頼できるサービスを提供していれば、いつかは、できるだろう。うつ病などの支援を人生価値と選ぶMMT(実はまだ多くない)が多くないとできない。私の引退後かもしれないが、できてほしい。
http://blog.canpan.info/jitou/archive/3889
【目次・連続記事】【日本では、なぜうつ病などの心理療法が普及しないのか】
Posted by MF総研/大田 at 09:12 | 自殺予防対策 | この記事のURL
(5)精神科医は薬物療法で生活できる [2018年09月13日(Thu)]
【連続記事】【日本では、なぜうつ病などの心理療法が普及しないのか】

(5)精神科医は薬物療法で生活できる
=日本ではうつ病、不安症などの心理療法を普及させようとは言いにくい

  (この記事は、欧米などで心理療法が発達しているうつ病や不安症、PTSDなどの領域に限ります。薬物療法しか効果がなく、 効果的な心理療法がない精神疾患には関係ありません。)

 ゴリ押し人間、忖度するメンバー、世間と社会、空気の議論に、 カストマー(サービスの対象者、ターゲット、マーケット)を加えたい。 各種の専門家が想定している範囲である。想定するサービス・購買対象者、クライアント、患者、学生、賛同者(フアン)である。総称として 「カストマー」としておく。(参照:図)

 日本人には狭い「世間」で「空気」を読んで、「忖度」して生きる、「社会」のために生きないという悪弊があると専門家が指摘している。よくわかる。世間にさからうといじめられる、排除される恐怖を感じる。自己保身せざるを得ない。
 製薬業界と医師集団とは、強い共生関係、利益共同体の関係にある。そして、医師集団を国は健康保険制度を通して支援している。
 精神科医は、原則として薬物療法しか知らない。だから、患者が来ると薬を処方する。それで、保険診療の報酬を得ることができる。薬は副作用があり、依存もある患者がいるがやむをえない。そうするしかない。「予防や再発予防」と違って、 うつ病などを完治するまで「治療」するためには、支援者側は大きな努力と時間を必要とする。 時間のかかる認知行動療法を提供しても、大変安い診療報酬しかはいらない。
 自分の生活のためにも、心理療法を普及させようとは言わない。狭い医師仲間と製薬業界を「世間」としている。そこを忖度して発言する。 カストマー(ターゲット、マーケット)は、薬物療法を希望する患者と家族である。しかし、参考書によれば、治る人もいるが、副作用で苦しみ続ける人もいる、薬には依存性があって、やめることができない。やめたくても離脱症状を起こすので、薬を服用し続ける患者がいる。治る患者はそれで関係が終わる。 しかし、長期間かかわる患者がいる。自殺も起こる。不満な患者、家族がいるが、状況が続く。

 国の制度によって、医師には、この現状を変えようという積極的な動機がみつからない。狭い「世間」で生きていくことができる。現状でよいと「忖度」してくれる人々がいる。現状で、一定の収入を得ることができる。軽症になってからは、薬の効果がないとか、つらい現象は、 うつ病の症状だけではなくて、薬の副作用で治らないように見える患者もいる(参考書)とはあえて言わないで処方し続ける。減薬・断薬の方向にすすみましょうとも言う医師は多いだろうか。あえて、変革させて、収入を不安定にするつもりはないだろう。

 こうした状況で、治りきらない不満な元患者、薬物療法ができない患者、家族はどうしたらいいのだろうか。薬物療法は軽いうつ病には効果がないようであるのに、薬を服用したために副作用に苦しみ、依存でやめたくてもやめられない患者がいる(参考書)。医師にはうつ手がない。 忙しくて心理療法はできない。家族、患者はどうしたらいいのだろうか。

 このような状況を責めることはできない。人は自分で好きな職業を選び、許された範囲で外部のために働く。精神科医だって、自由に生きる。うつ病などが「治る」ほどの心理療法はできない、あっても忙しくてやっていられない。心理療法を「好き」になれないからやらない。自然である、当然である。医師がやってくれないで不満不足を感じる患者、家族はどうすればいいのか。医師以外の他の専門家がだまっていても支援の対策をとってくれるだろうか。心理カウンセラーが、僧侶が、仏教学者が、マインドフルネスの専門家が?
 各種の「専門家」(心理カウンセラー、仏教僧、仏教学者、マインドフルネス推進者、自治体職員など)についての、「世間」と「忖度」を見たあとで、専門家はだれも積極的に動けないようだとわかる。どの専門家もうつ病などの支援活動を好きになれないようだ、みな他の好きなことをしたいのだ、それで忙しいのだ。そんな中での患者家族の対策の可能性を検討したい。

 医師一人一人は、忙しく、心理療法をできないからといっても、うつ病などが治らないひとがいる、通院中の患者に自殺されることも多いのは、精神科医にとっても、全く慚愧の感情が起きないわけではないだろう。連続記事の最後に医学界でも協力できるはずのことがあることを考えてみたい。

(続く)

(この記事の場合は、「自分」は精神科医、世間は同業者集団と製薬業界=忖度対象者を含む場、カストマーは薬物療法を受け続ける患者)
SIM-04-世間と忖度.jpg
http://blog.canpan.info/jitou/archive/3889
【目次・連続記事】【日本では、なぜうつ病などの心理療法が普及しないのか】
【うつ病など医療関係の忖度関連の参考書】
『テレビが報じない 精神科のこわい話』内海聡原作、くらもとえいる漫画、ユサブル
『医者の本音』中山裕次郎、SB新書
『精神科医は信用できるか』和田秀樹、祥伝社新書
『学者は平気でウソをつく』和田秀樹、新潮新書
『精神科医は腹の底で何を考えているのか』春日武彦
『精神医療ダークサイド』佐藤光展、講談社現代新書

【うつ病治療の現状を知る誠実な本と言えます】
『慢性うつ病は必ず治る』緒方俊雄、幻冬舎新書
『うつ病治療の基礎知識』加藤忠史、筑摩選書
『うつ病の真実』野村総一郎、日本評論社

【一般的な参考書:狭い世間しかみない、ごり押し人間、自己保身から「空気」を読む、忖度する】
http://blog.canpan.info/jitou/archive/3866
『忖度社会ニッポン』(片田珠美、角川新書)
http://blog.canpan.info/jitou/archive/3873
『「空気」の研究』(山本七平、文春文庫)
http://blog.canpan.info/jitou/archive/3875
阿部欣也の「世間」。記事の本のほか『「世間」とは何か』(講談社現代新書)
http://blog.canpan.info/jitou/archive/3853
【目次・書籍紹介】「正しさをゴリ押しする人」(榎本博昭、角川新書)

『日本型組織の病を考える』村木厚子、角川新書

『見て見ぬふりをする社会』マーガレット・ヘファーナン、河出書房新社
Posted by MF総研/大田 at 10:39 | エゴイズム | この記事のURL
| 次へ