CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
『善の研究』(4) NHK Eテレビ 100分de名著 [2019年10月16日(Wed)]
台風によって、大変大きな災害が起きてしまいました。被災されたかたがたにお見舞い申しあげます。

『善の研究』(4) NHK Eテレビ 100分de名著

 =マインドフルネス心の世界遺産

 NHK Eテレビで、西田幾多郎の「善の研究」を紹介しています。14日、第2回が放送されました。いくつかみていきます。

宗教=おおいなる働き

(【 】は、テレビのナレーション。若松さんの筋でしょう。)

 【西田は宗教を「大いなるはたらき」ととらえていました。そのうえで大いなるものを求めるのは・・】
 「真の自己に出会いたい要求だと、西田はいいます。」(テキストp49)

 「自分が絶対的なものではなく、有限的存在であることを深く認識する。」(p49)

 「己れが「小さき者」であることを知り、大いなるものに畏怖と敬虔な心情をもって向き合う。」(p51)

 【その時、自己の根底で可能性が開花し、人間は真の自己になるのです。それを西田は善としました。】

 このように、西田の宗教は他の宗教と違っています(ただし、道元、親鸞などのものだといいます。フランクルの一人類教に類似します。)。真の自己の探求です。自分は小さいもの(無我)であって、大いなるもの(絶対的一者、超越)の射影にすぎない。しかし、自分は大なるものに包まれているという安心を得るという。こういう宗教を信じない人は、自分は偉い、自分の力で生きているという。(無我からみれば、傲慢、独断です)
 人生には数々の苦難の出来事がありますが、うつ病にならず自殺せず自暴自棄にならず暴力を用いず、こういう宗教で乗り越えていく人たちがいます。精神衛生上も大きな貢献をするわけです。カルトではない深い宗教を必要とする人たちがいます。現在もなお真剣にとりくむ哲学者もいます。若松さんも説明してくださるでしょう。
 代わりになる解決法を提示しないのであれば、自分の知性を頼み、西田が解明して西谷啓治、鈴木大拙、井筒俊彦、秋月龍a、竹村牧男、大竹晋(敬称略)などによっても確認されたような深く考えぬかれた宗教を排除しないほうがいいと思います。
 こういう深い宗教への実践は、自己の言葉行為にエゴイズム、独断、偏見がないか評価しなければならないので、「評価する観察」になるのです。無評価の観察はごく一部です。人はすべて、気がつかないで、選好嫌悪、独断、偏見、差別、排除心を潜在させているのを発動して社会の発展を妨害するのです。利己的なのです。それを観察評価しなければならないのです。気がつきにくいのです。学校の教師が起こしたいじめは、ごく一部です。加害、無視、傍観、否定、隠す、自己の地位保全。

(続く)

参照
「100分de名著 善の研究」若松英輔、NHK出版

http://blog.canpan.info/jitou/archive/4382
★目次(1)

http://blog.canpan.info/jitou/archive/4384
★(2)

http://blog.canpan.info/jitou/archive/4386
★(3)

http://blog.canpan.info/jitou/archive/4388
★(4)

http://blog.canpan.info/jitou/archive/3329
★後期西田哲学の実践論
 「実践哲学序論」を中心に
★「マインドフルネス心の世界遺産」の索引です
http://mindful-therapy.sakura.ne.jp/sekai-isan/mokuji-sekaiisan.htm

(注)マインドフルネス心の世界遺産の例=河井寛次郎、大山忠作。
★河井寛次郎
★大山忠作
Posted by MF総研/大田 at 08:37 | マインドフルネス心の世界遺産 | この記事のURL
『善の研究』(3) NHK Eテレビ 100分de名著 [2019年10月10日(Thu)]

『善の研究』(3) NHK Eテレビ 100分de名著

 =マインドフルネス心の世界遺産

 NHK Eテレビで、西田幾多郎の「善の研究」を紹介しています。7日第1回を見ています。 テレビで、次の言葉が紹介されました。

不条理な人生

 「善の研究」は100年も前の古典ですが、なぜ今若松英輔さんはこれを読むべきかといいます。

 西田は、人生で数々の苦悩に襲われます。愛する肉親の死、父親の事業の失敗、家の没落、高校退学、大学で受けた差別、就職がままならない、ようやく就職できたと思ったら幾度も失職の憂き目にあう。
 (最近は、大企業の幹部の不正、教師のいじめ、セクハラ、パワハラ、アカハラ、虐待、差別、がん患者の精神的苦悩、8050問題、・・・。)

 西田は禅寺や在家のための道場で熱心に坐禅をします。こうして思索した結果、生まれた「善の研究」でした。苦難が続く人生を生きる意味があるのか。

 西田はいいます。
 「哲学は我々の自己の自己矛盾の事実より始まるのである。哲学の動機は「驚き」ではなくして、深い人生の悲哀でなければならない。」(無の自覚的限定)

 こういう若松さんの説明を聞いて、司会者の伊集院光さんが、言います。(要旨)
 「すごいつらい人が、もしかしたらがんばれるかな? みたいな、・・・
理屈に合わない・・・。どうすれば理屈にあうのかな。
日本がどんどんグローバルな社会になってきて、すごい自由でいい世の中になっていくと聞かされたわりには、「何だ、おれのこのかわいたくらしは・・・。」

 若松さん。
 「そこにこそ、次の時代を作っていく何かがあるんじゃないか。・・・
たくさんの言葉ができて、たくさんのものを知っていてということに、少し違和感を感じている人・・・次の時代を作っていけるんじゃないだろうかということをみなさんと考えてみたい。」

 まさにそうです。先輩(今高齢の専門家、長老がた)が従来のもので、このような日本にしてしまいました。苦難で苦しむ人の多い時代になっています。団体には発言、学問の自由はありません。難しい時代です。浅いものでは「悲哀」が救われません。

 西田は、我々に課題を残したのです。マインドフルネスの実践も「実践哲学序論」を残しました。「超越」的です。これでないと誰でもいつも幸福とは言えません。これを具体化するのが、我々の使命です。
 幸福論の哲学も多くの言葉がありますが、仕事、家族が幸福だというばかりです。最近、それらを真剣でないと批判して「超越的幸福論」を提案した哲学者もいます。仕事、家族がなくなっても、死が迫っていても幸福であることもあると教える哲学もなければならない。真剣です。先輩がたのものだけでは幸福ではない人が多いです。 若い世代が新しい社会を作っていってほしいです。

参照
「100分de名著 善の研究」若松英輔、NHK出版

http://blog.canpan.info/jitou/archive/4382
★目次(これ)(1)

http://blog.canpan.info/jitou/archive/4384
★(2)

http://blog.canpan.info/jitou/archive/4386
★(3)

http://blog.canpan.info/jitou/archive/3329
★後期西田哲学の実践論
 「実践哲学序論」を中心に
★「マインドフルネス心の世界遺産」の索引です
http://mindful-therapy.sakura.ne.jp/sekai-isan/mokuji-sekaiisan.htm

(注)マインドフルネス心の世界遺産の例=河井寛次郎、大山忠作。
★河井寛次郎
★大山忠作
Posted by MF総研/大田 at 13:25 | マインドフルネス心の世界遺産 | この記事のURL
『善の研究』(2) NHK Eテレビ 100分de名著 [2019年10月09日(Wed)]

『善の研究』(2) NHK Eテレビ 100分de名著

 =マインドフルネス心の世界遺産

 NHK Eテレビで、西田幾多郎の「善の研究」を紹介しています。7日第1回を見ています。 テレビで、次の言葉が紹介されました。

 「我々は何を為すべきか何処に安心すべきかの問題を論ずる前に・・・
先ず天地人生の真相は如何なる者であるか、真の実在とは如何なる者なるかを明らかにせねばならぬ。」

純粋経験

 若松英輔さんの説明になるます。
 我々はコップに入った水を認識するときに、様々な情報をもとにします。しかし、このような瞬間がーーーー
まだ何が起こったかもわからず、考える余裕さえありません。こうした経験こそが純粋経験だと、西田は考えたのです。その純粋経験から、道徳や宗教などの人生のすべてを考えなおしてみようとしたこころみが「善の研究」でした。

 本書は4編からなるが、西田自身が、第一編「純粋経験」は難しいという。このテレビでも、4編の「宗教」から見ていく。

宗教は生命の要求、そこでは知と愛は一つ

 「宗教的要求は我々のやまんと欲して、やむあたわざる大なる生命の要求である。・・・」

 そして、そこには知の働きと愛の働きを欠くことができません、と若松さん。

 「知と愛とは普通には全然相異なった精神作用であると考えられて居る。しかし余はこの2つの精神作用はは決して別種の者ではなく、本来同一の精神作用であると考える。・・・一言でいえば主客合一の作用である。我が物に一致する作用である。」

 若松さん。「私が他者に一致する、その時愛が働くと、西田はいうのです」
(途中、略します。このように、西田のこの頃の説明は、心理学的です。)

 「我が物に一致する作用である」という言葉があるが、若松さん、「物を仕事に置き換えると、私と仕事が一つになる状態なんだと。・・・
 愛するということは自分よりも大事になってくるということですね。
 その人の苦しみは私の苦しみを超えるということがきっとあるんじゃないでしょうかね」と。

 「善の研究」は、まだ宗教らしくありません。超越=絶対が出てきません。 西田のこの頃の説明は、心理学的です。
 後期になると、知ること(直観)と行為が同一であることを「行為的直観」といいます。そこに喜びがあります。行為と対象(客観、他者)を愛するのです。この場合、喜ぶのは「私」ですから、ここも、まだ宗教ではありません。愛の作用が自分のものでなければ、宗教的になります。見る時、行為する時、底から自己を超えたもの、愛の働きが働くとしたら宗教的です。
 アインシュタインの言葉は、宗教的です。
http://blog.canpan.info/jitou/archive/3262



参照
「100分de名著 善の研究」若松英輔、NHK出版

http://blog.canpan.info/jitou/archive/4382
★目次(これ)(1)

http://blog.canpan.info/jitou/archive/4384
★(2)


★「マインドフルネス心の世界遺産」の索引です
http://mindful-therapy.sakura.ne.jp/sekai-isan/mokuji-sekaiisan.htm

(注)マインドフルネス心の世界遺産の例=河井寛次郎、大山忠作。
★河井寛次郎
★大山忠作
Posted by MF総研/大田 at 14:55 | マインドフルネス心の世界遺産 | この記事のURL
『善の研究』(1) NHK Eテレビ 100分de名著 [2019年10月08日(Tue)]

『善の研究』(1) NHK Eテレビ 100分de名著

 =マインドフルネス心の世界遺産

 NHK Eテレビで、西田幾多郎の「善の研究」を紹介しています。昨夜が第1回でした。 私たちは、西田が後期に提案した至誠の実践化を研究しています。最初の論文ですが、後に「場所的論理」で論理化するのですが、「善の研究」もやはり大切な論文です。人生のすべてですので、欧米のマインドフルネスの実践とは違っています。 放送に従っていくつかみていきます。若松英輔さんが紹介しています。

 これは、1911年に出版された、西田幾多郎の最初の論文です。 最後の論文は、1945年の「場所的論理と宗教的世界観」です。34年の間に、場所的論理で体系化されます。

 テレビで紹介された内容をみていきます。

深く考える人、真摯なる人は必ず知識と情意との一致を求める

 「深く考える人、真摯なる人は必ず知識と情意との一致を求むる様になる」というように、真剣に考えた哲学書です。あとで、みるかもしれません。哲学者は、とても真剣に自分の頭で考えます。

 「善の研究と名づけた訳は・・・・人生の問題が中心であり終結であると考えた故である。」

 「此処には深き意味がなくてはならぬ」

 テーマは人生そのものです。集中力とか、病気を治すとかいう部分的なことではありません。

 「元来真理は一である。知識においての真理は直に実践上の真理であり、実践上の真理は直に知識においての真理でなければならぬ。」

 西田哲学は、哲学して知る知識は、実践と同一です。だからマインドフルネスのような「実践」が、言葉で探求する人生そのものです。西田哲学は、人生ですから、哲学として知ったことも人生で実践していくものです。さもないと、無駄になります。あとで、若松さんが紹介する言葉があります。知ることと愛することとが同じです。
 「知らないものを愛することはできない」
 真理らしいものに、心理学、仏教学、マインドフルネス学、哲学などに多数の流派があります。知らない流派を愛することはできません。愛するものは知っています。よいものでも、知らないと愛することはありません。
 易しいものを知る人は多いので、それを愛して、多数派になります。西田哲学は、難しいので、日本人にさえも愛されていない。しかし、世界、自己の真相を記述しているので、深刻な問題の解決になるものを含むと思うので、もったいないと思います。

(注)マインドフルネス心の世界遺産の例=河井寛次郎、大山忠作。
★河井寛次郎
★大山忠作
http://blog.canpan.info/jitou/archive/4380 ☆新しい企画展



参照
「100分de名著 善の研究」若松英輔、NHK出版

http://blog.canpan.info/jitou/archive/4382
★目次(【第1回】)

http://blog.canpan.info/jitou/archive/4384
★(2)

http://blog.canpan.info/jitou/archive/4386
★(3)

【第2回】
http://blog.canpan.info/jitou/archive/4388
★(4)
★「マインドフルネス心の世界遺産」の索引です
http://mindful-therapy.sakura.ne.jp/sekai-isan/mokuji-sekaiisan.htm
Posted by MF総研/大田 at 20:07 | マインドフルネス心の世界遺産 | この記事のURL
大山忠作美術館の企画展=機関誌でとりあげた日本画家 [2019年10月05日(Sat)]

大山忠作美術館の企画展=機関誌でとりあげた日本画家

 大山忠作美術館で企画展があります。(福島県二本松市)

http://www.nihonmatsu-ed.jp/oyama/kikaku-index.html
★「五星山展」=10月13日〜11月17日

 大山忠作は、「マインドフルネス精神療法」第5号でとりあげました。日本の文化に流れている深いものを表現しようとした画家の一人とみています。

http://mindful-therapy.sakura.ne.jp/kikansi/hp-05/57-ohta-zen.pdf
★大山忠作について

 企画展では、画伯の長女、大山采子さんの説明があるのですね。 いい機会です。いきませんか。
https://www.facebook.com/NihonmatsuCity/posts/2159139350865115?__tn__=-R
★大山采子さん


http://mindful-therapy.sakura.ne.jp/sekai-isan/mokuji-sekaiisan.htm
★マインドフルネス心の世界遺産
【目次】このようなところに活用できそう
 マインドフルネスSIMT 2019

http://blog.canpan.info/jitou/archive/4243
Posted by MF総研/大田 at 10:02 | マインドフルネス心の世界遺産 | この記事のURL
| 次へ