CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
四諦八正道の最終目標が社会貢献ではない [2017年09月23日(Sat)]

<目次>大乗仏教からの初期仏教批判
(4) 四諦八正道の最終目標が社会貢献ではない

 この記事を、竹村牧男氏のご著書により
「大乗仏教からの初期仏教批判
大乗仏教は在家にとってすぐれたマインドフルネス」 の連続記事の目次にします。 つまり、家庭や職業を持つ、現代では、マインドフルネスならどれどもいいというのはおかしいということの証明です。

 初期仏教の四諦八正道にある哲学、目標の批判が大乗仏教からありました。
http://blog.canpan.info/jitou/archive/3574 

 わかりにくいでしょうか。
 別の個所の説明をみます。

 「『般若心経』が否定するものは、まずは実体的にとらえられたものについてであると考えられるとき、この無苦集滅道の中の滅諦も、実体的存在としてのダルマの体系(五位七十五法)の中の無為法である涅槃と見ておいてよいでしょう。 大乗仏教は、まさにこの涅槃観を否定したところに成立します。 修行の最終目標は、そのように何の活動もない状態になること、無にも等しい状態になることで、はたして本当によいのかという問題提起です。ただ生死輪廻の苦しみから逃れられればよいのか。 大乗仏教はそうは考えません。むしろ生死輪廻の中に入って行って、しかもそれに染まらず、とらわれず、自在に苦悩する人々を救済していく活動をめざします。生死輪廻からの自由でなく、生死輪廻への自由を追求しているのです。人間が修行する、その最終目標は、身心を滅してしまうような世界ではなく、どこまでも自利利他の主体としていくことにあるとしたのです。それは、智慧を完成することによって成就します。悟りの智慧が実現したとき、覚った人=仏となるわけです。」(P218)

 だから、長く実践するつもり、マインドフル・ライフ、いかに生きていくかと生涯実践する指針にするならば、 そのマインドフルネス(観察、気づく)の目標が何をめざしているのか、その哲学が極めて重要なのです。長く指導を受けると、どうしても、その詳細な哲学を教えこまれて、それを信じるようになるはずです。信じないならば、人生の指針にはならないわけです。中途半端になるでしょう。初期仏教でもない、大乗仏教でもない。その人だけの独断的な思想かもしれません。
  初期仏教は、我空法有の哲学であり、大乗仏教は、我法俱空の哲学、 ACTは行動分析学という哲学です。MBCTは、何でしょうか。 道元禅師とか、全体性への入門のようです。自己とはなにかという哲学がまるで違います。長く実践するつもりならば、 マインドフルネスならどれでも同じというのではありません。
 物理学者の大栗氏が、科学では、自己を解明できないといわれました。
http://blog.canpan.info/jitou/archive/3569
 大乗仏教は、これを直覚で体験(勝義諦)するのだというのです。大乗仏教でないと、真の自己がわからないというのです。真剣な人は、大乗仏教でないと探求できないのです。
<目次>大乗仏教からの初期仏教批判
 =大乗仏教の哲学は在家にとってすぐれたマインドフルネス
本当の自分とは? 人生はなぜ苦しい?
竹村牧男「般若心経を読みとく」角川ソフィア文庫、2017による。

(1) 勝義諦
  =絶対に対象にならず、言葉にできない自分
(2) 小乗仏教への批判
  =「四諦八正道」は、家族職を持つ人がモデルにするようなものではない
(3) 自己の真理の説明、探求に階層性
 =科学は、自己を解明できない。従って、対象的に言葉で説明する心理学も、真の自己を解明できない。言葉のレベルのマインドフルネス心理学とそれを超えた言葉以前の真の自己まで探求するマインドフルネス実践哲学が必要である。
 マインドフルネスは、現代の人が求めている。昔の封建社会、出家者中心の哲学、実践方法ではないものが必要となっている。MBSR,MBCTがブームとなっているのがその証であるが、 MBSRは、”全体性”を極めた、日本の深いマインドフルネス実践のその入門に当たる。静かな環境で、3つの主な手法で、対象的な知的観察が中心である。このレベル、階層による現代の問題解決に有効である。
 深い階層による問題の解決には、効果がない。欧米でも、リネハンの弁証法的行動療法は、大変に深いマインドフルネスである。パーソナリティ障害に有効である。
(4)四諦八正道の最終目標が社会貢献ではない
 初期仏教(ビパッサナー瞑想を行う)の涅槃観、修行の最終目標は、何の活動もない状態になること、無にも等しい状態になることである。それは、現代の人は目標とはできないだろう。
http://blog.canpan.info/jitou/archive/3549 
★第3世代の認知行動療法=多くの流派のマインドフルネス心理療法

http://blog.canpan.info/jitou/archive/3288 
★日本のマインドフルネスの再興を
Posted by MF総研/大田 at 17:53 | さまざまなマインドフルネス | この記事のURL
第3世代の認知行動療法(22)マインドフルネス瞑想療法士🄬(MMT)のいる県 [2017年09月22日(Fri)]

第3世代の認知行動療法(22) マインドフルネス瞑想療法士🄬(MMT)のいる県

 うつ病、非定型うつ病、不安症、PTSD、過食症などは簡単には治らない人がおられます。 みなではありませんが、日本で開発されたマインドフルネスSIMT(自己洞察瞑想療法)は、 これらの問題の改善に届く理論と手法をそなえています。 まさに、第3世代の認知行動療法で実際にクライアントに対面して支援できる臨床家です。

 文献研究者ばかりであれば、市民が救済されません。誰かがクライアントに直接対面して、支援しなければなりません。対話ができる人でなければなりません。うつ病、不安症などの臨床は特別のスキルなのです。そうでもないという研究者は、実際、うつ病のひとの支援をなさってみてください。1年近くもかかります。それだけ深刻です。 マインドフルネスといっても、集中力向上と精神病理の改善では、理論も手法も違い、専門家のスキルも別物です。

 マインドフルネスSIMTの 課題を実践できる人は、軽くなります。標準で10カ月かかります。

 支援するスキルを習得したMMTが支援できます。ただし、MMTでも治す支援はしない人(*注)もおられます。白地図の「赤」は、一応、資格を持ち、公開のサービス(精神疾患の支援とは限りません)を提供することを表明したMMTのおられる県です。「緑」はとなりの県のMMTが支援しておられる地域です。白い県がサービスを受けられない県です。
 これをご覧になったMMTの方で、となりの県までサービス(上記の精神疾患の改善支援)したいという方は、おしらせください。

(*注)人は、それぞれ、自分で選んだ職業、家庭、ボランティア活動などを生き甲斐(=価値)として、社会のために働きます。だから、MMTの資格を持つ人の、選び提供するサービスは様々です。精神疾患の方の支援をするMMTは、この一部です。

 うつ病のひとは多いはずですが、情報が届いていないと思います。

http://blog.canpan.info/jitou/archive/1812 
無視、傍観、見捨てられる病です。
★無視・傍観・軽視・放置・見放される状況が続いています。
http://blog.canpan.info/jitou/archive/3461 
★見て見ぬふりをする社会

MMTのいる都道府県地図|白地図ぬりぬり.pdf ★MMTのいる都道府県地図|白地図ぬりぬり.pdf
「赤」=MMTのいる県
「緑」=隣の県のMMTから支援を受ける県

(サービスの内容は、MMTにお問いあわせください。)
http://blog.canpan.info/jitou/archive/3549 
★第3世代の認知行動療法=多くの流派のマインドフルネス心理療法
Posted by MF総研/大田 at 08:45 | 私たちの心理療法 | この記事のURL
第3世代の認知行動療法(21)多層のマインドフルネス [2017年09月18日(Mon)]

第3世代の認知行動療法(21)多層のマインドフルネス

 =対人場面でない感覚は無評価。対人場面の感覚は評価
 =マインドフルネスを標榜するものの悪用

 前の記事
(3) 自己の真理の説明、探求に階層性

 の下の目次のところに、次のことを付け加えました。

 =科学は、自己を解明できない。従って、対象的に言葉で説明する心理学も、真の自己を解明できない。言葉のレベルのマインドフルネス心理学とそれを超えた言葉以前の真の自己まで探求するマインドフルネス実践哲学が必要である。
 マインドフルネスは、現代の人が求めている。昔の封建社会、出家者中心の哲学、実践方法ではないものが必要となっている。MBSR,MBCTがブームとなっているのがその証であるが、 MBSRは、”全体性”を極めた、 日本の深いマインドフルネス実践のその入門に当たる。静かな環境で、3つの主な手法で、対象的な知的観察が中心である。このレベル、階層による現代の問題解決に有効である。
 深い階層による問題の解決には、効果がない。欧米でも、リネハンの弁証法的行動療法は、大変に深いマインドフルネスである。パーソナリティ障害に有効である。

 MBSRは、3つが主な手法です。ボディスキャン、ヨーガ瞑想、正座瞑想が柱です。 対人関係の局面ではないので、「感覚を無評価」で観察でいいのです。
 しかし、現実の生きる場には、人がいます。家族、職場、ボランティア団体の人など。 感覚で言葉を受け取り、ただちに、考えて、返事したり、行動したりする必要があります。そこです。対人関係における感覚は、他者の内面の表現です。感覚を通して受け取ったものを「何が表現されているか」瞬時に評価判断して、瞬時に言葉か行為によって応答しなければなりません。

 西田哲学によれば、意識作用には階層があります。感覚、思考、行動を含む意志作用です。さらに、行為的直観、創造的直観です。どのように「観察」するか。日本の深い観察は、西田哲学が提案しています。「独断を捨てて見、独断を捨てて考え、独断を捨てて行動する」です。
 そのように、対人関係のまさにそこで、いつも、自己洞察実践をつづける。すると、あまり他者を苦しめないので、反撃されることはない。相手が理不尽であれば、こちらが、「独断を捨てて見、独断を捨てて考え、独断を捨てて行動する」のであるから、いつかは、相手がおかしいと判明する。判明しなくても、「独断を捨てる実践」とは、己を尽くすということであるので、あまり悩まないですむ。悩むことは対象的な意識作用である。それが少ない生活で、価値実現の行動をし続けると、最も根底の対象的でないもの、対象的でない根源を体験するのである。

 浅いレベルのマインドフルネスも、そのレベルの問題解決に有効である。深いレベルのマインドフルネスも、そのレベルの問題解決に有効である。対象となる人も違う。できる人も違う。 みんな違って、みんないい、である。一つだけを強制するのは、対象的であり、自由を束縛し、全体主義、画一主義、還元主義となる。フランクルが批判した。今も、組織に見られる。権力を持つトップ、幹部がわかりやすく還元して多数派となり強制する。そのような組織は衰退すると西田哲学は教えるが、幹部(とその取り巻き)は自分一代でも「大将」になろうとする。それで構成員の自由を束縛するので、外部の世界の変動に柔軟に対応できない。組織は衰退し、滅亡する。

NPO活動の妨害
 今、営利的ビジネス事業、公的援助では限界があり、多くの非営利活動(法人、任意団体)が社会をささえている。 そこも年期を重ねてサービスを洗練させてきた苦労人がおられる。そこへ、定年を迎えて新しいいきがいをNPOに見出す元地位の高い人がはいってくる。 それはいいのだが、従来得た地位、名声を悪用して多数決を得て、長く活動していた苦労人をおいだし、自分が親分になろうとする。これは著名人なら簡単にできる。会則に従い、多数派になれる。 だが、そうしたことが起これば、長く行ってきた質の高いサービス精神は崩壊する。これは新しい形の〇〇ハラスメントである。会則にはあっているので、法的には訴えられない。だが、健全なNPOの乗っ取り、私物化であり、社会正義が崩壊して、ゆるしがたい。救済方法が確立されていない。これも、マインドフルネスの問題なのである。自己のエゴイズムの心理。観察し抑制すべきである。

 こういうことを言うと、ある種の人に嫌悪される、怒りをもたらす。
 そこである。自分の意見に合わないと嫌悪する、怒る。同意見のもので結束して、いじめ、排除したくなる。争そいが絶えない。善良な人を苦しめる、大学でのアカデミック・ハラスメント、職場でのパワーハラスメント、セクシャルハラスメント、医師によるドクター・ハラスメント、家庭におけるドーメスティックバイオレンス、・・・。
 他者に苦をもたらすという悪げがなくて行うエゴイズム(*注)をも学習し、観察し気づくという、自己のエゴイズム(*注)を評価判断して、エゴイズム的行動を抑制することに反映しなければならない。それが、 古来、日本人が探求してきたこころの観察、気づき、社会をよりよくする行動だと思います。竹村牧男氏のここ数年のいくつかの著書でわかりやすく明るみにだしてくださったと思います。

(*注)仏教では自己や他者を苦しめる心理を「煩悩」といい、道元は「己見我利我執」といい、西田哲学は「独断」といった。こういう古人の探求を参考にして、マインドフルネスSIMTでは「本音」となづけた。(1)悪の自覚 のない人、(2)過失で犯す人、(3)確信犯的にあえておこなうひとがいる。(3)は悪と知りつつ、自己の利益のために行為する。専門家を自称するひとがそれを犯す。どの人、どの組織を信頼していいか、自分のみぬく力次第である。
<目次>第3世代の認知行動療法
Posted by MF総研/大田 at 22:52 | さまざまなマインドフルネス | この記事のURL
第3世代の認知行動療法(20)自己の真理の説明、探求に階層性 [2017年09月17日(Sun)]

第3世代の認知行動療法(20)大乗仏教はすぐれたマインドフルネス
 =自己の真理の説明、探求に階層性

 マインドフルネス心理療法には、階層性があります。重要ですので、整理してみました。
 NHK Eテレビ [こころの時代]で 唯識の研究者、横山紘一氏と理論物理学者、大栗博司氏の 対談がありました(8/20/2017)。大栗氏は、「科学は自分とはなにかは答えられない。」 「科学は仮説を立て、しかも実験、検証して確かめていく。 対象あってのことと思います。」 と話されました。

 このことは、マインドフルネスの元になっている仏教や西田哲学の言うことと符合すると思います。東洋大学学長の竹村牧男氏の紹介を見ます。(「般若心経を読みとく」角川ソフィア文庫)

 「対象化された私は、本当に生きている私そのものではありません。一方、本当に生きている私そのもののただ中には、死はないのです。」(P171)

 科学では解明できないという「自分」は絶対に対象とならないと西田哲学は説明しています。そして、検証するのは、実践によると。対象的にではなく、対象的でない体験によって。(西田幾多郎、鈴木大拙、井筒俊彦、竹村牧男、など)

 心、自己の探求である大乗仏教も似たことを言っています。多数の経典や禅の語録が言葉で書かれています。その言葉にも浅い深いがあります。

 「真理にもいろいろな地平の真理があります。」(P268)

大乗仏教の唯識に「四俗一真」の説が説かれています。

 4つの真理があるという説です。世俗諦は、真実そのものではないのです。

 「これをあえていえば、世間的真理・科学的真理・実存的真理(哲学的真理)・根源的真理(宗教的真理)と言えるでしょう。真理にも階層性があるのであり、次第に深く深く、深まっていくのです。」(P270)

 マインドフルネスがブームですが、この説明を見ると、世間世俗諦は、常識的に見る世界のようです。道理世俗諦は、言葉で説明されたものを理解する思考レベル、証得世俗諦は、意志的自己の行動レベルに似ています。

勝義世俗諦は、西田哲学、道元禅師の語録、大乗仏教の経典(唯識を含む)を勝義諦で理解できたレベルのようです。すべて、真の自己を体験していません。 唯識を言葉で理解しても、なお、世俗諦です。真に救済されません。

 「こうして、学問的真理を否定し、主体的真理を否定し、言挙げされた宗教的真理も否定して、最終的にその宗教的真理そのものに帰入せしめる、そういう脈絡を見ることができます。」(P271)

 このような深いマインドフルネスは、生きる意味で悩む人、がん患者さんの死の不安、人格を否定された人の救済に活用されるでしょう。国民の健康、自殺予防に関わりますので、第3、4世代の認知行動療法をささえる哲学として、どうあるべきか、諸科学者が検討していただきたいものです。


<目次> 大乗仏教は在家にとってすぐれたマインドフルネス
本当の自分とは? 人生はなぜ苦しい?
竹村牧男「般若心経を読みとく」角川ソフィア文庫、2017による。

(1) 勝義諦
  =絶対に対象にならず、言葉にできない自分
(2) 小乗仏教への批判
  =「四諦八正道」は、家族職を持つ人がモデルにするようなものではない
(3) 自己の真理の説明、探求に階層性
 =科学は、自己を解明できない。従って、対象的に言葉で説明する心理学も、真の自己を解明できない。言葉のレベルのマインドフルネス心理学とそれを超えた言葉以前の真の自己まで探求するマインドフルネス実践哲学が必要である。
 マインドフルネスは、現代の人が求めている。昔の封建社会、出家者中心の哲学、実践方法ではないものが必要となっている。MBSR,MBCTがブームとなっているのがその証であるが、 MBSRは、”全体性”を極めた、日本の深いマインドフルネス実践のその入門に当たる。静かな環境で、3つの主な手法で、対象的な知的観察が中心である。このレベル、階層による現代の問題解決に有効である。
 深い階層による問題の解決には、効果がない。欧米でも、リネハンの弁証法的行動療法は、大変に深いマインドフルネスである。パーソナリティ障害に有効である。
http://blog.canpan.info/jitou/archive/3549 
★第3世代の認知行動療法=多くの流派のマインドフルネス心理療法
Posted by MF総研/大田 at 20:01 | さまざまなマインドフルネス | この記事のURL
第3世代の認知行動療法(19)痛みの緩和にマインドフルネスSIMT [2017年09月16日(Sat)]

第3世代の認知行動療法(19)痛みの緩和にマインドフルネスSIMT

 先月、NHK Eテレビの「きょうの健康」で頭痛について放送しました。 片頭痛、緊張型頭痛が多いようです。緊張型頭痛は2000万人もいるという。
 痛みの軽減には、マインドフルネスSIMTも効果があります。

http://blog.canpan.info/jitou/archive/2274
★こちらに改善経過のグラフがあります。半年かかります。途中でやめずに、継続していただくのがポイントです。

次のところに、痛みに関するマインドフルネスSIMTの各種記事の目次があります。

http://mindful-therapy.sakura.ne.jp/katuyou/mokuji-itami.htm
http://blog.canpan.info/jitou/archive/3549 
★第3世代の認知行動療法=多くの流派のマインドフルネス心理療法
Posted by MF総研/大田 at 19:05 | 種々の悩み | この記事のURL
| 次へ