CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2015年04月 | Main | 2015年06月»
NO3696『タジキスタンの特殊部隊司令官がIS(ISIL)参加』 [2015年05月30日(Sat)]
5月31日 中東TODAY




タジキスタンの特殊部隊司令官が、IS(ISIL)
に参加したと宣言した。それはシリアから伝えられた映像で、明らかになったのが、彼は黒の帽子をかむり機関銃を持った写真を公表している。

その人物の名前はグルムロド・カリモフで、タジキスタンの特殊部隊にあっては抜群の人気を誇っていいた人物であり、4
月に彼が不明になって以来、どのようにしてシリアに渡り、素早く参戦できたのか、疑問になっている。

彼はタジキスタンの特殊部隊で、抜群の能力を発揮し、治安維持を図っていたということだ。その彼が『タジキスタンに斬首人を連れて行く。』と宣言したのだ。彼はまたタジキスタン人が、ロシアで過酷な労働条件下に置かれていることについても触れている。

このグルムロド・カリモフのネット上のメッセージは、政府によって即座に閉鎖され、タジキスタンでは現在、見ることができなくなっている。

問題は、彼グルムロド・カリモフは特殊部隊のなかで、抜群の人望があることに加え、彼が創り上げた対テロ機構が、優れている点だ。したがって、グルムロド・カリモフがその逆の組織を創り上げたときには、タジキスタン政府は、対応に相当苦しむのではないのか。

グルムロド・カリモフはタジキスタンの治安部隊が、どのような編成でありどの程度人数であり、どの程度の武装をしているかなど、全てを把握していよう。またロシア政府がタジキスタン政府を、どの程度支援しているかについても、詳細に把握していよう。

シリアやイラクのIS(ISIL)には、中央アジアから200〜500
人が戦闘員として参加している、と伝えられており、中央アジア人が結成した組織も存在する。例えば、イマーム・ブハーリージャマーアや、サブリー・ジャマーアなどがそれだ。

これらの中央アジア人が結成した組織は、コバネの戦闘や、アレッポの戦い、パルミラの戦闘にも加わっていたようだ。こうなると、彼らがタジキスタンに移動して、国内の同志を集めて、大規模な戦闘集団を結成することも、難しくはあるまい。

同時に、この動きはロシアもターゲットとしている、と考えるべきであろう。以前から指摘してきたように、サウジアラビアやロシアは、IS(ISIL)
にとって次の攻撃目標に、なっているのだから。
Posted by 佐々木 良昭 at 18:12 | この記事のURL
NO3695『サウジアラビアでIS(ISIL)が爆弾テロ』 [2015年05月30日(Sat)]
5月30日 中東TODAY




サウジアラビアのペルシャ湾に面した、ダンマンでIS(ISIL)が爆弾テロを実行した。同市のアルノウド・モスクの金曜礼拝時に起こったテロで、4
人が犠牲になった。そのうちの一人が爆弾テロ犯か否かは不明だ。

IS(ISIL)は爆弾テロ実行犯の名前をアブー・ジャンダル・アルジャズラーウイと発表した。多分彼の苗字から判断すれば、湾岸の出身のテロリストであろう。

サウジアラビアではつい1週間前にも、アルカテイーフでモスクを狙ったテロが起こり、21人が犠牲になっているが、今回はその続きであるとし、IS(ISIL
)の犯行であるとすれば、サウジアラビアは今後も継続して、シーア派モスクを狙ったテロが、起こることを警戒しなければなるまい。

サウジアラビアの内務省は犯人について、女性の服装をしていたというが、それは間違いではないか。サウジアラビアでは女性が車を運転することは、禁止されているからだ。もちろん、それを承知で行ったとも考えられなくは無いが、テロ実行犯が警察に捕まるようなことを、あえてするとは思えない。

内務省の責任者は、犯人の遺体の特定ができていないために、テロ実行犯と被害者を、混同したのではないか。

爆弾テロが起こったダンマンはサウジアラビア東部の州都で大都市であり、シーア派とスンニー派が混住している所であり、今後はその他の都市にも拡大していくとすれば、サウジアラビアは危険な方向に、向かっているということであろう。

既に、IS(ISIL)はサウジアラビアをターゲットとする、と宣言しており、その宣言どおりに、テロが行われたということだ。

サウジアラビアは一方では、イエメンとの戦争を始めており、他方ではイランとの緊張関係が続いており、いまはIS(ISIL)
によるテロ攻撃に、さいなまれているということだ。

サウジアラビアが警戒しなければならないのは、これだけではない。イラクのシーア派勢力やレバノン、シリアとの関係も、極めて緊張した状態にあるのだ。それらのいずれと衝突するか分からないということだ。

もちろん、レバノンやシリアがサウジアラビア本土に、テロを仕掛けてくる可能性は低いだろうが、外国在住のサウジアラビア外交官やビジネスマン、観光客がターゲットとなる可能性は否定でき無い。

加えてイラクの動向を見ていると、イラク政府がIS(ISIL)のサウジアラビア侵入を、黙認する可能性もあろう。
Posted by 佐々木 良昭 at 17:33 | この記事のURL
NO3694『やはり現場に行かないとずれてくる』 [2015年05月29日(Fri)]
私がトルコに関して主に読んでいるのは、反体制側のトデイ・ザマン紙だが、どうもそれに頼っていると、現実との間にずれが生じるようだ。エルドアン体制が6月7
日の選挙で、大分後退するのではないか、あるいは単独政権は無理ではないか、といった予測をしていたのだが。

イスタンブールに住んでいる友人と、意見交換をしたが、大分自分のトルコを見る目に、ずれが生じているということに気がついた。彼は優しく『貴方の読んでいる新聞は、トルコのインテリ層が読んでいるものであり、反体制です。

反体制派の人たちはそれしか読まないし、エルドアン大統領を支持する人たちは、大統領支持の新聞しか読まないんですよ。したがって、貴方のトルコ判断に、ずれが生じるのは当たり前です。』というものだった。

選挙でエルドアン大統領は派手に、選挙活動をしているが、それは憲法では禁じられているが、誰もそれを非難でき無い。非難すれば刑務所に送られることが、分かっているからだというのだ。

選挙結果も然りで、エルドアン大統領が言ったような、結果に終わるだろうというのだ。『誰が投票数の確認ができるのか、最終集計が正しいか正しくないか、誰がチェックできるのか。』と彼は語っていた。

彼は選挙の結果は、与党AKPが52〜53パーセント得票し。単独過半数となると断言した。『この52〜53
パーセントという数字は、もっともらしく見える数字であり、信憑性があると内外で、評価されるからだ。』ということだ。

『エルドアン大統領は憲法も軍も欧米も、押さえられる神になったのですよ。』と笑いながら語っていた。そして、彼はトルコの経済がどんどん悪くなっていること、失業率が上がっていること、インフレが昂じていることなどを説明し、『インフレで大衆は死にますか?失業で暴動が起こりますか?』と聞いてきた。

エジプト人のビジネスマンの友人は、いろんな場所でトルコ人ビジネスマンと意見交換をしたが、誰もいまのところ、エルドアンに代われる人物はいない、と語っていたということだ。

どうやら、トルコ国民を乗せて走る超特急列車は、エルドアン運転士の運転の下に。危険な方向に猛進しているのかもしれない。
Posted by 佐々木 良昭 at 14:39 | この記事のURL
帰国しました [2015年05月29日(Fri)]
帰国しました

やはり現地に行かないと詳細は分かりませんね

日本で見ていると少しずつ事実からずれていくんですね。
Posted by 佐々木 良昭 at 12:36 | この記事のURL
NO3693『エルドアン大統領とトルコ軍に隙間風』 [2015年05月23日(Sat)]
以前から噂されてきたことだが、どうもエルドアン大統領とトルコ軍との間は、うまく行っていないようだ。エルドアン大統領は自分の汚職隠しと、敵対勢力を潰すためには、何でもする意向であり、これまで多くの警察官、検事、裁判官が更迭されたり、失職させられたりしている。

エルドアン大統領とトルコ軍との間に、軋みが聞こえ始めたのには、主に三つの理由がある。

第一の問題は、トルコ軍のシリア派兵問題であり、トルコ軍はそれを望んでいない。しかし、エルドアン大統領はなんとしても、シリアのアサド体制を打倒したいために、トルコ軍のシリア派兵をしたい意向のようだ。もちろん表向きには、トルコ政府にはその意思がない、ということになっている。

この問題をめぐって、軍のトップであるオゼル将軍が、病気治療を口実に、休暇を取った。確かに彼には健康上の問題があり、手術を受け成功に終わっている。どうやら心臓に問題があったようだ。

しかし、オゼル将軍の休暇には、シリア派兵問題が絡んでいるとして、エルドアン大統領は8
月の軍幹部会議で、彼を首にする意向のようであり、その後釜には、フルシー・アスカル将軍が納まりそうだ。

第二の問題は、エルドアン大統領とトルコ軍との問題は、軍幹部に対する締め付けで、ギュレン組織(ヒズメト)
とかかわりがあるとされた、軍幹部が多数更迭されたことだ。

第三の問題は、ハタイなどを経由して、MITがIS(ISIL)
などイスラム過激派に、大量の武器を送ったことだ。当然のことながら、トルコ軍はこれを阻止しようとしたが、政府のトップの意向ということで、黙認させられた。

その後、時間が経過してこの問題が、マスコミで騒がれるようになり、野党の政府攻撃の格好の口実になると、エルドアン大統領は国境警備軍の責任者たちを、逮捕し投獄したのだ。

それらの問題が、今後軍の立場を硬化させていくかもしれない。また、それがクーデターに繋がる、可能性があるかもしれない。トルコの一部マスコミ関係者は『エルドアンはモルシーの轍を踏んでいる。』と書いている。

つまり、エジプトのモルシー大統領がクーデターで、大統領の座から追われたように、エルドアン大統領もトルコの大統領の座から、追われる可能性がある、ということだ。
Posted by 佐々木 良昭 at 14:41 | この記事のURL
NO3692『BBCがサウジ女性記者のアルカテイーフ潜入報道』 [2015年05月23日(Sat)]
BBC
の電子版は、サウジアラビア女性ジャーナリストが、同国のアルカテイーフに潜入し、現地の様子を伝えたことを報道している。彼女の名前はサファー・アハマドでサウジアラビア国籍だ。

このアルカテイーフ地区は、サウジアラビアでは例外的に、シーア派の人たちが住民のほとんどを占めている。そのため、サウジアラビア政府は事ある毎に、弾圧を加えてきていたし、シーア派住民に対する差別、貧困、弾圧を続けてきている。

サウジアラビアのなかで、シーア派国民の占める割合は、15パーセント程度と伝えられているが、それは政府の発表であり、あるいはもつと多いのかもしれない。

サファー・アハマドが伝えた内容は、そう詳しくは無いが、それは相当警察の監視が厳しいからであろう。アルカテイーフで著名な活動家には、ファデールサフワーニとモルシー・リッブがいるが、彼らは昨年
2月にあった、家宅捜査の折に、逃亡を図り逮捕されなかった。

サウジアラビア政府は、アルカテイーフの活動家たちを、スパイ呼ばわりしてもいるようだ。サファー・アハマドはアルカテイーフ取材中に、警察にアバーヤ(
女性用のガウン)の着方が悪い、と厳しい叱責を受けたと語っている。

彼女がアルカテイーフで会った、モルシー・リッブの友人は、モルシー・リッブが昨年末に、殺害されたと語っている。その後、2人の警官が報復で、殺害されている。

最近では、デモなどでアルカテイーフの住民が、拳銃で警官や兵士に、反撃することがあるようだ。そのことについて、アルカテイーフの住民は『家宅捜査などをされることに我慢が出来ない、だから拳銃でも使うのだ。』と語ったということだ。

つまり、いまやアルカテイーフの住民の、サウジアラビア政府に対する抵抗運動は、単なる平和的なデモの域を、超えたということだ。そのことは、ますますサウジアラビア軍や警察と、アルカテイーフの住民の衝突が、激しくなるということであろう。

つい最近、IS(ISIL)がアルカテイーフのモスクを襲撃し、19人とも20
人とも言われる犠牲者を出した、負傷者の数も百人前後に達しているということだ。サウジアラビア政府にとっては、アルカテイーフのデモの拡大と、そのことへのイランの関与の懸念、加えて
IS(ISIL)のサウジアラビアへの侵入を、警戒しなければならない、厳しい状況になったということだ。
Posted by 佐々木 良昭 at 12:24 | この記事のURL
外国出張のお知らせ [2015年05月23日(Sat)]
5月23日から29日までエジプトとトルコに行ってきます。

その間は中東TODAYをやすみます。
Posted by 佐々木 良昭 at 10:52 | この記事のURL
NO3691 『ビンラーデンの秘密書簡米が公表』 [2015年05月22日(Fri)]
ウサーマ・ビン・ラーデンが残したといわれる、書類が多数アメリカ政府によって公開された。それはウサーマ・ビン・ラーデンを殺害したときに、押収したものだと言われている。

そのなかには、IS(ISIL)
がイスラム国家を設立することを、たしなめたり、カリフ制を敷くことに、反対するものも含まれていた、ということのようだ。アメリカ政府はウサーマ・ビン・ラーデンが生存中に、すでに
IS(ISIL)は相当広範に、勢力を拡大していたからだ、という説明だ。

しかし、こうなるとウサーマ・ビン・ラーデンという人物は、相当な予知能力を持っていた、ということになりはしないか。いまの段階でなら兎も角も、ウサーマ・ビン・ラーデンが殺害された、
2011年の段階でIS(ISIL)は、それほどの影響力を、イラクで持っていただろうか。

つまり、今回アメリカ政府が発表した、ウサーマ・ビン・ラーデンに関する資料には、相当捏造部分があるのではないか、と思えてならない。そして、その資料の中には、国内を標的としないで、アメリカの在外公館や、石油会社を攻撃しろと言っている。

だが、アラビア半島のアルカーイダなどは、その後も国内での闘争に、明け暮れてきている。そのウサーマ・ビン・ラーデンのメッセージは届いていなかった、というのがアメリカ政府の説明だ。

インターネットや携帯電話が、これだけ普及している時代に、ウサーマ・ビン・ラーデンが命令を出して、それがアラビア半島のアルカーイダには、届かなかったというのは、信じがたいことだ。

それでは、そのウサーマ・ビン・ラーデンの書類のなかにあった、『セラレオーネ、トーゴ、イエメンのアメリカ大使館を攻撃しろ。』という指示は、何を意味しているのであろうか。

このウサーマ・ビン・ラーデンの、秘密書簡を読んだアメリカ人は、押しなべてセラレオーネ、トーゴ、イエメンのアメリカ大使館を守れ、と言い出すだろう。その結果、警備兵が増員されることもあり得よう。

これらの3
国はどのような価値を、持つ国なのであろうか。イエメンはサウジアラビアという大産油国に隣接しており、しかも、バーブルマンデブ海峡に面している、戦略的に重要な国だ、ということは分かる。ではセラレオーネは?トーゴは何なのであろうか。セラレオーネはダイヤモンドやその他の鉱物資源が、豊富な国のようだ。

それではトーゴはというと、さしたる資源はない。かつては、リン鉱石を産出していたようだが、現在では相当縮小している。そうなると、トーゴの場合はその地理的特性が、関心の的なのかもしれない
Posted by 佐々木 良昭 at 20:38 | この記事のURL
NO3691 ビンラーデンの書簡を米が公表 [2015年05月22日(Fri)]
ウサーマ・ビン・ラーデンが残したといわれる、書類が多数アメリカ政府によって公開された。それはウサーマ・ビン・ラーデンを殺害したときに、押収したものだと言われている。

そのなかには、IS(ISIL)がイスラム国家を設立することを、たしなめたり、カリフ制を敷くことに、反対するものも含まれていた、ということのようだ。アメリカ政府はウサーマ・ビン・ラーデンが生存中に、すでにIS(ISIL)は相当広範に、勢力を拡大していたからだ、という説明だ。

しかし、こうなるとウサーマ・ビン・ラーデンという人物は、相当な予知能力を持っていた、ということになりはしないか。いまの段階でなら兎も角も、ウサーマ・ビン・ラーデンが殺害された、2011年の段階でIS(ISIL)は、それほどの影響力を、イラクで持っていただろうか。

つまり、今回アメリカ政府が発表した、ウサーマ・ビン・ラーデンに関する資料には、相当捏造部分があるのではないか、と思えてならない。そして、その資料の中には、国内を標的としないで、アメリカの在外公館や、石油会社を攻撃しろと言っている。

だが、アラビア半島のアルカーイダなどは、その後も国内での闘争に、明け暮れてきている。そのウサーマ・ビン・ラーデンのメッセージは届いていなかった、というのがアメリカ政府の説明だ。

インターネットや携帯電話が、これだけ普及している時代に、ウサーマ・ビン・ラーデンが命令を出して、それがアラビア半島のアルカーイダには、届かなかったというのは、信じがたいことだ。

それでは、そのウサーマ・ビン・ラーデンの書類のなかにあった、『セラレオーネ、トーゴ、イエメンのアメリカ大使館を攻撃しろ。』という指示は、何を意味しているのであろうか。

このウサーマ・ビン・ラーデンの、秘密書簡を読んだアメリカ人は、押しなべてセラレオーネ、トーゴ、イエメンのアメリカ大使館を守れ、と言い出すだろう。その結果、警備兵が増員されることもあり得よう。

これらの3国はどのような価値を、持つ国なのであろうか。イエメンはサウジアラビアという大産油国に隣接しており、しかも、バーブルマンデブ海峡に面している、戦略的に重要な国だ、ということは分かる。ではセラレオーネは?トーゴは何なのであろうか。セラレオーネはダイヤモンドやその他の鉱物資源が、豊富な国のようだ。

それではトーゴはというと、さしたる資源はない。かつては、リン鉱石を産出していたようだが、現在では相当縮小している。そうなると、トーゴの場合はその地理的特性が、関心の的なのかもしれない。
Posted by 佐々木 良昭 at 20:26 | この記事のURL
NO3690『リビアに変化・ISは追い出せ』 [2015年05月21日(Thu)]
2011年の革命とカダフィ殺害以降、民主化するはずのリビアは、部族や派閥間の戦闘が、4
年近く続いていた。リビア政党政府は首都トリポリから、東部のトブルクに移動し、トリポリを制圧したイスラム派は第二政府を設立して、対抗していた。

それ以外にも、ミスラタ・グループやズインタン・グループ、カダフィ支持グループなどが乱立状態にあった。それが戦闘を展開しているのだからさしもの産油国リビアも、石油の生産や移送、そして積み出しに混乱が生じ、国庫は空っぽに近い状態になってしまった。

そうした大混乱のリビアに、イラクやシリアで派手な戦闘を展開し、広大な地域を支配している、IS(ISIL)の一部が侵入してきた。もちろん、リビア国内にも
IS(ISIL)のメンバーがいた。

IS(ISIL)はリビアに入り、まもなくエジプト人コプト教徒21
人を処刑して、恐怖の支配を広げようとした。しかし、それはリビアの場合は、逆効果だったようだ。

IS(ISIL)がリビアに入る以前の段階では、IS(ISIL)にバイア(忠誠を誓う宣誓)をしていた、幾つかの組織が逆にIS(ISIL)
に対して、敵対し始めたのだ。例えば有力な組織では、ファジュル・リビアがある。この組織は今では、IS(ISIL)とシルテで、戦闘状態に入っている。

つまり、リビア人にしてみれば、よそ者が勝手に入ってきて、乱暴狼藉を働くことは許せない、ということであろうか。あるいは、自分の国がこれ以上ぼろぼろになることを、止めなければならない、と真剣に考えた結果であろうか。

いずれにしろ、そのIS(ISIL)
に対する敵対的感情は、リビアの今後にとって、大きなプラス要因となりそうだ。これまで強硬だったイスラム組織が、選挙をして民主的な政府を作ろう、と言い出しているのだ。

加えて、ハフタルにもう少し権限を与えた方がいい、という意見も出てきている。述べるまでも無く、ハフタルはリビア正統政府のなかで、軍事のトップに位置している人物だ。

今後の様子を、もう少し見なければ、何とも言えないが、IS(ISIL)
が侵入してきたために、リビア各派の和解が、成立するかもしれない。その原因はやはり『よそ者にリビアの石油収入を、渡すわけには行かない。』ということではないのか。

リビアがIS(ISIL)の侵入を理由に、結束できるとすれば、それは人口が多くない、ということにもよるのかもしれない。もう少し様子を見てみよう。
Posted by 佐々木 良昭 at 08:58 | この記事のURL
| 次へ