CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2014年08月 | Main | 2014年10月»
NO3290 『エルドアン大統領の決断やいかに』 [2014年09月30日(Tue)]
先月の8月28日に、めでたく大統領に就任したエルドアン氏だが、とんでもない難問に直面することになった。述べるまでも無くその難問とは、IS(ISIL)
掃討作戦に参加するか否か、という大決断だ。

これまでトルコ政府は、イラク北部の都市、モースルにある領事館がISによって占領され、49人が人質になっていることを口実に、IS
掃討作戦への参加はもちろんのこと、便宜供与も拒否してきていた。

アメリカ軍が使用している、トルコのインジルリク空軍基地からの、ISに対する攻撃を許可していなかったのだ。それはNATO
のメンバー国としては、苦しい判断であったろうと思われる。

しかし、今回の国連総会の場で、エルドアン大統領は『IS
掃討には空爆だけでは無理であり陸上戦闘員をシリアやイラクに送るべきだ。』と主張した。結果的にはトルコ議会で討議されることにはなっているが、エルドアン大統領の発言通りにトルコ陸軍は、シリア・イラクに軍事侵攻することになろう。なかでもシリアへの侵攻は、極めて近かろう。


そのことが今後、トルコの経済に大きな負担を及ぼすことは、述べるまでもなかろう。戦費とは実に無駄の多いものだからだ。その無駄を承知の戦争を、エルドアン大統領は決断したのだ。


エルドアン大統領の地位は揺るがないだろう、と見られているなかで、今回の戦争参加の決断が、どう響くかということだ。エルドアン大統領に対する支持が強いのは、あくまでも国民が経済的に、豊かになっているからであり、これが逆に低下することになれば、状況は一変しよう。

エルドアン大統領は当初、ISやヌスラといった過激イスラム主義者を支援することにより、自国内に抱えるPKK(クルド労働党)
問題を解決したい、と思っていたようだが、ここに至っては、もうそんな芸当は無理になってしまったろう。つい最近、エルドアン大統領はIS
について『イスラムとは関係のない組織だ』と非難の意見を述べている。

これまではヌスラやIS
に対して、義勇軍の通過地点としての場所を与え、武器弾薬を補給し、資金の流れも支援してきていたのだが、完全に反対の側に回った、ということであろう。そのことは、今まであったろうサウジアラビアやカタールからの恩恵も、止まるということではないのか。


エルドアン大統領がこの難局を、どう突破できるかが、彼の将来に直接的に、影響してこよう。戦争参加はトルコ内部のインフレに、拍車をかけるかもしれないし、経済にダメージを与えるかもしれないのだ。

この苦しい状況のなかで、再度PKKのテロが活発化してきているようだが、それはエルドアン体制に対する揺さぶりであろう。加えてIS
に対するトルコの立場が敵対的になれば、トルコ国内でのISによるテロも増えていくのではないのか。ドイツはすでにトルコへの観光目的での渡航について、自粛するよう呼びかけているつまりトルコは危険だということだ。
Posted by 佐々木 良昭 at 16:03 | この記事のURL
NO3289 『二人の新大統領エジプト・トルコ』 [2014年09月29日(Mon)]
中東の大国である二つの国の大統領が、新しく選出された。エジプトとトルコがその国だが、エジプトではシーシ元国防大臣が新大統領に就任し、トルコでは首相職にあったエルドアン氏が、新大統領に就任した。

両国は新大統領が誕生した後も、国内的に多くの問題を抱えている。インフレが進み、政府発表では10パーセント程度というのだが、実質は20
パーセントを超えているものと思われる。エジプトの場合は、ガソリンに対する政府の補助が、大幅に削減されたために、ガソリン価格は上がっている。それにつられて他の物品の価格も上がっている。

トルコでもインフレは進み、庶民のおやつとして親しまれている、シミット(ゴマをまぶしたドーナツ型の焼き菓子)の価格が、今年の1月に1リラ(約60円)
だったものが、1・4リラに上がっているということだった。


当然こうしたなかでは、国民の政府に対する反発が強まりそうなものだが、意外に社会的には落ち着きを見せていた。それはエジプトもトルコも、そうした理由があるからだ。


エジプトではシーシ大統領が国民に我慢を訴え、何とかこの危機からエジプトを救おう、と呼びかけている。彼の静かな語り口が、エジプト国民の心をとらえ、支持を強めているようだ。


もちろんそれだけではない。シーシ大統領は第二スエズ運河の建設を決定し、運河からの収入を大幅に増やす考えだ。その第二スエズ運河建設資金は、エジプト国民にだけスエズ建設債権が売り出されることとなったが、目標額は
8日で完売になったといわれている。その利回りは年率で12パーセントであることから、国民はシーシ支持に合わせ、恰好な投資対象と考えたのであろう。


この第二スエズ運河計画には、沿岸の開発も含まれている。ストックヤード、コンテナ船舶の建造エリア、工場、養魚場、ホテルを含む観光施設など盛りだくさんで、
400万人のエジプト人が新たな、仕事の機会を得るということだ。


いまのところ、ムスリム同胞団による散発的なテロは起こっているものの、ほぼ収まったとみていいのではないか。シーシ大統領の手腕が問われ、彼に対する国民の支持が、問われるということだ。現段階で判断すると、アラブの春革命を終えたエジプトが、国家再建に本腰を入れた、ということであろう。


他方、トルコの場合は相変わらず、エルドアン大統領の独裁的な政治運営が、行われている。新首相に指名されたダウトール氏は、エルドアン大統領のイエスマンであり、まったく彼の独自性を発揮していない。


そればかりか、エルドアン大統領は政敵側の企業に対する、弾圧を強めているが、そのなかにはバンク・アシアも含まれている。この銀行は欧米で評価が高いことを考えてみると、馬鹿げた対応と思えてならない。加えて、エルドアン大統領は
IS打倒戦争で、陸軍の派兵を決定したようだが、それがどれだけ高くつくか今から恐ろしい。
Posted by 佐々木 良昭 at 13:42 | この記事のURL
帰国しました [2014年09月28日(Sun)]
エジプトとトルコ訪問を終え帰国しました。

明日からは平常どおりの仕事をします。
Posted by 佐々木 良昭 at 21:47 | この記事のURL
NO3288 『リビアは実質分割状態』 [2014年09月20日(Sat)]
カダフィ大佐という独裁者が打倒されると、国家はこれほど混乱するものか、とつくづく感じさせられるのが、リビアの現状であろう。それはシリアやイラクとは異なり、いまのところ直接的には、外国人や外国が関与していないにも関わらずだ。

もちろん、現時点でも裏側では、かつての統治国であるイタリア、独立後に関与していたイギリスとアメリカ、そして利益を得ようとするフランスが、画策していることは確かだ。

それら外国の関与が、現段階では控えめであるにも関わらず、リビアは混乱のきわみにある。ミスラタという地中海岸の、トリポリから東に行ったところにある街が、一つの集団であり、彼らはイスラム色が強い。多分に背後にはムスリム同胞団がいるのであろう。この街にはカダフィ大佐が殺害された後、しばらく彼の遺体が、陳列されていたところでもある。

他方、カダフィ大佐打倒のために、アメリカから帰国したハフタル将軍を中心とする、世俗派のグループがある。彼らと気脈を通じているであろう集団が、現在サイフルイスラームを閉じ込めている、ジンタンの集団でありこれがミスラタ・グループと、トリポリ空港の支配権をめぐって戦ったが、ミスラタ・グループが勝利している。

こうした内戦状態に、危機感を感じたリビア政府は、現在リビアの東部にあるトブルクに、本拠を移している。そこでは議会も開催されるのだが、何事にも合意が得られず、混乱が続いたままだ。

それ以外にも、幾つものグループが存在するが、それらは大半が地域の部族集団であり、石油収入を手にすべく、対立しているのだ。このためリビアの油田は次々と支配者を替えており、積出港も支配権が頻繁に替わっている。

これでは国家は成り立たない。そこで周辺のアラブ、例えばエジプトやアルジェリアが関与しそうなのだが、現段階ではそれも起こっていない。それは多分に大国の介入を、警戒しているからではないか。

しかし、エジプトにしても、アルジェリアにしても、あるいはチュニジアにしても、イスラム原理主義者たちは、国境に関係なく活動しているので、何とかしたいと考えていよう。

状況がもっと混沌としてきたときに、大国はリビア分割に乗り出すのであろう。それまでの間は、リビア人が意味も無く戦い、殺されていくということだ。私は常に必要悪としての独裁者の役割を認めてきていた。

サダム亡き後のイラク、カダフィ亡き後のリビアはその典型例であろう。彼らが死んだ後は混乱だけが繰り返されている。それは、アラブ世界ではいまだに部族の結束と、地域住民への影響力が絶大なためだ。政府は余程強権の独裁者が登場しない限り、機能し難いのだ。
Posted by 佐々木 良昭 at 15:21 | この記事のURL
外国出張のお知らせ [2014年09月19日(Fri)]
9月20日から9月28日まで外国に出張します。

この期間は中東TODAY 休ませていただきます。
Posted by 佐々木 良昭 at 12:16 | この記事のURL
NO3287『話題に上り始めたポストM・アッバース』 [2014年09月19日(Fri)]
パレスチナ自治政府のマハムード・アッバース議長は現在79歳で、間もなく80
歳に達しようとしているが、そうしたなかで彼の後任ニ誰がなるのか、ということが話題になり始めている。これまでも何人かの人物の名前が、登場しては立ち消えになっていた。それはマハムード・アッバース体制が、盤石だったからであろう。


マハムード・アッバース議長の健康状態については、今のところ全く問題が無いようで、病気の噂は流れてこないし、彼は精力的に世界を飛び回ってもいる。近く予定されているアメリカ訪問の前には、フランスを訪問予定だ、ということのようだ。

マハムード・アッバース議長の政治家としての力量については、彼の健康状態とは裏腹に、あまり芳しい評価はなされていない。彼に対する支持率は10
パーセント台にまで下がっている。ワシントンのパレスチナ問題専門家は『彼は他のアラブのリーダーと同じで、トップの座にいる快感を抱いてはいるが、何をなすべきかを知らないし、次に何が起こるかも予測できない。』つまり無能だ、という判断を下している。

アラブ人は一般に、長期的な戦略を立てて、行動するということは無く、その場その場で、問題を解決していくタイプだ。それは、リーダーについても同様であろう。部下の無能ぶりは、アラブの何処の組織でも言われることだが、結果として、管理職の仕事量は膨大になる。その悪循環は指揮する側の人間が、部下を信用できないため、部下は信用されていないので、何の権限も無いことにあろう。

マハムード・アッバース議長がいまだに、後継者を指名していないのも
そのアラブ社会の構造と心理によろう。しかし、さすがにここに至って、有力な後継者の名前が出始めている。それはマハムード・アッバース議長が、今後は議長選挙に立候補しない、と発言したことも影響しているようだ。

いま話題に上っている後継者候補は5人いる。

:サラーム・ファッヤード(62歳)=元首相、元IMF スタッフ。

:マージド・ファラジュ(50代前半)
=パレスチナ情報トップでアメリカ側の信頼が厚い。イスラエルとの関係もよく、ヘブライ語が堪能だが英語はそれほどでもない。

:マルワーン・バルグーテイ=現在イスラエル刑務所収監中、パレスチナ人の支持は強いが出獄できない。実質的に後継者にはなれない状態にある。

:ムハンマド・ダハラーン(52歳)
=元ガザ治安責任者、米英の信頼厚い、イスラエルに近過ぎるとパレスチナ人が疑問に。しかし、カリスマ性、資金力、武力で人気もある。

:ムハンマド・シュタイェ(56歳)=サセックス大学Phd、経済専門、イスラエルとの交渉に参加した経験を持つ。

マハムード・アッバース議長の任期は、すでに過ぎているが、次の議長が選出されるまでは、現職に留まっていいことになっている。しかし、それにも限界はあろう。
Posted by 佐々木 良昭 at 11:58 | この記事のURL
NO3286 『マハムード・アッバース議長の不安は選挙敗北』 [2014年09月18日(Thu)]
パレスチナ自治政府を主導するマハムード。・アッバース議長は、いま不安のなかに過ごしているようだ。今回のガザ戦争でガザを支配するハマース政府は、多くのヨルダン川西岸の住民の心もつかんだようだ。

2000
人を超すガザ住民の犠牲は、ヨルダン川西岸住民の間に同情を生み出し、その状況で何もできなかったマハムード・アッバース議長に対する、怒りが込み上げているようだ。ガザ戦争は停戦状態でありまだ終戦したわけではないが、ヨルダン川西岸地区や東エルサレムでは、ガザ住民を支援するデモが繰り返されており、この中からも犠牲者が、生まれている。


マハムード・アッバース議長の無策無能が目立ったのが、今回のガザ戦争だったのではないか。本来であれば、パレスチナ自治政府の議長選挙が実施されているはずなのだが、マハムード・アッバース議長は選挙を実施した場合、敗北の可能性が高いことから、実施しようとしていない。

ハマースのマハムード・ザハル氏は、4月に交わされたハマースとファタハとの合意では、6
か月以内に選挙が実施されていることになっているが、マハムード・アッバース議長には選挙を実施する、度胸は無いと語っている。


ガザの空港や港の再建について、マハム−ド・アッバース議長はイスラエルにおもねり、許可を得ようとしているが、マハムード・ザハル氏はオスロ合意で、パレスチナ側が空港港を建設する自由は、認められていると語った。

確かに、マハムード・アッバース議長に対する支持率は、だいぶ落ちているようだ。つい最近行われた与論調査の結果では、支持率が10
パーセントを切る段階に、近づいているということだった。


ガザ戦争の影響は、マハムード・アッバース議長に対する、支持率を下げたばかりではない。これまでおとなしくしていた、ヨルダン川西岸の住民も、ガザ住民同様に戦おうという意思が、強まってきているのかもしれない。

最近の世論調査の結果によれば、第3インテファーダが起こることを支持する、ヨルダン川西岸地区住民の割合は、57
パーセントにも及んでいるのだ。この逆に、インテファーダが起こることを支持しない住民の割合は、32
パーセントとなっており、彼らの答えは『そういうことが起こることを期待していない。』という弱いトーンのものだった。

間接的ではあるが、パレスチナ人の間にもISIL(IS)
の影響を、受けている者たちがいるかもしれない。強硬な手段が一定の成果を生み出す、と考える人たちが増えているのかもしれない。そうなるとイスラエルは、ますます不安の色を、濃くすることになろう。
Posted by 佐々木 良昭 at 16:49 | この記事のURL
NO3283『ヘイカル氏がIS(イアスラム国家)を語る』 [2014年09月15日(Mon)]
世界的に著名なジャーナリストである、エジプトのハサネイン・ヘイカル氏が、IS(イスラム国家=ISIL)について言及した。

彼によれば、ISILやISISと呼ばれ、現在はIS(イスラム国家)
と呼ばれている組織は、西側が創り出したものだが、それが西側の敵になったということだ。それでアメリカのオバマ大統領は、あわててIS
に対する戦争を、始めようとしているというのだ。

エジプトはこのIS
に対するアメリカの戦争で、大きな期待を寄せられているが、慎重に検討するべきだということだ。しかし、この機会を逃すことも、危険だという判断を下している。エジプト国民は不満を抱いており、あらゆる権威を破壊したい、と望んでいることも事実だ。

イスラムの潮流が激しくなっているが、それは問題の解決には繋がらないし、世界の平和にも貢献しない。カリフ制なる言葉もトルコで登場したが、うまくいかないし、そのことをシーシ大統領は、良く分かっている。

世界はいまイスラム潮流に対する対応を、変えようとしている。あるいは、イスラムの潮流を政治的に利用しよう、と考えているのかも知れない。そうしたなかでは、イスラム・テロが増加していくだろう。

さてもう一人のアラブの巨人、ムスリム同胞団のカルダーウイ師は、どう考えているのであろうか。彼が長期留まっていたカタールは、ムスリム同胞団に対して、極めて協力的であったが、ここに来て、ムスリム同胞団員の国外追放を決定した。

それはアメリカのカタールに対する、圧力の結果だと思われる。彼らはトルコに移住しそうだが、それは今後、アメリカとトルコとの関係を、複雑にしていくだろうし、エジプトとの関係をも悪化させていこう。

カルダーウイ師は最初に、自分はISとは考えが違うと明言した上で、しかし、アメリカのIS
に対する戦争は支持しない。アメリカはイスラムではなく、自国の利益のために行動を起こすのだ、流血を支持しないと語っている。

カルダーウイ師はこれまで玉虫色の発現をし、時にはアメリカのご機嫌もとってきた人物だが、今回の発言も己保身そのものだ。ここに来てカタールが、ムスリム同胞団員の追放を決めたことで、動揺しているのかもしれない。

ヘイカル氏が語るように、当分はイスラム潮流が、激しさを維持するだろうが、それは長期化し定着するものではなかろう。トルコがIS
の石油密輸を止めれば、彼らは自己資金を失い、組織を拡大することも、活動を継続することも、出来なくなるだろう。
Posted by 佐々木 良昭 at 10:49 | この記事のURL
NO3282『アメリカ愛想を尽かしたか?エルドアンのトルコ』 [2014年09月14日(Sun)]
トルコではエルドアン氏が大統領に就任して、1
ヶ月が経過しようとしている。首相時代と同様に、彼は自分の思うままに、国内外政治を実行しているようだ。そのことは、国内では与党の党員の、AKP
離れを一部で起こしている。

国外では、アメリカとの関係が、次第に悪化しているようだ。それは、イラクとシリアで猛威を振るう、ISに対する対応をめぐってだ。ご存知の通り、アメリカはIS
潰しに、本格的に乗り出したようだが、トルコはアメリカの求める協力をしようとしていない。例えばインジルリク空軍基地の使用だ。

トルコのこのインジルリク空軍基地に、アメリカ空軍が駐留しているのだが、イラク戦争の折にも今回のIS
攻撃でも、トルコはアメリカ軍にインジルリク空軍基地を、使わせないというのだ。

そればかりか、アメリカやヨーロッパがテロリスト・グループと見なしている、ヌスラ・グループや、その他のグループに参画するテロリストの、イラクやシリアへの通過地点として、トルコは彼らテロリストに、便宜供与しているのだ。

このため、トルコの国内には幾つもの、IS
やヌスラの外人テロリスト受付事務所が、設けられているだけではなく、軍事訓練所もあるということだ。トルコの友人の語るところによれば、軍事訓練所はアンカラとイスタンブールの、中間の山岳地帯にあるし、イスタンブールにもテロリスト受け入れ事務所が、あるということだ。

これでは、アメリカが幾らIS掃討に力を入れても、なかなか成果は挙がるまい。専門家の一人が語っているところによれば、IS
掃討作戦は国際的な協力と連帯が、必要だということだが、エジプト政府もケリー国務長官のカイロ訪問時に、同様の立場を明らかにしている。

トルコの実質的な反アメリカ的姿勢に業を煮やした、アメリカのウオール・ストリート・ジャーナル紙は『アメリカ軍のトルコ駐留をやめよう、他の国でも代替が可能なのだから』と書いた。

元在トルコアメリカ大使だったフランシス・リカルドーネ氏は『トルコはフランクに言わせて貰えば、ヌスラ組織やアルカーイダ組織と協力している。トルコは彼らのシリア、イラクへの、通過地点になっているのだ。』と語った。

ウオール・ストリート・ジャーナル紙は『アメリカはもうアンカラに友人はいない。我々には他の選択肢がある。』と記事を締めくくっているそうだ。

トルコはテロリストの通過地点になっているだけではなく、テロリスト・グループに対して武器弾薬も提供しており、2000
台のトラックに武器が満載され、シリアやイラクのテロリストの元に、届けられたという報告もある。

トルコ政府の高官の外相や、情報長官その他がヌスラ組織、IS
、アハラールシャームといったテロ組織幹部と、電話で話し合っていることがばれてもいる。これではトルコの欧米との関係は、確実に悪化していくことであろう。

イラク国防省の報告によれば、つい最近もトルコ経由で150
人のサウジアラビア人など、テロリストがイラク領内に入ったということだ。そのことを、ドイツのテレビも追認している。

最近のCIAの報告によれば、イラクとシリアには81カ国から集まった、15000
人の外人テロリストがいるということだが、そのほとんどがトルコ経由で、イラク、シリアに入っているということなのであろう。

話題は変わるが、湾岸諸国や欧米からの圧力であろうか、カタール政府は自国内に居住するムスリム同胞団メンバーを、国外追放することを決めたが、その受け入れ先はトルコだということだ。これでは、トルコはテロリストのスポンサー国になる、ということではないか。

テロリスト支援でトルコのイメージは、悪化していこう。そして、同時にそれが経済にも、影響を与えることになろう。その先に見えるのは、エルドアン体制の弱体化ではないのか。
Posted by 佐々木 良昭 at 13:37 | この記事のURL
NO3282 『アメリカ愛想を尽かしたか?エルドアンのトルコ』 [2014年09月14日(Sun)]
トルコではエルドアン氏が大統領に就任して、1
ヶ月が経過しようとしている。首相時代と同様に、彼は自分の思うままに、国内外政治を実行しているようだ。そのことは、国内では与党の党員の、AKP
離れを一部で起こしている。

国外では、アメリカとの関係が、次第に悪化しているようだ。それは、イラクとシリアで猛威を振るう、ISに対する対応をめぐってだ。ご存知の通り、アメリカはIS
潰しに、本格的に乗り出したようだが、トルコはアメリカの求める協力をしようとしていない。例えばインジルリク空軍基地の使用だ。

トルコのこのインジルリク空軍基地に、アメリカ空軍が駐留しているのだが、イラク戦争の折にも今回のIS
攻撃でも、トルコはアメリカ軍にインジルリク空軍基地を、使わせないというのだ。

そればかりか、アメリカやヨーロッパがテロリスト・グループと見なしている、ヌスラ・グループや、その他のグループに参画するテロリストの、イラクやシリアへの通過地点として、トルコは彼らテロリストに、便宜供与しているのだ。

このため、トルコの国内には幾つもの、IS
やヌスラの外人テロリスト受付事務所が、設けられているだけではなく、軍事訓練所もあるということだ。トルコの友人の語るところによれば、軍事訓練所はアンカラとイスタンブールの、中間の山岳地帯にあるし、イスタンブールにもテロリスト受け入れ事務所が、あるということだ。

これでは、アメリカが幾らIS掃討に力を入れても、なかなか成果は挙がるまい。専門家の一人が語っているところによれば、IS
掃討作戦は国際的な協力と連帯が、必要だということだが、エジプト政府もケリー国務長官のカイロ訪問時に、同様の立場を明らかにしている。

トルコの実質的な反アメリカ的姿勢に業を煮やした、アメリカのウオール・ストリート・ジャーナル紙は『アメリカ軍のトルコ駐留をやめよう、他の国でも代替が可能なのだから』と書いた。

元在トルコアメリカ大使だったフランシス・リカルドーネ氏は『トルコはフランクに言わせて貰えば、ヌスラ組織やアルカーイダ組織と協力している。トルコは彼らのシリア、イラクへの、通過地点になっているのだ。』と語った。

ウオール・ストリート・ジャーナル紙は『アメリカはもうアンカラに友人はいない。我々には他の選択肢がある。』と記事を締めくくっているそうだ。

トルコはテロリストの通過地点になっているだけではなく、テロリスト・グループに対して武器弾薬も提供しており、2000
台のトラックに武器が満載され、シリアやイラクのテロリストの元に、届けられたという報告もある。

トルコ政府の高官の外相や、情報長官その他がヌスラ組織、IS
、アハラールシャームといったテロ組織幹部と、電話で話し合っていることがばれてもいる。これではトルコの欧米との関係は、確実に悪化していくことであろう。

イラク国防省の報告によれば、つい最近もトルコ経由で150
人のサウジアラビア人など、テロリストがイラク領内に入ったということだ。そのことを、ドイツのテレビも追認している。

最近のCIAの報告によれば、イラクとシリアには81カ国から集まった、15000
人の外人テロリストがいるということだが、そのほとんどがトルコ経由で、イラク、シリアに入っているということなのであろう。

話題は変わるが、湾岸諸国や欧米からの圧力であろうか、カタール政府は自国内に居住するムスリム同胞団メンバーを、国外追放することを決めたが、その受け入れ先はトルコだということだ。これでは、トルコはテロリストのスポンサー国になる、ということではないか。

テロリスト支援でトルコのイメージは、悪化していこう。そして、同時にそれが経済にも、影響を与えることになろう。その先に見えるのは、エルドアン体制の弱体化ではないのか。
Posted by 佐々木 良昭 at 13:36 | この記事のURL
| 次へ