CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年01月 | Main | 2011年03月»
NO・1901「シリアでもフェイス・ブックの攻撃が始まった」 [2011年02月28日(Mon)]
 現代の革命は武器を必要としない、流血を避けて出来る革命だ、と言われている。リビアのように、多くの血が流される場合もあるが、そもそもの始まりは、インターネットやツイッター、フェイス・ブックなどによる、不特定大衆への、呼びかけによるものだった。
 結果的に、この電子革命はチュニジアの、ベン・アリという独裁者を逃亡させ、頑強なエジプトのムバーラク体制を打倒した。しかも、その電子革命による犠牲者数は、500人にも満たなかったのだ。
 リビアの場合には、カダフィ大佐の徹底的な、革命潰し作戦が、既に、数千人の犠牲者を生み出しているが、他の国家元首たちには、恥というものがあるのだろう。一定のレベルまで国民の怒りが高まり、多数のデモ参加者が集結した段階で、潔くその職を辞している。
 さてこの電子革命の波が、遂にアラブの独裁国シリアにも、向かい始めたようだ。複数のネットやフェイス・ブックが、バッシャール・アサド体制批判を始め、大衆抵抗運動を、呼び掛け始めている。
 今回の動きの前には、2月4日に大衆デモを呼び掛ける、フェイス・ブックの動きがあったが、失敗に終わっている。それは、雨降りであったことが、最大の原因であり、警備が厳重であったことも、大衆動員失敗の原因だった、と言われている。
最近になって、シリアでのフェイス・ブックの動きが、急を告げてきたのは、タラール・マアロウヒという19歳の少女が、CIAのエージェントとして、5年間の刑に処せられたことが、原因している。
 さて、シリアのバッシャール・アサド体制を揺るがすだけのものに、今回のフェイス・ブックの呼びかけは、発展していくのだろうか。それとも、シリアのアラブのリーダー国としての立場が、それを否定することが、出来るのだろうか。
 シリアは少数派のアラウイ派によって、統治されている国であり、スンニー派のムスリム同胞団の隠れ党員で、あふれている国だと言われている。そのムスリム同胞団はいま、シリアで動き出す時期だ、と考え始めているのだろうか。
起こり得ないはずの、オマーンですら起こっている、今回の革命という伝染病は、シリアの体制をも侵すのであろうか。もう少し様子を見てみよう。
Posted by 佐々木 良昭 at 15:07 | この記事のURL
NO・1900「リビア国民は自身の手で結論を出すべきだ」 [2011年02月27日(Sun)]
 リビアの状況が、流血と虐殺の継続する、断末魔の様相を、呈しているようだ。カダフィ大佐の最終戦争が、始まっているのだろう。いまとなっては、トリポリ市だけがカダフィ大佐の手中にあり、他の地域は、ほぼ反カダフィ派の手に、落ちたようだ。
 トリポリ市だけがカダフィ大佐の、コントロールする地域になったが、そのことは、200万人のトリポリ市民が、人質になっているのと、同じことだ。少しでも反対の言動をすれば、たちどころに、銃殺されるということだ。そして、その死体は極めてシステマテイックに、処理されているということだ。
 このことは、トリポリで最後の戦いに入ったカダフィ大佐と、その一派を打倒するためには、より一層の犠牲が生まれる、ということだ。それを出来るだけ少なく留めるためには、外部から軍隊が入って、カダフィ派を打倒することだろう。
 既に国連で、軍事力を行使することも検討され、アメリカやイギリスは、リビアへの派兵を、検討しているようだ。しかし、アメリカやイギリスがリビアに派兵するということは、これまでのリビアの大衆の犠牲を、全く違うものに、色付けしてしまうだろう。
 カダフィ大佐が語ったように、この大衆蜂起は、外国の陰謀であり、アメリカやイギリスが、リビアの石油を狙って、仕掛けたものだということが、カダフィ打倒後に、語られる可能性がある。
 それを避けるためには、アラブが軍を派遣することであろう。しかし、アラブ各国は、自国問題で手一杯であり、派兵するには、時間がかかってしまう。
 リビアの大衆には気の毒なのだが、結局のところ、リビア人自身がカダフィ体制を打倒するのが、一番いいのではないか。そのための犠牲は、覚悟しなければなるまい。
 大きな犠牲を払ったその後に、リビア国民はカダフィ大佐が行ったような、クーデターではなく、大衆の蜂起によって行われた革命、その結果勝ち得た、共和国を樹立すべきであろう。そして、その共和国をきちんと国民の手に、留め置くべきであろう。
 諸外国は軍事介入をすることによって、リビア人が払ってきた犠牲を、帳ゲシにすべきではなかろう。リビア国民はそれに自身の手で、結論を出すことを望んでいるのだから。
Posted by 佐々木 良昭 at 22:51 | この記事のURL
NO・1899「アラブに共和国と王国の差は無い」 [2011年02月27日(Sun)]
 今回のアラブの激震で、認識しておかなければならないことがある。それは、アラブ諸国には残念ながら、国民によって運営されてきた、共和国は存在しなかったということだ。もちろん、共和国の発足の時期は、必ずしもそうではなかったろう。
 しかし、時間が経過するに従って、共和国は大統領の権限が頂点に達し、王国と何も変わらない、独裁国家になってしまったのだ。最初に変革が始まったチュニジアでも、エジプトでも、イエメンでもリビアでもそうだ。そして、これから始まることが予想される、シリアも例外ではあるまい。
 これらの国々は、皆共和国と呼ばれ、王国に比べ、民主化が進んだ国家のように、言われてきていた。
 他方、王国は常に時代遅れの国家のように、見られてきていた。そのため王国政府は、国民の怒りが爆発しないように、共和国よりもデリケートな神経を使った、国内政策を展開してきていた部分もある。
 つまり、共和国で始まった大衆蜂起の波は、全ての共和国を襲う、可能性があるということだ。そして、それは共和国とあまり内容において、変わらない王国でも、起こりうる可能性が、高いということだ。
 アラブ諸国は押しなべて、多宗教、多民族、多宗派の国であり、所得格差の大きくかけ離れた国でもある。そこでは地縁、血縁、縁故、仲介者の有無が、すべての可能性を限定してしまう。
 既に王国でも、大衆蜂起が始まっている。バハレーンは既に、相当危険な段階に突入しているし、ヨルダンでも不安定な状況が、生まれている。そうした国では、大衆の要求が次第に拡大してきていることも事実であり、参加者が増加してきていることも事実だ。
 クウエイトでもそうした潮流が、見え隠れし始めているし、オマーンでもサウジアラビアでもそうだ。クウエイトでは少数派のシーア派や、国籍を与えられないままに暮らしている、差別された住民、ビドーンの問題がある。
 いまサウジアラビアに出張中の友人が、伝えてくれたところによれば、来週の金曜日は、大衆行動の呼びかけがツイッターを通じ、フェイスブックを通じて、サウジアラビア国内を駆け巡っているということだ。
 これに備え、エビアン(ミネラル・ウオーター)を5箱注文したところ、2箱しか売れない、と言われたというのだ。友人はそのことが、騒動の前兆ではないか、と考えたようだ、確かにそうであろう、サウジアラビア国民の間では、騒動が起こる可能性が、高いと考える国民が、少なくないということであろう。
 友人はとりあえず、ドバイに移動し状況を見、サウジアラビアが不安定化した場合には、ロンドンに向かう、とメールで知らせてきた。サウジアラビアで変化が起こった場合、それは大きな影響を、日本にも及ぼそう。国内政治で権力闘争の茶番劇をして、騒いでいる時期ではない、と思えるのだが。
Posted by 佐々木 良昭 at 22:13 | この記事のURL
NO・1898「アラブ諸国はリビアに軍事介入すべき」 [2011年02月26日(Sat)]
 リビアのカダフィ大佐が、遂に本物の狂人になって、しまったようだ。自国民にロケット砲や、空軍機を使って、攻撃を加えるというのは、もう尋常ではない、ということであろう。
 トリポリなどでは、リビアの大衆が行った、抗議デモに対し、容赦なく機関銃弾を浴びせた、ということだ。また、ロケット砲であろうか、あるいは他の武器であろうか、武器は何であれ、人間の下半身全てが吹っ飛んでしまうような、攻撃を加えたという情報も、伝わってきている。
 しかも、こうした大惨事の前には、スーダン、チャド、ニジェールなどのアフリカから集められて、来たスナイパーたちが、リビア人の反カダフィ行動を、起こしている人たちに向けて、頭、首、心臓を、狙い撃ちにしたということだ。
 しかし、そうまでむごたらしい攻撃を加えても、反カダフィの動きは止まらない。次々と、リビアの主要都市が、反カダフィ派の手に、落ちてきている。残るのは首都トリポリ市だけだ、と伝えられている。
 しかし、この首都トリポリ市には、リビアの全人口650万人のうちの、200万人が居住している。そのトリポリ市でも、反カダフィ闘争が起こっているのだから、カダフィ大佐はなんとしても、トリポリを確保し続けようとし、あらゆる手段を講じるだろう。
 つまり、トリポリ攻防戦で何万人、あるいは何十万人という、膨大な数のリビア国民が、犠牲になる危険性が、迫っているということだ。アメリカやヨーロッパの国々は、軍事介入を検討し始めているようだが、その前に、アラブ軍が軍事介入すべきであろう。
 エジプトでは、各政党のリーダーたちが、リビアへの軍事介入を、呼びかけている。アラブの軍隊が入らなければ、不必要な殺戮が行われる、危険性があろう。リビアでは英語で作戦を行おうとすれば、それだけで反カダフィの住民のなかからの、抵抗もあろう。だからこそ、リビア人のプライドを保つ意味でも、アラブの軍事介入が、欧米よりも優先すべきだ、と思われるのだ。
 ただし、そのアラブ合同軍が介入する場合に、一番気を付けなければならないことは、カダフィ大佐が開発した、毒ガス兵器、化学兵器が使われる、危険性があることだ。
 それは、欧米軍の介入の場合も、同じであろう。「窮鼠猫を噛む」ではないが、カダフィ大佐は自分が殺されるか否かの、瀬戸際にいるわけであり、手段を選ぶことはあるまい。十分な用意をしたうえで、リビアへの軍事介入を、早急に進めて欲しい。
Posted by 佐々木 良昭 at 23:27 | この記事のURL
NO・1897「ヨルダンでも怒りの金曜日」 [2011年02月24日(Thu)]
 金曜日は述べるまでも無く、イスラム世界の集団礼拝の日だ。この日、多くのイスラム教徒たちは、モスク(礼拝所=イスラム教寺院)に集まり、昼に集団礼拝を行う。この集団礼拝を禁止することは、どこのイスラム国の政府にとっても、不可能であろう。
 アラブ世界で反体制運動が起こった時、この金曜日の集団礼拝の後に、デモ行進をすることが、最も容易な多数の参加を呼び掛けうる、デモになっていった。チュニジアでもエジプトでも同じだった。
 このため、反体制運動を指導するグループは、金曜日を「怒りの金曜日」と名付け、大衆の怒りを結集し、抗議行動を計画するようになった。
 ヨルダンでもこのところ、毎週のように金曜日の集団礼拝の後に、デモ行進や抗議行動が、行われるようになった。明日2月25日の金曜日も「怒りの金曜日」に反体制側が指定したようだ。そのため、焦りを感じる政府側は、このデモ潰しに、政府側が集めた体制支持デモを計画し、反政府デモに対抗するようになった。
 結果的に、政府側と反政府側のデモが衝突し、負傷者が出ることになり、それがますます、反政府側の怒りを強めている。
 ヨルダンの場合、最初は部族代表者たちによる、アブドッラー国王の妻、ラニヤ王妃の行動に抗議する内容のものであり、大衆行動に至るほどのものではなかった。しかし、その後の政府の対応が、不十分であったために、部族長たち以外のヨルダン人の間に、怒りが高まり、大衆抗議行動に拡大している。
 しかし、ヨルダンの場合唯一、救われる可能性があるのは、抗議がアブドッラー国王自身に向けたものではない、という点だ。ラニヤ王妃に向けた非難や、バケト首相に対する抗議であり、選挙法などの法の改正を求めるものに、とどまっている点だ。
 しかし、それもあくまでも、デモを安全圏に置くための手段であり、不満がアブドッラー国王体制に対するものではない、というカムフラージュに過ぎまい。その隠れ蓑がはがされた時、ヨルダン社会で始まっているデモは、本格的な闘争に、変化していくものと思われる。
 その段階に至る前に、ヨルダン王家や政府が、適正な対応策をとれるか否かが、この国の体制の存亡を、決めることになりそうだ。ヨルダンも決して、安全圏に留まっているわけではない、ということだ。ヨルダンの国内状況がどの段階にあるのかは明日のデモを見れば分かろう。
Posted by 佐々木 良昭 at 16:22 | この記事のURL
NO・1896「ポスト・カダフィに誰が登場するか」 [2011年02月24日(Thu)]
 死に体になってきた、カダフィ大佐の体制が崩れ去るのは、時間の問題だろう。彼はいま、グリーンブック理論に基づいて、彼が組み立てた直接国民による国家統治体制でも,リビアそのものでもなく、彼自身の命を守るために、戦っているということではないか。
 そのためには、何千人でも何万人でも、リビア国民を殺すつもりのようだ。その狂気性が、リビア国民全員の知るところとなり、カダフィ離反現象が、早まってきているのであろう。
 そうしたなかで、既に、アメリカやイギリスでは、ポスト・カダフィに誰が登場するかの、予測が始まっている。それらの予測によると、まずアメリカの元ブッシュの国家安全保障会議の、アドバイザーだったエリオット・アブラム氏は、カダフィ大佐が全てをぶち壊したので、再建が難しいだろう、と語っている。
リビア国民はカダフィ体制下で民主主義も、自由な選挙のやり方も、報道の自由も、知らないで暮らして来ただろうということだ。
 次いで、スペンサー氏はデイリー・テレグラフ紙に寄せた原稿のなかで、リビア国民の間で知られている人物は、カダフィ大佐と共に行動した人物たちだとし、元首相職を務めた、アブドッサラーム・ジャッルード氏を挙げている。それ以外では、ベンガジで反カダフィ宣言をした、アブドルファッターハ・ユーニス内相、彼らはともにカダフィ大佐と革命を起こしたメンバーだ。
 それ以外には、亡命してカダフィ体制打倒活動を続けてきた、ムハンマド・アリー・アブドッラー氏の名が上がっている。
 リビア人の亡命組みには、極めて優秀な人物が少なくない。なかでも、現在50代の後半から60代前半の人たちの中には、アメリカやイギリスで博士号を取得し、現地で大学教授を務めている人物も、少なくないのだ。もちろん、もっと若い層にも、優秀な人材はいる。リビア国内だけで、カダフィ大佐の愚民政策の下で育ってきた人たちのレベルを見て、リビア人を判断すべきではあるまい。彼らの中にすら優秀な人材はいるのだから。
Posted by 佐々木 良昭 at 00:31 | この記事のURL
NO・1895「アラブ体制の不安定化の原因は家族に問題」 [2011年02月23日(Wed)]
 アラブ各国がチュニジア病に罹り、体制が不安定化している。その原因として、これまで挙げられてきたのは、貧困、失業、不公正、独裁といったものだったが、それだけだろうか。
 最近になって、特に強く感じる体制不安には、もっと深刻で根本的な原因が、あるような気がする。それは権力者たちの、家族の問題だ。どうも家族の言動が、大衆の間で不人気になり、体制批判が高まっているのではないか。
 あるいは、家族の元首に与える影響が、結果的に元首の判断を誤らせて、取り返しの付かない状態に、なっているのではないか。
 まず最初に、体制不安が起こり、遂には国外逃亡に到った、チュニジアの例を挙げてみよう。ベン・アリ大統領の浪費癖も、問題だったようだが、大大統領の夫人の金遣いも、相当荒かったようだ。権力者の妻たちは、夫の権力におぼれ、他人のものでも、自分のモノのような錯覚を、抱くのであろうか。
 エジプトの場合も、ムバーラク大統領の妻である、スーザーン夫人の金に対するこだわりは、相当のものだったようだ。スーザーン基金を設け、各種の慈善活動を行っていたが、あらゆるところから、寄付を求めていた、という話を聞いた。
 その上、スーザーン夫人は自分の次男ガマール氏を、大統領後継者にすることに、こだわっていたということだ。ムバーラク大統領は以前から、ガマール氏ではない他の人物に、副大統領の地位就かせ、後継者に育てたい、と考えていたが、結局は、スーザーン夫人の説得に、屈したということのようだ。
 そのスーザーン夫人が後継者にしようと思っていた、ガマール氏は彼の友人たちで、閣僚人事を固め、多くの汚職を行い、国民の不満を拡大している。欲の皮が突っ張りすぎた結果、一家が居住の場所さえも、失いかねない状態に、陥っているのだ。
 ヨルダンの王家の場合も、例外ではないようだ。アブドッラー国王に対する不満ではなく、ヨルダンの場合は、ベドウインのリーダーたちが、国王の妻であるラニヤ夫人の浪費と、身勝手な利益に絡む行動に、腹を立てて反発したことから、問題が拡大している。
 パレスチナ自治政府のマハムード・アッバース議長の場合、自身の欲もさることながら、息子の金銭欲と汚職が、大きな問題になっている。マハムード・アッバース議長と対立した、ムハンマド・ダハラーン氏の取り上げた問題点は、マハムード・アッバース議長の息子の、金にまつわるスキャンダルだった。
 日本を含め、何処の国でもある、家族のでしゃばり、横暴が権力を喪失する、主な原因のひとつに、なっているということだ。国家元首や会社の社長、あるいは、団体の長と呼ばれる地位に就く人たちは、まずは家族を引き締めて、教育することが大事なようだ。それが長期安定型の権力者を、生み出す根本であろう。
Posted by 佐々木 良昭 at 23:53 | この記事のURL
NO・1894「カダフィ大佐、各国から集中砲火を浴びる」 [2011年02月22日(Tue)]
 リビアの革命の指導者、狂犬カダフィ、アフリカの王の中の王、といろいろなアダ名を付けられてきたカダフィ大佐が、ここにきて、どうやら人生最大の窮地に、追い込まれたようだ。
 人は溺れる犬に石を投げつけ、棒で叩くことが好きなようで、そんな弱い立場に立たされたカダフィ大佐に、各国から罵声が、浴びせかけられ始めている。身から出た錆であり、あるいは致し方の無いことかもしれないが。
 イスラエルのペレス大統領は、カダフィ大佐が「中東からイスラエルを消したい。」と言っていたことを取り上げながら、カダフィ体制の一日も早い終焉を、期待すると発言をしている。そして、ペレス大統領はその日が近いことを、予言している。
 これまで、アラブ世界の動向を、細かく伝えてきたイランは、どういうわけか、リビアについては、ほとんど報じないできていた。そのことを不思議に思ってきたのだが、ここにきて、やっと重い口を開き始めた。
 イランの外務省高官は、「市民の抵抗に対して、武力を用いるようなことは、国際社会が終わらせなければならない。」とカダフィ体制のデモ隊に対する、武力による対応を非難した。
 これまで、イランがリビアのカダフィ大佐に対して、あまり批判の言葉を向けなかったのは、あるいはカダフィ大佐が、反イスラエルの立場を、採っていたからかもしれない。
 元リビアに在住していた、イギリス在住のユダヤ人は、「現在報じられている以上の犠牲者が、出ているものと思われる。」と語り、今後の展開がますます悲惨なものに、なることを懸念している。
 そして、最後はエジプトのムスリム同胞団のトップ、ユーセフ・カルダーウイ師の発言を紹介しよう。ユーセフ・カルダ−ウイ師は「リビア軍の誰であれ、カダフィを撃ち殺せる者は撃ち殺していい、それを実行するべきだ。」と語っているのだ。
 つまり、ユーセフ・カルダーウイ師は、最高の権威あるイスラム法学者の立場から、リビア人に対して、カダフィ大佐を殺害することは、義務であるという、ファトワ(宗教裁定)を下したということだ。
 人を殺すということは、同時に自分を殺すことでもあるという、基本的な考えを、カダフィ大佐も思い起こすべき、時期が来たということであろう。
Posted by 佐々木 良昭 at 17:02 | この記事のURL
NO・1893「カダフィ体制の終わりが近づいている」 [2011年02月22日(Tue)]

 リビアのカダフィ体制が、もうじき終わりを告げそうだ。自国民に外人狙撃部隊を向け、頭や胸、喉を狙って撃たせれば、体制の崩壊は当然の帰結であろう。
 この外人部隊の投入に、リビア軍がプライドを傷つけられ、やがてリビア軍も、カダフィ大佐に背を向けることになろう。
 カダフィ大佐の息子の中で、一番まともなサイフ・ル・イスラーム氏が、最後の弾丸を撃ち尽くすまで、父と治安部隊は戦うだろうと語っている。
 状況はそこまで来たということであろう。
カダフィ大佐の力による大衆抑圧が成功すれば、他のアラブの国の元首も、真似をするかもしれない。
 なんとしてもカダフィ体制は、打倒されるべきであろう。
Posted by 佐々木 良昭 at 00:55 | この記事のURL
NO・1892「エジプトの実情H・ヘイカル氏のコメント」 [2011年02月22日(Tue)]
 2月21日笹川平和財団の主催で、私とチュニジア大使の講演会があった。時間の制約で各国別の説明はできなかったが、反応は極めてよかったと思う。会場にいたアラブの外交官にとっては、少しきつかった可能性もあるが。しかし、私とほぼ同じ考え方を、エジプトのハサネイン・ヘイカル氏がしている。内容は以下の通りだ。
エジプトの大ベテラン・ジャーナリスト、元アルアハラム紙の編集長で、ナセル大統領の講演原稿を書いていた人物、そして情報大臣を務めたハサネイン・ヘイカル氏が、エジプトの大衆蜂起後の状況を見て、彼の意見をアッサフィール紙に寄せている。
彼はムバーラク元大統領がシャルム・エル・シェイクの別荘に、いまだに留まっていることの、危険性を指摘している。当然であろう。彼はそこからいまだに、軍や情報機関、警察に対して、指示できる立場にいるのだから。
ハサネイン・ヘイカル氏はムバーラク氏が、エジプトに留まりたいのであれば、シャルム・エル・シェイクではなく、アレキサンドリアだっていいではないか、と皮肉っている。しかも、彼はシャルム・エル・シェイクがイスラエルに近く、アメリカの保護下でもある。その上、空港がすぐそばにあり、何時でも外国に逃れられる、ということを暗に指摘している。
ハサネイン・ヘイカル氏によれば、エジプトの大衆蜂起は、大衆による革命という判断が一般的になっているが、それは違うと言いたいのだろう。大衆蜂起が激しさを増した後、ムバーラク氏は大統領の地位から降りる、と宣言し、軍に全権を委ねたのだ。
その結果、エジプトの最高権力者になったのは、タンターウイ国防大臣であり、彼はムバーラク氏が指名して、国防大臣になった人物だ。もちろん、ムバーラク氏とタンターウイ国防大臣との友情は、ムバーラク氏が大統領でいる間、ズーーッと続いていたのだ。
今後、エジプト国内は混乱が続こうが、そのなかで大衆が革命の美酒の酔いからさめたとき、社会の混乱が続いていることに気が付こう。そこからがムバーラク大統領の、本当の勝負が始まるのかも知れない。
ムバーラク氏には、御簾の後ろから、今でも軍を動かす力が、残されているということだ。
エジプトの大衆が大衆革命に成功したというのなら、なぜムバーラク氏を逮捕し、カイロに連れて来られないのか。彼は結果的に、360人以上のエジプト国民を殺したのだ。裁判にかけられて当然ではないのか。
Posted by 佐々木 良昭 at 00:22 | この記事のURL
| 次へ