CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年12月 | Main | 2011年02月»
NO・1869「チュニジア大衆革命の経緯と今後」 [2011年01月23日(Sun)]
 チュニジアのベン・アリ元大統領は、1987年にブルギバ大統領を無血革命で追放し、後継の大統領に納まった。当初彼はイスラミストに対しても、穏やかな対応をし、国民一致の政府実現を考えていたようだ。
しかし、その後、1989年に選挙をしてみると、ナハダ党は国会議員選挙で、17パーセントの票を集めたのだ。このためベン・アリ大統領は、ナハダ党の対応に、著しく危機感を抱いた。この年の選挙のショックから、ベン・アリ大統領はイスラム組織に対して、厳しい対応を採り始め、ナハダ党は禁止されることになった。
多くのナハダ党の幹部が、外国に逃れ逮捕を免れた。このチュニジアでのベン・アリ大統領の動きは、エジプトの故サダト大統領の経緯と、非常に似通っている。サダト大統領も大統領に就任して以来、イスラム組織(ムスリム同胞団)に対し、緩やかな対応を採った。
しかし、その後、暴動が起こり、サダト大統領はムスリム同胞団を禁止し、イスラム勢力に対する敵対姿勢を、鮮明にしていった。そして、1981年サダト大統領は、ムスリム同胞団の分派のメンバーによって、第4次中東戦争の勝利を祝う、軍事パレードの中で殺害された。
経緯は異なるものの、アラブの国ではイスラム組織に対して、好意的な対応をした者が、最終的には殺害されるか、追放される運命にあるのかも知れない。
さて、それでは今回のチュニジア大衆革命の後、チュニジアではイスラム勢力が、どう動いてくのであろうか。チュニジアのイスラム組織の中で、最大規模と思われるナハダ党の場合、現段階では「穏健なイスラム組織」であることを強調し、政治に参加していく、方針を明らかにしている。
しかし、同時にナハダ党は、「十字軍やユダヤ教徒と戦っていく」とも宣言している。つまり、ナハダ党が語った穏健イスラム組織というのは、あまり信用できないのではないか。
ナハダ党の幹部たちの多くが、イギリスに逃れ、その他の多くは、20年前後、チュニジアの刑務所に、閉じ込められていたのだ。従って彼らには、現在のチュニジアの大衆の意向が、あまり分かっていないのではないか。そうであるとすると、今後予測されるのは、チュニジアの一般大衆と、ナハダ党メンバーとの、意見の食い違いが、鮮明になってくるということだ。
もちろん、これから活発化してくる、チュニジアの各政党との軋轢も、強まっていこう。そうなると、非合法手段がナハダ党や、その他の政党メンバーによって、実行される危険性が、高まるということだ。
Posted by 佐々木 良昭 at 21:30 | この記事のURL
NO・1868「ヨルダンのデモは国王を肯定するが」 [2011年01月22日(Sat)]
 アラブ世界の独裁者たちを震撼させた、チュニジアでの政変は、アルジェリア、エジプト、モロッコ、そしてヨルダンに特に大きな影響を、与えるだろうという予測が、多くの中東専門家によって出された。
確かに、アルジェリア、エジプトではデモ、あるいは焼身自殺が起こり、ヨルダンでは大規模な、デモが起こっている。しかし、ヨルダンのデモは、極めて抑制された、穏健なものであり、暴力行為があったり、商店が破壊されたり、商品が略奪される、という現象は生み出していない。
ヨルダンのデモで、もうひとつの特徴は、物価高、失業、貧困という、デモ発生の理由は、他の国々と変わらないが、シュプレヒコールは「リファイ首相辞めろ」というものであり、決して「アブドッラー国王辞めろ」では無いのだ。
その理由について、ヨルダン人は「われわれはアブドッラー国王を敬愛している。」と語り、アブドッラー国王への敬愛の精神は、彼の父フセイン国王、そして彼の祖父アブドッラー国王、そしてヨルダンのハシミテ王国の祖先である、預言者ムハンマドに繋がる家系の、ハーシム王家に対する、尊敬があるからだ、ということだ。
 確かに、ヨルダンの王家はその通りである。イスラム教の預言者ムハンマドと血の繋がりのある、きわめて高貴な血筋であり、サウジアラビアの王家よりも、格が上なのだ。したがって、その辺の王国の国王や、共和国の大統領とは、まるで別格だということであろう。(モロッコの王家も預言者に繋がる家系)
 しかし、今回のヨルダンのデモのなかで、気になることが二つある。それは取りようによっては、アブドッラー国王の権限を奪う、要求が出ていることだ。デモ隊のなかから「アブドッラー国王は些事に関与するな。」というものと「アブドッラー国王は首相や大臣を任命せず、国民投票で決めさせろ。」というものだ。
 このデモ隊がアブドッラー国王に突きつけた、二つの要求をどう理解すべきか。これをアブドッラー国王の権限を、段階的に縮小していく作戦、と受け取めるべきなのか、あるいはアブドッラー国王に、もっと高い位置から、国家を運営して欲しい、という要望と受け止めるべきなのか。
 もし、首相や大臣の任免権を、アブドッラー国王が手放すことになれば、要望した国民の意思は別に、アブドッラー国王の権限は、確実に縮小することになろう。
Posted by 佐々木 良昭 at 23:38 | この記事のURL
「海外出張のお知らせ」 [2011年01月22日(Sat)]
1月24日から2月4日までイラク、エジプト、トルコを訪問して来ます。イラクでは国際会議参加、エジプトではチュニジア政変のアラブへの影響、トルコでは同国の中東地域での台頭と、日本の原発輸出の話を聞いてくる予定です
中東地域は各国それぞれに変化があり、興味深い出張になりそうです。その間は中東報告を休みます。
Posted by 佐々木 良昭 at 16:12 | この記事のURL
NO・1867「ムバーラクの銀行口座を明かせという要求」 [2011年01月22日(Sat)]
 チュニジアの政変の影響が、まるで鶏インフルエンザのように、アラブ世界に広がっている。第一に起こったのは、焼身自殺の流行だった。アルジェリアでもエジプトでも、多数の国民がチュニジアで起こった、焼身自殺を真似て、焼身自殺による抗議を行った。
 続いて、ほぼ同時並行的に起こったのが、物価高、失業問題などに対する、抗議デモだった。これはアルジェリアを始めとし、ヨルダンでも起こっているし、オマーンやバハレーンでも起こったようだ。
 そして遂に現れたかといえる、大事件と呼べる抗議は、「大統領の銀行口座を明らかにしろ。」という要求だった。チュニジアのベン・アリ大統領が失脚した後、スイスの銀行はいち早く凍結を発表し、ベン・アリ元大統領や彼の家族、側近が、引き出そうとしても、それが不可能な状態にしたのだ。
 チュニジアでは、ベン・アリ元大統領自身ばかりではなく、家族や側近の財産、銀行口座についても、早晩調査が進められ、チュニジアの国庫に、返却されるものと思われる
 エジプトでは焼身自殺による、抗議こそあったものの、いまだに大規模抗議デモは、起こっていない。しかし、エジプトの元企業家から、ムバーラク大統領と彼の家族、側近の銀行口座を調査し、その内容を公表しろ、という要求が出された。
 この極めて危険かつ、厳しい要求を出した人物は、アシュラフ・サアド氏だ。彼はサアド投資会社の元社長であり、エジプト社会ではしかるべき、知名度も有する人物だったろう。このような要求を公に出したことは、彼アシュラフ・サアド氏が逮捕され、投獄されることを、覚悟したうえでのものであろう。
 エジプト政府はチュニジアの変革の後、影響は無いと平穏を装っているが、必ずしもそうではないだろう。内心では相当に、動揺が大きくなっているものと思われる。家族や側近ばかりではなく、ムバーラク大統領自身も、その例外ではあるまい。
 アシュラフ・サアド氏は、この銀行口座開示の要求のなかで、特にUBS(スイスに本部のある投資銀行)の口座を、徹底的に調べて報告するべきだ、と語っている。その上で、ムバーラク関連名義の口座を、世界中の銀行口座から、調べろというのだ。
 ムバーラク大統領が打倒されるまでは、もちろん、そのようなことが、実現するはずは無いが、今回のアシュラフ・サアド氏の要求は、少なからぬ動揺を、エジプト政府と国民、そしてムバーラク・ファミリーに与えるであろう。
Posted by 佐々木 良昭 at 16:02 | この記事のURL
NO・1866「仲介者は皆断念どうなるレバノン」 [2011年01月21日(Fri)]
 レバノンの元首相、ラフィーク・ハリーリ氏の爆殺を巡る犯人捜しが、長い間続いてきた。繰り返しになるが、最初はシリアの犯行とされた。次いでイスラエル犯行説が出、最近ではレバノンのシーア派グループである、ヘズブラの犯行説が語られるようになっている。
 ヘズブラはもちろん、犯行とは何の関係もない、と否定しているが、アメリカやヨーロッパ、イスラエルなど、なかでも、アメリカはヘズブラ犯行説を、強調している。もし、ヘズブラによる犯行という方向で、ヘズブラ・グループのメンバーが容疑者として、国際司法裁判所に引き出されることになれば、ただでは済むまい。
 サアド・ハリーリ首相には、相当強い圧力がかかり、ヘズブラ・メンバーの引き渡しが、求められているが、ヘズブラ側はもし、サアド・ハリーリ首相がアメリカの意向を受けるのであれば、内戦も辞さない、という立場のようだ。
 この緊張した状態を、何とか話し合いによって、解決しようとして、シリア、カタールが仲介に動き、次いで、最近ではトルコとサウジアラビアが、仲介に入った。しかし、そのいずれの仲介工作も、失敗に終わっている。
 トルコは仲介するにあたって、この問題はイランとシリアを抜きにしては、成立しえないという発言をしたが、そのシリアやイランをしても、何ともならないのではないか。
 シリアとイランは、ヘズブラにとって最大の、スポンサーであると同時に、後見人であったのだが、シリアはヘズブラに対する影響力を、後退させている。それは、ヘズブラにとってシリアが、武器供給ルート(中継地)になっていたからであろうが、それが次第に尻すぼみに、なってきているからだ。
 しかし、最近ではイランのヘズブラ支援が激減し、シリアを経由しての武器兵器の供給量が、減っているということだ。加えて、資金面での支援も、激減しているようだ。一説によれば、半減したと言われている。 
 こうなっては、最後の頼みの綱であるシリアもイランも、あまりヘズブラの立ち場を変更させる上で、役立たないかもしれない。そうなると、レバノンは内戦状態になる、ということになるのだが、それはレバノン国民の誰も、望まないところであろう。
 ヘズブラは今後どう動くのだろうか。全く見当がつかない。ただ言えることはレバノンがいま、大爆発を起こす状態に向けて、刻一刻と近づいているということだけだ。そして、今回のヘズブラとサアド・ハリーリ首相との間の、緊張関係を創り出したのは、誰もが想像できる国だということであろう。
Posted by 佐々木 良昭 at 14:54 | この記事のURL
NO・1865「サウジアラビアはなぜ外国要人の亡命を認めるのか」 [2011年01月20日(Thu)]
 チュニジアのベン・アリ大統領体制が打倒され、サウジアラビアに亡命が決まった後、何人かの友人たちに、「何故サウジアラビア政府は、外国要人の亡命を認めているのか?」という質問を受けた。
 それは、サウジアラビアが全てのイスラム教徒にとって、開かれた国だからだ。イスラムの2大聖地があるサウジアラビアとしては、受け入れざるを得ない、というもっともらしい説明をした。
 しかし、そう答えた後で「何故なのだろう」という疑問が頭に浮かんだ。先の説明は大筋で間違いでは無かろうが、確信が持てなかったからだ。その後、サウジアラビアのアッシャルク・ル・アウサト紙が、どうやら本当らしい説明を、していたので紹介する。
 それによると、サウジアラビア政府は亡命後も、その元大統領や国王が、亡命先から工作し、自分の国で流血の報復合戦を、繰り返すことを避けるために、一切の政治活動を行わないことを条件に、亡命受け入れ許可をする、ということだ。
 そのことは、革命やクーデターが起こった国の、国民の安全に寄与することになり、結果的には、その国とサウジアラビアとの関係が、良好なものになるということのようだ。
 これまでに、サウジアラビアは、1979年にウガンダのアイデ・アミン元大統領の亡命を認めているし、スーダンのヌメイリ大統領の亡命も認めている。それ以外には、古い話になるが、イエメンのムハンマド・アルバドル国王、パキスタンのナワズ・シャリフ大統領も、サウジアラビアに一時期、亡命していたことがある。
 今回のベン・アリ大統領の亡命にあたっては、最初、リビアのカダフィ大佐が受け入れ意思を、同大統領に伝えたが、自分の身の安全性を考えると、サウジアラビアの方がいい、と判断したのであろう。
 サウジアラビアがこうした、亡命者の受け入れを行うことは、亡命後の国家の安定の上では、極めて効果的なものと考えられる。こうした、あまり目立たない、サウジアラビアの貢献を、賞賛すべきであろう。
Posted by 佐々木 良昭 at 15:51 | この記事のURL
NO・1864「チュニジアの今後とアラブ諸国の対策」 [2011年01月19日(Wed)]
 アラブ世界では、野菜売りの青年が、チュニジア革命のシンボルとなり、革命そのものは、チュニジアの国花にちなんで、ジャスミン革命と命名された。チュニジアで起こったことは、アラブ世界でブームになり、チュニジアの野菜売りの青年の後を追う、焼身自殺が頻発している。
 このチュニジアの革命の感染を、何とか止めたいと、アラブ各国首脳は望んでいるだろう。それに対応する唯一の方法がある。それは、チュニジアで革命が起こったために、あの国がめちゃめちゃになるように、働きかけることだ。
 イギリスからは、長い間亡命生活を送っていた、ベン・アリ元大統領の政敵ラーシド・ガンヌーシ師が帰国しそうだ。彼はベン・アリ後の体制について、きわめて批判的な発言を、繰り返している。
 それ以外にも、幾つものグループが、いまだに不満を持っているだろう。なぜならば、ベン・アリ後を仕切っているのは、ベン・アリ体制下で要職に就いていた、首相や国会議長たちだからだ。
 そのことに加えて、混乱状況にあるチュニジアには、アルカーイダ(?)のような外国勢力も、浸透しやすいだろうし、アルカーイダのような組織が、そこに拠点を構えようと思うのは、当然の成り行きであろう。
 つまり、アラブ各国はチュニジア問題に介入し、新しいチュニジアがうまく機能しないように、工作することが、チュニジア革命の自国への伝染を、阻止する手段だということだ。ベン・アリ体制は打倒したものの、その後のチュニジアが流血を繰り返す、惨劇の場となるのでは、他のアラブの国民は、決して、チュニジアのような革命は起こすまい、と考えるのではないか。
 イラクのサダム体制が打倒されてから、すでに8年の歳月が経過しているが、イラクでは毎日のように、爆弾テロが起こり、罪のない市民が、何十人も犠牲になっている。
 内心ではイラク国民の多くが、サダム時代の方が、平和に暮らすことが出来た、と感じているのではないだろうか。しかし、いったん車が回り始めると、悪の連鎖は止め難い。
イラクの国内情勢が安定し、国民が平和に生活できるようになるのは、まだまだ遠い先のことであろう。イラクの場合はアメリカという外国勢力によって、変革がもたらされたわけだが、チュニジアの場合は国内、しかも国民の手によって、変革はもたらされたのだ。したがって、それを未然に防ぐことも、政府にも国民にも出来たはずだ。
アラブ諸国は自国の安定のために、チュニジアを流血の惨劇の場にする気があるのか、あるいはチュニジアを放置するのか、あるいはチュニジアを支援し、一日も早い平穏な生活に戻るよう援助を送るのか。その選択を決めるのは、アラブの大衆と権力者たちによろう。
Posted by 佐々木 良昭 at 15:48 | この記事のURL
NO・1863「アラブで伝染する反政府の抗議焼身自殺」 [2011年01月18日(Tue)]
 大学を卒業したが就職がなく、路上で野菜売りをしていた青年、ムハンマド・ボアジジ氏が政府の政策に抗議し、焼身自殺を図った。そのことが、大衆の間に伝わり、いち地方都市で起こった焼身自殺が、チュニジア全体に火をつけることとなり、結果的には、ベン・アリ体制が打倒された。
 このチュニジアで起こった焼身自殺は、体制を打倒する起爆剤として、極めて有効だという認識が、一部のアラブ人の間で、広がったのであろうか。ムハンマド・ボアジジ青年に続いて、焼身自殺を試みる人たちが、その後、軒並みに登場した。
 エジプトでは議会ビルの前で、反政府のスローガンを叫び、イスマイリヤ市でレストランを経営している、アブドルモナイム・カーメル氏50歳が、焼身自殺を試みたが、一命を取り留めている。彼には4人の子供がいたのだ。
 アルジェリアからは4人が焼身自殺および、自殺未遂と伝えられている。サヌーシー・トウアト氏がモスタガーネム市で、モフセン・ボウテルフィフィ氏はテベッサ県で、アオウチア・ムハンマド氏はジジェリ市で、といった具合に焼身自殺事件が、連続して起こっているのだ。
 モーリタニアでも、会社の部長(社長)ヤーコウブ・オウルド・ダ―ウード氏が焼身自殺している。彼の場合は、政府が企業への融資、便宜供与に協力してくれなかったことが、抗議の内容だと伝えられている。
 彼らの問題の核心のほとんどが、失業、物価高騰による生活困窮ということのようだが、あまりにも多くの人たちが、焼身自殺することに、驚きを禁じ得ない。イスラム教徒にとって、自殺は罪悪であり、焼身自殺は最も罪深い行為であることは、述べるまでもない。
 そうまでもしなければ、体制を覚醒させることも、打倒することも、出来ないということであろうか。
 日本では、年間3万人を超える自殺者が出ている、と報告されているが、イスラム世界でも、今後、自殺が増えていくのではないか。生きることの困難は、述べるまでも無かろうが、だからと言って、死を選択肢に選ぶということは、あまりにも短慮な気がしないわけでもない。一度深呼吸をして、考えなおす時間を、持つべきではないのか。
Posted by 佐々木 良昭 at 16:43 | この記事のURL
NO・1862「バラクの離党とイスラエルのイラン対応」 [2011年01月18日(Tue)]
 元イスラエルの首相を務めたことのある、労働党の党首エフド・バラク国防相が、労働党から離党することを発表した。一体、これは何を意味しているのだろうか。そして彼に追随して、4人の労働党議員も、離党を発表している。
 エフド・バラク氏の離党の裏では、ネタニヤフ首相とエフド・バラク氏との、秘密交渉があったということだ。つまり、労働党を抜けた後、エフド・バラク氏はネタニヤフ政権を、支持していくということだ。実際に、労働党からエフド・バラク氏に加え、4人が離党したことで、ネタニヤフ政権はより安定した、強固な政権となることが、予測されている。
それは、エフド・バラク氏が離党した後、彼と彼の仲間の国会議員が、新党を結成し、ネタニヤフ政権と連合を、組むことになるからだ。その新党は「民主的で中道のシオニスト党」と説明されているが、相当に強硬な政策を展開する、右派政党になるのではないか。
エフド・バラク氏はこの労働党からの、離党宣言の前に、アシケナジ参謀総長を首にしている。その理由は、アシケナジ参謀長がイラン攻撃に、消極的だったからだ、と言われている。
イランが核兵器の開発を、進めることを阻止するために、事前に攻撃するべきだ、と強く主張していたのは、イスラエル政府内にあって、ネタニヤフ首相とエフド・バラク国防相だった、と言われている。他方、イラン攻撃に消極的だったのは、モサドやシンベトといった情報機関だった、という説がある。
 しかし、この情報をそのまま、鵜呑みにするわけには、いかないのではないか。モサドはイランが核兵器を造ることが、2015年まで遅れるだろう、という予測を出している。
 そのことは、言葉を代えて言えば、2015年までにイランの核施設を、攻撃しなければならないという、イラン攻撃のタイムリミットを、発表したのであって、2015年までイスラエルが、イランの核施設を攻撃しなくていい、という意味ではあるまい。
 一見、朗報のように思える2015年説は、攻撃の期間が極めて限られている、ということを意味していたのではないか。そこで、急いでイラン攻撃の準備をする必要があると考えたのが、ネタにヤフ首相でありエフド・バラク国防相だった、ということだ。
 そう考えると、今回のエフド・バラク氏の労働党離党は、イランに対するイスラエルの攻撃の時期が、早まるということを、予測しなければならない、出来事ではないのか。一般では、イスラエルによるイラン攻撃は、もう立ち消えになった、と言われているが、それほどイスラエルは、楽観的に動く国ではないことを、肝に銘じておくべきであろう。
Posted by 佐々木 良昭 at 15:07 | この記事のURL
NO・1861「アラブもアメリカも対応に混乱」 [2011年01月17日(Mon)]
 チュニジアで起こった変革(革命)が、相当の動揺と不安を、アラブ各国のエリートたちに与えたようだ。エジプトからは「チュニジアで起こったことが、他のアラブの国でも起こる、と考えるのは馬鹿げている。」と猛反発する意見が、アブルゲイト外相の口を衝いて出ている。
 いまのところ、一部の国民がカイロのチュニジア大使館前で、今回の変革を支持するシュプレヒコールを繰り返し、「ムバーラクは辞めろ。」「チュニジアの次はエジプトだ。」と叫ぶに留まっているが、それがどう拡大していくかは、まだ見当がつかない。
そうしたデモが出来るだけ、エジプトもタガが緩んできている、ということではないか。それは、エジプトで起こることも、チュニジアで起こったことも、今の時代は、ツイッターやフェイスブックで、世界中に筒抜けになるからであろう。体制側が下手な弾圧を加えようものなら、その体制は寄ってたかって、世界から非難されることになるからだ。
 カダフィ大佐はベンアリ大統領を庇う発言をし「彼は立派だった。」と褒めている。確かにベンアリ大統領もカダフィ大佐に比べれば、民主的だったのかもしれない。そのことと合わせ、チュニジアはリビアにとって、出島のような国であり、属領的な色彩が強かった。
 リビアの貿易商は自国よりも、チュニジアで事務を進めたほうが、輸入が手っ取り早いとしていたし、一般国民にとっては、簡単に行ける大っぴらに、酒を飲める国でもあった。
 そのリビア国民が享受していた自由が、チュニジアの混乱によって、当分の間不可能になるということは、リビアの体制にとっては、危険な要素であろう。
 アルジェリアでは益々反体制の勢いが、強くなってきているが、それはやはりチュニジアでの、激変の影響である、ということは否めまい。
 アメリカはこうした変化について、まだまだ実情が、分かっていないのではないか。クリントン国務長官が「国民との対話」「青年との協力」といった軌道修正を提案しているが、アラブ各国の体制は、そんな程度で国民に許されるほど、軽い弾圧を加えていたわけではない。
 アラブ人の気性も、そう生易しいものではないのだ。つまり、イエスかノーかという、究極の答えを出すまでは、なかなか妥協は生まれない。もしそうでなければ、アラブ各国の政治はもっと以前の段階で、民主化を進めてこれていたろう。
 つまり、アメリカはアラブの何たるかを、分かっていない、ということであろう。その意味では、エジプト政府が言った「欧米はアラブに余計な口出しはするな。」は正解であろう。
Posted by 佐々木 良昭 at 17:29 | この記事のURL
| 次へ