CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NO:5160 7月 9日 『中東短信』 [2018年07月08日(Sun)]
:トルコの若者30.8%学習も仕事もしない*

*BBCの調査によれば、トルコの18歳から24歳の若者は、仕事もしなければ勉強もしない状態に、あるということだ、その理由は、怠け癖が付いたためのようだ。これは男性だけではなく、女性にも当てはまり、トルコの若い女性は仕事をせず、勉強もしない状況にあるということだ、*

:ロシアのメドヴェージェフ首相エルドアン大統領の就任式に参加*

*ロシアのメドヴェージェフ首相は、代表団を引き連れて7月9日に行われる、エルドアン大統領の就任式に参加する。これは今後ロシアとトルコとの関係が,強化されていくということの兆候であろう。ロシアがそれだけトルコを、重要視しているということだ。*

:UAE軍代表イスラエルを訪問*

*UAEの軍代表団が、イスラエルを訪問するが、これはイスラエルの空軍パイロットの、訓練終了を記念して行われる、式典に参加するためだ。この式典では、F35戦闘機が飛行するが、会場にはアメリカの代表団も、参加することになっている。*

*UAEはF35の輸入を希望していることから、今回の式典参加でF35が紹介され、その後にUAEとアメリカ側が、交渉を開始するのであろう。イスラエルはその仲介役を、務めているのではないか。*

:アメリカがエルビルに最大規模の領事館設立*

*アメリカ政府は北イラクのエルビルに、最大規模の領事館を、設立することを決定した。エルビルは述べるまでも無く、イラクのクルド自地区の首都であり、今回の決定はしかるべき意味合いを、持っているのであろう。*

*クルドの代表バルザーニ議長は、このアメリカの決定を歓迎し『アメリカはイラクに留まることを希望し、アメリカはクルド地区に留まることを希望し、アメリカはクルドとの関係発展を望んでいるのだ。』と語っている。*

*アメリカ政府は2007年に代表団事務所を、エルビルに開設したが、その4年後には領事館に、格上げしている。領事館は20万平方メートルの土地に建てられ、建設費用は6億ドルの予算が、組まれたということだ。*

*アメリカはシリアでもクルドと協力しており、その事はトルコとの関係を複雑にしている。関係者の多くは、こうしたアメリカの動きを、クルド国家設立に繋がるという、懸念を抱いている。*

*トランプ大統領は昨年12月に、クルド(YPG)に対して、3.93億ドルの武器を供与することを、発表している。こうしたアメリカの一連の動きは、イラクとトルコにアメリカに対する懸念を、抱かせていることであろう。*
Posted by 佐々木 良昭 at 10:40 | この記事のURL
NO:5159 7月 8日 『イランのOPEC大使トランプの石油政策非難』 [2018年07月07日(Sat)]
*イランのOPEC大使であるフセインア・ルデビリ氏は、『アメリカのトランプ大統領の石油政策は間違っている。』と非難した。彼の意見では、『石油価格はやがて1バーレル100ドルになるだろう。』ということだ。*

*トランプ大統領はサウジアラビアやロシアに、圧力を掛けて石油を増産させる考えだが、両国は共に産油国であり、石油価格を下げることは、望んでいない。また世界の企業が、イランの石油に手を出すことを、禁止する方針だが、これもうまく行かない、と述べている。*

*トラアンプ大統領はイランにドル取引を許さず、イランからの石油輸出を止め、外国からのイランの石油分野への、投資を止める方針だ。しかし、結果的にこうした政策は、アメリカにダメージを与えることになる。石油は武器として使うべきではなく、政治的駆け引きの道具とも、するべきではない。こうした行為は結果的に、アメリカが自分の足を銃で、撃つようなことになろう、と語っている。*

*いまの世界の産油国事情は、ナイジェリアとリビアが危機的な、内戦状況にあり、ベネズエラはアメリカの制裁を受け、生産を縮小している。そして、夏の期間はサウジアラビアの、石油消費が増大することは必定だ。それは電力の消費が、エアコンなどの使用で、急激に増大するからだ。*

*このトランプ大統領の石油政策は、結果的にアメリカのガソリン価格を、押し上げることになり、それは11月の中間選挙で、トランプの立場を弱めることになろう。というのだ。*

*確かに、トランプ大統領は世界中の国々に対して、イランの石油を買うな、買うなら制裁すると言っている。それは多くの国々にとって迷惑な話であろう。その事によって、石油価格が下がれば石油消費諸国は喜ぼうが、そうでなければ逆効果になりうる。*

*サウジアラビアなどは、石油価格が上がらず、世界の景気も後退することになれば、同国の石油収入は減り、外貨が少なくなろう。その事は、アメリカの武器を言われるままに買うことが、出来なくなるということでもあろう。『トランプ大統領は平和主義者であろうか?』というジョークを言ってみたくもなるのだ。*
Posted by 佐々木 良昭 at 09:43 | この記事のURL
NO:5158   7月7日   『トルコは火遊び止めろ・リンゼイ・グラハム』  [2018年07月06日(Fri)]
アメリカのリンゼイ・グラハム議員が、中東諸国を歴訪しているが、そのなかで彼はトルコを訪問した。当然のことながら、彼はエルドアン大統領と会談しているが、彼は『トルコはあまりシリアに深く介入すべきではない。もし深く介入すれば泥沼にはまる事になる。』と警告している。

 トルコはシリアにおけるアメリカの行動を、支援すべきであり、これまで、過去2年間の間に、2度の軍事行動を起こしている。それはクルドのYPG掃討作戦であり、もう一つはIS(ISIL)作戦だった。

 マンビジュのクルド・ミリシアについては、ユーフラテス川の東岸に追い出すことで、アメリカとトルコは合意しており、アメリカ軍とトルコ軍が、治安維持を図ることになり、パトロ−ルを行っている。

 しかし、パトロールはトルコとアメリカが、合同で行っているわけではなく、別々の行動をしている。その結果、YPGのミリシアはユーフラテス川の東岸に、ほぼ押しやられているが、そこはマンビジュから、20キロの地点だということだ。

 今回のリンゼイ・グラハム議員の意見に対し、トルコ側は明確な返答を行っていない。聞き置くということであろうか。こうした、アメリカとトルコのやり取りを見てると、両国の間には立場の違いと、認識の違いがあるであろうことが、感じられる。
Posted by 佐々木 良昭 at 11:07 | この記事のURL
NO:5157   7月6日   『イラン通貨二重基準取入れ』  [2018年07月05日(Thu)]
イランも中央銀行のバリーウッラー・サイフ総裁は、イランの通貨の対ドルレートを、二重基準にすることを発表した。それはイランの通貨リヤルが、ドルに対して、下げ過ぎているためだ。そのことによって、ビジネスマンが被る被害は大きく、放置できないために、とられた方策だ。

中小のビジネスマンはこの新方式で、ドルのリヤルに対するレートを、輸出入業者間で、自由に合意することが、出来るようになった。ただし、これらの業者が取引する物資には、石油やガスは含まれず、石油製品も含まれない。

 また、色のついたミネラルも、除外されるということだ。その色の付いたミネラルとは、多分、ラピスラズリやトルコ石を、意味するのではないか、と思われる。正しい答えを知らない、ラピスラズリやトルコ石というのは、あくまでも私の勝手な推測だが。

 イランの通貨リヤルは2017年代には、1ドルに対して37700リヤルであったものが、45000リヤルに値下がりし、いまでは、87000リヤルまで下げている。これではビジネスマンはやっていられないだろう。

 以前、通貨戦争が発動されたと書いたが、この状況はまさに、通貨戦争であろう。アメリカのトランプ大統領は、イラン制裁のために、核合意を破棄し、世界の国々に対して、イランに対してドルを融通することを抑え込み、加えて、『イランの石油を買うな、買うなら制裁する。』と言い出している。

 イランのロウハーニ大統領は、ヨーロッパ諸国を歴訪するなかで、アメリカの核合意からの離脱は、結果的にアメリカを、孤立させることになる、と語った。加えて、イランの石油禁輸宣言も、『アメリカが世界のなかで孤立する、原因になる。』と非難している。そして、『アメリカはイラン石油の輸出を、止めることは出来ない。』とも語っている。

 イランは国家が石油を輸出するだけではなく、民間業者にも石油輸出を、許可していることから、ロウハーニ大統領が主張するように、大筋では成功しても、そのアメリカの規制は、困難となろう。

 日本もイランからの石油輸入で、トランプ大統領の方針に、従わざるを得ない状態にあるが、現在5パーセント程度まで,減量している輸出が、今後どうなるか、気になるところだ。
Posted by 佐々木 良昭 at 11:17 | この記事のURL
NO:5156 7月5日 『南シリアの巣喰うテロリストは誰か』  [2018年07月04日(Wed)]
いま南シリアが国際的な関心を、集める場所となっている。それは、この地域が戦略的に重要だからだ。南シリアということは、イスラエルやヨルダンと国境を、接しているからだ。

現在、南シリアには3万人の、テロリストが集結している、と言われている。その内訳は55
のグループなのだ。これらのグループはダラアやクネイトラに、集結している。彼らはアメリカの支援を受けているし、ヨルダンの支援も受け、イスラエルの支援も2013年或いは2014年の段階から、受けているようだ。

 これらのグループのうち半分のグループは、アメリカとヨルダンの軍事訓練を、受けてもいる。そのため彼らは精鋭の、戦闘員だとみなされている。ジェイシュ・アッサウラ、シャハーブ・アルスンナ、アフラール・アッシャームなどだが、アハラール・・アッシャームは、サウジアラビアがスポンサーとなっている。

 これらのテロ・グループは現在ダラアの60パーセントを、コントロールしており、クネイトラについても70パーセントが、彼らのコントロール下にあるということだ。

 ジェイシュル・ハーリド・ビンワリードは、IS(ISIL)と関係する組織だということだ。彼らの戦闘員数は約1000人とみられている。そして主に南西部のダラアに、拠点を置いていると言われている。また、ハヤート・タハリール・シャームもそのメンバーは、元IS(ISIL)の戦闘員ということのようだ。

 イスラエルがこれらのテロ組織を支援するのも、ヨルダンが支援し、アメリカが支援するのも、それぞれの国の安全のために他ならない。イスラエルはこの国境地帯にテロ組織を置くことで、シリア軍やイラン軍のイスラエルへの侵攻を、阻止できるからだ。

 それはヨルダンの場合も同じであり、シリアからの難民の流入や、シリア軍そしてテロリストの侵入を、阻むことに役立つからだ。
Posted by 佐々木 良昭 at 11:38 | この記事のURL
NO:5155  7月4日  『アメリカがトルコの核兵器輸送可能な大型機送る』  [2018年07月03日(Tue)]
アメリカはトルコに対して、B61爆撃機を供与する方針だ。この機種は核爆弾を、搭載することが、可能なものだ。加えて、B561-11
も検討中ということのようだ。そしてB−2À スピリット・ボマーも供与されそうだ。

トルコばかりではなく、NATO加盟国であるイタリア、ドイツにも爆撃機が供与されるということであり、その引き渡しは、2020年を予定している。

アメリカはNATO加盟国に、150発の核爆弾を送り、何時でも使用可能な状態にする、ということであろう。

B6タイプの爆撃機はトルコには現在、50機があるということだ。トルコはまさにNATOにとって、最前線の国家ということであろう。

ただ、これらの爆撃機は、トルコの単独意志では、運用できまい。あくまでも、アメリカがアメリカの目的で、使用するということが、前提であろう。それは在日米軍基地にある武器の場合も、トルコしかりであろう。
Posted by 佐々木 良昭 at 12:28 | この記事のURL
NO:5154 7月 3日 『ベルギーがサウジアラビアに武器輸出禁止』 [2018年07月02日(Mon)]
*ベルギー政府はサウジアラビアに対する武器輸出を、禁止することを決めた。述べるまでも無く、サウジアラビアがイエメンに対して、非人道的な軍事攻撃を継続しているためであろう。*

*他の地域の戦争同様に、多くの死傷者がイエメンでも出ているのだ。ベルギー以外にも、確か他のヨーロッパの国が、サウジアラビアや他のアラブ湾岸諸国への、武器の輸出を禁止することを、発表していたと記憶する。*

*戦争は武器の供給が続く限り、長期化し被害を大きくしているわけであり、武器生産国がその輸出を禁止すれば、大幅に死傷者の数は減るはずだ。残念なことに、アメリカやロシアなどの大国と、ヨーロッパの先進国、例えばフランス、イギリス、ドイツ等が、世界の紛争地帯に、大量の武器を輸出しているのだ。*

*これらの国々が語る人道とは何なのかを、考えさせられる。何事にもある程度の正当性があり、それを前面に出して武器の輸出を、正当化しているのだ。そればかりか、武器の輸出国はマッチ・ポンプさながらに、戦争の火種をばら撒き、その結果戦争が始まり、武器を大量に売りつけているのだ。*

*サウジアラビアとイエメンの場合は、主にその役割を演じたのはアメリカであろうし、そのチャンスを見逃さずに、武器を輸出しているのがヨーロッパ諸国、ということになろう。イランとサウジアラビアの軍事緊張も然りだ。*

*幸いにして、日本は本格的な武器輸出は行っていないが、そうであれば、日本はもっと強く世界の武器輸出諸国に対して、武器の輸出は止めろ、と呼びかけるべきであろう。それが少しでも効果を生み出せば、それだけ世界は平和になるのだから。*
Posted by 佐々木 良昭 at 09:12 | この記事のURL
NO:5153 7月2日 『イラン人パリで大規模デモ集会』 [2018年07月01日(Sun)]
*パリの郊外にあるビルピントの地方議会ビルで、反イラン体制の集会が行われた。この集会はイラン国民抵抗会議(NCRI)、という組織によって、開催されたものであり、ハメネイ体制に反対する組織だ。マリヤム・ラジャビ氏がこの組織のリーダーであり、彼はイランの現体制を打倒し、自由なイランにすると語り、自由なイランの設立を目指す、と語った。*

*また、マリヤム・ラジャビ氏は『イランでは毎日のように国民が殺されており、われわれは抵抗をする。』とも語った。『そのためには正直と犠牲が必要だ。』とも語っている。マリヤム・ラジャビ氏はビルピント議会で、6月30日に演説したが、そのなかで宗教宗派の違い、人種の違いで、差別すべきではない、とも語っている。*

*自由な発言、報道の自由、処刑の廃止についても言及している。その席には、元ニューヨーク市長のルデイ・ギリアーニ氏も参加し、ニュートン・ギングリッチ氏や元在仏アメリカ大使の、ビルリ・チャードソン氏も参加している。また、カナダの首相であった、ステファン・ハーパー氏も参加している。*

*ルデイ・ギリアーニ氏はイランと現在通商関係にある企業は、ボイコットされるべきだと語った。彼ら外国要人の参加は、イランが核兵器を開発する危険性があることと、テロ組織を支援していることによろう。*

*ルデイ・ギリアーニ氏はヨーロッパ諸国が、イランの核問題で、支持していることについても、非難している。フランスの元外相であるベルナード・クシュネル氏は『アメリカの対イラン政策に、ヨーロッパの全てが賛成するわけでは無いが、自由へのイラン国民の戦いを支援する。』と語った。*

*こうしたイランの反体制組織のなかで、最も大きい組織はムジャーヒデーンだが、ムジャーヒデーンはイラン・イラク戦争時に、イラクのサダム体制を支持したことで、イラン国民の間には、反発があることも事実だ。*

*イラン国民抵抗会議(NCRI)のスポークスマンである、シャイン・ゴバデイ氏は今回の集会には、フランス、ベルギー、イギリスから参加していると語り、ヨーロッパで開催された集会のなかでは、最も大規模なものであったと語っている。*

*こうしてニュースを見ていると、外国要人の参加者や、イラン国民抵抗議会の主張などから、相当アメリカ政府というか、トランプ大統領の息のかかったものであることが、想像される。*

*もし、こうした組織が将来のイランの権力を握るのであれば、現体制と変わらぬ汚職、暴力、独裁色が強いものになるのではないか。いずれにしろ、アメリカは本気でイランを追い込み始めたのか、と感じさせられるニュースだ。*
Posted by 佐々木 良昭 at 09:54 | この記事のURL
NO:5152 7月 1日 『トルコ・ニュース米の渡航制限、マフィアボスの発言』 [2018年06月30日(Sat)]
*トルコに関する重要なニュースが伝えられている、一つはアメリカ政府によるトルコヘの渡航自粛であり、アメリカ政府はトルコではテロが頻発していることと、トルコ政府による外国人に対する任意指し止めと、拘留があるからだということだ。*

*確かに、いまトルコで拘留されている、アメリカ人の数は少なくない。もちろん、そのうちの一部はアメリカの情報機関スタッフであり、全員が観光客ではあるまい。アメリカ政府はトルコの南東部への立ち入りに、警告を発している。*

*渡航警告が出ているのは具体的に上げると、ハタイ、キルス、サンヌルウルファ、スルナク、デヤルバクル、ワン、シイルト、ガゼンテペ、ムス、マルデン、バトマン、ビンギョル、トウンジェリ、ハッカリ、ビトルスといった地域だ。*

*どうやらこれらの地域は、クルド人が多数を占める地域であり、取材目的や観光目的、情報収集目的で入るのは、トルコ警察や軍とトラブルを起こす、危険性があるということであろう。*

*もう一つの重要な情報とは,トルコを代表するマフィアのボスである、アラーアテイン・チャクジュが公のウエッブ・サイトである、デキン・ニューズで発言したことだ。彼は反政府側のカラル・デイリーを非難し、先日刑務所から釈放されたメフメト・アルタン氏や、他の6人を標的にすると警告している。*

*彼はこのなかでMHPのバフチェリ党首を賞賛し、他方、エルドアン大統領を非難している。『バフチェリ氏のために祈ろう、貴方は私に対して何をすることも許される。』などと語っている。バフチェリ党首はアラーアテイン・チャクジュを病院に見舞ってもいる仲だ。

*しかし、エルドアン大統領はアラーアテイン・チャクジュとの関係を、必死に否定している。国家の大統領という立場は、マフィアのボスとの親しい関係を、明かすわけにはいかないのであろう。なお、トルコ警察はアラーアテイン・チャクジュが標的とする、カラル・デイリー社のビルを警護している。*

* アラーアテイン・チャクジュやキュルシャト・ユルマズらは、トルコでは『灰色の狼』と呼ばれる秘密組織のメンバーだ、といわれている。*
Posted by 佐々木 良昭 at 11:11 | この記事のURL
NO:5151 6月30日 『シリアISの現状はどうなっているか』 [2018年06月30日(Sat)]
*やはりロシア軍のシリア支援は、大きな成果を上げているようだ。いまではシリア国内のほとんどの地域で、IS(ISIL)やFSA(トルコ政府の支援を受けていたシリア自由軍)の動きが止まった状態に、なってきている。アラブから出てくる情報によれば、シリア南部などでは、武器を捨てて投降するミリシア・グループが、増えているということだ。*

*シリア南部のダラア近郊のタファスでは、テロリストが武器を捨てて、投降したということだ。それ以外には、タイイバ、サイダ、ウンム・マヤゼインでは、投降の意思があることを、テロリスト側が政府側に伝えている。*

*テル・ザミテイヤでは、FSA(シリア自由軍)が支配していた、丘の頂上をシリア軍がFSA側から奪還し、支配するに至っている。これは極めて戦略的に重要な場所だ、ということだ。*

*シリア軍の攻撃はIS(ISIL)などの、テロリストへの供給ラインを断つことに、重点を置いている。例えば、ダラアへ繋がるルートだが、このルートを通じて、IS(ISIL)などはイスラエルや他の国からの、援助物資を受け取っていた。*

*このダラアはシリア南部に位置しており、ヨルダン国境にもイスラエル国境にも、近い地域であることから、供給ラインの要衝になっていたのだ。そのルートが断たれるということは、IS(ISIL)などテロリスト側に、武器や食料、資金が届かなくなるということだ。*

*イスラエルが行っていた、IS(ISIL)や他のテロリストへの支援は、武器や食料などの支援だけではなく、負傷した戦闘員に対する、治療も行っていた。イスラエルの北部の病院の他に、IS(ISIL)やテロリストの負傷者を、治療するための特別な病院も、イスラエル政府によって、開設されている。*

 これら以外にはシリア東部の、ダイル・アルザウルでの戦闘が続いているが、そろそろ陥落するものと、見込まれている。この戦闘ではロシア軍の支援が、ものを言っているようだ。

 シリアの首都ダマスカスと近郊については、ヤルムーク・キャンプが完全にIS(ISIL)の手から解放されており、ハジャル・アルアスワドも然りだ。それ以外にはヤルダ、バッビラ、ベイト・シャヘムなどといった、ダマスカス南部の街も解放されている。

 いまシリアの各地で展開されている、IS(ISIL)による抵抗は、最後の段階を迎えているということであり、場所によっては逃亡経路を、確保するためのものであり、逃亡をシリア側に認めさせるための、ものかも知れない。
Posted by 佐々木 良昭 at 10:29 | この記事のURL