CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«NO:5105 5月14日 『イランがIS女性16人投獄』 | Main | NO:5107 5月16日 『トルコの南東部でISが逮捕される』»
NO:5106 5月15日『レバノン国会議員選挙はヘズブラ大勝利』 [2018年05月08日(Tue)]
*先に、レバノンで行われた国会議員選挙は、9年ぶりだったが、当時とは相当様相を異にしているのが、昨今のレバノン内政であろう。その結果、ハリーリ首相が率いる西側寄りの、与党『将来への運動』は、3分の1の議席を、失うこととなった。*

*もちろん、その議席数はヘズブラに大幅に、水をあけられる数であった。ヘズブラは公にはしていないが、外国特派員の語るところによれば、128議席のうちの67議席をヘズブラが取ったようだ。*

こうなると、ハリーリ首相が首相の座に留まれるのか、連立で何とか乗り切れるのか、ということが問題になってこよう。確か、レバノンの憲法では、大統領はマロニット・クリスチャンから、首相はスンニー派イスラム教徒から、国会議長はシーア派イスラム教徒からという、役職分けがなされていたと思う。

 しかし、これだけ負けこんでしまうと、ハリーリ首相は権限を発揮できなくなる、というのが実情ではないか。ちなみに、ハリーリ首相の党が獲得した議席数は、21議席であり、選挙前は33議席を、確保していた。

 選挙の有権者は360万人、投票率は49・2パーセントということだ。

 この選挙の結果は、今後イランのレバノン及ぼす影響が、拡大するということであり、それはイスラエルとレバノンとの関係が、緊張の度を高めていく、ということであろう。そして、アラブ湾岸諸国などからの援助金が、減るということでもあろう。
Posted by 佐々木 良昭 at 11:51 | この記事のURL