CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«NO:5098 5月7日 『トルコ・リラ下げまくり・危険水域か』 | Main | NO:5100 5月9日 『エジプトはシリアへの派兵に玉虫色回答』»
NO:5099 5月8日 『リビアでISが拡大展開』 [2018年05月05日(Sat)]
*イラクとシリアで敗北を来たしたIS(ISIL)は、いまシリア政府との交渉で、残存部隊が他の場所に、逃れようとしている。その行き先はリビアであり、アフガニスタンのようだ。最近入った情報では、IS(ISIL)がリビアで拡大傾向に、あるということだ。*

*そのリビアでの拡大傾向で目立つのは、IS(ISIL)のメンバーが、イラクやシリアから移動しているのだが、彼らはアラブ人ではない他の外国人、つまり、ヨーロッパ人が主体ということのようだ。*

 この新参入者というか、新に移動してきたIS(ISIL)のメンバーは、150人から800
人と見られ、もっぱらIS(ISIL)メンバーの移動の安全確保、隠れ家の構築などを行っているということであり、彼らが関与したとされる作戦は、最近、リビアの西部トリポリの選挙管理事務所を襲撃した事件だ。
 なにやらこれは、アメリカ軍が現地人で構成される庸兵を使い、アメリカ軍将兵がアドバイザー役に回っている構造と、似通っているような気がするのだが。

 IS(ISIL)の新参メンバーは少数で、国境を越えて入っており、彼らは140人程度だと見られている。これに加え、アフリカ中央部の国々からの、侵入者たちは130人、現在ではトリポリに多数が、潜伏しているようだ。

 なかには7000人のIS(ISIL)メンバーが、リビアで展開している、という者もいるが、専門家たちはそれだけの多数の移動は、目立つし困難だと否定的意見を述べている。

 このIS(ISIL)のリビアでの増加は、何を意味しているのであろうか。誰かがシリアは第2のサラエボになる危険性がある、と評しているが、リビアもまた第三のサラエボにしようというのであろうか。

あるいは、リビアの石油などを狙う欧米が、本格的な軍事介入を進める口実を、作ろうとしているのであろうか、真相は分からない。
Posted by 佐々木 良昭 at 10:53 | この記事のURL