CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
JGAP 日本の良い農業のやり方
« デュポン適正農薬使用講座「病害虫・雑草の発生状況の的確な把握に基づく防除方法やタイミングの決定方法」 | Main | 2020東京オリンピック・パラリンピック 持続可能な日本産農産物で「おもてなし」できるか? »
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
シンポジウム「GAP Japan 2016 @東京大学」 流通、食品メーカーなどトークセッションのパネラー出そろいました[2016年07月14日(Thu)]
いつも大変お世話になります。
事務局長の荻野です。

日本最大級のGAPのシンポジウム「GAP Japan 2016」は東京大学で開催されます!

≪「GAP Japan 2016 -日本のGAPの今が分かる- @東京大学」≫

■シンポジウム詳細と参加申込

http://jgap.jp/LB_06/GAP_Japan2016.html

■日時:2016年7月27日(水)13時から17時30分
■場所:東京大学 弥生講堂(東京都文京区弥生1-1-1 東京大学農学部内)
■後援:農林水産省ほか


今回のメルマガでは注目のプログラムと出演者をご紹介します。

★直接支払制度とGAPの連携による美しい村づくりに向けて
<講演1>
日本ならではのGAPの新たな可能性〜環境支払いとGAPの補完的運用による「農村ブランド」の確立に向けて〜
講演者:荘林幹太郎 日本GAP協会代表理事

<講演2>
滋賀県におけるGAPと環境直接支払による農業・農村の活性化〜琵琶湖と共生する農業・農村を目指して〜
講演者:森野 真 滋賀県農政水産部食のブランド推進課参事


★GAP普及大賞 2016 表彰式と受賞者の記念講演
今年のGAP普及大賞は「株式会社ローソンとローソンファーム社長会」と「JAおおいたGAP研究会」の2事例です。

大手流通業のGAP普及や、高齢農業者がGAPを実践できるようにするためのJAのノウハウを記念講演でお話頂きます。


★GAPを活用している人たちのトークセッション
モデレーター:
武田泰明 認定NPO法人アジアGAP総合研究所 専務理事

パネラー:
・前田 淳 (株)ローソン 執行役員 商品本部副本部長
・遠藤誠司 日本コカ・コーラ(株)調達本部農産品原料部 部長
・小池 甲 新潟県三条地域振興局農業振興部企画振興課 主査
・山田敏之 こと京都(株) 代表取締役

生産者、バイヤー、普及指導員それぞれの立場から、GAPの活用方法について語りあいます。


その他、輸出やオリンピックへの対応で急速に注目が高まっているGAPの最新情報も紹介します。

5月31日に公表されたばかりの最新版のJGAP基準書「JGAP 2016」の冊子を無料配付するボーナス企画も行います。

メルマガ読者の皆様には、ぜひとも7月27日に東京大学にお集まり頂きたいと思います。
心からお待ちしております。

■シンポジウム詳細と参加申込

http://jgap.jp/LB_06/GAP_Japan2016.html


--------------------------------------------------------------


















Posted by 日本GAP協会 at 10:00 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/jgap/archive/476
コメントする
コメント
プロフィール

日本GAP協会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/jgap/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jgap/index2_0.xml