CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«12/6に京都文京大学で代表理事の鵜尾雅隆が講演をさせていただきました。 | Main | 第43回ファンドレイジング研究会 成功するコミュニケーション・ツールのポイント〜効果を最大化するには〜»
プロフィール

日本ファンドレイジング協会さんの画像
<< 2015年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
リンク集
検索
検索語句
http://blog.canpan.info/jfra/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jfra/index2_0.xml
【報告】第42回ファンドレイジング研究会 [2013年12月12日(Thu)]

議事録:第42回ファンドレイジング研究会

テーマ:「プロボノと団体がハッピーに協働するコツ〜オリエンシートを使おう」
日時:2013年12月10日(火)18時30分〜20時30分
会場:会場:日本財団ビル 第1+2会議室
講師:株式会社レアジョブ 新規事業開発担当 山田裕一朗氏
講師・コーディネーター:ファンドレイジング研究会企画委員 認定ファンドレイザー 清野陽子氏
記録担当:村松正彦

【講師の紹介】
山田裕一朗氏
株式会社レアジョブ 新規事業開発担当
同志社大学卒業。三菱重工業株式会社、ボストン・コンサルティング・グループを経て、Skypeを使ったオンライン英会話を提供する株式会社レアジョブに参画。初期メンバーとしての参加のため、カスターサポートやマーケティング、アライアンス、法人営業など幅広い業務に従事。オフではa-con(NPOコミュニケーション支援機構)の立ち上げから関わり、主にNPOのマーケティング支援を担当。
ブログ:http://yuichiro826.com/

清野陽子氏
認定ファンドレイザー
ファンドレイジング研究会企画委員
宮城県仙台市出身。「公益社団法人シャンティ国際ボランティア会」スタッフ。2005年に同会に入職し、広報課、国内事業課「絵本を届ける運動」事業、マンスリーサポーター対応業務を担当。現在は広報課でニュースレター「シャンティ」編集担当、募金調達業務を担当。

DSC00622.JPG

【清野氏の講演】
NPOの広報活動では、時間・予算・人手が足りない。なので、シャンティではこれらをプロボノにお願いしている。
シャンティは最近、募金に関する広報物の制作をプロボノにお願いしたので、この事例をもとにして、プロボノとの協働のコツについて考えて行きたい。

【山田氏の講演】
a-conは、「自分たちの活動を社会に伝えたい」と考える団体に対して、「どのようにしたら伝わるか」を一緒に考える団体で、メンバーは全員ボランティアで運営を行っている。

NPOがプロボノと協業する際に良く起こる問題の多くは、ミスコミュニケーション、つまり「活動の前提となる事項が共有されていない」ということが原因となっている。今回はa-conの活動を通じて得た、プロボノとハッピーに協業するためのコツをお伝えしたい。

a-conは最近、シャンティと共同で募金ダイレクトメール(DM)の制作を行った。
この際に、a-conが作成したDMでの主な改善点は以下となる。
・DMのキャッチコピーを変更した。
・DMの内容にストーリー性を持たせ、読みやすくした。
・寄付振込票に生年と性別の欄を入れる事で、寄付者の属性が解かる様にした。

この改善を行った事による具体的な成果として、レスポンス率・合計金額・寄付単価が向上した。

今回の協働が成功を収めた秘訣に「オリエンシート」の存在がある。これは、NPOとプロボノとで共有すべき項目をまとめたものである。

DSC00611.JPG

このオリエンシートの各項目について説明していく。
@目的
何のための活動/プロジェクトなのか?
今回は、目的はDMのレスポンス率の向上であった。

A目標/KPI
 その活動で目指す目標値
 寄付金増加の主要な指標として、DMの発送の総数、受け取った人のレスポンス率、寄付の単価が考えられるが、今回はレスポンス率に焦点をあてた。

Bターゲット
 その活動は誰に向けたものなのか?
今回は、送付先は「過去に寄付の実績がある方」で、これまでの寄付者の分析から、特にシニアを意識した。

Cメッセージ
 ターゲットに対して何を伝えるか?
 今回は、シャンティ側が書いたイメージ図をもとに、DMのメッセージを作って行った。

Dトーン&マナー
メッセージをどんな雰囲気(トーン)で伝えるか?
 今回は、シャンティ側が自団体をイメージする言葉を出し、これをもとにDMのメッセージを作って行った。

Eその他の留意点
団体独自の方針など、作業をするにあたり予め知っておいてもらいたいこと。
シャンティの場合は、「DMの表紙を開いたところに会長のメッセージが載っている」などがある。

Fスケジュール
いつまでに、どちらサイドが、何をやるのかを明確化する
今回は、スケジュール表を共有しながら作業を進めて行った。

このオリエンシートがあることで、双方が迷子にならずに円滑に作業を進めることができる。

DSC00618.JPG

【グループワーク】
オリエンシートを使ったグループワークを行いました。

【質疑応答】
質問:プロボノの募集に関して。応募者と面接するか?
清野氏:面接は行い、相手の既存の制作物を見せて貰ったり、お互いの要望を共有したりする。面接で相手のスキル・やりたい事などをしっかり聞き、一緒に作業して行けるかを見極めている。

質問:プロボノとして、プロジェクトを引き受けるか否かの判断はどうしているか?
山田氏:どれをやるかやらないかの決定において、1番目に重要なのはシンパシーで、やりたい人がいる事が最大切。2番目はa-conのスキルでそれが出来るかどうか。この2点をもとに決めている。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本ファンドレイジング協会 at 12:57 | イベント案内・報告 | この記事のURL