CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
日本発達障害ネットワーク
日本発達障害ネットワークは当事者団体、職能団体、学会などいろんな立場の発達障害に関する団体が日本の発達障害児者支援のために集まっている団体です。
「Network」からさらに「Knotwork」へ。
<< 2011年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
共生フォラーム(日本財団助成)のお知らせ[2011年05月30日(Mon)]
 現在、障害のある方との共生社会を実現するための市民フォーラムを愛知県で予定しています。
 参加者募集中です。
 共生フォーラム実行委員会にJDDネットも参加し、愛知の実施についてはJDDネット愛知が事務局を担っております。窓口をアスペ・エルデの会にしています。

詳細やお申し込みについてはアスペ・エルデの会のHPにてご確認ください。



福島大臣との面会[2010年02月01日(Mon)]
先日、「障がい者福祉制度改革推進会議」が始まり、その構成メンバーに発達障害が入っていませんでした。
 そこで1月22日に推進会議の委員長の鳩山首相に日本発達障害ネットワークとして要望書を提出しました。
 そして本日、福島担当大臣にもこの構成メンバーに追加させていただけるようにお願いすべく、11時半より大臣室にて要望書を提出してきました。
 市川副代表、山岡副代表をはじめ7人でお願いをしてきました。
 障害の谷間をなくし、「当事者なしで当事者のことを考えないように」と発達障害についても一緒になって、それぞれの障害に必要な支援を考えていけるようにと願っています。
 本日はすぐに返事はいただけませんでしたが、ヒアリングなどで意見を出すだけでなく、やはりみんなの中の一員として一緒に障がい者福祉についてこれまでの大事な部分を守りつつ、新しい視点と仕組みを作っていきたいと祈っています。

年次大会報告[2009年12月14日(Mon)]
 12,13日と年次大会を成蹊大学で開催しました。
     
 尾辻秀久先生と竹田契一先生(次回実行委員長:左)と上野一彦先生(今大会実行委員長:右)

 今年は両日で1000人を超す参加者がありました。ご参加いただきました皆様ありがとうございました。

 さて13日は本大会ということで最初に田中康雄JDDネット代表、上野一彦大会実行委員長からの挨拶のあと、
 尾辻秀久先生(参議院議員議会長・元厚生労働大臣)と山田泰久氏(日本財団)にもご出席賜りお言葉をいただきました。
 尾辻先生は海外への出張中で帰りの飛行機の時間を急遽早めて、この年次大会の開会の時間に間に合うように空港から直接ご来場いただきました。
 また本大会が昨年度から日本財団さまの助成をいただいており、感謝と日本財団さまの活動について知っていただきたく、山田様にもご登壇いただきました。



 大会は各団体のオープン講習、教育、制度、就労や本人トーク、議員の先生方とのディスカッションなど朝から夜までぎっしり詰まったプログラムが展開されていきました。


 大勢の参加者が見える中、今回JDDネット団体関係者だけでなく、成蹊大の先生や学生さんにも会場設営や案内など協力いただき、本大会の成功につながりました。最後までありがとうございました。

 さて、来年は12月5日に神戸国際会議場での開催を予定しております。
 またぜひご参加ください。
年次大会[2009年12月12日(Sat)]
 日本財団さんから助成いただいております年次大会が成蹊大学でスタートしました。
 初日はオープン講座で特別支援教育士協会などの団体の講座を行いました。
 また理事会も開き、夜には懇親会も盛況に終わりました。
 JDDネットも正会員、エリア会員が増え、大きな規模に成長してきました。
 今回の大会はすでに800人を超える申し込みがあります。
 明日が本大会になります。どれだけ盛況になるか楽しみです。

 今日はとりあえずこれまで。
勉強会[2009年12月04日(Fri)]
 発達障害についての勉強会の機会を作っていただきました。
 参議院議員の谷博之先生、金子恵美先生、衆議院議員の石毛^子先生、内山晃先生、園田康博先生、中根康浩先生が呼びかけ人になってくださり、参議院議員会館で1時間半ほどのお時間をいただきました。
 日本発達障害ネットワークの理事で政策委員長である辻井先生(中京大学現代社会学部教授)が講師として、発達障害についてこれまでの制度ができるまでとその後の動向、また研究の最新の報告、現状の課題など話をしました。



 大変お忙しい中、また案内が2日間という急なご案内でしたが、議員の先生19名、秘書の方20名、また都合が合わず8名の方が挨拶と資料の受け取りに来てくださり、多くの方にご参加いただきました。
 また先生方も教育や就労、触法関係などについて勉強されており、発達障害という立場でのニーズについても関心を持っていただきました。
 とても貴重なお時間をありがとうございました。

 中根先生、園田先生からもごあいさついただき、自閉症スペクトラム、学習障害、ADHDなどの発達障害の支援についてはこれまでも多くの議員の先生がたで支援について考えてきているので、これからもみなさんで一緒によりよい発達障害の支援を考えて行きましょうといっていただきました。
障害者権利条約と福祉施策[2009年12月02日(Wed)]
 朝は寒いのですが、日中はぽかぽか暖かいです。
 昨日は朝から新霞が関ビルのホールで行われた日本障害フォーラム(JDF)セミナーに参加してきました。
 オーストラリアからドン・マッケイさんが見えて講演されるということでずっと楽しみにしていました。
 国連障害者権利条約特別委員会議長を務められた方で、権利条約ができるまでや権利条約とはどういうものかについて丁寧にお話ししてくださいました。
 また午後からはパネルディスカッションでした。各地域で障害者差別禁止条例の動きなどn報告などあり、一日ぎっしりとプログラムが詰まっていました。


 そこから厚労省まで散歩し(すでに5時は暗く、少々寒さもおぼえつつ)、6時からの障害者施策に関すヒアリングを傍聴してきました。
障害者関係団体から意見要望が出されていました。また国会議員の先生方も何人か出席されてみえました。

 どの団体からも盛りだくさんの要望があり最初に与えられた時間をオーバーしながらの発言でした。
障害者週間連続セミナー(内閣府主催)[2009年10月29日(Thu)]
12月3日から9日までの一週間は「障害者週間」になります。
 この障害者週間の事業の一環として、内閣府では障害者週間の趣旨にふさわしいセミナーを主催する団体に会場の提供を行い連続してセミナーを行います。

日本発達障害ネットワークも、内閣府から会場の提供をいただき、以下のセミナーを開催させていただくことになりました。多くの方々のご参加をお待ちしております。

ホームページはこちら
〜障害者週間連続セミナー〜
JDDネット「発達障害とは何か」
日時: 2009年12月8日(火)18:00〜20:00 
会場:東京ウィメンズプラザ(東京都渋谷区)
講師: 市川宏伸(JDDネット副代表・都立梅ヶ丘病院院長) 
      大塚 晃(JDDネット理事・上智大学教授)
定員:200名
参加費:無料

お申し込みはホームページからお願いいたします。
日本財団助成 年次大会[2009年10月21日(Wed)]
体験博覧会の報告については事後になってしまいましたが、
年次大会は12月です。
JDDネットHPでもご案内しております。
概要等確認できますので、ご関心のある方はご覧ください。
年次大会は東京で開催します。

日本発達障害ネットワーク第5回年次大会
日本財団助成 体験博覧会[2009年10月20日(Tue)]
 18日に名古屋にある愛知東邦大学で
 「次世代育成と発達障害児者支援の体験博覧会2009」
を日本財団助成事業として実施しました。
 40近くのワークショップを用意し、午前、午後1、午後2と一人3つのワークショップに参加できるものです。
 朝から600人以上の人にご参加いただき、いろんなワークショップを回られていました。
 参加された方からも、子ども向けの支援から成人のもの、家族向け、支援者向け、当事者向けのものといろいろとあり充実したコンテンツで驚かれていました。
 これまでは「どうしたらいいの?」という問い合わせだったのが、こうした企画では「どれがいいの?」という感じになってきています。もちろんまだ支援として足りないところはありますが少しずついろんな支援ができつつあることは多くの方に伝わったのではないかなと思っております。
 今回の博覧会にはお忙しい中、これまで発達障害の支援を考える議員連盟の事務局長
としてご尽力くださった福島豊先生(元衆議院議員)もご出席いただきワークショップにもご参加いただきました。
 また今回は愛知東邦大学の肥田先生にもご協力いただき博覧会も無事運営することができましたこと心より御礼申し上げます。
福島豊先生と氏田事務局長と大塚先生(JDDネット理事)


以下がワークショップの様子です。
いろんな技法や研究調査などの解説から実際のプログラムの実施、体験するものなどがありました。
写真はありませんが、リラクゼーションなどはマットに横になり「力を抜く」ということを参加者の方にも体験してもらいました。結構やってみると難しいものです。


















12月12,13日と東京の成蹊大学で第5回年次大会も日本財団助成事業として実施いたします。
日本発達障害ネットワークより[2009年10月20日(Tue)]
 昨年度の第4回年次大会から日本財団さんの助成をいただくことになり、今年度も年次大会とすでに終了しましたが体験博覧会という約40のワークショップの企画に助成いただいております。
 日本発達障害ネットワークは発達障害児者の支援団体(当事者団体、職能団体、学会など様々な立場の団体が、みんなで発達障害に関する理解啓発や支援の向上などを目的に圧あっている団体です。
 今後はこちらのブログでも日々の活動について紹介していきたいと思います。

 日本発達障害ネットワークのホームページは ここからご覧ください。
プロフィール

さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/jddnet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jddnet/index2_0.xml