CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2016年05月 | Main | 2016年07月»
記事の分類
記事(掲載月から検索)
記事(掲載日から検索)
<< 2016年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
コメント
http://blog.canpan.info/jcpmiyagi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jcpmiyagi/index2_0.xml
志位委員長来たる! [2016年06月24日(Fri)]


6月28日(火)午後2時30分より

仙台駅アエル前にて

日本共産党の志位和夫委員長が街頭演説を行います。お誘いあわせの上、ぜひお聞きください。


siikitaru.jpg
参院選 第一声のご案内 [2016年06月16日(Thu)]

第一声.jpg
6/7付赤旗の北海道・東北のページ [2016年06月07日(Tue)]

※6/7付赤旗日刊紙の北海道・東北のページに掲載されました宮城県の記事を若干の手直しをして紹介します。

共同で政治変えよう 演説会で桜井統一予定候補、党議員ら訴え


 参議院選挙勝利へ向け、宮城県では6月4日に高橋千鶴子衆議院議員を迎えて大崎市と塩釜市で、6月5日に紙智子参議院議員を迎えて石巻市で日本共産党演説会が開かれました。いわぶち彩子比例予定候補が決意表明しました。
 
 大崎市の演説会で、参院選挙区の桜井充野党統一予定候補が、自公が規制緩和を進めて地方を衰退させたと批判。「安倍政権の暴走をとめるために、全力でがんばる」と訴えました。元宮城県農協中央会会長の木村春雄さんさんらがあいさつしました。

 石巻市の演説会で、鹿野文永元鹿島台町長が「これまで社民党、民主党、もちろん自民党とも付き合ってきたが、憲法を守るという大義に基づき、桜井充さんだけでなく比例は共産党と書くと公言している。周りにも勧めている」と話し大きな拍手に包まれました。

 高橋千鶴子衆議院銀が野党共闘の広がりを強調して「比例では共産党9議席を勝ち取ろう」、紙智子参議院議員が「被災地の復興のためにも、参議院選で与党を過半数割れまで追い詰めようと訴えました。
小池晃党書記局長きたる!桜井充氏とともに街頭宣伝 [2016年06月05日(Sun)]

0609.jpg
6月13日、日本共産党宮城県委員会の比例事務所びらきにご参加ください。 [2016年06月04日(Sat)]

0613.jpg
6/4付赤旗の北海道・東北のページ [2016年06月04日(Sat)]

※6/4付赤旗日刊紙の北海道・東北のページに掲載されました宮城県の記事を若干の手直しをして紹介します。

桜井統一予定候補必勝をー共産党・民進党が合同宣伝

 宮城県多賀城市で6月1日、JR多賀城駅前で日本共産党多賀城市議団(藤原益栄団長)と民進党・竹谷英昭市議(4区総支部幹事長)が合同し、初の街頭宣伝を行いました。共産党の戸津川ひさし衆院4区予定候補ら21人が参加しました。

 藤原市議は、全国に先駆け野党統一候補が決まった宮城県で必ず勝利し、安倍政権に審判を下そうと呼びかけました。

 竹内市議は、「野党、市民の共闘で押し上げた候補、桜井充予定候補必勝を」と謳えました。

 「安倍政権はひどすぎる。頑張って」など激励が寄せられました。
6/3付赤旗の北海道・東北のページ [2016年06月03日(Fri)]

※6/3付赤旗日刊紙の北海道・東北のページに掲載されました宮城県の記事を若干の手直しをして紹介します。

 日本共産党宮城県委員会は6月1日、中島康博県委員長、いわぶち彩子参院比例予定候補を先頭に仙台市内で宣伝しました。中島氏は消費税増税延期はアベノミクスの破たんであり、安倍首相は責任を取って退陣すべきだと強調。いわぶち氏は非正規雇用に苦しむ若者の状況に触れ、「参院選を国民・若者のための政治をつくる第一歩にしよう」と呼びかけました。
 
 40才の男性は「今度の選挙は共産党がどれだけ伸びるかが焦点。頑張って」と激励。商売をしている男性は「消費税5%で据え置いているとても8%は取れない。選挙区は桜井充(野党統一候補)、比例は共産党に入れる」と話し、カンパしました。
衆院選小選挙区 5選挙区の候補がそろう [2016年06月01日(Wed)]

P80865-0258.jpg
左から松井氏、佐藤氏、中島県委員長、戸津川氏、横田氏、遠藤いく子県議

 日本共産党宮城県委員会は5月31日、記者会見をして、衆院選の宮城1,2,4,6区の小選挙区予定候補を発表しました。
 中島康博県委員長が衆参同日選の動きや、その後の政治的激動に備えるためだと強調しました。
 1区の党県常任委員・県労働部長の松井秀明氏(47)=新=、2区の党仙台東地区委員長の佐藤克之氏(56)=新=、4区の党塩釜地区常任委員の戸津川ひさし氏(34)=新=、6区の党県副委員長の横田有史氏(72)=新=はそれぞれ全力で奮闘する決意を語りました。
 小選挙区は、3区、党仙南地区常任委員の吉田剛氏(34)=新=と合わせ、5人となりました。