CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2017年09月 | Main | 2017年11月»
記事の分類
記事(掲載月から検索)
記事(掲載日から検索)
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
コメント
http://blog.canpan.info/jcpmiyagi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jcpmiyagi/index2_0.xml
宮城県知事選 たたら候補が第一声 [2017年10月06日(Fri)]

医療・子育て大転換を

 「本物の豊かさ、人、食、環境を大切にする宮城県にしよう」。
5日告示(22日投票)された宮城県知事選の第一声で、新しい県政をつくる県民の会のたたら哲候補(59)=無・新・日本共産党推薦=は訴えました。

 たたら候補は、村井県政を大転換し、福祉、医療、子育て支援を第一に、農林漁業者、地元中傷業者の応援、被災者の生活と生業の再建、原発ゼロ・石炭火力ゼロなどを強調しました。

「民主主義を守る、立憲主義を守る政治家とともに、市民と野党の共闘でたたかう」と力説しました。

 第一声には、日本共産党の高橋ちづ子前祝儀委員議員(衆院比例候補)とふなやま由美同比例候補が駆け付け、共産党、民進党、社民党の県議・市議、立憲民主党の岡本あき子宮城一区候補、無所属の蒲田さゆり同二区候補が勢ぞろいしました。

 高橋全衆議院議員は、知事選と同時にたたかわれる総選挙について「野党共闘が希望の党にかき乱されたが、市民と野党の共闘で知事選をたたかう宮城が希望をつないだ」と指摘し、「宮城から憲法を守る。暮らしを守る。安倍政治を終わらせるたたかいをしましょう」と訴えました。

 民進党の坂下やす子県議、社民党の岸田清実県議、日本共産党の遠藤いく子県議がともにたたかう決意を語りました。

 日本共産党の志位和夫委員長と社民党の吉田忠智党首、民進党の桜井充参議院議員からのメッセージが紹介されました。

 選挙戦は、他に現職の村井嘉浩氏(57)。



wakamonomeeting20171006.jpg