CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2017年06月 | Main | 2017年08月»
記事の分類
記事(掲載月から検索)
記事(掲載日から検索)
<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
コメント
http://blog.canpan.info/jcpmiyagi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jcpmiyagi/index2_0.xml
仙台市長選 小池書記局長がコメント [2017年07月24日(Mon)]

安倍政権への怒り示した



 仙台市長選の結果について、日本共産党の小池晃書記局長は、報道各社の取材に対し、次のようにコメントしました。


 仙台市政を変えてほしいという願いとともに、安倍政権に対する市民の深い怒りが明確に示された結果です。野党と市民が共闘すれば、勝利をすることができることの証明になりました。今回の結果を踏まえて解散・総選挙を強く求め、野党の選挙協力の体制を急ピッチで構築し、そのための協議を進めていきたい。


しんぶん赤旗2017年7月24日付(関東版)より
仙台市長に郡氏当選 [2017年07月24日(Mon)]

野党と市民 共同の勝利

都議選に続き自公惨敗



 仙台市長選は23日に投開票され、共産、民進、社民、自由の4党と「市民の会」の共同候補の郡和子氏(60)=無・新=が激戦を制し、初当選しました。


 市長選は、市民と野党共闘対、自民・公明陣営の総力戦となりました。自民党が惨敗した東京都議選に続き、自公が推す会社社長の菅原裕典氏(57)=無・新=が敗れました。菅義偉官房長官が菅原氏の応援に入りましたが、街頭には立てませんでした。

 支持を広げる対話や街頭のメガホン宣伝中も、市民から、「自民党を勝たせるわけにはいかない」「安倍首相のやりたい放題にはあきれる」など、安倍政権への怒りと野党共闘に期待する声が郡陣営に多数寄せられました。

 日本共産党は、郡氏と「憲法をくらしに生かす」「35人学級を小中学校全学年で実施」「給付型奨学金をつくる」「認可保育所を増やす」などの12項目の政策を確認し、全力を挙げました。

 選挙最終盤の20日には、市民と野党が共同で1700人の大集会を開き、共産党の穀田恵二衆院議員、民進党の桜井充参院議員、岡田克也衆院議員らが市民代表とともにそろって訴え、共同を最後まで広げました。



しんぶん赤旗2017年7月24日付(関東版)より