CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 地方選挙 | Main
記事の分類
記事(掲載月から検索)
記事(掲載日から検索)
<< 2017年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
コメント
http://blog.canpan.info/jcpmiyagi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jcpmiyagi/index2_0.xml
野党統一の桜井充氏、党比例のいわぶち友氏が当選 日本共産党は改選倍増の6議席 [2016年07月12日(Tue)]

13658922_1751467071734899_2863695850182261071_n.jpg
当選を報告する街頭宣伝にたったいわぶち友氏(7月11日、仙台市)

13626393_1751308435084096_1202831906901285456_n.jpg
当選確実を受けて万歳する桜井充氏(7月10日、選挙事務所にて)

以下、日本共産党宮城県委員会の7月10日投票で行われた参議院選挙の結果についての声明を紹介します。

***

2016年参議院選挙の結果について

2016年7月11日 日本共産党宮城県委員会

一、7月10日の参議院選挙で日本共産党宮城県委員会は、安倍政権の打倒をめざし、野党共闘の成功のために力をつくしつつ、日本共産党の躍進をかちとるという、これまでやったことのないたたかいへの挑戦にとりくみました。
 選挙戦では、安倍首相をはじめ自民党の幹部が次つぎと来県し、宮城県の野党共闘をうちたおすために総力をあげ、反共ビラも配布されました。これに対し、志位委員長の街頭演説、4野党書記局長・幹事長の合同宣伝などを通じて反娃していきました。
選挙の結果は、選挙区では野党共同候補の桜井充氏(民進党現職)が当選するとともに、比例代表選挙で日本共産党は5議席を獲得し、北海道・東北ブロックを活動地域とするいわぶち
友さんの当選をかちとることができました。
 選挙区選挙では民進発の桜井充氏が51万450票(得票率51・1)を獲得し、自民党の熊谷大氏に4万1千葉余の差をつけました。日本共産党は、野党と市民の共闘の成功に確信をもつとともに、参院選後もさらに発展させるために全力をつくすものです。
 比例代表選挙では、党は9万7889票、得票率9・99%で、前回選挙から得票で1万8102票、得票率で1・46ポイント前進しました。この結果、自民党(35万9527票、得票率36・68%)、民進党(24万8990票、得票率25・4%)、公明党(13万1544票、得票率13・42%)に次ぐ4位となりました。社民党は得票3万5482粟、得票率3・62%、生活の党は得票2万2363票、得票率2・28%、日本のこころは1万1684票、得票率1・19%です。野党統一候補の桜井充氏、日本共産党にご支持をお寄せいただいた有権者のみなさん、猛暑、雨のなか日夜をわかたすご奮闘をいただいた支持者、後援会員のみなさん、党員のみなさんに、心からお礼を申し上げます。


二、憲法違反の安保法制=戦争法を強行し、立憲主義と民主主義をこわす危険な道を暴走する安倍政権に対して、県内でも戦後かつてない新しい市民運動、国民運動が発展し、この運動に背中をおされて野党共闘が大きく進みました。共産党県委員会は3月2日、民主党県連、桜井充氏と政策協定に調印し、選挙区候補を桜井充氏に一本化しました。いわぶち彩子選挙区候輪は立候補をとりさげ、参院比例候補として役割を果たしました。
 政策協定は@立憲主義に基づき、憲法違反の安保関連法案廃止と集団的自衛権行使容認の7・1閣議決定の撤回を目指す、Aアベノミクスによる国民生活の破壊を許さず、広がった
格差を是正する、B原発に依存しない社会の早期実現、再生可能エネルギーの促進を図る、C不公平税制の抜本是正を進める、D民意を踏みにじって進められる米軍辺野古新基地建設に反対する、E安倍政権の打倒を目指す、6点のです。
 また、党県委員会として「安倍内閣が締結しようとしている環太平洋連携協定(TPP)には反対」、「安倍内閣が進める消費税10%への増税に反対」の2点を、今後の政策協議の中で
検討することを求めましたが、その後、政策の一致点は広がりをみせています。
 日本共産党は、当選した桜井氏とともに、政策協定の実現をめざし、共同の発展に全力をあげます。


三、政治輸戦では、民意に背く「安倍暴走政治」の全体――安保法制=戦争法と態法改定、「アベノミクス」と消費税大増税、TPP協定、原発問題、沖縄基地問題などに、ノーの審判をくだし、チェンジの意思を示す選挙にしていくために全力をつくしました。
県委員会は野党共闘の勝利と「比例を軸」にした日本共産党の躍進を一体に追求するため、桜井充候補と、比例での共産党への支持を訴えるビラを作成し、これを「赤旗」号外とあわせて活用をすすめました。選挙戦本番には法定ビラの配布にとりくむとともに、県後援会ニュースで選挙戦の本番の論戦の方向性を示しました。
 日本共産党は、最終盤、マスコミなどで自民が3分の2を占めるとの報道がなされたなかで、これを許さないと総力をつくしました。


四、選挙の結果、安倍政権が多数を得たのは革実ですが、東北では6県中5選挙区で野党統一候補が勝利しました。被災地・東北はノーの審判を下したと一言えます。私たちは、今後さらに
憲法改悪をはじめ、安倍政権の悪政に対して、野党と市民運動の共同をつよめ、その暴走と真正面から対決していく決意です。
 引き続き、県民の皆さんのご期待にこたえられる質量ともに強大な党を築くことに全力をつくす決意です。
 みなさんのこれまで以上のご支持・ご協力を心からお願いいたします。

以上
民進党安住氏、宮城で初めて政権構想を語る [2016年07月08日(Fri)]

志位、安住.jpg

 民進党の安住淳国対委員長は6月28日の共同街頭宣伝で、今後の野党政権について初めて踏み込んだ発言をしました。以下、該当部分を紹介します。
 「私は、志位委員長ともずっと道すがら話してきたんですが、政権交代可能な二大勢力をつくって、もう少し人にちゃんと投資して、みんなが暮らし向きが向上して、年金の心配をしなくていい、子育て支援も安心してできて、お母さんが安心してこどもを産み育てる社会、志位さんと一緒につくっていきたいと思っております。そのためには自民党と公明党と真っ向対決する本当の野党が必要です。みなさん、今度の選挙は踏ん張り時です」
共闘パワーを存分に発揮し勝利を 志位委員長が訴え [2016年07月08日(Fri)]

志位、安住2.jpg
13438860_1746952608853012_4685159698329525685_n.jpg

 日本共産党の志位和夫委員長は6月28日、仙台駅アエル前にて、宮城選挙区の桜井充野党統一候補の必勝とともに、「日本共産党の躍進が、市民と野党の共闘を前進させ、日本の政治を変える一番確かな力になります」と力を込めて訴えました。
 仙台駅前には、宣伝カーを取り巻くようにデッキや路上に聴衆の輪が広がりました。民進党の安住淳国対委員長、社民党県連合の辻隆一幹事長、日本共産党の、いわぶち友、いわぶち彩子両比例候補、「オールみやぎの会」の吉田美智子さん、元日弁連副会長の新里宏二さんが駆けつけて訴えました。
 志位氏は、全国32の1人区のたたかいについて「どこでも共闘パワーが発揮されています。この共闘の力を存分に発揮して、32の全部で勝利をかちとろう」と訴えました。野党共闘の勝利と一体に、「日本共産党を大きく躍進させてください」と比例候補9人全員の勝利を呼びかけ、「選挙区は野党統一候補の桜井さん、比例は共産党へ、広げに広げてください」と熱く呼びかけると、聴衆は大きな拍手で応えました。
 さらに、安保法制=戦争法の強行に続き、安倍政権が9条を本丸として憲法改定を企てるもと、「憲法破りの暴挙をはたらいた勢力に、共産党躍進で退場の審判を下そう」「9条を守る願いを、党をつくって94年、一筋に反戦平和を貫いてきた日本共産党に託してください」と訴えました。
6月9日 小池晃書記局長と共同の街頭演説での桜井氏のうったえ [2016年07月08日(Fri)]

P1230078.jpg
DSC_0048.JPG
P1230126.JPG

野党統一候補である桜井充氏が6月9日、日本共産党の小池晃書記局長と共同の街頭宣伝でうったえたいくつかの内容を紹介します。


憲法9条を守ることと自衛隊について

 こんにちは。桜井充です。みなさんのお力で日本で初めて野党統一候補にしていただきました。感謝します。野党統一候補になって何が驚くかというと、街頭活動。これまでは大抵「空気」の前でしゃべっていました。選挙前にこれだけ多くのみなさんが集まっていただいて、今日は本当に感動しています。
 小池さんは本会議場で私の隣の席で、医者同士。いろいろ教えていただいています。「桜井さん、共産党も、憲法を守る立場にあるから、今の天皇制はちゃんと維持するんですよ。自衛隊も現実は現実として受け止めるんです」とおっしゃる。私は「小池さん、それを言ってもらったら、失礼だけど共産党アレルギーはなくなるし、もっとやりやすくなるんではないですか」と言った。そしたら「そんなのは前から言ってます。桜井さん勉強不足だ」と怒られた。安倍政権の問題点は一生懸命勉強するんですが、共産党のそういう点までは勉強不足で本当に申し訳なかったと思います。
 さて、本題ですが、私は憲法9条改正に真っ向から反対です。9条を守っていかないと、自衛隊のみなさんがどうなっていくか。私は自衛隊が国民の生命、財産を守るなら、我々国会議員は自衛隊のみなさんの生命と安全を守っていく、それが我々の使命だと思っています。


政策合意の広がり示し 「野合」論を批判

 共産党、社民党のみなさんと一緒になって「野合」といわれていますが、決してそんなことはありません。安保法制について、われわれは「憲法違反だから廃止しなければいけない」と一致しています。今の格差社会を是正しなければいけない。これも一致しています。労働分配率を変えていこう。内部留保をもっとうまく使って労働者の賃金にまわそう。できれば1次下請け2次下請け、中小企業に利益をまわしていただかないと地域は活性化しません。これも意見は一致しています。もっといえば医療と介護を充実させないといけない。医療・介護の現場で働いている人たち、社会保障でいえば保育士さんの給料も上げていかなければ。処遇改善しなければ。これもわれわれは意見が一致しています。だから野合なんていわれる筋合いはまったくないんです。
 野党が一丸となってこの選挙戦を勝ち抜かなければいけない。
市民と3野党の政談演説会 私たちの思いを届ける議員、野党を大きく [2016年07月05日(Tue)]

DSC_0045.JPG

 「市民が主役の演説会を開きたい」。この願いに日本共産党、民進党、社民党の3野党が応えた「市民と野党3党の合同政談演説会」が7月3日、仙台市泉区で開かれ、75人の市民が集いました。
 3野党があいさつし、社民党の石川建治仙台市議は、自らの政治信条を語りながら、「4月に孫が生まれた。しかし、今の政治状況のままでは、戦場に送られかねない。安倍政権を終わらせなければならない」と訴えました。
 民進党の鎌田さゆり県議は、安倍首相の目的は、3分の2をとって憲法を変えることだけだと強調。「自民党に3分の2を取らせない力を野党に与えてほしい」と訴えました。
 日本共産党の中嶋廉県議は、テロ集団が戦争によって生まれ、強大化した経緯を解説し、「戦争でテロはなくせない。戦争法ではなく、平和外交の努力が必要だ」と指摘。野党が共同提案した15本の法案が、すでに政局を動かしている強調し、「政治を変える夢のある選挙にしよう」と呼びかけました。
 地域の9条の会やオールみやぎの会が、「命と平和を守りたいという私たちの思いを届ける国会議員と野党を大きくしよう」など、思いを訴えました。
大激戦 4党共同の街頭宣伝 [2016年07月03日(Sun)]

4tou.jpg
志位委員長来たる! [2016年06月24日(Fri)]


6月28日(火)午後2時30分より

仙台駅アエル前にて

日本共産党の志位和夫委員長が街頭演説を行います。お誘いあわせの上、ぜひお聞きください。


siikitaru.jpg
参院選 第一声のご案内 [2016年06月16日(Thu)]

第一声.jpg
6/7付赤旗の北海道・東北のページ [2016年06月07日(Tue)]

※6/7付赤旗日刊紙の北海道・東北のページに掲載されました宮城県の記事を若干の手直しをして紹介します。

共同で政治変えよう 演説会で桜井統一予定候補、党議員ら訴え


 参議院選挙勝利へ向け、宮城県では6月4日に高橋千鶴子衆議院議員を迎えて大崎市と塩釜市で、6月5日に紙智子参議院議員を迎えて石巻市で日本共産党演説会が開かれました。いわぶち彩子比例予定候補が決意表明しました。
 
 大崎市の演説会で、参院選挙区の桜井充野党統一予定候補が、自公が規制緩和を進めて地方を衰退させたと批判。「安倍政権の暴走をとめるために、全力でがんばる」と訴えました。元宮城県農協中央会会長の木村春雄さんさんらがあいさつしました。

 石巻市の演説会で、鹿野文永元鹿島台町長が「これまで社民党、民主党、もちろん自民党とも付き合ってきたが、憲法を守るという大義に基づき、桜井充さんだけでなく比例は共産党と書くと公言している。周りにも勧めている」と話し大きな拍手に包まれました。

 高橋千鶴子衆議院銀が野党共闘の広がりを強調して「比例では共産党9議席を勝ち取ろう」、紙智子参議院議員が「被災地の復興のためにも、参議院選で与党を過半数割れまで追い詰めようと訴えました。
小池晃党書記局長きたる!桜井充氏とともに街頭宣伝 [2016年06月05日(Sun)]

0609.jpg
| 次へ