CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«  +宮城県政 | Main |  +市町村政»
記事の分類
記事(掲載月から検索)
記事(掲載日から検索)
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
コメント
http://blog.canpan.info/jcpmiyagi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jcpmiyagi/index2_0.xml
仙台市長に郡氏 [2017年07月26日(Wed)]

 「やった。森友・加計問題や共謀罪方強行で国政を私物化している安倍政権に審判が下った。次は総選挙だ」

 23日投開票の仙台市長選で初当選をはたした郡和子氏の事務所で、全身でよろこびをかみしめる男性が熱く語りました。


無党派45% 郡氏に投票

 仙台市長選では、「教育、福祉予算を増やして」「市政をよくしてほしい」という市民の願いとともに、安倍自公政権への底深い市民の怒りが吹きあがりました。

 地元紙の出口調査の結果、無党派層の45%が郡氏に投票したのに対し、自公候補は28%でした。自民党支持層のうち自公候補に投票したのは64%にとどまり、2割が郡氏に投票しました。

 投票率は前回より14.41ポイント増え44.52%でした。

 昨年の参院選で自民党と公明党の比例票は合計21万。今回の市長選で自公候補は自公両党の参院選比例票の約3割を減らしました。

 全有権者規模で支持を訴える電話への市民の反応も違いました。

 「都議選で自民党が惨敗した流れを仙台市でもつくりたい」。年配の女性は郡氏への支持を訴える日本共産党の電話かけにこう応えました。「安倍首相がテレビに出てくるたびにテレビを消します。安保法(戦争法)案が審議されている時、仙台市内の反対集会に参加しました」
 「返済不要の奨学金をつくる」「認可保育所を急いで増やす」などの政策を書いたプラスターを掲げたメガホン宣伝は1600回を超え、かつてない規模になりました。「立憲主義を取り戻す」と弁護士も連日、街頭に立ち、街の雰囲気を変えていきました。

 宣伝中に通りがかった50代男性は「今回は野党に入れる。いま自民党に入れ方という人は本当に少ない。加計だ、日報だとあれだけ不信を買い続けたら当然」と話しました。

 相手候補に投票を考えていた女性は「街なかで『福祉の充実』『35人学級実現』と書いた看板(プラスター)を持っている人に何回も出会い、郡さんに投票を決めた」と語りました。

 選挙最終盤の20日の市民と野党の1700人大集会には、共産党の穀田恵二衆院議員、民進党の桜井充参院議員、岡田克也衆院議員らが市民の代表とともにそろって訴えました。


子育て政策 共感広がる

 野党共闘に希望を託す市民の声も寄せられました。

 「市民の会」の街頭宣伝を聞いた60代の女性は「少し前までは想像できなかった野党共闘。市政も国政も変えられる時代になってきたんだと興奮しています」と話しました。

 自民党、公明党の菅原候補陣営は、村井嘉浩県知事と奥山恵美子市長が全面的に支援し、地元経済界などのテコ入れを受けました。また同候補の確認団体の宣伝カーは選挙期間中、「共産党が支援する候補に仙台市を任せられますか」などと街頭宣伝し、野党共闘を攻撃しました。

 日本共産党と郡氏が確認した政策には「35人学級を小中学校全学年で実施」など12項目を掲げました。

 市民から「保育園の廃止など奥山市長は市民に冷たかった。郡さんの子育てや教育政策に期待する」「給付型の奨学金をぜひ。親が借金して迷惑をかけているのがつらい」など、郡氏の政策に共感が広がりました。



IMG_0759.jpg


(宮城県・佐藤信之、伊藤佑亮、高橋拓丸)
しんぶん赤旗2017年7月25日付より
市民と野党の共闘の力 仙台市長に郡氏 [2017年07月26日(Wed)]

 仙台市長選は、23日投開票され、共産、民進、社民、自由の4野党と「市民の会」が全面支援した郡(こおり)和子氏(60)=無=が自民・公明候補を破り、初当選しました。

 投票日翌日の朝刊には「与党系敗北 安倍政権再び打撃」(「朝日」)「政権さらに打撃 野党、共闘態勢に自信」(河北新報)の見出しが踊りました。「与野党総力戦」と報道された市長選で、市民と野党の共闘の力をはっきりと示しました。安倍政権・与党は、東京都議選に続く惨敗です。

 開票を見守った郡氏の選挙事務所には100人以上の支援者が駆けつけ、入りきらなかった人が街頭にあふれました。午後10時すぎ当選確実の一報に割れんばかりの拍手と歓声でわきかえりました。

 青葉区の女性(52)は「国民を『こんな人』呼ばわりする安倍政権、自民党の政治感覚に対する違和感が選挙結果に大きく出た。仙台でも市民は自民党政治ではなく、新しい政治を選んだ。心底うれしい」と話しました。

 「郡」コールを受けた郡氏は「この勝利は市民のみなさん一人ひとりの勝利。これから仙台姿勢を市民共同で進めてまいります」とあいさつしました。

 郡選挙対策本部長の新里宏二弁護士は「市民と各政党、労働組合などさまざまな団体みんなで応援して頑張った結果の当選です」と胸を張りました。

 日本共産党は郡氏と「憲法を暮らしにいかす」などの政策を確認し全力で奮闘しました。

 市民と野党は最終盤に1700人の大集会を開き、最後まで共同を広げました。

 一方、会社社長の菅原裕典氏(57)=無・新=を担いだ自民・公明は、選挙中盤、菅義偉官房長官が仙台市入りしましたが街灯には立てませんでした。



選挙結果は次の通りです。

当 郡  和子 60 新  165452
  菅原 裕典 57 新  148993
  林  宙紀 39 新   61647
  大久保三代 40 新   8924
(投票率44.52%)



IMG_0758.jpg

しんぶん赤旗2017年7月25日付より
仙台市長選挙にあたって、県委員長の談話を発表しました。 [2017年07月26日(Wed)]

野党と市民の共同 今後も

共産党宮城県委員会 中島委員長が談話

 仙台市長選挙の結果を受けて、日本共産党宮城県委員会の中島康博県委員長は24日、談話を発表しました。



 仙台市長選は、野党と市民の共同の候補、郡(こおり)和子さんが勝利しました。ともにたたかった市民のみなさんの奮闘に感謝したいと思います。

 投票率が、前回より14.41ポイント上がり、44.52%になりました。無党派の市民の人たちの中で関心が高まり、多くの人が投票所に足を運びました。

 河北新報の出口調査では、無党派層の45%が郡さんに投票しました。野党と市民のスクラムが共感を広げました。一方、自公候補に投票した無党派層は28%で、郡さんを大きく下回りました。

 「野党共闘で競り勝つ」(読売)と報じたように、共産・民進・社民・自由の4野党が一致団結したことで、市民の安倍政権への怒りが示されました。菅義偉官房長官が街頭に立てなかったことに象徴されるように、自公候補は、市民に訴える足場を失ったまま選挙戦をたたかいました。

 仙台市民の暮らしと福祉に関わる大事な選挙でした。同時に、今後の総選挙に向けて、野党と市民の共同を広げる上でも、大きな力になりました。秋の知事選でも、野党と市民の共同でたたかいたいと思っています。



IMG_0760.jpg


しんぶん赤旗2017年7月25日付(北海道・東北のページ)より
仙台市長選 小池書記局長がコメント [2017年07月24日(Mon)]

安倍政権への怒り示した



 仙台市長選の結果について、日本共産党の小池晃書記局長は、報道各社の取材に対し、次のようにコメントしました。


 仙台市政を変えてほしいという願いとともに、安倍政権に対する市民の深い怒りが明確に示された結果です。野党と市民が共闘すれば、勝利をすることができることの証明になりました。今回の結果を踏まえて解散・総選挙を強く求め、野党の選挙協力の体制を急ピッチで構築し、そのための協議を進めていきたい。


しんぶん赤旗2017年7月24日付(関東版)より
仙台市長に郡氏当選 [2017年07月24日(Mon)]

野党と市民 共同の勝利

都議選に続き自公惨敗



 仙台市長選は23日に投開票され、共産、民進、社民、自由の4党と「市民の会」の共同候補の郡和子氏(60)=無・新=が激戦を制し、初当選しました。


 市長選は、市民と野党共闘対、自民・公明陣営の総力戦となりました。自民党が惨敗した東京都議選に続き、自公が推す会社社長の菅原裕典氏(57)=無・新=が敗れました。菅義偉官房長官が菅原氏の応援に入りましたが、街頭には立てませんでした。

 支持を広げる対話や街頭のメガホン宣伝中も、市民から、「自民党を勝たせるわけにはいかない」「安倍首相のやりたい放題にはあきれる」など、安倍政権への怒りと野党共闘に期待する声が郡陣営に多数寄せられました。

 日本共産党は、郡氏と「憲法をくらしに生かす」「35人学級を小中学校全学年で実施」「給付型奨学金をつくる」「認可保育所を増やす」などの12項目の政策を確認し、全力を挙げました。

 選挙最終盤の20日には、市民と野党が共同で1700人の大集会を開き、共産党の穀田恵二衆院議員、民進党の桜井充参院議員、岡田克也衆院議員らが市民代表とともにそろって訴え、共同を最後まで広げました。



しんぶん赤旗2017年7月24日付(関東版)より
仙台市長選挙にあたっての日本共産党の主張と見解 [2017年07月07日(Fri)]

市民と野党の本気の共闘は、
くらしの願いを生かす本流。


「モノ」から「ひと」へ――
市政を大転換しよう。



仙台市長選挙にあたっての日本共産党の主張と見解を出しました。

PDFデータはこちらから


2017年6月2日 日本共産党宮城県委員会
日本共産党仙台市議団
郡和子氏と政策合意を結びました。 [2017年07月07日(Fri)]

日本共産党宮城県委員会は7月9日告示、23日投票で行われる仙台市長選挙において、
郡和子氏と政策合意を結びました。

政策合意の内容は以下の12点です。



1、市民との対話を大切にした市民協働の市政運営を実現します。

2、いじめ問題の真相究明と再発防止へ、人間の尊厳やいのちを
  大切にする学校づくりをすすめます。

3、地域経済の活性化策のカナメに、くらし支援を位置づけます。
  若者の正規雇用の拡大、中小企業の支援をすすめます。

4、憲法をくらしに生かす市政をめざします。

5、小中学校の35人学級の実現、教育予算を増やします。

6、仙台市独自の奨学金制度(給付型)を実現します。

7、障害者差別解消条例の理解促進と障害者の活動を応援します。

8、認可保育所に希望しても入れない待機児童を解消するため、
  認可保育所を増やします。 保育士の給与水準引き上げなど
  待遇改善をすすめます。

9、被災者の心によりそった復興、生活再建支援に取り組みます。

10、介護サービスの充実をはかります。介護職員の処遇改善を
   すすめます。

11、住民と協力して地域公共交通の実現をめざすなど、安心・
   便利な公共交通づくりをすすめます。

12、自然エネルギーへの転換を進め、将来にわたって市民の健康・
   環境の保全に尽くします。

2017年6月21日


郡和子政策合意チラシ裏.jpg

郡和子政策合意チラシ表.jpg
仙台市議会議員選挙の得票結果 [2011年09月02日(Fri)]

 日本共産党は、8月28日投票で行われた仙台市議選挙で、定数が5削減になったもとでの大激戦に勝ちぬき、候補者7名全員が当選し、議席1増となりました。得票数は8人擁立した前回選挙から2122票減りましたが、議席占有率は過去最高の12・7%となりました。放射能対策や被災地復興など、有権者からの期待を示す結果となりました

■青葉区 定数15
当 花木則彰(現)
   5094票 8位
当 すげの直子(現)
   4646票 11位

■宮城野区 定数10
当 高見のり子(現)
   4675票 4位

■若林区 定数7
当 庄司あかり(新) 
   5429票 3位

■太白区 定数12
当 ふなやま由美(現) 
   4990票 7位
当 さがさだ子(現)
   4155票 9位

■泉区 定数11
当 ふるくぼ和子(元) 
   6181票 5位
震災復興、放射能対策などの公約実現に全力―7人の新しい仙台市議団が街頭で訴えました [2011年08月29日(Mon)]


















 昨日投開票された仙台市議選で当選した7人の新議員が、8月29日正午から仙台市青葉区の中央通り・二番町角でそろって公約実現の決意を述べました。
 演説しているのは5回目の当選を果たした嵯峨サダ子議員。
仙台市議選の結果について―声明を発表しました [2011年08月29日(Mon)]


110829.doc





  仙台市議選の結果について――7人全員当選で、第3党に躍進
                             2011年8月29日  
                        日本共産党宮城県県常任委員会  

1、8月28日投票でおこなわれた仙台市議選で日本共産党は定数5減の55になったもとでの大激戦に勝ち抜き、青葉区・花木則彰、すげの直子、太白区・さがさだ子、ふなやま由美、宮城野区・高見のり子(以上、現)、泉区・元職のふるくぼ和子、若林区・新人の庄司あかり候補の7人全員が当選し、第3党に躍進しました。得票は8人立てた前回選挙から2122票減りましたが、得票率は10・92%で政令市になって以降最高の到達となりました。議席占有率は12・7%で過去最高です。
 日本共産党を支持していただいた有権者のみなさんにたいし、また、党の躍進のために日夜を分かたず奮闘していただいた支持者、後援会員、党員のみなさんに、心からのお礼を申し上げます。震災復興と被災者支援対策、福祉のまちづくりという公約実現のため、全力をあげる決意です。
 この結果をきちんと総括し、11月13日投票で行われる予定の県議選をはじめ、今後の活動に生かして生きたいと考えています。

2、今回の仙台市議選は、大震災後初の大型選挙であり国政へも影響あたえる選挙として全国から注目をあつめました。民主党政権への批判のつよまり、国政での復興あとまわしと足の引っ張り合いに、政治批判、政治不信が強まるなかで、各党とも危機感をもち、激しい政党間闘争になりました。
 選挙の結果、政権与党の民主党に厳しい審判がくだされ、現職3人が落選するなど2議席減の7議席となりました。自民党は2議席増の12議席、公明党は現有8議席、社民党は一議席減の5議席、みんなの党は初めて議席を獲得し4議席となりました。

3、3月11日以降、党市議団は「被災者支援情報」を1号から3号発行し、党議員・候補者を先頭に救援・復旧活動に全力をつくしました。7月、8月に発行した「新みやぎ」号外、法定1号、2号ビラでも「生活再建へ 被災者に役立つ情報をおしらせします」として支援制度の紹介をおこないました。
 こうしたビラには非常に大きい反応がありました。この配布直後から、党市議団や県委員会などにおよそ600件もの電話が殺到し、今なお続いています。内容は、民間アパート(仮設住宅扱い)入居者への施策、壊れたブロック塀への助成、医療費の窓口支払い免除、マンションにも使える応急住宅修理制度、放射能対策、住宅修繕に一律10万円の助成する制度の実現などです。
 また、「家が流された。タクシーに乗ったとき、運転手さんに『こんな情報がありますよ』とチラシをもらった」、「区役所に相談にいったら、共産党のチラシを渡され、説明を受けた(民間借りあげアパートの間取り条件)」、「マンションが全壊した。・・・今回は、役に立つ、分かりやすいチラシを配ってくれてありがとうございます。どの政党もやってくれなかった。無党派だが、今回は共産党に入れます」という反応が返ってきています。私たちが配布したビラが、市民の手から手に広がっています。
 どの区でも、党と候補者への新たな信頼を高め、支持拡大の協力者が広がりました。また、大胆で積極的な働きかけで、他党支持層の中での支持も広がりました。働きかけにこたえて町内会長や他党派の議員が公然とわが党候補者を支持してくれました。仙台市という党派間闘争のつよい都市部の自治体で、こうした動きが公然と出てきているのは、全国的にも注目される動きです。
 今回の選挙で、わが党への共通した攻撃として、「○○は実績があるから大丈夫だから○○へ」の切り崩しがおこなわれました。
 また「公明党は選挙カーを自粛するのに、共産党は宣伝カーを出すと言っている」の「自粛論」での反共攻撃がおこなわれました。選挙のさい、主権者には各政党の政見を知る権利があり、政党には政見を主権者に示す義務があります。公明党などが進めている宣伝自粛は、主権者の知る権利を妨げているものだということをズバリ言い、反撃しました。
 このように、わが党の論戦は選挙戦全体をリードする大きな力を発揮しました。
私たちは、この選挙で訴えた政策と公約が住民の利益と道理にたったものであることを確信するとともに、その実現のために全力をつくすものです。
 
4、同日投票でおこなわれた村田町議選で新人の高橋勝候補は406票を得て、12位で当選しました。
 今後、9月11日投票で塩釜市議選(定数18、3減で5議席めざす)、多賀城市議選(定数18、4減で4議席めざす)、角田市議選(定数18、1減で2議席めざす)、富谷町議選(定数20で2議席めざす)、利府町議選(定数18、2削減で3議席めざす)、大郷町議選(定数14で1議席めざす)、七ヶ浜町議選(定数16で1議席めざす)があります。11日投票の塩釜市長選には党推選の天下みゆきさんが挑戦します。これらの選挙への引き続くご支援を心からお願いいたします。

 以上
| 次へ