CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«  +宮城県内の党活動 | Main | 日本共産党事務所と活動»
記事の分類
記事(掲載月から検索)
記事(掲載日から検索)
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
コメント
http://blog.canpan.info/jcpmiyagi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jcpmiyagi/index2_0.xml
街頭でヒバクシャ国際署名 [2017年08月08日(Tue)]

高校生も 仙台市内


 仙台七夕初日の6日、原水爆禁止宮城県協議会(宮城県原水協)はJR仙台駅東口前でヒバクシャ国際署名を呼びかけました。

 大型バスから降車する観光客や、乳児を抱っこする母親など、161人が署名しました。

 圏内の高校に通う女子生徒(17)は「原爆のことは授業で習ったことしかわかりませんが、少しでも核兵器廃絶の力になれば」と話し署名しました。

 署名した山形県新庄市の男子高校生(17)は、「アメリカとの関係があるのはわかるけど、日本は被爆国なので核兵器禁止条約に参加してほしい」と話しました。

 県原水協の高村直也常任理事、県平和委員会の本田勝利常任理事が、被爆者とともに核兵器廃絶廃絶を求めていこうと訴えました。

 ふなやま由美日本共産党衆院東北比例候補(仙台市議)は、国連で採択された核兵器禁止条約に唯一の被爆国日本が参加していないことに触れ、「日本が核兵器廃絶イニシアチブを発揮し、平和に貢献する道こそ、世界と歴史の流れを前に進める力になります」と呼びかけました。

 この行動には、ふるくぼ和子、すげの直子の日本共産党両仙台市議が参加しました。



IMG_0769.jpg



2017年8月8日しんぶん赤旗(北海道・東北のページ)より
岩手・宮城・福島 共産党が政府交渉 [2017年07月28日(Fri)]

暮らし・復興 要求102項目


 東日本大震災の復興政策などをめぐり、日本共産党国会議員団東北ブロック事務所は27日、岩手、宮城、福島3県の代表で9省庁と政府交渉しました。ふなやま由美衆院東北比例候補、地方議員ら23人が参加。高橋千鶴子衆院議員と紙智子、いわぶち友両参院議員が同席しました。

 内閣府に、各県での被災者生活再建支援金の拡充、仮設住宅や借り上げ住宅の入居延長などを要請。福島県の参加者は「帰還できずに転居を繰り返す避難者が大勢いる」と話しました。内閣府は、実情を踏まえ自治体と連携し適切に進めると答えました。

 経済産業省に原発事故損害について「損害がある限り賠償する」方針のもとで賠償打ち切りをさせず早期全面賠償するよう求めました。経産相は、迅速適切な賠償を行うよう東電に指導を続けると回答。参加者は「現場では打ち切りが進んでいる」など訴えました。

 農林水産省との交渉で、福島県産米の全袋検査継続の財政措置を求める要請に担当者は「(検査の)維持がむしろ福島県産米に潜在的な危険があるという誤った印象を消費者に与えかねないという意見がある」と発言。「風評被害を検査におしつけるな」「事故の責任をどう考えているのか」など批判の声があがり、検査継続については県の判断を尊重すると回答しました。

 このほか福島第2原発廃炉、住民合意なき過大な防潮堤建設の中止、放射性汚染対処特措法の廃止など102項目を要請しました。





FullSizeR.jpg

しんぶん赤旗2017年7月28日付より
仙台市長選 共産党員たちの思い [2017年07月27日(Thu)]

 仙台市長選は、野党と市民の共同の郡(こおり)和子氏が勝利しました。日本共産党は、各地で電話での対話・支持拡大に大奮闘しました。市長選に取り組んだ当院の経験と思いを聞きました。


ギネス級に奮闘した

 過去最高の1600人以上と対話した宮城野区岩切支部の出浦秀隆支部長(75)は、電話かけの経験の少ない支部員が1日電話にかじりつき、「自分的にはギネスものだ」と言うくらい奮闘したと語ります。

 「基本はマイ名簿です」と言い切る出浦さん。支持政党はいろいろあるけれど、長年の付き合いが選挙で生きてくるからです。電話かけの反応は、「いつになく、自公陣営が締まっていた。同時に一般の人は、丁寧に話を聞いてくれた」と感想を述べました。

 市長選は、自公に加え知事、市長、市議会議長・副議長が応援する強固な布陣を、野党と市民の共同が打ち破ったたたかいだったと強調。出浦さんは「この確信を横浜市に伝えようと友人に電話しています」と笑顔で話しました。



疑うくらいの好反応

青葉区通町支部の本島千代子さん(68)は、コツコツとテレデータで毎日地域の人に電話し、400人以上と対話しました。

 高齢者が多い地域で、知らない人でも、「暑いときにごめんなさいね」と、紋切り型じゃなく心に響くように工夫して話かけました。「本当かな?」と疑うくらい相手の反応が良く、「アベはダメだ」と市民の安倍政権への怒りの強さを感じました。

 杖(つえ)をついて歩く半身麻痺の障害を持つ本島さんは、「バスの便をよくしてほしい」と郡新市長への期待を語りました。



IMG_0761.jpg

しんぶん赤旗2017年7月25日付より
野党共通政策に女性の願いをー新婦人、共産党に7項目要望 他 [2017年02月08日(Wed)]

20170208122318_001.jpg
2017年2月8日付 しんぶん赤旗(北海道・東北のページ)より


20170208122243_0012.jpg
2017年2月8日付 しんぶん赤旗(北海道・東北のページ)より


20170208122243_0013.jpg
2017年2月8日付 しんぶん赤旗(北海道・東北のページ)より
安倍政権暴走止めようー野党共闘訴え集会 宮城 [2017年01月31日(Tue)]

20170131144838_001.jpg
2017年1月31日付 しんぶん赤旗(北海道・東北のページ)より
命綱・医療費の免除制度の再開切実-大震災6年 続く生活苦 [2017年01月27日(Fri)]

20170127124854_001.jpg
2017年1月27日付 しんぶん赤旗(北海道・東北のページ)より
放射性廃棄物処理問題ー「焼却」方針納得できぬ [2016年12月23日(Fri)]

20161226120017_00123日.jpg
2016年12月23日付 しんぶん赤旗(北海道・東北のページ)より
「安保法制廃止を」市民と3野党訴え  他 [2016年12月21日(Wed)]

20161221123435_001.jpg
2016年12月21日付 しんぶん赤旗(北海道・東北のページ)より

20161221123355_001.jpg
2016年12月21日付 しんぶん赤旗(北海道・東北のページ)より
宮城県議会で内藤県議ー5議案に反対の討論 [2016年12月20日(Tue)]

20161220123727_001.jpg
2016年12月20日付 しんぶん赤旗(北海道・東北のページ)より

20161220123145_001.jpg
2016年12月20日付 しんぶん赤旗(北海道・東北のページ)より
薄い被災者支援を批判ー仙台市議会 花木市議がただす [2016年12月18日(Sun)]

20161219124540_001 - コピー.jpg
2016年12月18日付 しんぶん赤旗(北海道・東北のページ)より

20161219124540_001.jpg
2016年12月18日付 しんぶん赤旗(北海道・東北のページ)より

20161219124518_001.jpg
2016年12月18日付 しんぶん赤旗(北海道・東北のページ)より
| 次へ