CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«民進党安住氏、宮城で初めて政権構想を語る | Main | 野党統一の桜井充氏、党比例のいわぶち友氏が当選 日本共産党は改選倍増の6議席»
記事の分類
記事(掲載月から検索)
記事(掲載日から検索)
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
コメント
http://blog.canpan.info/jcpmiyagi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jcpmiyagi/index2_0.xml
桜井充氏必勝へ 野党4党の書記局長・幹事長がそろって訴え [2016年07月08日(Fri)]

13567139_1749938465221093_9018738744833178426_n.jpg
13592308_1749938608554412_5210605540649417597_n.jpg
13592324_1749938798554393_1536942135780796938_n.jpg

 桜井充野党統一候補(民進党公認)と自民党候補が1票を競り合う宮城県。桜井候補と4野党幹部の訴えに、拍手が鳴り響きました。7月6日、仙台市アエル前での野党4党合同演説会。野党4党がでろそっての街頭宣伝は、宮城県では初めてです。日本共産党の小池晃書記局長、民進党の枝野幸男幹事長、生活の党の玉城デニー幹事長、社民党の又一デニー幹事長が必勝を訴えました。
 雨の中、仙台駅西口アエル前のデッキにも歩道にも幾重にも聴衆が並びました。
 桜井候補は「野党4党が力を合わせて憲法9条を守る。憲法守るために、この1人区で勝利しなければならない」と訴え、「いいぞ」の声と拍手が湧き起こりました。
 小池氏は、「戦争できる国、独裁国家への道を許してはならない。だから野党は結束している」と野党共闘の意義を強調。「全国で最初に、政党間で選挙協力の合意ができたこの宮城で勝利し、『民主主義ってこれだ』ということを示そう」と力を込めました。
 枝野氏は「このたたかいは、日本の民主主義と平和と国民の暮らしを守るたたかいです」と力説。玉城氏は「野党共闘が成功すれば国民一人ひとりのための政治が実現できる」と述べ、又一氏は「何としても勝ちましょう」と呼びかけました。
 シールズの本間信和さん、「オールみやぎ」の吉田美智子さん、「弁護士219人の会」の新里宏二さんが、応援スピーチ。聞いていた男性会社員(34)は「安倍内閣はあまりにもひどいのでがんばってほしい」と感想を語りました。
13592740_1749842505230689_5335942434106853893_n.jpg
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1197278

コメントする
コメント