CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

記事の分類
記事(掲載月から検索)
記事(掲載日から検索)
<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
コメント
http://blog.canpan.info/jcpmiyagi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jcpmiyagi/index2_0.xml
↓リンクはこちら
●日本共産党宮城県委員会 ホームページ
●大人気「日本共産党カクサン部」
●「東日本大震災のページ」
●消費税増税は許されない
●TPP(環太平洋連携協定)は日本を滅ぼす
仙台市長選挙にあたっての日本共産党の主張と見解 [2017年07月07日(Fri)]

市民と野党の本気の共闘は、
くらしの願いを生かす本流。


「モノ」から「ひと」へ――
市政を大転換しよう。



仙台市長選挙にあたっての日本共産党の主張と見解を出しました。

PDFデータはこちらから


2017年6月2日 日本共産党宮城県委員会
日本共産党仙台市議団
郡和子氏と政策合意を結びました。 [2017年07月07日(Fri)]

日本共産党宮城県委員会は7月9日告示、23日投票で行われる仙台市長選挙において、
郡和子氏と政策合意を結びました。

政策合意の内容は以下の12点です。



1、市民との対話を大切にした市民協働の市政運営を実現します。

2、いじめ問題の真相究明と再発防止へ、人間の尊厳やいのちを
  大切にする学校づくりをすすめます。

3、地域経済の活性化策のカナメに、くらし支援を位置づけます。
  若者の正規雇用の拡大、中小企業の支援をすすめます。

4、憲法をくらしに生かす市政をめざします。

5、小中学校の35人学級の実現、教育予算を増やします。

6、仙台市独自の奨学金制度(給付型)を実現します。

7、障害者差別解消条例の理解促進と障害者の活動を応援します。

8、認可保育所に希望しても入れない待機児童を解消するため、
  認可保育所を増やします。 保育士の給与水準引き上げなど
  待遇改善をすすめます。

9、被災者の心によりそった復興、生活再建支援に取り組みます。

10、介護サービスの充実をはかります。介護職員の処遇改善を
   すすめます。

11、住民と協力して地域公共交通の実現をめざすなど、安心・
   便利な公共交通づくりをすすめます。

12、自然エネルギーへの転換を進め、将来にわたって市民の健康・
   環境の保全に尽くします。

2017年6月21日


郡和子政策合意チラシ裏.jpg

郡和子政策合意チラシ表.jpg
野党共通政策に女性の願いをー新婦人、共産党に7項目要望 他 [2017年02月08日(Wed)]

20170208122318_001.jpg
2017年2月8日付 しんぶん赤旗(北海道・東北のページ)より


20170208122243_0012.jpg
2017年2月8日付 しんぶん赤旗(北海道・東北のページ)より


20170208122243_0013.jpg
2017年2月8日付 しんぶん赤旗(北海道・東北のページ)より
安倍政権暴走止めようー野党共闘訴え集会 宮城 [2017年01月31日(Tue)]

20170131144838_001.jpg
2017年1月31日付 しんぶん赤旗(北海道・東北のページ)より
命綱・医療費の免除制度の再開切実-大震災6年 続く生活苦 [2017年01月27日(Fri)]

20170127124854_001.jpg
2017年1月27日付 しんぶん赤旗(北海道・東北のページ)より
師走の街 響く訴えー全国いっせい宣伝 他 [2016年12月25日(Sun)]

20161226120522_00125日1.jpg
2016年12月25日付 しんぶん赤旗(北海道・東北のページ)より


20161226120549_00125日2.jpg
2016年12月25日付 しんぶん赤旗(北海道・東北のページ)より
比例東北ブロック2次 ふなやま由美氏 記者会見あいさつ(要旨) [2016年12月24日(Sat)]

写真➀.jpg

ふなやま由美氏が、2016年12月12日に県政記者クラブであいさつした内容の要旨は以下の通りです。
                       
 衆議院の日本共産党東北ブロック比例代表選挙候補者として、国政に挑戦することを決意しました、ふなやま由美です。
私が決意した一番の理由は、「国民の命と暮らしもないがしろにする安倍政治を一刻も早く終わらせたい」その思いからです。今日、12月12日は、南スーダンでのPKO任務としてとして自衛隊の方々が、新たな安保法制のもとで、駆けつけ警護や宿営地防護などの新たな任務が付与され、実施可能となるという局面です。東北から、そしてこの宮城の自衛隊のみなさんが現地に赴いています。
 戦争によって、命を奪い、命が失われることが、絶対にあってはならない。それなのに今こういった命の危機に立たされているということを思うと本当に許せません。憲法9条をしっかり守り抜き、PKO五原則を踏み外している今の南スーダンから、自衛隊はただちに撤退させることを求めます。
 私は仙台市議会の現職の議員です。これまで4期13年間、市民のみなさんの笑顔が輝くような社会にしたいと仕事をしてきました。日々、市民のみなさんからお寄せいただく生活実態や相談内容は本当に深刻です。年金がどんどん下げられていくなかで、食事の回数を1回、2回と減らしている方や、夏場もお風呂に週3回しか入れないという方さえいらっしゃいました。貧困がひろがるなか、スーパーで値引きされた商品を買うことすら戸惑うという方もいらっしゃいます。
東日本大震災・福島原発事故から5年9か月が経ちますが、被災された方々は、今なお生活再建できず、暮らしが安定していません。この国民の苦しみ、痛みを安倍政権はまったく理解していません。それどころか、さらに暮らしを奪うような社会保障の連続改悪を許すことはできません。安保法制、TPP、年金引き下げ、カジノ法など強行に継ぐ強行。そこに立憲主義も民主主義もありません。
 こうした情勢のなかで希望の光になるのは、日本共産党が、「安保法制を廃止したい」、「安心して暮らせる世の中にしたい」と願う、多くの国民、市民のみなさん、野党のみなさんと手をつなぎながら、歴史的な新しい政治を前に動かす局面が生まれているということです。私はこれを身をもって経験してきました。とりわけ夏の参院選では、こうした運動が宮城でも大きく実を結びました。これを本物の姿にしていくために、国民のみなさんと、民主主義の日本を、憲法を守り安心して暮らしていけるような平和な日本を、いっしょにつくっていきたい。
安倍政権を一刻も早く、一日も早く退陣させて、新しい政治に変えていくために頑張っていく決意です。

以上
公共交通の充実要求ー仙台市民が考える集い [2016年12月24日(Sat)]

20161226120226_00124日2.jpg
2016年12月24日付 しんぶん赤旗(北海道・東北のページ)より


20161226120201_00124日1.jpg
2016年12月24日付 しんぶん赤旗(北海道・東北のページ)より
放射性廃棄物処理問題ー「焼却」方針納得できぬ [2016年12月23日(Fri)]

20161226120017_00123日.jpg
2016年12月23日付 しんぶん赤旗(北海道・東北のページ)より
「安保法制廃止を」市民と3野党訴え  他 [2016年12月21日(Wed)]

20161221123435_001.jpg
2016年12月21日付 しんぶん赤旗(北海道・東北のページ)より

20161221123355_001.jpg
2016年12月21日付 しんぶん赤旗(北海道・東北のページ)より
| 次へ