CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

記事の分類
記事(掲載月から検索)
記事(掲載日から検索)
<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
コメント
http://blog.canpan.info/jcpmiyagi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jcpmiyagi/index2_0.xml
↓リンクはこちら
●日本共産党宮城県委員会 ホームページ
●大人気「日本共産党カクサン部」
●「東日本大震災のページ」
●消費税増税は許されない
●TPP(環太平洋連携協定)は日本を滅ぼす
前代未聞 民主主義破壊の暴挙に市民から怒りの声! [2018年06月27日(Wed)]

仙台市議会 共産党 花木市議に自公などが懲罰動議を強行可決
  前代未聞 民主主義破壊の暴挙に市民から怒りの声!    
  共産、社民、アメニティー仙台が団結して反対の論陣 断固たたかう


G13日記者会見する党仙台市議団.JPG


 13日の仙台市議会本会議で、自民、公明などが日本共産党の花木則彰議員に対する懲罰動議を強行に可決し、花木議員に対して議会が作成した陳謝文を読み上げさせました。
正当な理由なく議員に懲罰を科すという、仙台市議会史上かつてない民主主義破壊の暴挙です。
これに対し、郡和子市政の与党である共産、社民、アメニティー仙台(旧民主系会派)は、「民主主義破壊の暴挙だ」と結束。
3会派は反対討論し、採決に反対しました。



 今回の件は、2月27日の市議会予算委員会で、自民党のわたなべ拓市議(太白区)が、共産党を「暴力革命政党」だと決めつけ市長に異常な質問を繰り返したことが発端。
花木市議による議事進行動議、のちの共産、社民によるわたなべ市議への懲罰動議提出に対抗、自公などが理由をこじつけ花木市議に対する懲罰動議を提出、強行したものです。

議会終了後、共産党市議団は、「不当懲罰だ」と抗議の記者会見を開きました。



 
 本会議では、多くの市民が傍聴席で見守るなか、花木議員が「私に陳謝文を読み上げさせることはできても、私の内心を変えることはできない」と弁明申し立て。
「議会のルールにのっとっており懲罰を科す理由がない」と主張しました。


 反対討論に立った共産党のふるくぼ和子市議は、「花木議員が質問を妨げておらず、内容も問題ないことは、懲罰委員会で録画等を確認して明白。
結局、花木議員に懲罰を科すことが目的だ」と批判。
「可決することは議会の民主主義破壊であり、歴史に大きな禍根を残す」と否決を求めました。


 社民党の相沢和紀市議は「懲罰委員会で花木議員に問題がないことが明らかになったが懲罰が可決された」「数の力で白を黒とすることは断じて許されない」と取り下げを要求。
アメニティー仙台の村上一彦市議は「これまでの事例とどう違うのか発議者に聞いたが示されず」「気に入らなければ懲罰。とても民主国家で起きていることとは思えない」と反対しました。
自民党は賛成討論に立たず、公明党の佐藤幸雄市議が簡単な討論を行いました。



【参考】8日の懲罰特別委員会は、夕方5時から深夜1時過ぎまで及ぶ異例の事態。
動議提出議員11人の代表の自民・菊地崇良市議に、共産・すげの直子市議や社民・小山勇朗市議が、懲罰動議の提出経過を確認すると答えられず。
また当日のビデオと録音を全員で視聴すると懲罰理由の事実は確認されず。
すげの議員は「数の力が正義となる怖い状況」「正規の議事進行動議への懲罰こそ言論封殺」と否決を強く求めましたが、最終的に自公などの賛成で可決されました。


「明るく楽しく!」宮城県党後援会が活動交流集会 [2018年06月27日(Wed)]

E3日連帯あいさつするふなやま氏.JPG

 宮城県の日本共産党後援会は3日、来年の参院選、統一地方選に向けた後援会の強化・発展を進めようと、仙台市で全県活動交流集会を開き、138人が参加しました。


 及川薫会長は、この交流会を契機に後援会を太く大きくし、来年の参院選で比例を躍進させ、ふなやま由美・宮城選挙区候補を国会に送りだすためにがんばりたいと決意を述べ、ふなやま候補と中島康博党県委員長が連帯のあいさつをしました。


 党後援会全国連絡会事務局長の小松崎久仁夫氏が講演し、党の第3回中央委員会総会決定に触れながら、各後援会が得票目標を自らのものにし、逆算した作戦で目標を手元に引き寄せ、すべての活動を後援会活動に結実させるなどの方針を、全国の経験を紹介しながら報告しました。


 講演後、「日常活動」と「後援会ニュース」の分科会に分かれ、それぞれ4後援会が経験を報告し、交流しました。


 日常活動の分科会では、バス減便問題の運動化で成果をあげ、地域の信頼を勝ち取った経験や、幅広い人に世話人を訴えた活動などが紹介され、後援会ニュースの分科会では、編集に工夫を凝らしていることや、継続発行には編集作業の集団化や配達の担い手づくりが必要だなどの話が出されました。
「今こそ女性の出番!」女性の学びと交流のつどいを開催 [2018年06月27日(Wed)]

C10日 講演する広井暢子党副委員長.JPG

 日本共産党宮城県委員会は10日、広井暢子党副委員長を迎えて「女性・学びと交流のつどい」を仙台市で開きました。約150人が会場を埋めました。



 広井氏は、総選挙後の野党共闘のたたかいが安倍政権を追い詰めたと指摘。
米朝首脳会談で「北東アジアが敵対から平和の地域に生まれ変わろうとしている」と述べ、国政や国際問題を前向きに打開するために果たしてきた党の役割について語りました。
セクハラ問題をはじめ日本社会にある女性の人権や尊厳を軽んじる問題、女性の政治参加への党の立場やとりくみを語りました。
広井氏が、県民の「政治を変えてほしい」との思いに応え、党勢拡大を進め「党勢の上げ潮をつくり参院選・地方選で躍進を」と呼びかけると大きな拍手が起きました。


 高橋千鶴子衆院議員は野党が共闘して種子法復活法案を国会に提出し、「働き方改革」や「モリ・カケ」疑惑などでは安倍政権の腐敗と暴走に立ち向かっている状況を報告しました。


 ふなやま由美参院宮城選挙区候補は「命を守り、9条も守り抜いて人間らしく生きられる社会の実現のため奮闘したい」と決意表明しました。
遠藤いく子県副委員長は、主催者あいさつで来年の県議選、仙台市議選での躍進に向けた決意を語りました。


 地域で若いママなどから集める安倍9条改憲反対の3000万人署名や、母親大会の取り組みなど、10人から発言がありました。
安倍9条改憲NO!!雨の県民集会に1200人 [2018年06月27日(Wed)]

市民と共産・立民・社民・国民の各党が連帯しアピール

➀10日集会参加するふなやま由美氏(左前).JPG

 「安倍9条改憲NO!国会発議STOP!宮城県民大集会」が10日、仙台市の市民広場で開かれました。
降りしきる雨の中、1200人が参加、「9条変えるな、政治を変えよう」「安倍内閣は総辞職せよ」と元気いっぱい訴え、一番町商店街をデモ行進しました。

B雨の中、元気にデモ行進.JPG

 日本共産党の高橋千鶴子、立憲民主党の岡本章子両衆院議員、社民党県連の岸田清実代表、国民民主党の沼沢しんや仙台市議が連帯あいさつしました。

A歓声にこたえる野党4党の代表ら.JPG

 高橋氏は、国会で平気で嘘をつき、嘘をつかせる異常な安倍政権を強く批判し、「市民と野党の共闘で退陣に追い込みましょう」と呼びかけました。


 全国市民アクション呼びかけ人の佐高信氏が講演。
「安倍首相や麻生財務相が嫌がる憲法だから、彼らに押し付けなければならない」と強調しました。


 3000万人署名推進のため、500枚のポスター張り出しやビラの全戸配布に取り組む多賀城市の推進連絡会の発言や、「自衛隊を書き込む」ことや「緊急事態条項」の危険性の告発、嘘・誤魔化しの安倍政権に「道徳教育が本当に必要なのは誰だ」と突き付ける教職員組合の訴えがあり、「安倍9条改憲ノーの声をさらに大きく広げよう」とのアピールを採択しました。
メーデーで150団体1700人が元気にアピール! [2018年05月27日(Sun)]

➀メーデー参加者はプラカードで一斉にアピールしました.JPG
 晴天の仙台市内で1日、メーデー宮城県中央集会が開催され、150団体1700人が参加しました。
「市民と野党の共闘で安倍政権を退陣に追い込もう」と宣言し、一番町商店街をデモ行進しました。

A開会前に宣伝する党県議と仙台市議.JPG

 高橋正行メーデー実行委員長は、民主主義を壊す事態が続き、安倍首相がやるべきは9条改憲ではなく、疑惑解明だと指摘。
8時間労働制を求めたメーデーの起源に触れ、「働き方大改悪法案」を廃案に追い込もうと呼びかけました。

Dふなやま由美氏が党を代表してあいさつ.JPG

 ふなやま由美日本共産党参議院宮城選挙区候補と、岡本章子立憲民主党衆院議員、3000万人署名をすすめる県民運動連絡会みやぎの佐久間敬子共同代表が連帯あいさつ。
郡和子仙台市長、日本共産党の紙智子・岩渕友両参院議員、高橋千鶴子衆院議員、桜井充参院議員のメッセージが紹介されました。
総選挙の結果について [2017年11月04日(Sat)]

激戦のなか、”東北の命綱”高橋ちづ子さんの議席を守る

2017年10月24日


 1、10月22日投票の総選挙で日本共産党は東北ブロック(定数13、1減)の比例代表選挙で310,559票、投票率7.4%を獲得し、高橋ちづ子さんの六選を勝ち取りました。
しかし、前回選挙より約7万票、得票率で2.5ポイント後退させ、仙台市議を辞して挑戦したふなやま由美さんの議席にはとどきませんでした。
日本共産党は全国的に21議席から12議席へと後退しました。

 比例東北ブロックでの他党の議席数は自民党が5、希望の党と立憲民主党が3、公明党が1議席となりました。

 支持を寄せていただいた有権者の皆さん、奮闘してくださった支持者、後援会員、党員の皆さんに心から御礼申し上げます。


 2、日本共産党は、今度の選挙で市民と野党の共闘の道を貫き、共闘の力で政治を変える新たな展望を切り開いてきました。
このため、1区、2区、5区で候補者を立てずに、野党統一候補を支援してたたかいました。
結果は、5区の安住淳氏は当選、1区の岡本あき子氏は比例の復活当選、2区の鎌田さゆり氏は僅差で及びませんでした。

 日本共産党から出た3区の吉田剛候補は20,469票(得票率13.3%)、4区の高村直也候補は17,688票(得票率14.1%)、6区の横田有史候補は20,638票(得票率14.3%)を得ました。

 宮城県内の比例代表選挙で、日本共産党は74,632票、得票率7.44%となり、前回選挙より22,891票、得票率で3.23ポイント後退させました。
今回、「比例は共産党」という激励をたくさんいただきました。それにもかかわらず結果に結びつけることができなかったことは、私たちの力不足だと考えております。力をつけて捲土重来を期したいと考えております。

 3、同時選挙で行われた県知事選挙では、共産党が推薦したたたら哲候補は184,776票、得票率18.3%を獲得しましたが、現職の村井嘉浩知事に及びませんでした。
この選挙では社民党県連が支援し、民進党県連は自主投票でしたが、三党の県議をはじめ地方議員が一緒に応援するなど、事実上野党共闘の選挙としてたたかい重要な教訓を得ることができました。

 4、今回の選挙戦で日本共産党は安倍首相の党略的冒頭解散に対し、急いでたたかう体制をつくり、安倍政権の退場の審判と日本改革の提案を訴えて、国民の支持と共感を広げてきました。
希望の党の誕生という野党共闘の重大な逆流が持ち込まれても、あきらめることなく市民と野党の共闘の道を貫き、共闘の力で政治を変える新たな展望を切り開いてきました。

 こうしたなかで立憲民主党が比例東北ブロックで三議席を得て、市民と野党の共闘の勢力が全体として議席を増やせたことは、私たちにとっても大きな喜びです。共産党としては、候補者の一本化のため小選挙区候補者を降ろすという決断をしました。

 今回の選挙を振り返って、野党と市民が連携してたたかうなかで「共闘の絆」「連帯の絆」がたくさん作られたことを実感します。これは、今後のたたかいに生きると考えています。

 日本共産党は、憲法改悪、消費税の10%への増税をはじめ安倍政権の暴走政治を許さず、今度の選挙の公約実現のために全力でたたかいます。
 今度の選挙の反省にたって、市民と野党の共闘を前進させながら、日本共産党の前進を切り開くために、第一に、日本共産党の日本共産党綱領、歴史、理念をまるごとr近いしてもらう方を広げていく活動を抜本的につよめること、第二に、日本共産党の自力をつよめることーー党員拡大を根幹にした党勢拡大に取り組むことに全力を尽くします。

 次の国政選挙、2019年の統一選挙につづく宮城県の統一選挙での反転攻勢にむけ草の根からの「集い」を開き、広範な県民と日本の前途を語り合い、党を強く大きくする活動に全力でとりくみます。

宮城県知事選 たたら候補が第一声 [2017年10月06日(Fri)]

医療・子育て大転換を

 「本物の豊かさ、人、食、環境を大切にする宮城県にしよう」。
5日告示(22日投票)された宮城県知事選の第一声で、新しい県政をつくる県民の会のたたら哲候補(59)=無・新・日本共産党推薦=は訴えました。

 たたら候補は、村井県政を大転換し、福祉、医療、子育て支援を第一に、農林漁業者、地元中傷業者の応援、被災者の生活と生業の再建、原発ゼロ・石炭火力ゼロなどを強調しました。

「民主主義を守る、立憲主義を守る政治家とともに、市民と野党の共闘でたたかう」と力説しました。

 第一声には、日本共産党の高橋ちづ子前祝儀委員議員(衆院比例候補)とふなやま由美同比例候補が駆け付け、共産党、民進党、社民党の県議・市議、立憲民主党の岡本あき子宮城一区候補、無所属の蒲田さゆり同二区候補が勢ぞろいしました。

 高橋全衆議院議員は、知事選と同時にたたかわれる総選挙について「野党共闘が希望の党にかき乱されたが、市民と野党の共闘で知事選をたたかう宮城が希望をつないだ」と指摘し、「宮城から憲法を守る。暮らしを守る。安倍政治を終わらせるたたかいをしましょう」と訴えました。

 民進党の坂下やす子県議、社民党の岸田清実県議、日本共産党の遠藤いく子県議がともにたたかう決意を語りました。

 日本共産党の志位和夫委員長と社民党の吉田忠智党首、民進党の桜井充参議院議員からのメッセージが紹介されました。

 選挙戦は、他に現職の村井嘉浩氏(57)。



wakamonomeeting20171006.jpg
街頭演説に志位和夫委員長が来仙です。 [2017年10月05日(Thu)]

wakamonomeeting20171005.jpg


10月13日(金)

12時から仙台駅 アエル前で
日本共産党の街頭演説を行います。

高橋ちづ子前衆議院議員(東北比例ブロック)とふなやま由美前仙台市議とともに、
志位和夫委員長がお話しします。

ぜひお越しください。


街頭でヒバクシャ国際署名 [2017年08月08日(Tue)]

高校生も 仙台市内


 仙台七夕初日の6日、原水爆禁止宮城県協議会(宮城県原水協)はJR仙台駅東口前でヒバクシャ国際署名を呼びかけました。

 大型バスから降車する観光客や、乳児を抱っこする母親など、161人が署名しました。

 圏内の高校に通う女子生徒(17)は「原爆のことは授業で習ったことしかわかりませんが、少しでも核兵器廃絶の力になれば」と話し署名しました。

 署名した山形県新庄市の男子高校生(17)は、「アメリカとの関係があるのはわかるけど、日本は被爆国なので核兵器禁止条約に参加してほしい」と話しました。

 県原水協の高村直也常任理事、県平和委員会の本田勝利常任理事が、被爆者とともに核兵器廃絶廃絶を求めていこうと訴えました。

 ふなやま由美日本共産党衆院東北比例候補(仙台市議)は、国連で採択された核兵器禁止条約に唯一の被爆国日本が参加していないことに触れ、「日本が核兵器廃絶イニシアチブを発揮し、平和に貢献する道こそ、世界と歴史の流れを前に進める力になります」と呼びかけました。

 この行動には、ふるくぼ和子、すげの直子の日本共産党両仙台市議が参加しました。



IMG_0769.jpg



2017年8月8日しんぶん赤旗(北海道・東北のページ)より
岩手・宮城・福島 共産党が政府交渉 [2017年07月28日(Fri)]

暮らし・復興 要求102項目


 東日本大震災の復興政策などをめぐり、日本共産党国会議員団東北ブロック事務所は27日、岩手、宮城、福島3県の代表で9省庁と政府交渉しました。ふなやま由美衆院東北比例候補、地方議員ら23人が参加。高橋千鶴子衆院議員と紙智子、いわぶち友両参院議員が同席しました。

 内閣府に、各県での被災者生活再建支援金の拡充、仮設住宅や借り上げ住宅の入居延長などを要請。福島県の参加者は「帰還できずに転居を繰り返す避難者が大勢いる」と話しました。内閣府は、実情を踏まえ自治体と連携し適切に進めると答えました。

 経済産業省に原発事故損害について「損害がある限り賠償する」方針のもとで賠償打ち切りをさせず早期全面賠償するよう求めました。経産相は、迅速適切な賠償を行うよう東電に指導を続けると回答。参加者は「現場では打ち切りが進んでいる」など訴えました。

 農林水産省との交渉で、福島県産米の全袋検査継続の財政措置を求める要請に担当者は「(検査の)維持がむしろ福島県産米に潜在的な危険があるという誤った印象を消費者に与えかねないという意見がある」と発言。「風評被害を検査におしつけるな」「事故の責任をどう考えているのか」など批判の声があがり、検査継続については県の判断を尊重すると回答しました。

 このほか福島第2原発廃炉、住民合意なき過大な防潮堤建設の中止、放射性汚染対処特措法の廃止など102項目を要請しました。





FullSizeR.jpg

しんぶん赤旗2017年7月28日付より
| 次へ