CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年「船長実務勉強会」 [2017年03月29日(Wed)]

講演日時 : 2016年9月2日(金)15:00-17:00
講 演 者 : 真山 全 (大阪大学大学院 国際公共政策研究科教授)
講演内容 :「商船は、いつ保護され、いつ攻撃されるか?
          −武力紛争時の商船の国際法上の地位」

==<講演内容>=======================
第二次大戦で日本商船隊は壊滅した。それは日本がそもそも無謀な戦争を始め、商船護衛にもほと
んど無策であったからである。商船のこの過酷な経験も戦争が終わると次第に忘れられていった。
しかし、日本が戦争をしなくとも外国同士の戦争に遭遇した場合にいかに法的に対応するかは考えて
おかなければならない。
更に、2015年の憲法解釈変更により集団的自衛権行使が許容されると日本が交戦国になる可能性も増大
する。今回は、戦争が存在している場合の商船の地位を国際法の構造の説明の後に事例問題式に検討する。
これによって外国籍船員が乗船する便宜置籍船を指揮統率し、船舶の安全運航という責務を担う船長は、
海洋法、海戦法規や海上中立法のどの部分に注目したらよいかを示したい。
================================
<講演風景>
3mayama.jpg 3koen.jpg
練習船大成丸船上で講演を行いました [2016年01月19日(Tue)]
1月17日(日)午後、鹿児島港に停泊中の練習船大成丸の船上にて、講演を行いました。今回は、海洋少年団の皆様が参加され、上は高校生から下は小学生と幅広い年齢の方が講演と見学会に参加されました。当初予定されていた45名が、都合で10名に減ってしまったのが残念でしたが、普段見ることのできない練習船の見学もあり、楽しんでもらえたのではないかと思います。今回のように幅広い年齢層ですと、講演内容をどうするかが難しいのですが、昨年後半よりとり入れたクイズ形式で講演したため、内容は小学生低学年でもある程度は理解できたと思います。今回の講演が、今年度最後の講演となりますが、来年度も引き続き活動を続けてまいります。
広島県音戸小学校で講演を行いました [2015年12月11日(Fri)]
日本中小型造船工業会殿が開催する「進水式見学」の案内を見た校長先生より講演の依頼があり、今回は、講演のみ実施いたしました。
この学校では、「総合」の授業で、生徒の保護者や町の方に、職業に関して、子供たちに話をしているとのことです。このような取り組みは子供たちに、それぞれの職業が、どんな仕事を知ることができる上、将来の職業選択のヒントにもなるのではなり素晴らしい取り組みだと思います。前回は助産師さんが講演し、次回はフライト・アテンダント(CA)の方が講演されるとのことでした。多くの学校で、このような取り組みを取り上げてもらえれば、海運のみならず、いろいろな職業に対する理解も拡がり、業界の活性化につながっていくのではないかと思います。
講演は、今回も船の種類と特性(大きさ、速さなど)、日本海運の重要性、船内の組織、船員の生活、船員になってよかったこと、つらかったことなどを、クイズ形式にしてお話させていただきました。
協会では、無料で学校での講演を行っています。興味のある方は、ぜひ、日本船長協会まで、お問い合わせください。
津久見高校海洋科学校で講演を行いました [2015年11月26日(Thu)]
11月24日、生徒の進路指導の一環として、在学生向けの講演依頼があり、専攻科生徒を含め55名を対象に内航海運の実情や職業選択についてお話をしてきました。同校は、水産系の高校ですが、水産業に就職する生徒も年々少なくなっており、就職先も内航海運や地元企業が中心になっているとのことでした。講演は、前半は内航海運が国内で果たす役割を輸送シェア等を例にとり説明したほか、(ここ数年は落ち着いてはいますが)内航海運の船員数が減ってきている上、年齢層のばらつきが大きく(50歳以上が全体の半数を占めます)、人材確保と育成が求められていること、後半は、就職後のキャリアプランの立て方やモチベーションをどう培うかということを話しました。少々難しかったかもしれませんが、進路を決めるうえで参考になれば思います。
船長協会では、これまで小中学生を中心に講演を行ってきましたが、今後は、高校生も対象としていきたいと思います。
船長、母校へ帰る講演 [2015年11月26日(Thu)]
11月12日、内海水先人竹内船長と弊会会長小島茂が、愛知県半田市立亀崎中学校にて、講演を行いました。亀崎中学校は、竹内氏の母校です(講演は、基本的に同じですが、講演者の母校で行う場合は、「船長、母校へ帰る」、その他の場合は「子供たちに海と船を語る」と分けています)。
講演は全校生徒553名を前に体育館にて行われ、竹内船長が水先人の仕事について、会長が船の種類、船員の役割について動画を見せながら説明を行いました。ちなみに、学校の先生によると、半田は『ごんぎつね』の作者、新美南吉が生まれ育った土地だそうです。
子供たちに海と船を語る講演 [2015年11月17日(Tue)]
10月27日に、別府港に停泊中の航海訓練所の練習船「青雲丸」で行われたシップ・スクールという小学生を対象とした見学会に合わせて、講演を行いました。今回は、別府市立春木川小学校の6年生のみなさんが参加しました。
講演者のコメントを紹介します。
「内容を分りやすく伝えられるようにアニメやビデオ、クイズ形式も利用して、集中力が途切れないように工夫しました。その甲斐あってか、先生も含め活発な質問や笑いが会場を覆い、なごんだ雰囲気での講演を続けることができました。 
講演後、練習船の士官の方々が、3班に分かれた児童たちに船内を案内し、日頃見ることの出来ない練習船の魅力を分りやすく説明していました。
船内見学会のあと、児童から質問に答える時間がありましたが、海賊や、事故のことなど、少々ネガティブな質問もあり、船の危険性を子供なのに感じているのかと考えさせられました。やはり、こういった海事普及の講演を通して、もっと船員の魅力を発信し、船は安全な職場であり決して特別な職業でないと、広く訴える必要があると感じました。」
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

日本船長協会さんの画像
http://blog.canpan.info/jcablog/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jcablog/index2_0.xml