CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

津久見高校海洋科学校で講演を行いました [2015年11月26日(Thu)]
11月24日、生徒の進路指導の一環として、在学生向けの講演依頼があり、専攻科生徒を含め55名を対象に内航海運の実情や職業選択についてお話をしてきました。同校は、水産系の高校ですが、水産業に就職する生徒も年々少なくなっており、就職先も内航海運や地元企業が中心になっているとのことでした。講演は、前半は内航海運が国内で果たす役割を輸送シェア等を例にとり説明したほか、(ここ数年は落ち着いてはいますが)内航海運の船員数が減ってきている上、年齢層のばらつきが大きく(50歳以上が全体の半数を占めます)、人材確保と育成が求められていること、後半は、就職後のキャリアプランの立て方やモチベーションをどう培うかということを話しました。少々難しかったかもしれませんが、進路を決めるうえで参考になれば思います。
船長協会では、これまで小中学生を中心に講演を行ってきましたが、今後は、高校生も対象としていきたいと思います。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1140703
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

日本船長協会さんの画像
http://blog.canpan.info/jcablog/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jcablog/index2_0.xml