CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
忘年会のおしらせ [2013年11月23日(Sat)]

こんにちは。
冬がもうすぐそこまで来ているようですが、みなさんお元気ですか。


さて、今年も12月8日にJATで忘年会を企画しています。

今回は恒例のゲーム以外にも、宴会の間に希望者が何か発表できる
企画をやってみたいと思います。

今年1年のサプライズや来年の計画、旅行先の写真とか
歌やマジック、またイベントの宣伝など、何でもOKです。
3分から10分くらいで10名程?
パソコンがつながる大きなモニターも使えるのできっと楽しいと思います。

<忘年会>
日時:12月8日18:00から20:30 
場所:シューターズ 奥の部屋 http://www.shooters-nagoya.com/access_ja.asp
参加費:日本人 男性4000円、女性3500円 食べ・のみ放題 
定員:30人くらい
参加方法:メールで連絡お願いします。 info@jat-jp.org
対象:JAT関係にご参加いただいたことのある方にお誘いしています。
JATに参加したことはないけど興味があるというご友人がいましたら一緒にお誘いください。
アフリカからはケニア、ウガンダ、ガーナ出身の方も参加します。

国内や海外でいろんな活動をしている皆さんの活動をシェアして新しい
アイデアやつながりを作ったら楽しいのではないかと思い企画しています。

発表して頂ける方を募集していますので参加連絡と共にお願いします。
発表者には当日特典があります?たぶん。

発表しないという方ももちろんOKです。

他にもおもしろいイベントのアイデアがあれば募集しています。


<スタッフ募集>
12月15日日曜日午後に刈谷市国際交流協会の主催する国際交流フェスタで、
去年と同様アフリカブースで出展することになりました。
去年の様子 http://jat-jp.org/sub33.html 
当日お手伝いいただけるスタッフを募集しています。
お手伝いいただける方がいましたら、北瀬さん( nkitase@jat-jp.org )まで連絡をお願いします。


初めての方でもこのブログをご覧になった方からのご参加の連絡をお待ちしております。


アフリカ「国際お豆腐作り教室」 [2013年11月23日(Sat)]

日時:2013年11月16日(土)13:30〜15:30 に外国人向けに国際お豆腐作り教室と習字大会を行いました。

DSC04080-1.jpg

外国人参加者は6か国から7人の方が参加されました。


ケニア出身
カナダ出身
アメリカ出身
アメリカ出身
ロシア出身
カンボジア出身
カナダ出身


おいしいお豆腐作りと習字大会を行いました。

1455144_615256368540039_2037724073_n.jpg


初めに好きな漢字を書いてもらいそのあと皆で豆腐と漢字で書きました。

1459137_615256188540057_1796549409_n.jpg


みなさん初めてとは思えないほど上手に書いていました。

みなさん豆腐の作り方とそのおいしさと体に良いところなどを興味を持って学んでいただs家ました。

母国に帰って豆腐マイスターになってください!




「アフリカ料理教室」 [2013年11月23日(Sat)]

今年もアフリカ料理教室を開催しました。

P1030781-1.jpg


ウガンダ出身のリリーさんと一緒にアフリカ料理を作りました。

P1030757-1.jpg


サモサ、豆スープ、ウガリを作って食べました。

P1030791-1.jpg

食事中にはウガンダの文化についてのお話もあり、クイズやパネルなどで盛り上がりました。

P1030803-.jpg


また来年も行いたいと思います。
だいずきっず大豆プロジェクト10月枝豆収穫 [2013年11月23日(Sat)]

だいずきっず大豆プロジェクト10月枝豆収穫!にて、当団体とのコラボ企画コーナーを設置し、アフリカの伝統的な豆料理「ギゼリ」、マンダジ、サモサなどのふるまいをしました。


P1030418-1.jpg

IMG_8736-2.jpg

当日は、アフリカ人3名に加え、アメリカ人、カンボジア人、アルメニア人のスタッフもブース運営を手伝って頂き、面白い話もたくさんできました。

P1030534-1.jpg


サモサとマンダジは200個以上作りあっという間になくなりましたおいしかったと好評でした。


P1030507-1.jpg


サモサは枝豆を入れてみました。参加された子供たちも楽しかったと満足されて様子で、また来たいと言っていました。

P1030525-1.jpg


次回は12月8日の大豆収穫です。みなさんおご参加をお待ちしています。

IMG_9095-1.jpg


ケニアでも同じように枝豆収穫ができました。
当日の様子 → こちら


愛フェス2013出展 [2013年10月01日(Tue)]

今年も愛フェスにブース出展させて頂きました。

現在進行中のだいずきっずケニアの展示紹介や中学校での国際理解教育の展示が中心でした。
P1030169-1.jpg
 

今回はだいずきっずさんと隣で一緒に出展しました。
P1030185-1.jpg


当日は子供連れのファミリーが多く、用意した輪投げやミニバスケットにたくさんの子供たちが遊びに来てくれました。
P1030076-1.jpg
 


また、恒例のぬりえも人気でした。
P1030149-1.jpg
 

イベント後半にダンスを計画し、アフリカンダンスワークショップということで簡単なダンスレッスンと実際音楽にのせてみんなで踊ってみたんですが、とっても楽しんで頂けました。

是非次回からのイベントでもできたらやろうということで計画しています。
P1030216-1.jpg



また、アフリカの衣装を着てアフリカ人スタッフと一緒に写真を撮りましょうというコーナーでもみなさんアフリカ気分を体験していただけました。
P1030208-1.jpg
1.JPG
_2.JPG
  


ケニアと日本の子供による大豆栽培と絵画コンテスト Kenyan Kids go soy bean farming and drawing picture contest synchronized with Japan. [2013年09月03日(Tue)]

日本ケニア同日開催 絵画・看板コンテスト! 2013年8月25日
Daize Kids Kenya on 25th Aug 2013

ケニアで絵画コンテストを日本のだいずきっずと同日共催しました。
Drawing picture and Name board contest

0001.jpg
<2013年8月30日のケニアのJAT研修農場での大豆畑の様子>

ジャパンアフリカトラストでは、日本とアフリカケニアカカメガでそれぞれ100名以上の
子供たちが参加し、食育や農業技術支援として大豆を育てています。今回は、前回の種まき
から収穫までに絵画と看板を作りコンテストを同時開催しました。


種まきに参加したケニアのたくさんの子供たちが絵画コンテストに挑戦し、
配った四つ切の画用紙に大豆の成長過程の絵を描いて応募してくれました。


drawing 2.jpg


日本のだいずきっずからもたくさんの絵画と看板コンテテストへの応募があり、
私も審査員の一人として一つ一つ見て審査しました。


上手にかけた絵画へ票が集まりましたが、技術的にはうまくなくても力強く頑張って
書いたと思われる作品がほとんどで、どの作品にも賞をあげたいな、という気持ちに
させられながらの審査でした。


1170830_502494423167360_796856840_n.jpg


Drawing picture contest
P1020963-1.jpg
Highest award(Kenya)         
ドーリン・サージンさん
ケニアでの最優秀賞作品です。


Name board contest
P1020968-1.jpg
Highest award(Japan)
日本での看板コンテストの最優秀賞作品です。


P1020838-1.jpg
JAT Daizu Kids Kenya got award in award ceremony.
夏祭りの途中で表彰式があり、JATからアフリカ人スタッフのリリーさんに代表して
受賞していただきました。


Please check all the other activity on the festival. → here
その他の受賞作品や夏祭りなどすべて見る → こちら


次回のベントは、10月13日にいよいよ枝豆の収穫です。


はたしてケニアの大豆畑から枝豆は収穫できるのでしょうか!?
採れた枝豆のお味はいかに!?


お楽しみに!

On 13rd Oct. 2013 Harvest Soy bean "Edamame" coming soon!


アフリカケニアカカメガ 大豆農業支援 だいずきっずケニア・日本同時開催 Africa kenya kakamega soybean agriculture by Japan Africa Trust [2013年07月26日(Fri)]

ジャパンアフリカトラストでは、日本のNPO団体だいずきっずと協働し、だいずきっずを日本とアフリカのケニアカカメガで同日開催しています。

2013年7月14日に種まきが行われ、日本では約150名、ケニアでは96名の子供たちが参加し、大豆畑の各区画に大豆の種まきを行いました。

新しい画像 (4).bmp

ケニアではトウモロコシやサトウキビの単一栽培が盛んで、食文化としては決して豊かではありません。

このプロジェクトでは、アフリカのケニアで栄養価の高い大豆栽培による子供たちへの食育を行うとともに、ケニアでの大豆農業支援を目的としています。

新しい画像 (7).bmp

また、日本とケニアで同日開催することで、実際に遠く離れたアフリカと日本が大豆農業を通じて国際交流できます。

新しい画像 (9).bmp

さらに、豆腐・みそ・醤油・納豆などの日本の食文化で最も重要な大豆を通して、日本の食文化を伝えることもできます。

本年度の今後の予定としては、
8月25日 看板コンテスト
10月13日 枝豆収穫
12月8日 大豆収穫
2月9日 お豆腐作り
を予定しています。

ケニアと日本と同日開催することで、これまでに経験したことのないどんな新しい流れが生まれるのか、運営サイドとしても楽しみにしています。


Seeding of Soy Bean 2013.7.14 at 12PM 
In Kenya Kakamega malava, shivikhwa village, 94 people attend(66 kids and 28 adults)
On 14th July 2013, the first ever synchronizedactivity to ever take place between Kenyan kids and Japanese kids (Daizukids)kicks off. The occasion will see kids plant soya beans in Malava, Kakamega County of Kenya and the same will take place in Nagoya Japan. These are the“DaizuKids”. Sponsored by Japan Africa Trust(JAT) and United Mission for The Needy(UMN), theproject aims to educate kids on how to grow soya beans, harvest and processinto food.

新しい画像 (5).bmp

Soya is a rich crop in provision of plant proteins. It is hopedthatthe children in Kakamega county will develop interest in the crop and hencespur farming of the crop within the county therefore enhance protein andalleviate protein deficiency within the county. It’s worth noting thatproteindeficiency remains a major problem in the county and JAT and UMN focus oneliminating this so as kids can grow healthy and strong and fullyparticipatein development of the county.
Other activities that will take place same dayinclude, showcase of JAT/UMN activities, show for greenhouse and children Drawing and story writing competition.

新しい画像 (6).bmp

A MAJOR RATIONALE FOR SEEKING THE SUPPORT ---NAY, THE PARTICIPATION OF KIDS -- IS FOUR-FOLD:

1. KIDS NEED GOOD NUTRITION AT THEIR STAGE OF GROWTH...MORE THAN ADULTS
2. CURRENT ADULTS WILL BEQUETH SMALLER AND LESS FERTILE ARABLE LAND DUE TO THE SPIRALLING POPULATION, ESPECIALLY IN LIGHT OF BAD LAND USE IN DEVELOPING WORLD;
3. THE WORLD'S FUTURE BELONGS TO THE KIDS OF TODAY
4. SOYA FOOD COMBINES ESSENTIAL NUTRITIONAL NEEDS AS A MONOCROP AND IS THEREFORE APPROPRIATE FOR THE DEPRESSED CROP DIVERSITY IN KENYA AND MANT DEVELOPING COUNTRIES.


Daizu Kids in Japan (at 10AM, 14th July 2013)
About 200 kids with parents participated and did the seeding of the soybean. Japan Africa Trust joined with African staff from Kenya and Uganda.
Each family with kids handcrafted a wonderful signboard in one's field.
 African staff made Mandazi and vegitable samosa on the place for kids. Kenyan staff give quiz about africa to kids.

新しい画像 (8).bmp
NPO法人だいずきっず


国際理解教育講座 at 若水中学校 [2013年06月18日(Tue)]


6月13日(木)に名古屋市千種区若水中学校にて1年生対象の
総合学習時間に、国際理解教育の授業を行いました。
本事業は、名古屋市の国際交流活動助成金により実施されています。

当日の講師は、左からアストリクさん(アルメニア)、ダニエルさん
(ケニア)、リズキさん(インドネシア)、マリアさん(ロシア)で、


kokuban.jpg


1限目から4限目まで、自国の紹介をしながら、
日本語で生徒さん達と交流、


jyugyo.jpg


クイズなどで盛り上がりました。
当日はお昼の時間に講師を囲んで一緒にランチタイム&交流会もあり、
生徒の皆さんには多いに楽しんでもらえたようです。


astghik.jpg


最後は、皆で記念撮影。当日お世話して下さった校長先生、
担任の先生方、本当にありがとうございましたるんるん


kinen.jpg


( T.I )


5月11日(土)世界フェアトレードデー・マルシェ出店 [2013年05月11日(Sat)]

5月の第2土曜日は、『世界フェアトレードデー』です。
WFTO(World Fair Trade Organization)に加盟する、世界76ヶ国・約450団体のフェアトレード組織と生産者団体がフェアトレードをアピールするために、世界中でイベントやキャンペーンを同時開催します。
名古屋でも「世界フェアトレード・なごや2013」が開催されました。

しかし、今日はあいにくの雨。

人通り.jpg

なんとなく人出も少なかったのですが、、

人通り2.jpg

イベントが始まると、人が集まってきました。

ジャズが流れたり、

バイオリン.jpg


ゲストで文化人類学者の辻信一さん、オーストラリアのシンガーソングライターのアンニャ・ライトさん、中学生たちの合唱があったりと、盛り上がっていました。


合唱.jpg


JATは、"マルシェ"ブースに出店し、JATメンバーとボランティアの方がたが協力してケニア紅茶を販売しました。


皆1.jpg


これが当日販売したケニア紅茶、記念すべきJATオリジナル商品です。100g 500円、50g300円で販売中です。


チャイ.jpg


皆さん、今日は雨のなか、1日どうもありがとうございましたるんるん


皆2.jpg


( T.I )


JAT第1回総会開催 [2013年04月30日(Tue)]

JATの第1回総会が4月28日(土)にウイルあいち2階セミナールームにて開催されました。

総会の様子です。

soukai1.JPG

当日は、JATの正規会員や、ボランティアの方、留学生など20名程が参加しました。

soukai2.JPG

総会後は、栄のモンゴル料理店に移動、懇親会ではメンバー間で親睦を深めました。

親睦会での様子は、JATフェイスブックをご欄下さいるんるん

( T. I )

おとうふ作り [2013年02月13日(Wed)]
2月10日は、だいずきっずイベントに参加です晴れ
前回収穫しただいずを使用しぴかぴか(新しい)
ナリンさん(カンボジア)、アストリコさん(アルメリア)、ベンさん(アメリカ)、4月よりJATでインターンをしてくださる大学生のTさんらと共にグッド(上向き矢印)
お豆腐つくりをしましたるんるん

http://www.daizukids.com/

P1000985-1.jpg


まずは、おとうふの種類と作り方について簡単に学びますひらめき
もめん豆腐とよせ豆腐を作ることになりました。

P1000992-1.jpg


まずは自分たちで種を蒔き収穫しただいずぴかぴか(新しい)を、水と混ぜ・・・

P1010005-1.jpg



ふきんを使用し水分を絞ります・・・これはけっこう力が必要でしたあせあせ(飛び散る汗)

P1010035-1.jpg


水分の方を温めてちょうど良い温度になった時に「にがり」を入れるのですが、
そのあとに3秒まぜないと固まりません!皆でシュミレーション中わーい(嬉しい顔)

P1010048-1.jpg


ざるに乗せて水分をとることで、よせ豆腐が完成グッド(上向き矢印)

P1010059-1.jpg


もめん豆腐は型に流し重しをし、完成ですグッド(上向き矢印)

P1010064-1.jpg


さいごに皆で記念写真です黒ハート
楽しくおとうふが作れました、海外の方にもとても喜んでいただきましたハートたち(複数ハート)
いつかケニア等の海外でも、おとうふ作りができたらよいですねぴかぴか(新しい)

P1010077-1.jpg

(H.N)
刈谷国際交流フェスタ [2012年12月16日(Sun)]
12月8日は刈谷にて国際交流フェスタが盛大に行われました。
今年はJATもケニア代表として参加させていただきました。

今年は、ベトナム、タイ、台湾、中国、韓国、ブラジル、日本、ケニアが
ブースを出店し、それぞれのお国料理やドリンクを振る舞いました。
JATはサンドラさんお手製のきぜりというケニア料理とジンジャーチャイで
お出迎えです。 

それぞれの国が舞台でパフォーマンスを繰り広げました。

IMG_2196.JPG

ケニアは甚べ楽団さんが代表として、
すばらしいアフリカの音楽とダンスとしてくださいました。
会場は大盛り上がりグッド(上向き矢印)
ありがとうございます!

みなさまにとても楽しんでいただけたようでよかったです。グッド(上向き矢印)

IMG_2202.JPG

このような盛大なイベントにJATとして参加する機会をいただけて光栄です。
ありがとうございました。
また、JATのブースに興味を持ってくださったみなさま、ありがとうございます!

H.N

だいずきっず [2012年12月16日(Sun)]
みなさま、こんにちは。
寒いですがお元気にお過ごしでしょうか?

JATは元気に活動をしております。
夏に蒔いただいずも収穫の時期をむかえました。

先日、メンバーでだいずを収穫に出かけました!!

IMG_2119.JPG

とても寒かったですが、自分たちのまいた種が
こういうふうに実を結んだことを実感しました!

IMG_2121.JPG

このだいずは、来年2月のお豆腐作りに使われますわーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)
サンドラさんのケニア料理教室 [2012年11月18日(Sun)]

サンドラさんのケニア料理教室を開催しました。

P11301411.jpg

ケニアのサンドラさん、ムワンギさん、スタッフゆりなさんを中心に楽しい時間を過ごしました。

P11300711.jpg

ご参加いただきました皆様ありがとうございました。

ギゼリ、ビーフシチュー、ウガリを作りました。

スタッフが2日前にケニアから帰り、豆やウガリのもとを持ち帰り、さらに料理上手のケニア人2人がそろい、本格的料理でした。

P1130097.JPG

ケニアで食べた料理より、さらに美味しかったです。^^

ケニアの紹介も皆さんからの質問が多く、楽しかったです。

P11301361.jpg

今後も機会があれば開催します。

だいずきっず枝豆収穫イベントに参加しました! [2012年10月17日(Wed)]
■10月14日にNPOだいずきっずの枝豆収穫イベントにJATも参加しました!
7月8日に種まきした大豆がこんなに成長しました。
P1090940-1.jpg
今年は葉に虫食いは多かったですが、大豆の房には多くの枝豆がなりましたexclamation

P1090961-1.jpg

枝豆いっぱいです晴れ
P1090954-1.jpg

JATのテントでは、前日から料理が得意なケニア人サンドラさんが仕込んだ
郷土料理「ギゼリ」に採れたての枝豆を茹でて具材に加えてふるまいました手(チョキ)

P1090975-1.jpg

また家族でおにぎり大会では、上手く出来た方を投票できめるゲームにJATのケニアメンバー
ダニエルさんも審査員になって参加しましたダッシュ(走り出すさま)

P1100051-1.jpg

前回好評だった動物ぬりえも子供たちに大人気!子供達大変うまく描いてくれましたかわいい

!cid_0D39B5BC-891D-40A2-B8C5-AB7CC5C0C6DB-1.jpg

!cid_1C2FE85B-B0D5-481B-AEC6-AD1131282891-1.jpg

次回大豆の収穫は12月9日でするんるん
ご興味ある方は是非参加をお待ちしています。





刈谷南中学校にて [2012年10月14日(Sun)]
10月9日(火)は、刈谷市立刈谷南中学校にお邪魔しました黒ハート

JATから派遣された名古屋大学の留学生5人が、
日本に来ている外国人が中学2年の生徒に英語の授業をしましたexclamation
なぜこんなお話になったかというと、
刈谷南中学で英語科の先生をされている元ガーナ協力隊の山本先生が、
外国人と授業を通して触れ合い、その国の様々な生活や文化を聞くことで、
子供たちにより海外を身近に感じてもらい、英語に親しみをもってもらおう
ということで企画されましたわーい(嬉しい顔)


ますは、生徒の前で自己紹介。
左から、フィリピン人のジェイソンさん、フランス人のメリーさん、ブラジル人のダニエルさん、ケニア人のダニエルさんです手(チョキ)
ここには写っていませんが、お昼からアルメニア人のアストリコさんも来てくれましたぴかぴか(新しい)
P1090694-1.jpg



一人一人がグループに入り、自分たちの国のことや生活を紹介します。
はじめはやや緊張気味の生徒たちも、彼らの写真や話に興味深々の様子るんるん
P1090894-1.jpg


だんだん慣れて笑顔がみられます。
先生からの質問にがんばって英語で答えます。
そして、生徒から先生に一生懸命に英語で質問をしようとしますぴかぴか(新しい)

untitled3.bmp

2年生のクラスと右側が山本先生。とても生徒想いで熱心な先生ですぴかぴか(新しい)

IMG_0832.JPG

山本先生からメールで、生徒の感想をお聞きしました。
生徒の方からは・・・

「外国人の方とお話するのは、ドキドキしてとても楽しかったです!」

「正直、2年生になって内容が難しくなってきたので英語が嫌になっていました。でも、今日の外国人の方とコミュニケーションをとって、やっぱり英語ってカッコいいなって思いました。」

「無言清掃や朝読書の意味を聞かれても答えられなかったので、
英語で返せるようにもっと勉強してみたいです。」

という感想をいただきましたわーい(嬉しい顔)

また、授業をしてくれた留学生らからも「とても楽しかった。」との声が聞かれました。

P1090809-1.jpg


これがきっかけとなり、
海外、英語、外人、異なる文化、自分たちの文化。。。
そんなものに興味を持ってくれたらうれしいですね黒ハート
いつか自分の国を誇りながらも、
国際社会でモノ言える日本人になってくれることを期待します飛行機


授業をしてくれた留学生、山本先生、刈谷市国際交流協会の内藤さん、JATメンバーで記念写真です。
P1090910-1.jpg

最後になりますが、
JATにこのような機会をいただいた刈谷南中学の山本先生や刈谷国際交流協会の内藤様
本当にありがとうございましたぴかぴか(新しい)


JATは日本の国内事業の一環として、
これからも子供たちの国際協力理解にたずさわっていければと思います。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

(H.N)
愛フェス2012 [2012年10月08日(Mon)]
名古屋もだんだんと涼しくなってきました。

9月30日・10月1日と「愛フェス」というイベントが長久手のモリコロ広場(愛・地球博会場)で行われました。
愛フェスは日本初、愛知発の大規模ファンドレイジングイベントとして2009年からスタートしたイベントです。
私たちJATもこのイベントに出店しましたぴかぴか(新しい)
JATブースでは来場者のみなさんにアフリカのことをもっと知ってもらおうと、
アフリカクイズを行ったり、興味を持って下さった皆様に説明を行いました。

クイズは、JATのインターンでもあり、名古屋大学留学生でもあるChenさんが担当してくれました。
アフリカに興味ある人もない人も!?、イメージのアフリカと本当のアフリカは少し違うんだ、ということに驚かれ大変好評でした。
P1090558-1.jpg

様々な国からのJATを支えてくださったメンバーも集合し、今後の打ち合わせ。
すこしづつでもみなさまの国際理解の助けになればと思っています。

P1090525-1.jpg

愛フェスの会場はカフェの出店や音楽祭もやっており、
芝生でごはんを食べる家族連れででほんわかした雰囲気でした。
ぜひ来年は遊びにきてください。

今後ともどうぞよろしくお願いいたしますわーい(嬉しい顔)
P1090531-1.jpg
だいずきっずイベント参加のご案内 [2012年10月05日(Fri)]
■7月に大豆の種まきをした畑の枝豆収穫イベントのご案内です。
ご興味ある方は是非ご参加ください。
----------------------------------------------------------------
10月14日(日)だいずプロジェクト<枝豆収穫>のご案内
----------------------------------------------------------------
開催日:10月14日(日) 雨天の場合は翌週21日(日)に順延となります。
    順延の場合は、10月13日(土)午前中にメールにてその旨ご連絡をします。
    併せて、収穫以外の活動内容に変更が生じる場合があります旨、予めご了承ください。
    変更の場合は、別途ご案内いたします。
時 間:9時30分〜13時頃
受付時間:9時00分〜9時30分
場 所:前回の大豆の種まきと同じです。
    高浜市高取保育園東のJA育苗センター(五反田グランドより東へ50m)
    保育園の住所:愛知県高浜市向山町2丁目1−15
   
内 容:枝豆収穫、食育ランチ
・枝豆収穫
大豆畑で枝豆の収獲をします。
・食育ランチ
昼食を兼ねて、食に関する様々な体験を企画しております。
詳細につきましては、現在、最終調整中です。
次回、ご案内の際にはお伝えできるよう進めておりますので、今暫くお待ちください。
・服装:汚れても良い服装、帽子、汚れても良い靴又は長靴
・持ち物
キッチンハサミ(枝豆を枝から穫るときに使います)、軍手、タオル、ビニールシート、
ウェットティッシュ、飲み物、カセットコンロ(枝豆を茹でるときに使用します)、
鍋(枝豆を茹でるときに使用します)、お皿(多め)、お椀、お箸、スプーン、お盆、
使用した食器等を持ち帰る用の袋(会場には浄水の洗い場がありませんので、
使用した食器などを持ち帰る用の袋を持参くださ)

※あると便利なもの
・フライパン
収穫した枝豆を「焼き枝豆」として召し上がることをご希望の方は、フライパンがあると便利です。
・キャンプ等で使う折りたたみ式のテーブルや椅子
食育ランチ会場に数枚ブルーシートを用意しますが、キャンプ等で使う折りたたみ式の
テーブルや椅子があると昼食時に便利です。
・スタンドタイプのパラソル
会場は、日差しをよけるところがありません。食育ランチ会場はアスファルト敷きですが、
日除けできるようなパラソルがあると便利です。
■その他
※食育ランチのメニューが多いですので、お皿は多めに持参されると良いです。

※当日は、約60家族、250人ぐらいが参加されます。駐車場が少ないため、極力乗り合わせにて、
会場までお越しいただきますよう、ご協力お願いいたします。

以上

N.K


ONE WORLD ONE MUSIC 無事終了しました! [2012年08月16日(Thu)]
8月11日に行いました「ONE WORLD ONE MUSIC 」音楽は世界を結ぶ アフリカチャリティーコンサートが無事に終了することができました。ありがとうございました。
多くのお客様、関係者様、素敵なミュージシャンまたボランティアの実行委員会の方たちに支えられて開催出来ましたことに深く感謝申し上げます。
また今回のコンサートを通じてJATの活動紹介をさせていただけましたことも併せて感謝いたします。
コンサート会場にて、頂きました募金につきましては今後の活動資金として充てさせていただきます。
これからもJATの活動に暖かいご支援賜りますようお願い申し上げます。

304739_461420523889095_1249444521_n.jpg
明日はいよいよ「ONE WORLD ONE MUSIC」コンサートです! [2012年08月10日(Fri)]
いよいよ明日は待ちに待った音楽は世界を結ぶ!アフリカチャリティーコンサートです。
すばらしいミュージシャンの方々が集まっていただいた世界に一つしかないコンサートです。
私達の仲間である今回アフリカチャリティーコンサート実行委員長の河原孝くんの努力により
多くのボランティアの方にもご協力を頂いています。感謝です

河原くんを通じてJATの存在を皆さんに知っていただける機会を頂き、関わりを頂いた全ての方に感謝申し上げます。

是非明日は、このすばらしいコンサートに皆様楽しんでいただきたいと心から願っています。
またご予定の無い方は是非この機会に足を運んでいただけましたら幸いです。

<N.K>
大豆の芽が出ました! [2012年07月18日(Wed)]
IMG_8924.jpg

7月9日にJATのスタッフ皆で蒔いた大豆が芽を出しました!
結構早いものですね。
生命の力を感じます。
次回10月14日には枝豆の収穫を予定しています。
IMG_6653.jpg
また12月9日は大豆の収穫です。

ご興味ある方は是非ご参加くださいるんるん

<NK>
AMAFRICA [2012年07月11日(Wed)]
更新が遅くなってしまいましたがあせあせ(飛び散る汗)
先日あま市で行われた「アマアフリカ」というイベントにJATも出店しましたぴかぴか(新しい)

http://amafrica.jimdo.com/

このイベントは
アフリカの音楽や文化、生活の様子などを紹介し、新しい支援の形を提案する機会を作る目的から、「AMAFRICA 〜アフリカンフェスタ2012 in Ama〜」と銘打って、2012年6月2日(土)〜3日(日)の2日間にわたり美和文化会館及び文化の杜にて開催したものです音楽


JATの出店は
・アフリカ風カレー風味ホットドック
・おとうふドーナツ
の二本立てでしたわーい(嬉しい顔)

予想以上に多くの方に買って頂けました!「おいしかったよー」と声をかけていただくこともるんるん

他にも、
8月11日のアフリカチャリティコンサートの宣伝もさせて頂きました黒ハート

このイベントにもよかったらぜひいらしてくださいね黒ハート

http://www.oneworldonemusic.org/
ケニア編!!なごや環境大学の「海外の環境・文化の英会話講座」 [2012年07月11日(Wed)]
みなさま、こんにちは晴れ

7月8日日曜にウィル愛知にて、
海外の環境・文化の英会話講座「ケニア編」が開催されましたるんるん
講師はケニア出身で名古屋大学で勉強してみえる、サンドラ先生ですぴかぴか(新しい)

なかなかケニアにはなじみがありませんが、
ケニアの講義とケニアに関するクイズはみなさん興味深々。
みなさん、大いに英語でディスカッションされていました。
野生動物、マサイ族、美しい風景写真、、、
ケニアが少し身近に感じられた瞬間ではなかったでしょうか??グッド(上向き矢印)

お茶とお菓子&ケニア話でとても和んだ昼下がりでした黒ハート

ちなみに、なごや環境大学とNPO法人ヘルピングハンズアンドハーツジャパンの主催のセミナーです。

今後もこのようなセミナーを開催いたしますので、
みなさまぜひお越しくださいませるんるん

<H.N>

P1070895.JPG
P1070956.JPG
だいずきっず大豆の種まきイベントに参加しました!(7/8午前中イベント) [2012年07月09日(Mon)]
昨日7月8日NPO法人だいずきっずの大豆の播種イベントに「だいずきっずinJAT」として参加しました。
今回は多くのJATサポータにもお手伝い頂き晴天の中、アフリカクイズや野生動物のぬりえ、
アフリカ民族衣装を着てみよう!、チャパティを石釜で焼く、アフリカの太鼓「ジャンベ」とサックスの音楽演奏など企画が満載でしたかわいい
初めての大豆種まきにアフリカメンバーも興味津々でした!
P1070807.JPG
JATの区画です。1年間ここで育てます!

P1070832.JPG
がんばって種まきしました!

P1070755.JPG
JATのコーナーです。

画像 200.jpg
子供達も参加した音楽演奏はイベントを盛り上げました。
画像 206.jpg
アフリカ民族衣装を着て記念に撮影会
ぴかぴか(新しい)


meeting〜刈谷国際プラザにて [2012年06月28日(Thu)]
みなさん、こんにちは。
長い間、UPされておらずごめんなさい。
楽しみにされていた方もみえると思います。


最近の活動報告をしたいと思います。
先日、刈谷に4月より新たにオープンした刈谷市国際交流協会さんにお邪魔しました。

http://www.katch.ne.jp/~kokusai/


ここではJATのmeetingと国際交流協会の方々にお会いしました。
JAT側は、ケニア人のJaredさんとJATメンバーを含め5名でのmeetingです。

国際交流協会の方にJapanAfricaTrustの今までの活動や今後の展開についてお話ししました。
協会の方々はとても気さくな方々ばかりで、JATの活動にもとても興味を持ってくださいました。
今後は、国際交流協会さんを通じ、
国際理解教育の出前講座を小学校や中学校で行っていけたらと考えています。

子供たちには、日本の普段の生活では分からない、
日本からは遠い大地・アフリカのことを少しでも知ってもらえたらと思います。
これも大切な国際協力の一環ですよね黒ハート

Japan Africa Trustのバナーやマグカップもできましたよ!
写真の中に写っています、分かりにくいですが探してみてくださいね。

photo.JPG

(H.N)
だいずきっずイベント参加のご案内 [2012年06月27日(Wed)]
NOPだいずきっずの食育イベントに今後もJATがコラボ参加します!
まずは、次回下記のような内容を予定しています。
7月8日(日)<大豆の種まき>当日のご案内
■開催日時:7月8日(日) 9時30分〜13時頃
※雨天の場合は、翌週15日(日)に延期となります
■受付時間:9時00分〜9時30分
■集合場所:高浜市高取保育園横のJA育苗センター(五反田グランドより東へ50m)
      保育園の住所:愛知県高浜市向山町2丁目1−15
■当日の内容
1.大豆の種まき
大豆畑で大豆の種まきをします。
2.食育ランチ
昼食時に、食に関する様々な体験をします。その中のひとつ「大豆カレー」は、子どもたちを中心に参加者みなさんで、
具材となる野菜のカットをしていただきます。
その他のメニューは、各メニューブースでの体験となります。
<メニュー>
・大豆カレー
・冷や奴を好みの食べ方で食べる「豆腐バー」
・大豆でできた食べ物で作るパフェ「ソイぱふぇ」
・豆乳バー
・石窯で焼くアフリカの郷土料理「石窯チャパティ」
※アフリカの食の現状を知っていただくクイズやぬり絵、民族衣装を着れるコーナーもあります!
またご参加される方へJICAが作成した国際理解教育用の小冊子をお配りします。
今後、だいずきっずの活動を通じて収穫した大豆や絵画コンクールで描いていただいた絵をアフリカの子どもたちに送り、
相互交流ををしていきたいと考えております。
ボランティアでジャンベやサックスの生演奏でイベントを盛り上げます!

文責:北瀬尚之




(特)だいずきっず石窯お披露目会&JAT in 高浜 [2012年02月13日(Mon)]

昨日、2月12日(日)、高浜市にある「おとうふ工房いしかわ 大まめ蔵」 駐車場にて、『石窯お披露目会』&『だいずきっずアフリカ in JAT』とのコラボイベントが行われました。

当日は、だいずきっずサポーター、招待客、当日スタッフ等を含めて、約100人ほどが集まり、手作りの石釜で、ピザ、じゃがいも、人参などを焼き、ポトフやにんじん塩バターなどがふるまわれました。

JATからは、メンバーの名古屋大学留学生ジャレッドさんとサンドラさん、ボランティア、スタッフが参加し、チャパティーやチャイを用意しました。また、今回、JICA地球ひろばから貸し出された「国際理解・開発教育教材」を使って、アフリカクイズ、アフリカの民族衣装試着&撮影会などを行い、参加者にJICAが作成した•国際理解教育用の小冊子などを配りました。

今回は、JATの国内交流活動として、高浜市を拠点とする『特定非営利活動法人 だいずきっず』さんに協力する形でイベントに参加しました。だいずきっずは、地域の子ども達に、「食育」「共育」「Pay it forward」をテーマに、地域に根ざした食育活動を推進するNPOです。今後は、だいずきっずの食育活動のなかに世界やアフリカの食料問題を考えてもらう機会を設けていただき、JATのなかでも、「だいずきっずアフリカ/ケニア」として、農業、食育活動に関連した活動を増やしていくことができればと思います。


文責:一柳智子(Tomoko Ichiyanagi)


特定非営利活動法人 だいずきっず
http://www.daizukids.com/





石窯お披露目会会場



アフリカ紹介コーナー



参加した子ども達と一緒にチャパティを作りました



子ども達とアフリカクイズ



みんなで記念撮影

JAT 新年会(JAT New Year's party) [2012年01月23日(Mon)]

22日(日)に、栄の豆家げんげにて、JATの新年会を開きました。
当日は、JATの理事、メンバー、ボランティアの方々とともに、今年の活動の抱負を語り合いました。
皆さん、楽しかったですね。 

by 一柳智子




JAT理事会&メンバー会議 [2011年12月19日(Mon)]

JAT役員(理事、世話人)の一柳です。昨日は、東区にある、ウイルあいち2階、あいちNPO交流プラザで、「JAT理事会&メンバー会議」が開かれました。午前中は理事会、午後はJATに関わって下さっているメンバーによる「メンバー会議」で、会議の主な内容は、JATの次期(2012年4月〜2013年3月まで)事業プランを練る、そのためのアイデアを皆で話し合う、というものでした。

そのなかで、外国で出版されているアフリカのガイド本を翻訳する。『アフリカ検定』のアプリを作成する。チャリティコンサートを開く。それを「Ustream(ユーストリーム)」などの動画共有サービスを使って、日本とアフリカをライブで繋ぐ。アフリカ料理教室を開く、などのアイデアが出ました。

こういったアイデアを集めてみると、来期からのJATの活動のキーワードは、『アフリカと日本が身近になる活動』となるような気がしました。つまり、開発の専門家が現地で開発事業を実施するだけではなくて、日本の一般市民の方々と、アフリカを繋ぐNGOとして、国際協力や国際交流の特色が強くなってくるのではないかと思います。

当日は、ケニア出身で、現在、名古屋大学大学院環境学研究科の修士課程に通う、Jared Asenwa Lumbasiさんも参加されました。彼は、『KENYA Wild Life Service』(http://www.kws.org/)に所属する研究者でもあります。

ケニアの野生動物保護活動や、サファリ事情に非常に詳しい彼の知識と経験を、JATの活動にリンクさせれば、現地で出版されている出版物の翻訳や、『アフリカ「野生動物」検定』なども実現可能かな、という気がしました。その前段階として、JATのホームページに、『Jaredさんのアフリカ野生動物まめ知識』などを掲載するのも、実現しそうな気がします。そうすると、次にアフリカの野生動物に関心のある方と繋がっていくことができるのかもしれません。

人と人が繋がって、事業が形づくられる。こういったアイデアをもとに、来期1年をかけて、JATの特色を出せるような事業を実施していければと思います。


文責:一柳智子(Tomoko Ichiyanagi)



スカイプ理事会 [2011年12月05日(Mon)]

昨夜、JATの理事会をスカイプ上で行いました。

理事メンバー5人がそれぞれ、名古屋、出張で福井、他のNGO活動でカンボジア、そして現地赴任中でウガンダにいましたが、3カ国を繋いでなんとかネット上で話し合うことができました。

その際、日本-カンボジア間は滞りなく繋がったのですが、日本-カンボジア-ウガンダ間は、インターネット環境が不安定ということもあるのか、途中、会話が途切れてしまい、続けて話すことができにくい状況でした。

しかし、どんなに地理的に離れていても、このようにメンバー間で話し合うことができるということがわかったことは今回収穫でした。

ウガンダにいる理事メンバーによると、現地では、新にボランティアがひとり加わり、現在、活動リポートをまとめてくれているとのことでした。今週火曜日には、ウガンダから、そのリポートが届く予定なので、またブログ上でも報告したいと思います。

今後は、理事会でなくても現場の様子を知るため、2週間に一度程度の割合で、スカイプ会議を開く予定です。

文責:一柳智子(Tomoko Ichiyanagi)

アフリカBOPビジネス・ミッション [2011年10月11日(Tue)]

東アフリカBOPビジネス・ミッション(ケニア、タンザニア)」の参加者募集説明会
●名古屋
 <日程>2011年10月17日(月) 14:00〜15:00
 <場所>ジェトロ名古屋貿易情報センター
  http://www.jetro.go.jp/jetro/japan/nagoya/map.html

jat理事2名が参加します。