CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

小田原港新一号防波堤灯台 [2009年05月27日(Wed)]
小田原港新一号防波堤灯台
概要
1999年、防波堤の延長に伴い灯台が移設されることになり、日本航路標識協会が小田原を代表する「ちょうちん」をイメージして灯台を設計しました。
写真にあるように小田原港二号防波堤灯台とペアを構成しています。
小田原提灯は、江戸中期に小田原城下新宿町の職人・甚左衛門が旅人が携帯するのに便利なようにと製作したものが最初で、箱根越えの時におりたたんで懐にしまえるような特徴から、江戸時代に大人気商品となりました。

灯台への行き方
JR東海道線の早川駅より徒歩3分。
車では、西湘バイパスを早川方面に走っていると海側に赤い灯台と白い灯台が見えます。
早川漁港に立ち寄るとデザイン灯台がよく見えるスポットがあります。
写真撮影のために付けたマークがあり、そこに立ってポーズをとると、丁度灯台(小田原提灯)をぶら下げた記念の写真がとれるそうです。

灯台の諸元
小田原港新一号防波堤灯台  小田原港二号防波堤灯台
所在地      神奈川県小田原市          同左
北緯・東経    35-14-22 139-09-03 35-14-19 139-09-01
初点灯年月日   1998年2月25日    1960年3月31日
光り方      単閃赤光 毎4秒に1閃光  等明暗緑光 明2秒暗2秒
光の強さ     30カンデラ        700カンデラ
光の届く距離   3.5海里(約6Km)   8.5海里(約16Km)
灯台の塗色    赤色            白色
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/190489
コメント
プロフィール

一般財団法人日本航路標識協会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/jananet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jananet/index2_0.xml