CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

デザイン灯台 6 日立灯台 [2009年03月04日(Wed)]
日立灯台
概要
日立港が重要港湾になるのに併せて、1967年に日立港の北、古房地鼻(市民公園)に設置されることから、灯台の附属舎の屋根を展望台とし一般開放しています。
展望台からの太平洋及び付近の海浜の眺望はすばらしく、朝日が昇る景色は一見の価値があります。

灯台への行き方
JR大みか駅から約1.2キロメートル、国道245号の海側、古房地鼻の公園の中央にこの灯台があります。
灯台の海側に漁業の近代化に功績のあった三代芳松翁の銅像があります。
灯台の諸元
所在地    茨城県日立市久慈町
北緯・東経  北緯36度30分34秒 東経140度37分56秒
初点灯年月  1967年(昭和42年)3月31日
光り方    群閃白光 毎25秒に3閃光
光の強さ   210000カンデラ
光の届く距離 12.5海里(約23Km)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/190485
コメント
プロフィール

一般財団法人日本航路標識協会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/jananet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jananet/index2_0.xml