CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

デザイン灯台 3 茂津多岬灯台 [2009年01月28日(Wed)]
茂津多岬灯台
概要
2001年、灯台の老朽による改修にあたり、地元からの要望により瀬棚町の景勝奇岩「三本杉岩」をモチーフとした展望台を付設して建設されました。この改修により、海面上から灯台先端までの高さが約290メートルとなり、兵庫県美方郡香美町にある余部埼灯台を抜いて日本一高い灯台となりました。
天気の良い日には、360度のパノラマが広がり、遠くは奥尻島を望むことができます。

灯台への行き方
2001年4月に国道229号線の茂津多トンネル入口近くからこの灯台までの林道が開通しました。この林道は最大勾配が15.5%で曲がりくねった道となっておりますので運転には細心の注意が必要です。冬期間は閉鎖されています。
島牧村のバス停(栄浜)から徒歩で1時間30分要します。周辺は熊の生息地なので注意が
必要です。
灯台緒元
所在地    北海道島牧郡島牧村(茂津多岬)
北緯・東経  北緯42度36分52秒 東経139度49分41秒
初点灯    1937年(昭和12年4月11日)
光り方    群閃白光 毎24秒に2閃光
光の強さ   470000カンデラ
光の届く距離 23.5海里(約44Km)
灯台の高さ  地上高さ 18.3m
灯台の構造  コンクリート造
灯台の塗色  白地に黒横帯1本
管理事務所  小樽海上保安部
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/190482
コメント
プロフィール

一般財団法人日本航路標識協会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/jananet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jananet/index2_0.xml