CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

〔後房雄のブログ〕

現実関与型の政治学者が、日本政治、自治体改革、NPOやサードセクターの動向などについて話題を提供しています。一応研究者なので、面白かった本や論文の紹介もします。


イタリア新政権発足 [2013年04月29日(Mon)]
総選挙から二か月余り、イタリアではようやく大連合のレッタ政権が成立しそうです。もうすぐですが、月曜日午後11時(日本時間)から首相の所信表明演説があり、両院で信任投票が行われます。主要政党では、民主党、自由国民(ベルルスコーニ)、市民の選択(モンティ)が与党で、五つ星運動(グリッロ)、エコと自由の左翼(Sel,ヴェンドラ)、北部同盟などが野党ということになります。

二か月の流れは、当初は下院過半数第一党の民主党が五つ星運動との連携を試みたが失敗、ついで、ナポリターノ大統領はやむなく大連合政権を試みましたが、民主党内でベルルスコーニを受け入れるかどうか(受け入れた場合はヴェンドラらとの決裂にもなる)をめぐって分裂も危惧されるほどの亀裂が走る。しかし、現実的にはこれ以外に選択肢はなく、大連合を基盤にナポリターノ大統領が再選されたうえで、レッタに大連合政権の組閣を前提の首相指名、ということになります。
両院の信任投票は可決されることは確実ですが、民主党からの造反がどれくらい出るかが焦点になります。また、その後の政権運営も、民主党出身のレッタ首相が、事実上の拒否権を握ったベルルスコーニをどこまで協力されられるかが焦点になります。とりわけ、選挙制度の改正です。

主要政党の最新の支持率は二つの調査でかなり違いがあります。SWGでは、民主党27.0%、自由国民26.8%、五つ星運動24.0%、市民の選択5.8%、北部同盟4.2%、Sel3.2%ですが、EMGでは、五つ星運動が第一党で29.1%、自由国民27.1%、民主党20.3%、Sel5.2%、市民の選択4.3%、北部同盟4.1%です。

早期解散総選挙では、五つ星運動と自由国民のポピュリズム対決になりかねません。
民主党としては、小選挙区制主体の選挙制度にもどし、ある程度経済や財政を改善したうえで選挙に持ち込みたいというところでしょう。
民主党のほぼ唯一の強みは、依然として、首相にしたい政治家ではフィレンツェ市長のレンツィが圧倒的に一位を維持しているということです。次の総選挙ではレンツィを首相候補にしてやるしかないでしょう。

いずれにしても、ポピュリズムを相手に、イタリアの職業政治家たちもしぶとく戦い、なんとか落としどころを作ってみせました。イタリアのエリートたちの層の厚さも印象的でした。
さて、この先はどうなるか、また新しいドラマの始まりです。
名古屋市長選、終盤情勢 [2013年04月17日(Wed)]
16日付け中日新聞が、名古屋市長選挙の終盤情勢をのせました。
「河村氏がリード」が見出しですが、多分、最低でもダブルスコアで河村が勝ちそうです。

***
河村氏すべての年代、地域に浸透している。「支持政党なし」と答えた人たちの六割を固めたほか、自民、民主支持層の六割、日本維新の会支持層の七割を取り込んでいる。
***
藤沢氏は自民党県連推薦、民主党県連支持を受けているが、自民支持層の三割弱、民主支持層の一割しか固められていない。公明支持層は四割を取り込み、公務員・団体職員からは河村氏を上回る支持を集めている。
***

投票率にもありますが、これではダブルスコアですよね。

他方で、維新の会の候補者が、宝塚市、伊丹市の市長選挙で共に大敗したという報道もありました。「夏の参院選をにらみ、近接地に打って出て党勢拡大を狙ったが、逆に退潮傾向がはっきり表れた」

東北大の河村准教授が、「有権者が橋下氏個人と、政党としての維新を分けて考え始めた結果の表れ」とコメントしています。

安部内閣の高支持率で、橋下の吸引力も落ち目のようです。維新の会自体も、安部路線と区別できなくなっているので、果たして参議院選挙まで支持率が維持できるかどうか。

維新とみんなの党が、参議院選挙で一定の議席を得、自民党と合わせて参議院の三分の一を越えると、憲法の96条改正条項の改正の条件が出てきます。果たして、それまで維新とみんなの賞味期限が持つかどうか。

河村マニフェスト(もどき) [2013年04月07日(Sun)]
kawamura.pdf
明日、名古屋市長選挙の公示です。
結局、予想通りの顔ぶれとなり、多分、河村が勝つでしょう。どれくらいの差が付けられるかは多少興味がありますが。

資料は、今回の河村マニフェストだそうです
相変わらずの思いつきのオンパレードで、子どもの作文みたいなもんです。

でも、普通の市民からみて、市長の役割というものがそもそもはっきりしていないので、面白そうなおっさんだということで当選させてしまうということになります。

こういう土俵では、まともな人は戦いたくないでしょうね。
河村市長の評価 [2013年04月01日(Mon)]
13033101.PDF
名古屋市長選挙は4月21日投開票で、あと一週間で公示です。
河村氏のほか、自公民相乗りの自民党市議、共産党候補の3人が立候補予定のようです。

食指の動かない選挙ですが、毎日新聞からの依頼でコメントを掲載しました。

もう一人の森さんのコメントは外部から見た通常のコメントですが、真相は私が話した通りです。有権者には届かないでしょうが。
<< 2013年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
月別アーカイブ