CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

〔後房雄のブログ〕

現実関与型の政治学者が、日本政治、自治体改革、NPOやサードセクターの動向などについて話題を提供しています。一応研究者なので、面白かった本や論文の紹介もします。


民主党政権の二つのシナリオ [2011年08月31日(Wed)]
野田新代表・総理は、幹事長、幹事長代理、国対委員長などの要職を小沢・鳩山派に渡し、党内対立の解消を最優先したようです。小沢氏を党員権停止のままで重要閣僚にするという案まで野田氏は考えていたそうなので、意識的な路線選択といえるでしょう。(いうまでもなく、小沢氏は幹事長を握ることが最優先なので受けませんが。)

この後のシナリオとしては、野田政権がそれなりの成果をあげて来年9月の代表選挙でも再選されて2013年の総選挙に臨むというシナリオで、民主党にとってはべストなシナリオですが、復権を狙う小沢氏にとってはなんとしても阻止したいものでしょう。

もう一つは、小沢戦略で、来年9月までの間は最低限の協力姿勢は見せつつも、はやり野田ではだめだという状況を作ったうえで次の代表選で当選して復権し、自らの手で解散総選挙を打って勝つというものです。

これでは、民主党の首相が3人続けて失敗するということになるわけで、党内の小沢ファンにとってはよくても、民主党全体が国民的に見捨てられてしまう危険が大きくなります。でも、小沢ファンからすれば、そこを小沢なら一発逆転できる、ということなのでしょう。

しかし、小沢氏の説明嫌い、発信不足を考えると、後者のシナリオの成功可能性はかなり小さいと思います。成功したとしても、党内対立は再び再燃してしまうでしょう。

(なお、こうしたシナリオを考えざるをえないのは、民主党代表選挙が残任期間に縛られてほぼ毎年行われているということがあります。新しい代表は最低でも2年間の任期を保障されるようにすべきです。また、よほどの失敗がない限り、総理を務める現職の党代表は再選するという慣習を確立すべきです。)

ネジレ国会のもとでの野党との関係(参議院問題)、党内小沢勢力への対処、政治主導の暴走で引いてしまっている官僚と関係修復、政務三役の統治能力や国会運営能力の向上など、この2年で露呈した問題が山積みですが、求められるのは、快刀乱麻の解決ではなく(これは不可能でしょう)、パフォーマンスの姿勢を捨てて国民の目の前で真摯に問題に取り組むことと、小さい成功を一つずつでも積み上げることでしょう。

演説の評判の高い野田さんなので、国民に正面から訴えて理解を広げることで活路を開いてもらいたいと思います。
民主党代表選挙 [2011年08月28日(Sun)]
民主党代表選挙が明日午前中に迫りました。でも、今回はどうにも期待感が湧きません。

毎日新聞の100人への世論調査では、半数が前原氏、3割が5人のなかにはいない、という結果だったようですが、私も、このなかで選べといわれたら前原さんでしょう。

特に、小沢、鳩山両氏のあからさまなカイライとなった海江田氏だけはやめてほしいです。

小沢氏の復権戦略は、今回は背後から操作できる代表・首相にしておいて、(裁判の決着を経て)来年9月の次の代表選挙で復活して、自らの手で解散総選挙をやる、というもののようです。

権力闘争の戦略としては周到で、民主党の他のリーダーたちとの権力闘争の力量の差も子供と大人のようなものでしょう。

また、民主党のほかの政治家たちの統治能力の未熟さを見るにつけても、一度小沢氏にやらせてみたいという気持ちも理解できます。

しかし、野党民主党が政権交代を果たすまでの小沢氏への期待感のようなものはもはや感じることができないというのが私の率直な気持ちです。

仮に小沢政権が実現してある程度の成果をあげたとしても、それが民主党の成熟につながるようにはとても思えないからです。

特に、小沢氏が絡むと、政策論争の影が薄くなってむき出しの権力闘争になってしまうことが問題だと思います。昨年の菅、小沢の代表選挙でも、小沢支持を明言していない議員を個別に自宅に呼びつけて踏み絵を迫っていたということを民主党議員から直接聞きました。

本当にこういうことはやめてもらいたいと思います。

総合的に考えると、小沢、鳩山、菅の三氏は完全に手を引いて、未熟でも次の世代で政策論争が主軸になるような党風を作っていくしかないと思います。

仮に前原氏が代表となったとして、来年9月の小沢氏の逆襲を退けれるだけの成果をあげられるかどうか、これまでの民主党政権の2年を見ると厳しいと言わざるをえません。

しかし、こうした見通しにしか希望が持てません。復権した小沢氏の政権が成果をあげたとしても、一将功成りて万骨枯る、という荒涼とした風景が浮かぶからです。

小沢氏がイギリス型の二大政党制を目指す意志は疑いませんが、どうも彼にはそうした開放的な政治の担い手としては致命的な欠陥があるようです。
加藤哲夫さん [2011年08月27日(Sat)]
昨日、せんだいみやぎNPOセンターの加藤哲夫さんが亡くなりました。

いうまでもなく、日本のNPOセクターの代表的なリーダーの一人でした。NPOという言葉もない時代からの社会運動のリーダーでした。東日本大震災からの復興が国民的課題になっているなかで大きな役割が期待されていただけに、本当に残念です。

でも、最後まで好きな本を読み、ブログで発信し、いろいろな人と議論をしながら亡くなられたのをみていて、自分もこういう死に方をしたいものだと思わされました。

1997年11月21日にせんだいみやぎNPOセンターが設立され、二日後に市民フォーラム21・NPOセンターが設立されたのですが、遠くからわざわざ総会に参加していただきました。それ以来、兄弟組織のような気持ちでお付き合いさせていただきました。

2008年には、JACEVOの設立準備のイギリス調査にいっしょにいっていろいろ話したことがいい思い出です。

本が本当に好きで、スキがあれば本屋で物色されていたようです。1年の半分以上にわたる講演旅行も、話すことが大好きなだけでなく、移動中に本が読めるのがいいと嬉しそうに話されていました。

思い出されるのは笑顔と朗らかな声です。

本当にありがとうございました。


参議院問題 [2011年08月25日(Thu)]
『毎日フォーラム』2011年8月号に、参議院ネジレ問題についてのインタビュー記事が掲載されました。ネットでも公開されています。

「政治を行き詰らせる参院優越≠解消せよ」

進行中の民主党代表選挙でも、大連立の是非が論点の一つですが、震災対策だけでなく、衆参のネジレ問題の解決策についての主要政党間のルール作りという課題が大連立が必要な理由だという点がまったく議論になっていません。

このままでは、どのような政権ができても、ネジレが足かせとなって混迷するという事態は続くしかありません。

ネジレ問題の解決は参議院の自己抑制をルール化するしかないにもかかわらず、というかだからこそ、各党指導部は参議院議員を説得できないという事情が背後にあるのでしょう。また、参議院の自己抑制を主張して両院議員による代表選で多数を得るのは不可能に近いでしょう。

しかし、何かあるたびに参議院が暴走するということを繰り返さないためには、ネジレ問題を日本の統治システムの不備として正面から捉えて、主要政党の間で解決策を形成するしかありません。

国政でのネジレ問題と、自治体における二元代表制問題を最近はどこでも強調しているのですが、本格的な議論の俎上に乗るのはいつのことでしょうか。

解決策は、広範な世論を背景に党指導部が所属参議院議員を説得するしかないでしょう。
原発社会からの離脱 [2011年08月16日(Tue)]
宮台真司×飯田哲也『原発社会からの離脱 自然エネルギーと共同体自治に向けて』講談社現代新書、2011年。

今注目の飯田さんから宮台さんがいろいろ引き出しているとても面白い本でした。

飯田さんは京大の原子核工学出身で、神戸製鋼や電力中央研究所など原子力ムラで活躍したあとスウェーデンに留学したりして自然エネルギーの専門家になった人で、高木仁三郎氏のようなアウトサイダーになり切らず、ムラともコミュニケーションを維持しながら「原発社会からの離脱」をやろうとしている点が面白いです。

(高木さんは)尊敬はするけれど、違和感はある。

あまりに不合理な原子力ムラを、「正しさ」とか「危険/安全」という論理では絶対に変えられないという直感というか、内側の構図を肌で知ってしまったというか、そういう感覚がありました。

高木さんはあまりにストイックで高潔で、とても自分にはできない。自分ができないことをみんなでやって、社会が変わるなんて幻想だ、と、そう思いました。普通の人が普通に変われることが無いと、絶対に世の中は変われない。(81ページ)


原発問題、環境問題という角度から、政治の問題点もクリアに指摘されています。

一つは政治家の知的水準の問題。

日本の政治家で、国際会議に出席して安全保障について国際的文脈を踏まえて勝たれる人材はいるかもしれませんが、環境問題において同じように歴史をおさえ、一定の知識人なら当然知っているべき知の体系、私の言い方では環境ディスコース(言説)にもとづいて語れる人はほぼゼロだと思います。

欧米の政治家でも、スペシャリストから大雑把な理解しかしていないレベルまで、濃淡はあります。でも、すくなくともそのあたりを踏まえて、英語でフランクにコミュニケーションしている。

一方で、まるで的外れな経産官僚が下書きするいいかげんな文章を棒読みしかできない首相や大臣。人間社会と動物園ぐらいの違いがありますね。絶望的なほどレベルが違います。
(17ページ)


もう一つは民主党政権の政治主導の空回りです。

民主党は、大臣任命で失敗し、政治主導のチームアップができなかった。

岡田克也本部長、福山事務局長で地球温暖化防止マニフェストをつくったのであれば、最低限、福山さんを地球温暖化担当大臣にすべきでした。そうでないと、当選回数にもとづいた従来の自民党型、年功序列で論功行賞の大臣任命になってしまう。・・・

行政官僚制を使いこなすための腹心でタスクチームをつくらなければいけないのに、温暖化対策のタスクチームは、各省庁から一人ずつ入れる、という行政官僚制の上にのった配置になってしまった。タスクチームの事務局が、自民党時代からの内閣官房副長官補室が占めていた。(146ページ)


要するに、かなり知的水準の高い政治家が、行政官僚制の要所を押さえて使いこなすということが必要なわけですが、知的水準も官僚制を使いこなすスキルもなかったということですね。これは、私の知る限り、NPOや「新しい公共」問題でも典型的に表れています。

最後に、名古屋市の河村市長のことを過大評価して、「河村たかし名古屋市長とその仲間はあれこれ研究して、行程表を書いている」(178ページ)などと宮台さんが話しているのはいただけません。

減税、既得権構造の可視化、地域委員会で自治体を戦略的に変える行程表を河村氏の高校のお友達の小島敏郎氏が書いているというのですが、書いた本人からみればまっかなウソです。

小島さんはCOP10の部分を書いただけで、全体の自治体改革の戦略などもっているはずもありませんし、河村本人がそれらを政治的ネタにして国政復帰を狙っただけだったということももはや明らかになっています。

いずれにしても、戦略を立てたとしても、それを本気で実行しようとする政治家や官僚をみつけるのは至難の業だということではありますが。
中国でもっとも有名な日本人 [2011年08月09日(Tue)]
加藤嘉一『われ日本海の橋とならん 内から見た中国、外から見た日本―そして世界』ダイヤモンド社、2011年7月。

27歳の日本人で、高校卒業後すぐに北京大学に留学したという著者の本です。中国でこんなことになっているのを始めて知りました。

年間300本以上の取材を受け、200本以上のコラムを執筆し、100回以上の講演を行い、毎年2〜3冊のペースで書籍を出版している。胡錦涛国家主席とも会見し、彼は今も僕のブログの読者だ。中国メディアはそれを「加藤現象」と名付け、僕は「中国でもっとも有名な日本人」と呼ばれ、中国のどこに行っても写真やサインを求められるようになった。(7ページ)

こういうとんでもない若者が出てくるというのは、本当に日本の未来に期待を持たせます。しかも、潰されないだけのしたたかさも持っているようです。

本の内容も、ここまで中国に深入りした人にしか見えない実態を教えてくれます。

共産党も世論をもはや統制しきれなくなっていること、中国の反日が攻撃的なものというより防衛的なものであること、などが説得的に説明されていました。

一つだけ紹介すれば、中国との政治家についての次のような指摘です。日本の民主主義を問いなおさせられます。

中国の政治文化には、成果主義が徹底している。Aという政策が失敗すれば、すぐさまBという政策に切り替えられる。任期中に経済が落ち込むようなことがあれば、容赦なくその地位を追われる。結果責任に対する考え方は、日本の政治家や官僚よりもはるかに重いのだ。

もしもこれが民主的な選挙によって選ばれた政治家であれば、自らの失政を「有権者の声」や「国民の意思」の結果だと言い訳することもできるだろう。そして盤石な組織票によって何度も当選することもできるだろう。しかし、中国ではそれができない。民主的手続きがないからこそ、よいことも悪いこともすべてが「自分の責任」になってしまうのである。
(26ページ)
<< 2011年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
月別アーカイブ