CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

〔後房雄のブログ〕

現実関与型の政治学者が、日本政治、自治体改革、NPOやサードセクターの動向などについて話題を提供しています。一応研究者なので、面白かった本や論文の紹介もします。


阿久根市長 [2010年08月31日(Tue)]
話題の鹿児島県阿久根市長の本を読んで見ました。
竹原信一『独裁者 ブログ市長の革命』扶桑社、2010年。

二元代表制など幻想に過ぎない。機能している地方議会など日本にはない。

全国の地方議会では、首長が議会のご機嫌を伺って議案を通している。私はそうしないから、議案が通らないのだ。
(25ページ)

竹原市長のこの主張には私自身も全面的に賛成です。

そこから、竹原市長は、確信犯的な行動で二元代表制の矛盾、そのもとでの地方議会の腐敗、堕落に注目を集めようとしているわけです。

十分理解できる戦略ではありますが、この延長線上には解決策はありません。私が繰り返し書いているように、議会一元制に転換する以外ないのです。

河村名古屋市長や橋下大阪府知事や竹原阿久根市長などが出てくるのも、それが市民から支持されるのも、二元代表制の矛盾とそのもとで不可避的に生まれる議会の堕落からして当然のことです。しかし、この対立でどちらが一時的に勝とうとも、一時的な解決にしかなりません。

そろそろ、相乗り体制による無風状態=停滞、堕落と、飛び跳ねた首長の登場と対立激化という両極を揺れ動くことに終止符を打つために、問題の根源である二元代表制の矛盾を俎上にのせるしかない時点に来ていると思います。

その意味でも、「二元代表制など幻想に過ぎない。機能している地方議会など日本にはない」という認識を徹底することが重要です。

ついでに言うと、竹原市長は一市民としてブログで問題提起をしていた時代、市議会議員になった時代、市長になった時代を通じて、阿久根市を何とかしたいという思いは一貫しています。

橋下知事も、大阪府、大阪市をこうしたいというのが根本動機だということは伝わってきます。

名古屋の河村市長が彼らと違うのは、名古屋市をこうしたいというのは建前で、本当にやりたいことは議会リコールによって全国の注目を集めるということだという点にあります。要するに、市長の職務に対して根本的に不真面目だということです。そのことは、橋下知事や竹原市長はきちんとマネジメントをやっているのに、河村市長はマネジメントはほとんどやっていないということに示されています。

いずれにしても、首長と地方議会の対立が全国的に注目されている今こそ、二元代表制の矛盾という問題の核心にその注目が向かうようにするチャンスです。

そのためには、地方議員自らが、議会一元制(地方議員内閣制)のもとで、自分たちが自治体経営の責任を負う覚悟があるという姿勢を示すことが不可欠です。

二元代表制のもとで安住しながら高い報酬を維持しようとするなら、今後もさらに首長や世論の標的になるでしょう。竹原市長が主張するように地方議会はいらない、という結論になりかねません。というか、ほとんどの市民は今でもそう思っているでしょう。

地方議員、地方議会には果たして議会一元制を主張することで存在意義を主張するだけの覚悟はあるのでしょうか。

10月2日の横浜での全国シンポにどれだけの議員が集まるかに注目したいと思います。
大塚副大臣 [2010年08月30日(Mon)]

JACEVOの「新しい公共の今後の行方」に関する公開セミナーと会員交流会を名古屋で開きました。この後、東京、仙台、京都でも開いていく予定です。

名古屋会場では、大塚耕平内閣府副大臣(地域主権、公共サービス改革、規制改革などの担当)をゲストでお呼びしました。

サードセクターの重要性や、公共サービス改革や地域主権にとってのその意味をよく理解されており、非常にかみ合った意見交換ができました。

14日の民主党代表選挙次第ですが、安定した体制のもとで、残り3年間の民主党政権が着実な活動で成果を上げられることを切に期待します。

昨日の毎日新聞や共同通信の世論調査では、7、8割の国民が菅首相の続投を支持しており、小沢首相支持は15%くらいでした。こうした状況で、首相を変えるということをやったら本当に民主党自体の信用失墜と解体に直結するでしょう。

他方で、朝日新聞の1面トップでは、このタイミングで仙谷官房長官のスキャンダルっぽい記事が掲載されました。

権力闘争のすさまじさ、いやらしさですね。
狂う政治家 [2010年08月29日(Sun)]
カネと政治の問題でやめたばかりの小沢氏が民主党代表選に出馬し、いっしょにやめてもらう、と言ったはずの鳩山氏がそれを支持する。小沢氏は金と権力を握る幹事長職や官房長官職を得られずに出馬に踏み切ったようで、完全な権力志向としか思えません。

鳩山さんは彼なりに党の分裂を防ごうとしたつもりかもしれませんが、当然ながら、派閥内部からですら批判が出ているようです。自分の仲介が受け入れられなかったことへの反発でしょうか。責任をとって辞めたばかりの総理、代表が直後にこんな生臭い動きをするなど、見たこともありません。

名古屋でも、27日から、市民に与えられた議会リコール権を事実上市長自らが行使するという異常な動きが開始されました。市長には議会の不信任決議への対抗策としての解散権しか与えられていない以上、かなりの越権行為です。

しかも、昨年12月に減税と地域委員会を議会は一旦可決したのに、マニフェストにもない議員の定数・報酬半減をあらたに持ち出して、意図的に現在のような決裂状況をもたらした経過から、彼の狙いが公約実現ではなく、議会解散直接請求をやって全国的な注目を集めたいということにあることは明らかです。

こうした狂った政治家たちがトップにいても日本はそれほど混乱していないわけですから、豊かな国になったということなんでしょうね。せいぜい政治ショーを楽しみましょう。
討論型世論調査 [2010年08月28日(Sat)]
慶応大学の湘南藤沢キャンパスで、藤沢市の総合計画策定のための討論型世論調査「藤沢の選択、1日討論」がありました。討論型世論調査(Deliberative Poll=DP)は、スタンフォード大学のフィシュキン教授らが考案したもので、いわゆるDeliberative Democracy=熟義民主主義、討議民主主義の一種です。日本ではDPは藤沢市で今回が2回目、神奈川県でも道州制をテーマに1回開かれたそうです。

旧知の慶応大学の曽根先生、玉村先生から依頼され、全体討論においてDP参加者の質問に答える「専門家」の一人として出席しました。兼ねてから興味があったので、いい機会になりました。志木市前市長の穂坂さんもご一緒でした。

15人ほどの市民のグループを8つくらい作って、いくつかのテーマで、グループ討論、全体討論を行い、討論前のアンケートと討論後のアンケートを比較分析するという手法です。曽根先生によると、Learn Think Talk(学ぶ、考える、話す)の三つがポイントだそうです。

一般の市民が、専門家の解説や意見も聞きながら長時間討論するなかで持つに至った意見は、一般の世論調査とは全く違うとフィシュキンさんは言っています。「複雑な政策課題を考える場合は、この方法を使えば、民主主義がもっと深いものになる。」(東京新聞2010年1月11日)

この日に取り上げられたのは次の4つの論点でした。

@高齢化にどのような仕組みで対応するべきだと思いますか。
A今後、老朽化する公共施設の廃止・維持・建て替えなどの方針は誰が中心になって議論をするべきだと思いますか。
B「地域経営会議」などの会議体を中心にして、「地域内分権」を進めるべきだと思いますか。
C「新しい公共」という考え方に基づいて、藤沢の将来をつくっていくべきだと思いますか。

東海市の市民委員会などを見ていても思うことですが、日本の市民の成熟度は本当に高いと思います。政治やマスコミがダメなだけだと思います。もちろん学者もですが。
議会一元制 [2010年08月26日(Thu)]
名古屋市の民主党市議団と、半田市政研究会の二つの議員研修会で、議会一元制の話をしてきました。

名古屋市の方は、河村市長への対抗策としての関心だと思いますが、半田市のグループは、非常に積極的で、10月2日の横浜でのイベントにその場で参加すると約束してくれました。

民主党政権のもとで地方自治法の全面改正が具体化しつつあるなかで、現職の地方議員で議会一元制を受けて立つ声が上がることは非常に大きな意味があります。

10月2日までにどれだけ広がるか、楽しみにしたいと思います。

それはそれとして、小沢さんが代表選に出馬するというのが各紙の一面トップでした。ぎりぎりまで妥協を迫るチキンゲームだという疑いは残ります。こういう状況で出馬するというのは、勝っても負けても、民主党にとっても小沢さんにとっても良い事があるとは思えません。
自治体の議会一元制 [2010年08月23日(Mon)]
愛知県知事選挙や名古屋市の市長‐議会対立にかかわって、自治体の二元代表制の是非に関心が集まりつつあります。

このブログでも書いてきましたが、私の持論は、二元代表制が日本では機能しないことが戦後60年の経験から明らかで、議会基本条例や議員会派マニフェストのような中途半端な議会強化論は、二元代表制の矛盾を深刻化させるだけだというものです。

それゆえ、議会一元制(議会内閣制、シティマネジャー制、委員会制など)への転換に踏み切る時だと判断しています。具体的には、二元代表制も一元代表制の諸形態も含めた「選択制」を地方自治法の改正で導入するのが現実的です。

多くの自治体の相乗り体制での矛盾の回避も、それに反発する変わり者首長の突出もどちらも問題の解決ではなく、事態を悪化させるだけです。

河村市長がいうように議員がボランティア化しても、二元代表制の問題は消えません。党議拘束を外すというのも非現実的です(党議拘束のない政党はアメリカだけですし、そんなのは政党とは呼べません)。何より、河村市長が作った「減税日本」の議員が市長の方針と関係なく動くのでは、過半数をとっても意味がなくなるはずです。

木曜日に、自治体の議会内閣制に関心をもった名古屋市の民主党議員団から講師に呼ばれています。持論を述べるだけですが。

政府でも、選択制の方向が明らかになりつつあります(菅さんにも説明してきました)。また、10月には、地方議員自らが選択制(特に議会一元制)を提言する全国的なイベントも予定されています。名古屋市や愛知県の事例も、そうした自治体のあり方論を活性化する触媒になるといいと思います。

そして、来年の統一地方選挙までには、地方自治法の全面改正の方向が出ていてほしいものです。
首相官邸 [2010年08月19日(Thu)]
今年3月に、松井官房副長官に、元安孫子市長の福島さんといっしょに日本版コンパクトの提案にいったのが最初で、今回は2度目の官邸訪問でした。

菅首相の公式日程での面談(1時間)だったので、朝刊の首相の一日に載るのかも知れません。若い記者たちが訪問者をいちいち取材していました。

@「新しい公共」の今後の展開、A地方自治体の統治形態(二元代表制から議会一元制も含む選択制へ)、B「第3の道」の理念的拡充、などの点について提案し、意見交換させてもらいました。一応、以前からの関係があるのでリラックスした議論になったと思います。

そのあと、ある議員さんの事務所を訪問し、新築直後の広い議員会館をはじめてみてきました。ようやく国会議員に相応しい広さになったと思います。
全国市長会 [2010年08月14日(Sat)]
全国市長会が、10月7日、8日に神戸市において、「都市の危機管理―協働・参画と総合対策」をテーマとして全国都市問題会議を開くそうです。

それに向けて用意される「文献集」への寄稿を依頼され、「都市の危機管理と協働・参画―NPO、地縁組織、自治体内分権」という原稿を書きました。

@小規模な草の根NPOだけでなく、有給職員集団を核とした本格的なNPOが必要であること、A地縁組織を通じて住民を動員するためのコミュニティ政策と決別し、地縁組織を民間の非営利組織(NPO)に転換して他の民間団体と対等に扱うこと、B公的意思決定機能を小学校区程度の地域に委譲する自治体内分権(近隣政府)を設置すること、などを提案しました。

兼ねてからの持論ではありますが、少し過激なので、何らかの反応があるのかないのか、待ってみたいと思います。
マリアの選挙 [2010年08月11日(Wed)]
ようやく夏休みで、試験の採点をしたりしながら読書に耽っています。社会的企業の人材養成事業の講師として働いてもいますが。

三輪太郎『マリアの選挙』徳間書店、2008年10月、を読みました。『ポルポトの掌』も読んで面白かった覚えがありますが、一段と面白く、かなり前に、白石一文さんの小説を初めて読んだ時をちょっと思い出しました。

竹下登‐青木幹雄の島根王国をモデルにした保守王国での参議院選挙補選で、36歳のバツイチのハーフの女性(マリア、県議二期目)が、ヤグラ(保守の後援会組織)の候補に挑戦するという物語が、選挙コンサルタントの視点から描かれます。エンターテインメント小説と思われやすいですが、本格的に読ませる小説です。

2007年参議院選挙と2009年総選挙の間に出版されていますが、こうした時期だということも含めて、地方の保守政治の今後についてかなりリアリティのある物語を示していると思いました。

マリアの最初の選挙演説だけを紹介しておきます。

みなさん、わたくしは、バツイチの女です。十年まえ、わたくしは夫の暴力に耐えきれず、家を出ました。

バツイチに対して、世間の風は冷たかった。男も女も、わたくしに「失敗」の烙印を押し、後ろ指をさしました。そういう世間を、どれほど憎んだことでしょう。憎んだあげく、世間を変えようと、わたくしは政治の世界に身を投じました。正直に申します。自分が政治を志したのは、正真正銘、私怨から、でありました。

あーあ、すっきりした! 全部、吐き出したら。すっきりした。さあ、みんな、ひとりひとり、ここにのぼって、すっきりしよか。

きっかけは、いろいろあっていいんだ。私怨でも、何だっていいんだ。どうせ、まわりはソロバン勘定だけなんだから。ソロバン勘定と私怨とどちらがマシか? そんなの、目糞鼻糞を笑うみたいなものなんじゃないか。ただし、政治は、ソロバン勘定ではじめてもソロバン勘定だけで終わらない。終われない。同じように、私怨ではじめても私怨だけで終わらない。終われない。ソロバンも私怨もいったん棄てて、裸の眼で世界を眺めなおして。何が必要か、考え直すんでなくちゃ。嘘。そのことに気づき、猛省したのが、わたくしの政治家人生の最初の数年間でありました。

わたくしは、裸の眼でふるさとを眺めなおして、痛感しました。このままでは、危うい。このままでは、ふるさとはスポイルされて、ダメになってしまう。はっきり申します。ヤグラは立派です。ヤグラの功績は、だれも否定しない。でも、いつまでもヤグラ頼みをつづけては、地域が根腐れしてしまう。そろそろ、ヤグラとの甘い生活に区切りをつけましょう。ヤグラに守られて、ヤグラに判断を一切合切まかせて、自分の頭を置き去りにして、このままずるずるべったり添いとげて本当にいいのか、考えなおしましょう。世間はバツイチを失敗者だといって白眼視します。でも、本当の失敗者は。ヤグラとのくされ縁をいつまでも断てず、甘えるだけ甘え、頼れるだけ頼りきって、とどのつまり、自分では何もできない無能力者になりゆくしかない、有権者たちではないでしょうか。


なかなかの啖呵ですね。結果は読んでのお楽しみです。
<< 2010年08月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ