CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

〔後房雄のブログ〕

現実関与型の政治学者が、日本政治、自治体改革、NPOやサードセクターの動向などについて話題を提供しています。一応研究者なので、面白かった本や論文の紹介もします。


民主党政権「失敗の本質」 [2012年04月06日(Fri)]
5日から朝日新聞で連載が始まりました。

09年の政権交代の前に、野田、前原らの会合で、次のような会話があったそうです。

「国土交通省や農林水産省などのできの悪い官僚はたたく。財務省とは握るけどね」

鳩山元首相は今、「歳出を減らしてくれるのなら、財務省と協力してもいいと判断した。財務省の最大の使命は歳出削減だと見誤った」と後悔する。財務省の本性は官僚機構の守護神で、最大の狙いは自らの権益を拡大するための消費増税にあったというのだ。


結局、16兆円と大見得を切っていた歳出削減は、事業仕分けのような見世物しかできず、4年間やるはずでなかった消費税増税に首相が政治生命をかけると宣言するところまで誘導されてしまったわけです。

できのわるい官僚以上に、できのわるい政治家しかいなかったということでしょう。

野党しかやってないわけですから、できのわるいのはしょうがないとしても、下手でもいいから予算編成権を掌握することに正面から挑戦すべきだったと思います。それなら、失敗しても意味があったでしょう。

実態は、政権開始前から財務省には白旗を上げていたというわけです。

09年の10月に国家戦略大臣だった菅直人に会った時に、古川議員とともにイギリスに調査にいった成果(大臣への枠内での予算編成権の委譲)を導入するつもりかと聞いたら言葉を濁していたのを思い出します。

機能する政治主導のためには、ポイントを見抜いて官僚を指導できる水準の政治家が一定数必要ですが、それがいなかった場合どうするかということで、財務省に頼りながら政務三役に学習させようということだったのでしょう。

しかし、学習能力もないまま、一時的に使ったうえで攻める予定だった財務省に完全に手玉に取られたわけです。

それくらいなら、せめてまずは歳出削減を徹底させることに挑戦すべきだったと思いますが、事業に優先順位をつける能力が根本的に欠如していたということなのでしょう。

外部からの検証も必要ですが、民主党内部できちんとした検証を行う余裕がまったくみえないのは深刻な状況です。やはり、野党に転落しないと無理なのでしょう。転落しても、また政界再編でてっとり早く与党に戻ることばかり考える人が多いのでしょうが。
細川元首相 [2011年09月04日(Sun)]
今朝のニュースフロントラインというtv番組で、久しぶりに元首相の細川さんのインタビューを聞きました。

野田政権の成立にあたっては、日本新党以来の育ての親である細川さんの役割がかなり大きかったようです。

特に、8月20日に、細川さんの立会で、それまで話す機会がなかったという小沢・野田会談が行われたことが注目されます。会談後、両者の側から非常によかったという感想があったそうです。

また、代表選前日の演説がまるで財務大臣のような演説でこれではだめだという助言を深夜に細川さんが電話でした結果、当日のどじょう演説になったという経過もあったそうです。

また、今日の朝日の記事によれば、細川首相のときの有名な首相補佐官だった成田憲彦氏を野田首相が内閣官房参与に起用したそうです。

成田さんは、本当に知識やアイデアが豊富な人で、細川政権を支えた経験もあるので、政権の安定に大きく貢献するのではないかと期待されます。ある研究会でご一緒していろいろ興味深い話を伺っていますが、忙しくなって出席できなくなるかもしれないですね。

インタビューでの細川さんは、あのころに比べて「小沢さんもかなり成長されたんじゃないか」という遠慮のない発言もしていました。また、小沢さんの要求でも、ダメなものはダメといえばいいんだ、という発言もありました。

ただ、いわれのない喧嘩をしかけられれば小沢さんだって、とも発言し、菅政権のもとでの脱小沢での点数稼ぎには批判的な姿勢を示しました。

政権時代の細川日記が出版されていますが、そこでも、武村官房長官をやめさせろとごねる小沢氏を子供のようだとコメントしています。細川さんは、小沢氏に対して余裕をもった対応ができる唯一の人かもしれません。

おそらく、いざというときの調整役として今後も細川さんや成田さんの役割は大きいと思います。「政治改革」の原点を作った人たちで、なんとか初志が生きるような政権を実現してもらいたいと思います。

細川さんとは何度か直接話す機会がありましたが、98年の議員辞職の時に、「政治家はみんなポストのことしか考えていない。権力に群がる銀蠅だ。こんな永田町にはもう耐えられない」と話されたのをよく覚えています。

彼の人物評価の基準が鮮明に表れていますね。
民主党政権の二つのシナリオ [2011年08月31日(Wed)]
野田新代表・総理は、幹事長、幹事長代理、国対委員長などの要職を小沢・鳩山派に渡し、党内対立の解消を最優先したようです。小沢氏を党員権停止のままで重要閣僚にするという案まで野田氏は考えていたそうなので、意識的な路線選択といえるでしょう。(いうまでもなく、小沢氏は幹事長を握ることが最優先なので受けませんが。)

この後のシナリオとしては、野田政権がそれなりの成果をあげて来年9月の代表選挙でも再選されて2013年の総選挙に臨むというシナリオで、民主党にとってはべストなシナリオですが、復権を狙う小沢氏にとってはなんとしても阻止したいものでしょう。

もう一つは、小沢戦略で、来年9月までの間は最低限の協力姿勢は見せつつも、はやり野田ではだめだという状況を作ったうえで次の代表選で当選して復権し、自らの手で解散総選挙を打って勝つというものです。

これでは、民主党の首相が3人続けて失敗するということになるわけで、党内の小沢ファンにとってはよくても、民主党全体が国民的に見捨てられてしまう危険が大きくなります。でも、小沢ファンからすれば、そこを小沢なら一発逆転できる、ということなのでしょう。

しかし、小沢氏の説明嫌い、発信不足を考えると、後者のシナリオの成功可能性はかなり小さいと思います。成功したとしても、党内対立は再び再燃してしまうでしょう。

(なお、こうしたシナリオを考えざるをえないのは、民主党代表選挙が残任期間に縛られてほぼ毎年行われているということがあります。新しい代表は最低でも2年間の任期を保障されるようにすべきです。また、よほどの失敗がない限り、総理を務める現職の党代表は再選するという慣習を確立すべきです。)

ネジレ国会のもとでの野党との関係(参議院問題)、党内小沢勢力への対処、政治主導の暴走で引いてしまっている官僚と関係修復、政務三役の統治能力や国会運営能力の向上など、この2年で露呈した問題が山積みですが、求められるのは、快刀乱麻の解決ではなく(これは不可能でしょう)、パフォーマンスの姿勢を捨てて国民の目の前で真摯に問題に取り組むことと、小さい成功を一つずつでも積み上げることでしょう。

演説の評判の高い野田さんなので、国民に正面から訴えて理解を広げることで活路を開いてもらいたいと思います。
民主党政権の終わり [2011年06月07日(Tue)]
 内閣不信任案をめぐる騒動とその後の経過をみて、事態は次の段階に移ったと判断しています。

 これまでは、09年の史上初の選挙による政権交代の意義の大きさからして、民主党政権ができる限り長く続くことが日本政治にとってもいいことだと考えてきましたが、もはや事態は、どのようにして、どのような大連立政権を実現するかを焦点とする新しい段階に入ったと思います。

 自民党や公明党が、菅首相がやめなければ連立交渉もできないと主張しているのは、菅首相自身にも半分の責任はあるにしても、半分はいいがかりのようなものです。参議院の多数を乱用してとことん民主党政権の足を引っ張ってきただけに、何か口実がなければ大連立に転換できないということでしょう。

 しかし、あらゆる法案を潰せる参議院の多数派を背景にしている以上、もはやその口実を受け入れる以外に民主党には打開の方法はなくなっています。

 せいぜい、本年度予算の執行の不可欠の前提である公債特例法案を通すことと引き換えに辞任することができるかどうかでしょう。

 ポスト菅では、衆議院多数派の民主党と、参議院多数派の自公など野党との間で、どのようにして、どのような大連立政権を作るかの綱引きになりますが、そのプロセスでは、民主党も自民、公明も、党利党略を超えた振る舞いがどこまでできるかを厳しく問われることになるでしょう。

 とりわけ、自公は、仮に直ちに総選挙があって自分たちが多数を確保したとしても、参議院少数で現在の民主党政権と同じ状況に直面することを分かっていながら、ただ解散総選挙だけを目指しているわけで、とても「政権交代のある民主主義」のもとでの野党の水準に達していません。

 09年の総選挙で負けた以上、基本的には4年間は野党として活動するという当然の決意すらもてないままです。

 こうした民主党と自公との間で、震災対策にまともに取り組める大連立政権ができるかどうかはまったく楽観できません。

 さらに、現在求められている大連立政権は、単に当面の震災対策に取り組むだけでいいわけではありません。そのあと解散総選挙をしたとしても、民主と自公のどちらが勝ったとしても、参議院少数でねじれが再現することが不可避である以上、二院制問題に何らかの打開策を両勢力の間で合意しておくことが不可欠です。

 憲法改正は当面難しいとすれば、主要政党の間の合意として、憲法上、衆議院多数派が政権を担うと規定されている以上、参議院多数派が野党であるとしても、予算関連法案など政権維持にとって不可欠な法案については否決しないという合意を形成するしかないと考えます。

 野党がすべきことは、与党にその方針通りの政権運営を4年間やらせたうえで、次の総選挙においてその成果をめぐって責任を問うということであり、衆議院多数派の政権運営を妨害することではありません。

 このように、日本政治の次の段階を切り開く最低限の条件を整えるような大連立政権が求められています。

 ねじれで法案が通らない以上、大連立政権以外に解決策がないことは明らかですが、それがどの水準のものになるかに日本政治の今後が大きく左右されます。

 私たちは、こういう視点でこれからの両勢力の言動を注視していくべきだと思います。
内閣支持率 [2011年01月16日(Sun)]
共同通信が内閣改造を受けて行った電話世論調査によると、内閣支持率は先月下旬の前回調査から8・6パーセント上昇したそうです。(『中日新聞』1月16日)

といっても、支持が23・6%から32・2%へ、不支持が67%から53・9%へという変化ですから、不支持率が20%も上回った状態からのスタートです。

昨年の6月の内閣発足の時も、9月の改造の時も、60%台の支持率からスタートしたのに比べて、その半分の数字です。

とはいえ、かろうじて8・6%の上昇という数字が、最後のチャンスを与えようという意味に受け取れます。

仏の顔も三度まで。

ちなみに、優先して取り組むべき課題は次の順番でした。
@景気・雇用対策 53・3%
A年金制度改革など社会保障 35・1%
B税金の無駄遣い一掃など行財政改革 29・2%
C財政再建 15・5%
菅第二次改造内閣 [2011年01月15日(Sat)]
1月14日に、菅第二次改造内閣が発足しました。共同通信からの依頼で、1300字くらいの論評を書いています。「成果指向型の政権運営に転換できるか」というようなモチーフで書こうかと思っています。

先日紹介した中曽根元首相のアドバイスに沿って、というか多くの人がそうアドバイスしたのでしょうが、「安心できる社会保障」とそのための財政という課題をようやく中心課題に設定したようです。(私は経済回復からやったほうがいいと思いますが、これはこれで一つの選択でしょう)

与謝野経済財政・社会保障と税一体改革担当相(長い名前ですね)の入閣がそのシンボルであり、藤井元財務大臣を官房副長官で復帰させたというのもその補佐ということでしょう。

全体として、政権のメッセージははっきりしたと思います。

問題はこれが初期のポーズで終わるのか、最後まで死に物狂いで追求するテーマで在り続けるかですね。

菅首相と民主党には、最後の勝負のつもりでやってほしいと思います。
4年間の民主党内閣 [2010年09月15日(Wed)]
民主党代表選挙もようやく決着しました。さすが与党で、注目度もこれまでの比ではなく、内閣支持率まで大幅アップでした。自民党もそろそろ野党という立場が実感できてきたのではないでしょうか。

ポイント数では大差ですが、全体として6対4で菅さんの勝利ということでしょう。順当な結果ですが、これほど悪い状況で小沢さんが接戦に持ち込んだことの方が注目点にならざるをえません。とんでもない人であることは確かですね。しかし、小沢氏が本当に変ったのかどうかはこの後の行動にかかっています。

いろいろ戦後処理について情報が飛び交っていますが、私自身は昨年8月の総選挙を受けて4年間の民主党政権を実現することが日本政治を完全に転換させるうえで重要だと考えています。小沢頼みのようなことをしても解決にはなりません。

4年間の民主党政権、という目標を民主党全体で最優先すべきだと思います。菅さんもまた、政権としての3年間の中期戦略をきちんと構築すべきだと思います。
有田よしふ [2010年09月12日(Sun)]
土曜日の午後、ちょうど20年ぶりに有田よしふさんとお会いして、3時間ほどじっくりお話しました。民主党代表選挙の有権者なので、それをめぐっていろいろ議論しました。有田さんは拉致問題がテーマで、その点から代表選挙も迷っているようです。両者に公開質問状を出したそうです。

テレビ朝日が、14日当日の特番用の録画取りのために密着取材していました。

有田さんとは、イタリア留学中の1990年に、いっしょにイタリア共産党最後の大会を取材にリニミに行ったのが出会いでした。その後は電話で話すくらいだったのですが、波長が合うせいか、すぐに遠慮なく議論できます。

菅さんの側と小沢さんの側と、両方からのアプローチがすごいようです。彼のように、最後まで立場を明言せず、実質で判断する議員が一定数いないと民主党は党としての安定性ができないと思います。

ちなみに、有田さんは田中康夫の新党日本から2回立候補して、今回は民主党で比例トップ当選だったわけですが、彼の田中康夫体験と私の河村たかし体験がそっくり同じで、おたがい、付き合ってみないと人は分からないもんだという感想でした。

『中央公論』の最新号で、橋下大阪府知事と河村市長が対談していますが、主張はぜんぜん違うのに、お互いに方向は同じだと強調して、お互いに利用しあうことしか考えていないのにはあきれました。議会内閣制を主張している橋下知事の方が少しはまじめに問題を考えていると思いますが。
村の政治 [2010年09月06日(Mon)]
ある民主党議員の話によると、小沢陣営は、立場を明言しない議員たちを小沢邸に呼び出して、来る来ないで踏み絵を踏ませているそうです。

新聞報道では、小沢派のある議員の事務所が、サポーターに白紙の投票用紙を提出するように求めた疑いがあるとのことです。

正々堂々と戦うと言いながら、裏では自民党時代の「村の政治」そのものを繰り広げているようですね。カネの問題についての疑惑が払拭されないのも、処理手続きに問題があったかどうかよりも、公共事業の発注に影響力を発揮する力が背景にあるのではないかという当然の疑惑があるからです。

政権交代における小沢氏の政治的功績を認めたうえで、こうした恫喝の古い政治しかできない人には退場してもらうべき時期だと思います。

民主議員の多数がこの状況で小沢頼みに流れるようなら、民主党は大きく変質することになるでしょう。
首相官邸 [2010年08月19日(Thu)]
今年3月に、松井官房副長官に、元安孫子市長の福島さんといっしょに日本版コンパクトの提案にいったのが最初で、今回は2度目の官邸訪問でした。

菅首相の公式日程での面談(1時間)だったので、朝刊の首相の一日に載るのかも知れません。若い記者たちが訪問者をいちいち取材していました。

@「新しい公共」の今後の展開、A地方自治体の統治形態(二元代表制から議会一元制も含む選択制へ)、B「第3の道」の理念的拡充、などの点について提案し、意見交換させてもらいました。一応、以前からの関係があるのでリラックスした議論になったと思います。

そのあと、ある議員さんの事務所を訪問し、新築直後の広い議員会館をはじめてみてきました。ようやく国会議員に相応しい広さになったと思います。
| 次へ
<< 2015年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ