CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

〔後房雄のブログ〕

現実関与型の政治学者が、日本政治、自治体改革、NPOやサードセクターの動向などについて話題を提供しています。一応研究者なので、面白かった本や論文の紹介もします。


みんなの党の転換? [2012年12月21日(Fri)]
 時事通信の報道では、みんなの党の渡辺代表が来年の参院選での民主党との連携の可能性を示唆したそうです。

 みんなの党の渡辺喜美代表は21日の記者会見で、来年夏の参院選に関し「非自民のすみ分けが絶対的に必要になる」と重ねて強調、協力相手について「一番大きな固まりは民主党だ」と述べ、同党との候補者調整も検討する考えを明らかにした。
 渡辺氏は「民主党が全部(の選挙区に)出すと(衆院選の)二の舞いになる」と指摘。民主党が進めた消費増税など、みんなとの政策の違いについては「民主党の代表が次に誰になるのか着目する」と語り、同党の政策転換に期待を示した。 

 維新もみんなの党も自民党に飲み込まれていく危険を察知したのでしょうか。僕は、政策的には、そのように合流して自民党自体を乗っ取って新自由主義政党(党名は自由党がいい!)に純化させてもらうのがいいと思っていますが。

 いずれにしても、3年間、選挙後の政界再編を叫び続けてきたみんなの党が、ようやく、小選挙区制(参院選も一人区が29もある)のもとでは、選挙後には勝負がついていて、政界再編など起こりようがないということに気付いたのだとすればめでたいことです。

 しかし、みんなの党と民主党(さらには維新)とで自公政権に対して、どのような対抗軸を立てるのかが難しそうです。

 昨日、選挙結果と今後について共同通信と中日新聞から取材を受けましたが、僕が話したのは、安部政権がどのような路線になるかで二つシナリオが考えられるということです。

 一つは、安部政権が新自由主義を徹底する方向に行く場合で、その場合には、維新やみんなの党は路線が重なるので、むしろ一つの勢力になるだろうし、その方が望ましいと思われる。その場合には、数年がかりではあるが、民主党がそれに対する対抗軸として復活していく可能性が高まる。

 もう一つは、安部政権が、党内の既得権擁護派や公明党の抵抗で改革色を薄めていく場合で、その際には、維新やみんなの党が新自由主義的改革派として、民主党に代わって第二極になるだろう。民主党は部分的にそちらに合流するかもしれない。

 渡辺代表はどういうシナリオを描いて民主党との連携の可能性を言い出したかわかりませんが、かなり無理があるといわざるをえません。ともかく自民党にのみこまれるのを避けるということなら、今回の選挙前に維新などと連携を形成するべきでした。今更、という感じは否めませんが、とりあえず、みんなの党が小選挙区制の論理を理解始めたのだとすればいいことではあります。

 ただ、石原の存在もあって維新が自民党との連携に傾斜していること、渡辺代表が橋下との主導権争いで維新との連携が嫌だという報道があることを考えると、維新が自民党に近づくのをみて、みんなの党と民主党とで対抗軸を作ろうと考えたのかもしれません。それで勝てる可能性があるようには思えませんが。

 自公が3分の2を越えたことで(この責任は分裂した第三極にあります)、参議院選挙では政権はびくともしません。4年後の総選挙を見据えての第二極づくりの戦略を各党が考えるべきだと思います。参議院選挙の注目点は、そうした動きの兆しがみられるかどうかです。何の動きもなく、自公が惰性で勝利するという可能性の方が高いとは思いますが。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/785263
コメント
<< 2015年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ