CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2008年06月 | Main | 2008年08月»
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
J-PRO事務局
海岸パトロール1/24 (02/28) MW
海岸パトロール1/24 (01/29) J-PRO事務局
海岸パトロール3/15 (04/06) おかちゃん
海岸パトロール3/15 (04/06) J-PRO事務局
年末ご挨拶 (01/05) ねむ~。
年末ご挨拶 (12/31) J-PRO事務局
海岸パトロール11/30 (12/03) ごとう
海岸パトロール11/30 (12/01) J-PRO事務局
第15回全日本山岳スノーシューイング・レースin妙高 (02/20) 後藤
第15回全日本山岳スノーシューイング・レースin妙高 (02/19)
訓練リポートその5 [2008年07月31日(Thu)]

訓練は無事に終了クローバー




訓練には、

白子町夏期観光安全対策本部
千葉県水難救済会長生郡広域救難所
千葉県警茂原警察署
長生郡市広域市町村圏組合消防本部
関東小型船安全協会
銚子地区海の安全運動推進連絡会議
銚子海上保安部
NPO法人日本プロライフガード協会

の皆さんが参加、協力し、

そして、多くの観客の皆様、また、来賓の方々にお越しいただきました。
改めて感謝申し上げます。


今後の各機関の連携体制強化に繋がることとなったと感じます。



しかし、J−PROとして、課題や反省点は多々あり・・・・・・
今後も、訓練を重ね、各機関のご指導を仰ぎながら成長していきたいと思います。



Posted by J-PRO事務局 at 13:40 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(6) | トラックバック(0)
訓練リポートその4 [2008年07月31日(Thu)]

こちらは陸上訓練キラキラ

長生郡広域市町村圏組合消防本部北消防署救急隊による『心肺蘇生法訓練』


続いて、茂原警察署より『海辺における防犯指導』


そして、銚子海上保安部交通課による『平成20年度海の安全運動』についての説明。


最後に、銚子海上保安部警備救難課による、普段あまり目にすることのない『救難信号』の取り扱い訓練。
小型船舶用救難加工品である、信号紅炎という最も基本的な救難信号の取り扱い方法についての説明です。




Posted by J-PRO事務局 at 13:10 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
訓練リポートその3 [2008年07月31日(Thu)]

引き続きまして、海上保安庁巡視船かとり搭載の複合型ゴムボートと高速警備救難艇による捜索救助ボート

これらの搭載艇は警備警戒事案、違反船への乗り込みなど、小回りの効く性能を活かした業務にもあたっています。

そして搭載艇により沖合いにて救助された漂流者を、千葉県水難救済会長生郡広域救難所救助艇へ引継ぎ、海岸まで搬送走る


そして、通報を受けた消防救急隊及び警察への引継ぎです。



救助された漂流者は、救急隊に引き継がれ、救急車により最寄の医療機関へと搬送されます〓


Posted by J-PRO事務局 at 12:22 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
訓練リポートその2 [2008年07月14日(Mon)]

こちらはレスキューチューブ・レスキューボードによる漂流者救助訓練キラキラ
※写真が青く見づらくすみません・・・

サーフィン中にサーファー数名が沖に流され戻れなくなったという想定です走る



救助完了後は漂流想定者を警察へと引き渡します。

続いて、水上オートバイによる漂流者救助訓練ボート

Posted by J-PRO事務局 at 16:45 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
マリンレジャー海難救助訓練 [2008年07月14日(Mon)]

7月13日。



無事に、マリンレジャー海難救助訓練は終了しましたキラキラ

訓練の様子を一部ですが写真でご紹介していきたいと思いますカメラ

今日は訓練リポートその1。
少しずつアップしていく予定なので、みなさん、根気よくお待ちいただければ幸いです・・・すいません

午前9:00開始予定でしたが、濃霧により視程が悪く、1時間遅れでのスタートとなりました。



海難事故発生を想定し、『事故発生→情報伝達』の訓練からスタートですダッシュ


こちらは海上保安庁羽田航空基地所属のヘリコプターによる漂流者の吊り上げ救助訓練キラキラ飛行機

周囲の子供たちの目も輝きキラキラを増していました男の子女の子

ヘリコプターからワイヤーで降下し救助に向かったのは海上保安庁特殊救難隊員、『海猿』ですキラキラ

このヘリコプター、普段は羽田飛行場やパトロール中の大型巡視船から飛び立ち、空からの海上犯罪の監視、取り締まり、海上救助活動等を任務としています。




Posted by J-PRO事務局 at 15:47 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(1)
パトロール動画 [2008年07月03日(Thu)]

ご報告が遅れましたが、先日、日本財団の広報の方が視察に来られ、海岸パトロールに同行されました。

そしてその日の私たちの海岸パトロールの動画がYou TubeのNippon FoundationTVにてアップされていますカメラ

http://jp.youtube.com/NipponFoundationPR

海岸パトロールin九十九里浜〜Japanというタイトルです笑顔


ほんの一部ですが、お時間のあるときにでもぜひご覧下さいクローバー

Posted by J-PRO事務局 at 16:38 | お知らせ | この記事のURL | コメント(1) | トラックバック(0)
マリンレジャー海難訓練 [2008年07月03日(Thu)]

注意お知らせ注意


みなさんびっくり昨年度、台風接近により中止となってしまった【マリンレジャー海難訓練】

今年は7月13日(日)に実施予定ですキラキラ



1.日 時
   平成20年7月13日(日)
   陸上訓練 午前09時15分から午前09時50分
   洋上訓練 午後10時00分から午前11時15分
2.場 所
   千葉県長生郡白子町古所海水浴場

3.訓練主催  千葉県水難救済会
     共催  千葉県水難救済会長生郡広域救難所

4.参加機関、団体 (順不同)
   大網白里町
   白子町
   長生村
   一宮町
   千葉県水難救済会
   千葉県水難救済会長生郡広域救難所
   長生漁業協同組合
   特定非営利活動法人日本プロライフガード協会
   関東小型船安全協会千葉外房支部
   銚子地区海の安全運動推進連絡会議
   サーフィン組合
   消防団
   長生郡市広域市町村圏組合消防本部
   千葉県警察茂原警察署
   銚子海上保安部
   海上保安庁所属回転翼航空機
   海上保安庁所属潜水士

5.訓練内容
   仮想水難者を想定して、巡視艇及びヘリコプターからの救助訓練等を実施予定。

6.問合せ先
   千葉県水難救済会長生郡広域救難所
     住所:千葉県長生郡白子町幸治3145-1
         NPO法人日本プロライフガード協会内

     電話:0475-33-1011 
     FAX:0475-33-1331



様々な機関が参加し、連携をとりながら、心肺蘇生法展示訓練や救助資材による漂流者救助、ヘリコプターによる漂流者吊り上げ救助、防犯啓発活動などなどを実施する、普段あまり目にすることのできない訓練です。

みなさん、お誘い合わせの上、ぜひ訓練の様子を見に、古所海水浴場へお越しください。
お待ちしておりますキラキラ

   
   





Posted by J-PRO事務局 at 13:16 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(1)
海岸パトロール [2008年07月03日(Thu)]

6月29日 (日) 天気 雨傘


朝から雨、雨、雨、、、、、、、。
今日は海岸パトロール前期の最終日だというのに・・・・悲しい
雷強風波浪注意報まで発令されていますダッシュ


昨日のあの穏やかな雰囲気は一体どこへやら・・・といった感じでしょうか。

各海岸、観光客は少ないものの、サーファーは相変わらず多数泳ぐ

午後になると、だんだんと風までも加わり、サーフィンにはあまり向かない海上のコンディション。入れ込み数も減少・・・。


大網白里町中央海岸では、カイトサーフィンの光景キラキラ



風のあるときはウィンドサーフィンやカイトサーフィン。
風や波の無いときはスタンドアップパドルサーフィン。などなど・・・キラキラ

海外ではよく見られるスタイルですが、その日の天候や海のコンディションによって、その状況に合ったマリンスポーツを楽しむ。日本にもこうしたスタイルが定着し始めてきていることを実感します。

そして、みなさん注意
もちろん、マリンスポーツの基本にはライフセービングがあることをお忘れなく笑顔


足跡本日の南九十九里利用状況

海岸利用者 1285人  車両 957台

海岸パトロール [2008年07月03日(Thu)]

6月28日 (  天気 晴れ太陽のちくもり雲


朝から天気よく、各海岸、サーファーや家族で海を楽しむ姿が多く見られました男の子女の子

ワンちゃん犬も楽しそうに海を満喫笑顔

白子町中里海岸では地引き網の光景笑顔


パトロールとは別部隊のメンバーがお手伝いさせて頂きました笑顔


午後になると、くもり空に・・・悲しい

そして、白子町の海岸では、今年も砂風呂の光景が見られるようになりましたキラキラ




今日の波は穏やかで、物足りなさを感じるサーファーも多かったのではないでしょうか。

事故も無く、今日の南九十九里は、1日を通して穏やかな雰囲気が漂う土曜日でしたキラキラ


足跡本日の南九十九里利用状況

海岸利用者 3319人  車両 2212台