CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2007年05月 | Main | 2007年07月»
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
J-PRO事務局
海岸パトロール1/24 (02/28) MW
海岸パトロール1/24 (01/29) J-PRO事務局
海岸パトロール3/15 (04/06) おかちゃん
海岸パトロール3/15 (04/06) J-PRO事務局
年末ご挨拶 (01/05) ねむ~。
年末ご挨拶 (12/31) J-PRO事務局
海岸パトロール11/30 (12/03) ごとう
海岸パトロール11/30 (12/01) J-PRO事務局
第15回全日本山岳スノーシューイング・レースin妙高 (02/20) 後藤
第15回全日本山岳スノーシューイング・レースin妙高 (02/19)
海岸パトロール [2007年06月30日(Sat)]

6月30日 ( 天候 晴れ太陽


6月最後の土曜日。
各海岸、だんだんと海の家も完成に近づいて、夏が目の前に来ていることを改めて実感します。
花火のゴミも増えてきました花火

花火のゴミは、はだしで歩く砂浜では、ケガなどにもつながる危険なものです。
花火で遊んだら、火の始末をしっかりし、ゴミはきちんと持ち帰りましょうね。


大網白里町中央海岸では家族連れが多く見受けられましたが、目立っていたのはお子様だけでの遊泳や水遊びです。
お子様だけでの入水・遊泳を見かけた際は、安全指導を行っていますが、たとえ波打ち際でも、お子様だけでの遊泳・水遊びは大変危険です。
お子様から目を離さないことはもちろんのことですが、お子様が入水される際は、保護者の方も、お子様の手を取って近くで見守ってあげるようにしましょうね。


白子町古所海岸では、今年も砂風呂の光景を目にするようになりました。

この九十九里浜では、砂浜は、美容・健康などにも使われているのです。

同町中里海岸では、地曳網が行われており、大勢の人で賑わっていました。


その他海岸も、大きな問題なくパトロール終了です。


泳ぐ本日の南九十九里利用状況

海岸利用者 4740人  車両 2180台
海岸パトロール [2007年06月27日(Wed)]

6月24日 () 天候 くもり雲


時折、雨がポツポツ降るような曇り空の1日でしたが、各海岸昨日と変わらず入れ込みは多く海水浴を楽しむ姿が多く見受けられました泳ぐ


白子町剃金海岸ではカモメの大群を発見ダッシュ


長生村一松海岸で、釣りをしていた方の話によると「砂浜がなくなってきて、釣りのポイントも減ってしまった」とのことでした。
海岸侵食はこういったところにも影響しているんだとつくづく痛感しました困った


一宮町一宮海岸北側では、現在海岸工事が行われています。

波消ブロック離岸堤を復旧する工事です。
工事は6月から12月までの予定のようです。
作業中は大変危険ですので、特にサーファーのみなさん、近づかないよう十分ご注意下さいね注意


事故無くパトロール終了です。


泳ぐ本日の南九十九里利用状況

海岸利用者 4486人  車両 2047台




海岸パトロール [2007年06月27日(Wed)]

6月23日 ( 天候 晴れ太陽


今日も1日とにかく暑い海日和泳ぐ


今日は、各海岸家族連れで海を楽しむ姿が多く見られましたキラキラ

一宮町一宮海岸(志田下)ではサーフィンのコンテストが開催されており、海上も浜もサーファーで賑わっていました。

本日は、一宮海岸でフィンで手のひらを大きく切ってしまったサーファーの応急処置が1件。

その他は大きな問題なくパトロール終了しました。


泳ぐ本日の南九十九里利用状況

海岸利用者 5100名  車両 2689台



海岸パトロール [2007年06月17日(Sun)]

6月17日( 天候 晴れ太陽

昨日に引き続いての海日和の晴天太陽ですが、昨日に比べ風が冷たく気温は少々低めでした。それでも各海岸昨日に比べ入れ込み増!

各海岸、サーファーが入れ込みの大半を占めていました。
特に一宮町一宮海岸といすみ市太東海岸は海上でもサーファーが密集泳ぐ

パトロール中も海上のサーファー同士の接触を見かけることがありました。

これから夏に向けどんどん海岸の入れ込み数も多くなると思います。
みなさん注意くれぐれも事故のないよう、夏を、そして海を安全に楽しみましょうね笑顔


泳ぐ本日の南九十九里利用状況

海岸利用者 6205人  車両 3235台




海岸パトロール [2007年06月16日(Sat)]

6月16日 ( 天候 晴れ太陽

じっとしているだけで汗をかく・・・そんな暑さの土曜日。

各海岸、海水浴や釣り、サーフィン、日光浴などを楽しむ人で賑わい、海岸はもう夏の顔を見せています。

白子町古所海岸でアカエイの死骸を発見しました。体長は尾を含め1m程。

アカエイは日本を含む東アジアの沿岸域に広く分布しています。食用にもなりますが尾に毒のトゲがあるので充分注意しなければなりません。もし海で見かけても、近寄らないことがいちばんです。

背面に短いトゲが並んでおり、細長い尾の付け根付近には長いトゲを1本持っています。

この長いトゲが毒のトゲなのです。
毒トゲに触れると傷を受け、激痛が走ります。傷口周辺は腫れ、赤紫色に変色してきます。

もし刺されてしまったら、トゲが残っている場合はピンセットなどで取り除き、毒は搾り出します。ちょっと熱いと思うくらいのお湯で洗い流します。お湯が無ければ水でもかまいません。
そして早めに医療機関で治療を受けましょう。

同町五井海岸では、大きな離岸流(カレント)を発見注意

離岸流とは、海岸から沖へ向かう水の流れで、その潮筋にあるものはすべて沖へと流れてしまいます。もし、離岸流に巻き込まれてしまったら、そこから流れに逆らって岸へ向かうのではなく、海岸線と平行して横方向に泳ぎ離岸流を抜けてから岸へ向かって泳いで下さい。離岸流に逆らって泳げば泳ぐほど体力を消耗してしまいます。離岸流の幅はさほど広くは無いので、横に逃げることを覚えておくと良いでしょう。

午後になると大網白里町そして白子町の海岸では海水浴を楽しむ方々も増え、あまり沖には行かないように御協力を呼びかけました。


本日も事故も無くパトロール終了です。


泳ぐ本日の南九十九里利用状況

海岸利用者 4283人  車両 3181台







サーフタウンフェスタ [2007年06月13日(Wed)]

ご報告が遅れましたが・・・。

先日6月2日(土)〜6月10日(日)まで、いすみ市 太東・夷隅・大原海岸において、SURF TOWN FESTA 2007“Ocean! Our future with nature ”が開催され、ボディーボードやロングボードのコンテスト、各種イベントや講演・シンポジウムなどが行なわれました。
今年で4回目キラキラ
海岸を利用した各種イベント等を通して、地域経済の活性化、そして海のすばらしさや大切さを改めて実感できる内容となっております。

その中で、J−PROは、9日と10日に開催された小学生+保護者を対象にビーチで紙飛行機を飛ばすイベント飛行機とサーフィン教室泳ぐの救護員として、看護士のライフガードを派遣しました。


また、海の安全と海岸の環境問題についてお話できる時間を頂き、海岸ゴミの原因などを資料を使って説明し、子どもたちと共に考えてみました。(資料提供 NPEC)

貴重なお時間を頂いた海の学校のスタッフの皆さん、ありがとうございました。


そして、9日には福島大学助教授 奥本英樹氏を招いてのサーフツーリズム講演・シンポジウムが開催され、パネルディスカッション「サーフタウンでの暮らし方。自然とのふれあい。」に当協会事務局長がパネラーとして招かれ参加しました。約150名の方が来場しいすみ市の観光資源である海や自然について様々な意見が飛び交い活気のあるシンポジュウムとなりました。


Posted by J-PRO事務局 at 15:39 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
青色防犯パトロール講習 [2007年06月12日(Tue)]

6月9日(土)

千葉県茂原警察署の方にお越しいただき、J−PRO事務局講習室にて青色防犯パトロール講習を受講しました。


当協会の行なっている、青色回転灯を装備した自動車車による防犯パトロールのための講習です。
今回は更新と新規を含め11名が受講しました。
青色回転灯を点灯させて走行車するには、警察からの講習及び許可が必要となるのです。


みなさん、南九十九里に訪れた際、この車両を見かけたら、お気軽に声をかけて下さいね笑顔





Posted by J-PRO事務局 at 16:02 | 講習 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
海岸パトロール [2007年06月10日(Sun)]

6月10日 ( 天候 曇り雲時々雨傘


本日は、大雨、雷、洪水注意報や午後には大雨、洪水警報、雷注意報が発令され、1日不安定な天気でした。


視界が悪く10メートル先もあまり見えない状態も・・・。

お昼前くらいになると、海のあちこちに落雷雷雷雷
こういう状態の中、・・・さすがに海に入ってる人はいないだろう・・・と思いながらパトロールしていましたが、海上に数名のサーファーを発見しました。
雷は海にも落ちます。
こういった状況の中海に入っているのは大変危険なことです〓

たとえ雷雲が遠くにあったとしても、油断は禁物です注意
雷は必ずしもまっすぐ下に落ちるというわけではありません。斜めに広がって落ちることもあるのです。

雷の主な被害には、直撃と側撃というのがあります。
直撃とは、字の如く直接落雷に遭うこと。側撃とは、落ちた雷が、その周囲にいる人に被害を及ぼすことです。
例えば樹木に落雷した場合、その半径2m以上離れれば側撃を受ける可能性は低くなります。しかし海に落ちた場合、海水は塩水の為、電気の伝わりが良く、側撃を受ける可能性の範囲も広がってしまいます。

海岸で雷鳴を確認したら、雷鳴音の大小関係なく、早めに陸に上がるようにしましょう。
なるべく低姿勢で避難し、周囲に建物等が無ければ、車の中に避難する、パラソルや傘の下には入らない、等もポイントです。

午後からは天候も回復し、各海岸の入れ込みもだいぶ増えてきました。


天候は荒れ模様でしたが、本日も事故無くパトロール終了しました。


泳ぐ本日の南九十九里利用状況

海岸利用者 2186人  車両 1389台

海岸パトロール [2007年06月09日(Sat)]

6月9日 ( 天候 晴れ太陽時々曇り雲


本日、雷注意報発令。

各海岸、全体的に入れ込みは少なめでした。

毎週末サーファー等で賑わう一宮町一宮海岸も、今日は波が小さいせいか入れ込みは少なめ。


本日も事故も無くパトロール終了しました。


泳ぐ本日の南九十九里利用状況

海岸利用者 2578人   車両 1122台


会議 [2007年06月08日(Fri)]

ご報告が遅れましたが、先月5月29日(火)、J-PRO事務局にて、2007年7月15日に予定されておりますマリンレジャー海難訓練、そして海岸における総合的安全管理体制の構築のための会議が行なわれました。

参加機関 (順不同)

・白子町
・銚子海上保安部
・千葉県茂原警察署
・長生郡市広域市町村圏組合消防本部
・千葉県水難救済会
・千葉県水難救済会長生郡広域救難所
・NPO法人日本プロライフガード協会


2007年7月15日に白子町古所海岸において予定されておりますマリンレジャー海難訓練の詳細については後日またアップしますねキラキラ


現在の海岸及びその周辺地域においての様々な問題点を各関係機関にお話し、いろいろと貴重な意見も多々頂きました。
現段階で解決できるものではないので、これからも各関係機関と関係の強化を図りながら、そしてご指導を仰ぎながら、少しずつ問題解決に向かって進んでいきたいと思います。



Posted by J-PRO事務局 at 13:31 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ