CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
コミセンとの連絡会 [2018年11月27日(Tue)]
皆さま、こんにちは。
さて、29日の支援ミーティングでは11月に広島県坂町や岡山県倉敷市に行かれた方々からの報告の予定です。
また、12月5日(水)には8月13日〜19日の間、坂町の小屋浦小学校避難所で活動をされた松江のNPO法人の方から報告があります。今回、ボランティアバスでお世話になった被災地NGO協働センターさんの活動現場でのボランティア活動です。
その報告は当センターが毎年開催する「コミュニティセンターとの連絡会」でしていてただきます。避難所での生活や段ボールベッドづくりなど被災者に寄り添った活動のお話しの予定です。広く災害支援を考える方々にも聞いていただけたらと思います。参加を希望される方はセンターまでご連絡ください。
被災地NGO協働センターさんは、今も仮設住宅の方々へ支援を行っておられます。30日には長期ボランティアの方々用にこちらで用意した布団を引き取りに来セン予定です。
活動の詳細はhttp://ngo-kyodo.org/

平成30年度 コミュニティセンターとの連絡会
日時:平成30年12月5日(水)14時〜16時
場所:出雲市総合ボランティアセンター
内容:・センターの事業内容について
   ・20周年記念企画 7月豪雨災害
    坂町小屋浦小学校避難所での活動報告
   ・グループに分かれての意見交換

更新:MK
「いずもボランティア図鑑2018」クラウドファンディングで支援募集中です。
https://readyfor.jp/projects/izuvolun
ボランティア交流きらきらパーティー [2018年11月26日(Mon)]
みなさまこんにちは(^-^)
ボランティアウィークも最終日をむかえます。
23日はボランティアさん同士の交流を目的とした「きらきらパーティー」 を開催しました。
11月28日でセンター設立から20年になります。
そこで、過去20年間の活動をふりかえり、今後の期待についてもお話がありました。
センターを設立された川本アドバイザーからも設立時のきっかけや想い等、お話をしていただきました。
また、運営委員のみなさまより20年間の感謝の意を込めて、事務局長と設立時よりセンターで働いておられるコーディネーターに感謝状と花束を贈呈されました。いつも本当にありがとうございます。
お楽しみ企画では、音楽を通して音楽療育活動及び人形劇活動を年間約100公演されておられる団体登録「えくぼ」さんより、活動のきっかけや想い、活動内容をお話ししていただきました。最後にはピコ太郎の音楽に合わせて人形劇も披露していただき、楽しませていただきました。

懇談では11日のフェスタにご参加いただいた市民の方よりお野菜をいただき、幼小中学校などで食育の活動をされている「食のボランティアえがおの会」さんが、そのお野菜と地産地消の食材を使ってサラダ、豚汁、生姜ご飯をを提供して下さりました。また、市民の方より手作りデザートの差し入れもいただき、みなさんで歓談しながら美味しくいただきました。

参加された方の中から、「ボランティアセンターを通して、昔おりがみを教えていた方と再会し、『ありがとうございました』という言葉をいただきました。」との言葉もありました。

これからも、ボランティアを通して多くの方が「ありがとうがつながって」いくことを祈っています。ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました(^-^)

更新:C.N
「いずもボランティア図鑑2018」クラウドファンディングで支援募集中です。
https://readyfor.jp/projects/izuvolun

きらきら1.jpg

きらきら2.jpg

きらきら4.jpg

きらきら5.jpg

きらきら6.jpg

きらきら7.jpg
出雲市総合ボラセンのあゆみ(No3) [2018年11月23日(Fri)]
今日はセンター5周年から10周年にかけてのあゆみです。この期間に現在は当たり前になった障がいのある子どもたちへの支援事業を始め、出雲での災害ボランティアセンターのマニュアルづくりが行われました。
そして「出雲市災害ボランティアマニュアル」完成のあと、平成18年7月豪雨災害で出雲市災害ボランティアセンターが初めて立ち上がり1390名の災害ボランティアが活動しました。
その後の新潟県中越沖地震では県外の被災地支援活動が本格化しました。また、10周年を迎えるにあたりセンター登録のボランティアが集まった「センターの今後のあり方検討会」でボランティアセンターの原点を確認し合いました。
この5年間はセンターの基盤づくりの期間であったと思います。

更新:MK
「いずもボランティア図鑑2018」クラウドファンディングで支援募集中です。
https://readyfor.jp/projects/izuvolun

あゆみNo3.jpg

センター原点.jpg
生け花でボランティア [2018年11月22日(Thu)]
今日は、明日のきらきらパーティー(食堂)のために、センター登録団体生け花ボランティア「ひなげしの会」さんがお花を生けてくださいました。先般のフェスタでも会場にお花があちあこちらに置いてあり、中山先生もとても感動してくださいました。
「ひなげしの会」さんには、いつもセンター入口にお花を生けていただいて来センされる方々に暖かい気持ちになってもらっています。明日のパーティーは、参加されるボランティアの方も、お話しをされる「えくぼ」の方も、料理をしていただく食のボランティアえがおの会さんも、食材を提供していただいた方も、お花を生けていただいた「ひなげしの会」さんも皆が暖かい気持ちで楽しんでもらえたらと思います。皆さん本当にありがとうございます!!

更新:MK
「いずもボランティア図鑑2018」クラウドファンディングで支援募集中です。
https://readyfor.jp/projects/izuvolun

お花.JPG
野菜でつながる”ありがとう” [2018年11月21日(Wed)]
久しぶりの良い天気になりましたね。
さて、明後日のきらきらパーティー(きらきら食堂)用にと、先日のフェスタにご参加いただいた市民の方より野菜をいただきました。本当にありがとうございました!!
今日、食のボランティアえがおの会さんが引き取りにこられます。どんなメニューに変わるのか?とても楽しみです!!まだ、参加申し込み受け付けています。お子様もOKですのでぜひご参加ください。
また、今回のフェスタに参加した県大の学生の方々があるプロジェクトを考えておられるようです。こちらも楽しみです!!
いろいろなところで「ありがとうがつながって・・・」いけば良いですね。

更新:MK
「いずもボランティア図鑑2018」クラウドファンディングで支援募集中です。
https://readyfor.jp/projects/izuvolun

野菜.jpg
出雲での災害ボランティアの始まり [2018年11月20日(Tue)]
今から17年前、平成13年に出雲市総合ボランティアセンターとしての災害ボランティアセンター立上げ訓練や災害時支援が始まりました。その年の3月24日に瀬戸内海の安芸灘で発生した震度6弱の地震により呉市ではくれ災害ボランティアセンターが立ち上がりました。
今は7月豪雨災害でくれ災害ボラセンが立ち上がっていますが、当時から市民団体と社協と行政が一体となって迅速かつ柔軟な体制で被災者支援を行っていました。
その年の9月1日には、出雲市で初めて出雲市防災訓練の中に災害ボランティアセンター訓練が組み込まれ、センター登録団体、個人と出雲市社協、行政が一体となって訓練を行い、現在まで続いています。
そして、12月には「災害ボランティア振興フォーラム」を開催し、くれ災害ボラセンの立上げ機関である市民団体と呉市社協、呉市の担当職員の方を招いて、災害ボラセンの立上げから、三者での協働の大切さを学びました。
当時は、まだ「災害ボランティア」は一般的ではなく、参加者も多くはありませんでしたが、今日の出雲市災害ボラセンや当センターの災害支援のあり方の指針となったフォーラムでした。
7月豪雨災害のくれ災害ボラセンは11月1日より呉市社協ボラセンに移行されました。引き続き、細やかな復興支援が続くことを願います。

更新:MK
「いずもボランティア図鑑2018」クラウドファンディングで支援募集中です。市民の方より支援いただいてます。本当にありがとうございます!
https://readyfor.jp/projects/izuvolun

災ボラフォーラム.jpg

初災害ボラセン訓練.jpg
豪雨災害支援ミーティング&支援布団 [2018年11月19日(Mon)]
皆さま、こんにちは。昨日、7月豪雨災害の支援団体へ追加で提供予定の布団と毛布をいただき、11月30日に提供先の支援団体の方が引き取りに来てくれることになりました。
そして、前日29日に第6回目の支援ミーティングを開催いたします。岡山の倉敷市、広島の坂町をはじめ、農業支援の話などを予定しています。どなたでも参加できます!!当日参加もOKですが、資料の関係もあり事前にご連絡いただくと喜びます。
あと、市民の方からの情報提供で復興に向けて任期付職員を募集中です。受付は21日の17時までなので、興味のある方はお早めに。https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/recruit/30ninkituki.html

更新:MK
「いずもボランティア図鑑2018」クラウドファンディングで支援募集中です。スタジィさん支援ありがとうございます!
https://readyfor.jp/projects/izuvolun

支援布団追加.JPG
ボランティアセンターの工夫 [2018年11月18日(Sun)]
前回のボランティアルームの工夫に続き、今回はセンター自体の工夫をいくつか紹介します。
・ルーム利用時の申請書と報告書は一枚紙の裏表でOK!
日中、仕事などでセンターに出向くことができないボランティアの方も多いです。電話一本で予約し当日来センで完了します。
・センター事務所もガラス張りにし、対面式でスタッフが対応します!
これは、初代センター長の本職が地域密着型の郵便局長だったので、来センされる市民に即対応できるように考えられました。
・スタッフもボランティアも同じ仲間!
有償のスタッフも無償のボランティアも一緒により良いセンターを目指して、お互いできることを助け合って進めます。

これらは、センター立上げ時に尽力された方々がボランティアの立場でボランティアに使いやすいように考えられました。そして、これからに向けて改善や変更もまた、ボランティアによって主体的に行われることを信じています。

更新:MK
「いずもボランティア図鑑2018」クラウドファンディングで支援募集中です。
https://readyfor.jp/projects/izuvolun

事務所.jpg
きらきら食堂 [2018年11月17日(Sat)]
朝晩冷え込んできましたね。
さて、先週のフェスタでパネリストや一口試食でお世話になった食のボランティアえがおの会さんに調理をお願いしてウィーク最後に開催する「きらきらパーティー」を開催します。
フェスタでもコミュニティカフェや子ども食堂の話がありましたが、このパーティーも「きらきら食堂」として食をとおしてみんなが交流できたらと思います。
今年多発した災害に関わったボランティアの方々も様々な分野の方々に被災地での経験や想いをお話ししてください!どなたでも参加できます。お子さんも大歓迎です!!

20周年記念ボランティアウィーク*きらきらパーティー(きらきら食堂)
日時:11月23日(金・祝日)11:00〜13:00
場所:出雲市総合ボランティアセンター(出雲体育館内)
内容:センター20年をふりかえって&
   団体登録 えくぼ 代表/荒木仁さんのお話
   年間100公演の人形劇等の活動をされるえくぼさんの想いやきっかけ
   &ボランティア同士の交流会
会費:300円  
※ご希望の方は、FAXまたは、TEL・メール等にてセンターまで。
申し込み締め切り:11月20日(火)

更新:MK
「いずもボランティア図鑑2018」クラウドファンディングで支援募集中です。
https://readyfor.jp/projects/izuvolun

えがおの会.jpg

きらきらP.jpg
幼稚園小学校と地域からの支援米 [2018年11月16日(Fri)]

皆さま、おはようございます。昨日は朝山コミュニティセンターで朝山幼稚園、小学校5年生、地域の方々から支援米の贈呈式がありました。先ずは子どもたちからは地域の方々に「お米作りを教えてくれてありがとう」と感謝状と出来たお米が送られました。
そのあと、子どもたちと地域の方々から作ったお米を東日本大震災の被災地と7月豪雨災害で被災した広島県坂町へ届けてくださいと贈呈を受けました。
ボラセンからは豪雨災害の支援活動の写真を見せながら、出雲からのあたたかい気持ちが被災され方々に届けますとお伝えしました。子どもたちは真剣な眼差しで聞き、質問も沢山してくれました。最後に子どもたち自らが車にお米を積んでいただき、本当にありがとうございました!!

更新:MK
「いずもボランティア図鑑2018」クラウドファンディングで支援募集中です。
https://readyfor.jp/projects/izuvolun

支援米1.JPG

支援米3.JPG
| 次へ