CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2019年08月 | Main | 2019年10月»
プロフィール

出雲弥生の森博物館さんの画像
出雲弥生の森博物館
プロフィール
ブログ
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
出雲弥生の森博物館職員
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/19) まるまど
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/18) 出雲弥生の森博物館職員
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/11) まるまど
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/10) 出雲弥生の森博物館職員
第1回夏休み体験教室開催! (07/30) まるまど
第1回夏休み体験教室開催! (07/29) 出雲弥生の森博物館職員
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/23) 出雲国風土記
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/10) 出雲弥生の森博物館職員
博物館を面白くするアイデア!? (05/22) アルビくん
博物館を面白くするアイデア!? (05/21)
リンク集
〜速報展「『仁』県内初例の刻書文字ー高西遺跡の調査からー」を開催します!〜 [2019年09月30日(Mon)]

 2017(平成29)年度に実施した高西遺跡(出雲市塩冶町)の調査成果を展示します。
 今回の調査は、島根大学医学部の北側から出雲市駅西側に向けて整備中の医大前新町線道路工事に伴う発掘調査です。
 出土した土器を整理した時、須恵器の内側に、漢字の「仁」と刻まれていることがわかりました。
 この須恵器は、8世紀前半頃に作られたもので、焼成後に刃物で文字が刻まれたと考えられます。「仁」という文字が見つかったのは、島根県内では初めてです。
 この土器のほか、中世の稲の品種が書かれた荷札木簡や、弥生時代の土器などの出土品も展示します。発掘で見つかった文字「仁」から塩冶地域の歴史を考えます。


「仁」と刻まれた須恵器.jpg

「仁」と刻まれた須恵器



【開催期間】
  10月2日(水)〜2月3日(月)


参考サイト
博物館ホームページ

〜もうすぐ「館長講座」が始まります!〜 [2019年09月26日(Thu)]

「館長講座」とは…
 出雲の歴史について、当館の館長が、ここでしか聞けないお話をする講座です。
 今回は、「モノから歴史をひも解く」をテーマに、3回シリーズで開催します♪
 個々の講座だけでも受講いただけます!

 第1回は、9月28日(土)に開催します♪
 予約はまだまだ受け付けております☆


【第1回】 9月28日(土)
  演 題:「戦争記念物から出雲の近代史をひも解く」

斐川日清日露戦争記念碑.JPG

斐川日清日露戦争記念碑



【第2回】 11月23日(土)
  演 題:「瓦から島根の歴史をひも解く」

備後の瓦工人が出雲で瓦づくり!.jpg

備後の瓦工人が出雲で瓦づくり!



【第3回】 1月25日(土)
  演 題:「須恵器から山陰の歴史をひも解く」

はそうを覗くと歴史がみえる?.jpg

はそうを覗くと歴史がみえる?



【共通事項】
  講 師  花谷 浩
  時 間  14:00〜16:00
  定 員  各回 100名 
  受講料  各回 300円
  申込方法 TEL 0853−25−1841
       FAX 0853−21−6617
        ※博物館ホームページから、「申込用紙」「しまね電子サービス」で申し込むこともできます。


 みなさんのご来館を、お待ちしています☆


参考サイト
博物館ホームページ
・ブログ記事「昨年度の講座のようす」


〜市民ギャラリー「「出雲のイナズマ」里見香奈女流棋士の栄光の足跡」を開催します!〜 [2019年09月26日(Thu)]

 今回は、「里見香奈杯争奪出雲弥生の森ジュニア将棋大会実行委員会」による展示です。

 展示のタイトルは、「出雲のイナズマ」里見香奈女流棋士の栄光の足跡!
 「出雲のイナズマ」こと、出雲市出身の里見香奈女流棋士。将棋界での活躍を、10連覇中の女流名人戦の模様を掲載した新聞記事等で紹介します♪

 この機会にぜひ、ご来館ください!

【開催期間】
 10月2日(水)〜14日(月・祝)


参考サイト
博物館ホームページ

〜「雲州遺跡発見伝〜遺跡調査のいま・むかし〜」を開催しました!〜 [2019年09月20日(Fri)]

 9月14日、夏季企画展関連シンポジウム「雲州遺跡発見伝〜遺跡調査のいま・むかし〜」を開催しました。

 第1部では、3名の講師により基調報告がおこなわれました。

 まず当館の花谷浩館長が、「出雲の近代化と遺跡発見」と題し、明治・大正時代に収集され、現在当館に保管されている“長谷川コレクション”の土器や石器の意義や、発見の背景にある島根の近代化について解説しました。


花谷館長.JPG

花谷 浩 館長


 元島根県古代文化センター長の西尾克己氏は、「出雲平野の発掘史」と題して、戦後間もない頃の調査の様子や、島根の考古学をリードしてきた人物を紹介されました。


西尾氏.JPG

西尾 克己 氏


 荒神谷博物館学芸顧問の平野芳英氏は、「荒神谷発見以後の文化財保護・活用について」と題して、主に県内の博物館整備の歴史や現状の課題などを解説されました。


平野氏.JPG

平野 芳英 氏


 第2部の座談会では、3名の講師が、これまでの遺跡調査や展示に関わるエピソードなどを、時折笑いも交えながら数多く語られました。


座談会.JPG

座談会


 シンポジウムには71名の皆様が参加し、熱心に耳を傾けていました。

 関連シンポジウムは終了しましたが、夏季企画展は、9月30日(月)まで開催しています。

 みなさまのご来館を、お待ちしています♪


参考サイト
博物館ホームページ

〜「第10回 弥生の森 お月見コンサート」開催まであとわずか!〜 [2019年09月20日(Fri)]

 博物館の応援団体「弥生の森おおつ」が主催する「弥生の森 お月見コンサート」がまもなく開催します!

 今年は10回目を記念し、県外から出雲市出身のヴァイオリニストの 伊藤 眞美さんと、ソプラノ歌手の いたくら まなみさんが出演☆

 また、地元音楽家の三味線、フルート、ギター、ピアノの演奏もあります!

 秋の一夜、お月見と素敵な演奏で、癒しのひとときを過ごしてみませんか♪

 ◆日 時  
  9月23日(月・祝)
  18:00〜20:30
 ◆場 所
   出雲弥生の森博物館
 ◆チケット(中学生以下、無料)
   前売券 500円
   当日券 700円
 ◆販売所
   くるみ市
   大津コミュニティセンター
   出雲弥生の森博物館
 ◆おたずね
   くるみ市 鐘推さん
    TEL:090−4800−2835


写真@.JPG

写真A.JPG

昨年のコンサートのようす
〜出雲市立斐川西中学校「職場体験学習」〜 [2019年09月18日(Wed)]

 9月11日(水)から13日(金)の3日間、
 出雲市立斐川西中学校の高橋 成登(たかはし なると)さんが、当館に職場体験にいらっしゃいました。

【職場体験の3日間をとおして】 文章:高橋 成登

 今回の職場体験では、数多くの普段では体験できないようなことをしました。

 初日は古墳の看板掃除をしたり、古墳の見学をしました。あまり古墳の中に入ったことがなかったので、とても楽しみにしていました。行った古墳の数は3つあり、今市大念寺古墳と上塩冶築山古墳、上塩冶地蔵山古墳に行きました。どれも国の史跡に指定されています。

 上塩冶築山古墳はとても大きい石棺があり、そこに埋葬された人は、「出雲を支配していた人ではないか」と言われています。また、金の冠や銀の馬具などが発見されています。


4.JPG

上塩治築山古墳の見学


 2日目は、午前に遺物の整理をしました。
 そこでは、実際に展示する土器の穴をふさいだり、拓本体験をしました。


3.JPG

土器の穴をふさぐ


5.JPG

拓本


 午後からは、発掘調査の現場に行きました。何か見つからないかなと思い探しましたが、見つかりませんでした。発掘調査は穴を掘り続けることが必要なので、とても大変な作業です。でも、そのときに思ったことがあります。遺跡や古墳は、意外といろいろな場所にあるんだな。自分の家の近くにもあるかもしれません。


1.JPG

発掘調査


 3日目は史跡公園の除草を行いました。とても大変ですが、月に1回、職員の方もやっているそうです。その後、勾玉を作る体験をしました。人気の体験の一つで子どもから大人まで楽しめて、話によると大人の男性が特に熱中するそうです。とても良い思い出作りになりました。

 この3日間とても楽しかったです。なので是非、出雲弥生の森博物館に来てください!


参考サイト
博物館ホームページ
〜「体験メニュー料金」を改定します!〜 [2019年09月04日(Wed)]

 消費税法等の一部改正に伴い、令和元年10月1日から、出雲弥生の森博物館の体験メニュー料金を改定いたします。改定内容は次のとおりです。


体験メニュー料金改定.png



 ご理解のほど、よろしくお願いいたします。


参考サイト
博物館ホームページ

〜『よすみちゃんのうた』好評公開中!〜 [2019年09月04日(Wed)]

 『よすみちゃんのうた』は、第10回記念 出雲弥生の森まつり2019の、「X+(えくすと)」ライブで、初披露☆(詳しくはこちらをご覧ください)

 この動画では、よすみちゃんのお仕事風景や、歌に合わせて体をゆらす愛らしい姿をみることができます♪


ここで改めて、よすみちゃんの紹介をします!

クリックすると大きくなるよ♪

よすみちゃん解剖図.png



 「青い勾玉」「四隅突出型墳丘墓」という言葉は、歌のフレーズにもでできます!

 この機会にぜひ、「よすみちゃんのうた」をご覧ください♪


参考サイト
博物館ホームページ
動画「よすみちゃんのうた」
〜体験「鉄師の里をめぐる 〜よみがえる田儀櫻井家墓地〜」を開催します!〜 [2019年09月03日(Tue)]

 出雲西部一帯で、たたら製鉄を約250年にわたって営んだ「田儀櫻井家」。

 その櫻井家が約150年間操業した「越堂たたら」の跡と、たたら製鉄の中心地であった「宮本鍛冶山内遺跡」を巡ります。また、海星と鉄の町として往時の姿を残す「口田儀のまち」のまち歩きも行います。

 宮本鍛冶山内遺跡では、歴代の当主が眠る墓地の修復を行っています。修復や調査の過程で得られた最新の成果を、案内人が詳しく熱く解説します!

 みなさんのご参加、お待ちしています♪


 ◆日 時   10月5日(土)
         @9:50〜  A12:30〜
          ※少雨決行・雨天中止です
          (中止の場合は、ブログでお知らせします)
 ◆参加費   無料
 ◆申し込み  不要
 ◆集合場所  越堂たたら跡隣接地(出雲市多伎町口田儀898)
 ◆おたずね  出雲市役所文化財課(博物館内)
         電話:0853−21−6893
         FAX:0853ー21−6617
 ◆注 意   ・歩きやすい服装と靴でお越しください
        ・虫よけスプレーや飲み物の持参をおすすめします
        ・集合場所からはマイクロバスで移動します(運賃無料)
        ・見学地の一部は携帯電話の電波が届きません



田儀櫻井家墓地と智光院.jpg

田儀櫻井家墓地と智光院


〜「第3回 職員リレー講座」を開催しました!〜 [2019年09月02日(Mon)]

 職員リレー講座は、出雲市の文化財や歴史、最新の発掘調査成果について、文化財課の職員がわかりやすく解説する講座です。

 第3回は、8月24日(土)に「出雲における弥生・古墳時代の埋葬儀礼」と題して、坂本 豊治 学芸員 を講師に開催しました。

 初めに坂本 学芸員が考える古墳時代の埋葬儀礼のプログラムを説明し、続いて全国の事例紹介や出雲市にある国富中村古墳や西谷3号墓の研究成果を、わかりやすく解説しました。  
受講者は熱心にメモをとりながら聴講しており、関心の高い講座となりました!


講座の様子(第3回).JPG

講座のようす



 職員リレー講座は、今回で終了しましたが、まだまだ博物館の講座は続きます!

 まず、現在開催中の夏季企画展「出雲の発掘350年史」の関連シンポジウム「雲州遺跡発見伝」9月14日(土)に開催します。(詳しくはこちらをご覧ください。)

 続いて、当館でしか聞けない貴重なお話が聞ける館長講座を開催します。今回は、「モノから歴史をひも解く」シリーズとして、9月28日(土)の第1回をかわきりに、全3回シリーズで開催します。(詳しくはこちらをご覧ください。)

 いずれの講座も、大変興味深い話が聞けると思います。

 ぜひ、ご参加ください!


参考サイト
博物館ホームページ