CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2018年12月 | Main | 2019年02月»
プロフィール

出雲弥生の森博物館さんの画像
出雲弥生の森博物館
プロフィール
ブログ
<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
出雲弥生の森博物館職員
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/19) まるまど
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/18) 出雲弥生の森博物館職員
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/11) まるまど
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/10) 出雲弥生の森博物館職員
第1回夏休み体験教室開催! (07/30) まるまど
第1回夏休み体験教室開催! (07/29) 出雲弥生の森博物館職員
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/23) 出雲国風土記
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/10) 出雲弥生の森博物館職員
博物館を面白くするアイデア!? (05/22) アルビくん
博物館を面白くするアイデア!? (05/21)
リンク集
〜体験「よすみちゃん おりがみ教室 ひな祭りスタンド&ランドセル バージョン」を開催します!〜 [2019年01月24日(Thu)]

 春は「ひな祭り」に「入学式」・・・♪
 今回の「よすみちゃん おりがみ教室」では、「ひな祭りスタンド」と大きな“おりがみ”を使って「ランドセル」をつくります!
 博物館スタッフと一緒に楽しい時間を過ごしましょう!

 ◆日 時  2月17日(日)10:00〜11:30
                  14:00〜15:30
        ※各回とも、「ひな祭りスタンド」と「ランドセル」をつくります。
 ◆場 所  出雲弥生の森博物館 実習室
 ◆参加費  無料
 ◆定 員  各回10名(保護者含む)
 ◆申込み  事前に、電話でお申込ください。
        TEL 0853−25−1841
 ◆その他  小学生以下のお子さんは、保護者同伴でお願いします。
チラシ.png
 出雲弥生の森博物館ホームページ
  ⇒http://www.city.izumo.shimane.jp/yayoinomori
〜ギャラリー展関連講座Aを開催しました!〜 [2019年01月17日(Thu)]

 1月12日(土)、好評開催中のギャラリー展「はかりの歴史−世界とつながる島根のおもり−」の関連講座として、考古学専門の 堀 晄 先生(田和山サポートクラブ副会長・元古代オリエント博物館研究部長)をお招きし、「中央アジアの分銅を探る」と題した講演をしていただきました。
 堀先生は、中央アジア周辺から出土した石製や青銅、鉛製の取手がついた下げ振りのようなものを天秤ばかりのおもりと推定された考古学者です。それらを電子ばかりで計量してまわり、8.6gを基準とする計量システムがあったことを世界ではじめて発表されました。講演では、世界を飛び回って研究を進めた時の出来事などを紹介しながら、世界最古の分銅についてわかりやすく話されました。今のところ、6000年前の中央アジアの分銅が世界最古ですが、その周辺と交易をしていることから、今後、メソポタミアやインダスでも6000年前の分銅が出土する可能性があるだろうと説明されました。
 講座には51名の方が参加し、皆さん熱心に聴講していました。
 中央アジアを対象とした講座は、当館では初めての試みでした。今後も、世界を視野にいれた展示や講座も開催していきたいと思います。

DSC_0098 - コピー.JPG
堀 晄 先生

DSC_0080 - コピー.JPG
講座の様子

 ギャラリー展は、2月25日(月)までです。
 また、展示のみどころをわかりやく解説するギャラリートークを、1月20日(日)と
2月9日(土)いずれも10時から開催します。
 ぜひ、来館ください。

 出雲弥生の森博物館ホームページ
  ⇒http://www.city.izumo.shimane.jp/yayinomori

〜ギャラリー展関連講座を開催しました!〜 [2019年01月07日(Mon)]

 昨年の12月22日(土)、好評開催中のギャラリー展「はかりの歴史−世界とつながる島根のおもり−」の関連講座として、考古学を専門とされる森本 晋 先生(奈良文化財研究所企画調整部長)をお招きし、「考古学から見たはかりのおもり−日本の事例−」と題した講演をしていただきました。
 森本先生は、大阪府にある亀井遺跡で出土した石製品11点を、31年の時を経て、弥生時代(約2000年前)の天秤ばかりのおもり(石製分銅)であることを最初に指摘された先生です。
 講演では、3000年前から天秤ばかりが使用されていたことを世界各地の絵画から紹介し、そして、日本の天秤ばかりのおもりの特徴について説明されました。
 亀井遺跡の分銅はまとまって出土した点が重要で、「8.7g」を基準とし、その2倍・4倍・16倍・32倍の重さになるように作られていることや、島根県江津市古八幡付近遺跡の分銅は、亀井遺跡の基準値の32倍の重さに近いが、誤差が大きいため異なる基準で作られた可能性があることを話されました。
 講座には53名の方が参加され、皆さん熱心に聴講していました。

DSC_0092.JPG

 ギャラリー展の展示期間は、2月25日(月)までです。
 1月12日(土)14時からは、堀 晄 先生(元古代オリエント博物館研究部長)をお招きし、関連講座「中央アジアの分銅(6000〜3500年前)を探る」を開催します。
 また、展示のみどころをわかりやく解説するギャラリートークを1月20日(日)と2月9日(土)のいずれも10時から開催します。
 ぜひ、来館ください。

 出雲弥生の森博物館ホームページ
  ⇒http://www.city.izumo.shimane.jp/yayoinomori

〜あけましておめでとうございます〜 [2019年01月01日(Tue)]

 出雲弥生の森博物館は、多くの皆さまにご愛顧いただき、今年4月で開館9周年を迎えます。

 今後も、展示・講座・イベントなどを通じて、古代出雲の魅力を広く情報発信していきます。

 本年も出雲弥生の森博物館をよろしくお願いいたします。

年始.jpg


 【開館日】
   1月4日(金)から開館します。
    ※休館日:毎週火曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始

 【展 示】
   ミニ企画展:出雲を掘る 第7話「小山遺跡−発見から70年−」
   ギャラリー展:はかりの歴史−世界とつながる島根のおもり−
   速報展:石に願いを−出雲大社境内遺跡の調査から−
   市民ギャラリー:布澄会パッチワークキルト展

 出雲弥生の森博物館ホームページ
  ⇒http://www.city.izumo.shimane.jp/yayoinomori