CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2017年10月 | Main | 2017年12月»
プロフィール

出雲弥生の森博物館さんの画像
出雲弥生の森博物館
プロフィール
ブログ
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
出雲弥生の森博物館職員
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/19) まるまど
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/18) 出雲弥生の森博物館職員
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/11) まるまど
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/10) 出雲弥生の森博物館職員
第1回夏休み体験教室開催! (07/30) まるまど
第1回夏休み体験教室開催! (07/29) 出雲弥生の森博物館職員
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/23) 出雲国風土記
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/10) 出雲弥生の森博物館職員
博物館を面白くするアイデア!? (05/22) アルビくん
博物館を面白くするアイデア!? (05/21)
リンク集
〜出商デパートで体験教室を開きます〜 [2017年11月30日(Thu)]

 出商デパートが、12月2日(土)・3日(日)に開催されます。

  H29 出商デパートチラシ.jpg

 出商デパートの「出商100周年記念イベント」では、出雲弥生の森博物館の勾玉づくり体験と缶バッジづくり体験を行います。
 また、ちびっこ広場では保育園児による当館のマスコットキャラクター「よすみちゃん」のぬりえなども展示しています。
 会場内で「よすみちゃん」に出会えるかも!出商デパートでお待ちしております!

 よすみちゃん(赤).png

 島根県立出雲商業高等学校創立100周年 おめでとうございます。

 出雲商業のHP ⇒http://www.shimanet.ed.jp/izusho



まもなく終了!速報展「白枝荒神遺跡の発掘調査〜市内初の中国鏡出土〜」 [2017年11月27日(Mon)]

 現在、開催中の速報展「白枝荒神遺跡の発掘調査〜市内初の中国鏡出土〜」の会期が残りわずかとなりました。

 開催期間:11月8日(水)〜12月4日(月)

 H29速報展「白枝荒神遺跡」ポスター.jpg

 今年度、発掘調査を実施した白枝荒神遺跡(出雲市白枝町ほか)から、出雲市内で初めて中国鏡が発見されました。また、白枝荒神遺跡は弥生時代を中心とする集落遺跡であり、弥生時代の遺跡からの中国鏡発見は島根県内でも初めてです。

 H29速報展「白枝荒神遺跡」.jpg
               出土した中国鏡

 出土した中国鏡は、1世紀後半ごろに中国(当時は後漢)で作られたもので、意図的に割られた破片(破鏡)の状態で発見されました。
 今回の展示では、中国鏡をはじめとする白枝荒神遺跡の発掘調査の成果をご紹介しています。ぜひご覧ください。

 博物館ホームページ
  ⇒ http://www.city.izumo.shimane.jp/yayoinomori




〜速報展「白枝荒神遺跡の発掘調査〜市内初の中国鏡出土〜」ギャラリートークを開催しました〜 [2017年11月13日(Mon)]

 11月11日(土)10時から、現在開催中の速報展「白枝荒神遺跡の発掘調査〜市内初の中国鏡出土〜」のギャラリートークを開催し、10名の方にご参加いただきました。

 IMG_0382.jpg

 ギャラリートークでは、弥生時代の白枝荒神遺跡が交易の拠点となるとても重要なムラであったと考えられることなどを、中国鏡などの出土品とともに発掘担当者が説明しました。ギャラリートーク終了後、参加された方からはたくさんのご質問をいただき、今回の中国鏡発見に関する関心の高さがうかがえました。

 速報展「白枝荒神遺跡の発掘調査〜市内初の中国鏡出土〜」
 開催期間:11月8日(水)〜12月4日(月)

 H29速報展「白枝荒神遺跡」ポスター.jpg

 今回の展示では、今話題の中国鏡をはじめとした白枝荒神遺跡の最新調査成果を、速報で展示しています。中国鏡の発見は市内初、弥生時代の遺跡から出土した例としては島根県内初となる大変貴重な成果です。
 この機会にぜひ実物をご覧ください。

 博物館ホームページ
  ⇒ http://www.city.izumo.shimane.jp/yayoinomori



本日から開催! 速報展「白枝荒神遺跡の発掘調査〜市内初の中国鏡出土〜」 [2017年11月08日(Wed)]

 本日から、速報展「白枝荒神遺跡の発掘調査〜市内初の中国鏡出土〜」を博物館2階企画展示室の一画を使用して展示しています。

  開催期間:11月8日(水)〜12月4日(月)


【展示概要】
 今年度、発掘調査を実施した白枝荒神遺跡(出雲市白枝町ほか)において、出雲市内で初めて中国鏡が発見されました。白枝荒神遺跡は弥生時代を中心とする集落遺跡であり、弥生時代の遺跡からの中国鏡発見は島根県内でも初めてで、大変貴重な成果です。出土した中国鏡は、1世紀後半ごろに中国(当時は後漢)で作られたもので、意図的に割られた破片(破鏡)の状態で発見されました。
 今回の展示では、中国鏡をはじめとする白枝荒神遺跡の発掘調査の成果をご紹介します。
 H29速報展「白枝荒神遺跡」.jpg
           中国鏡(内行花文鏡)の破鏡

 H29速報展「白枝荒神遺跡」ポスター.jpg

【主な展示物】
 ・中国鏡(内行花文鏡)の破鏡
 ・ガラス玉

【ギャラリートーク】
 開催日:11月11日(土)10時〜
 申込み:不要
 ※展示の見どころをわかりやすく解説します。

 博物館ホームページ
  ⇒ http://www.city.izumo.shimane.jp/yayoinomori


〜「第52回出雲市無形文化財発表会」展示団体紹介〜【直江一式飾り】 [2017年11月07日(Tue)]

 古くは木綿で栄え、現在でも多くの商店が軒を連ねる斐川きっての商業地、斐川町直江からのご出展は、直江一式飾り保存会さんです。

 直江一式飾りは、約300年前の江戸時代に直江町の木綿問屋江角屋善助が駿河国で火防の神さま「秋葉大権現」を勧請して帰ったところ、ある日店で火事を起こしてしまい、神様へのお詫びにと店の道具を使って人形を作り飾ったのが始まりと言われています。平成4年に旧斐川町で無形民俗文化財に指定されました。

10_直江一式飾り(プリント).jpg
≪直江一式飾り館の展示作品≫

 毎年7月に行われる斐川町最大のイベント「なおえ夏祭り」では、直江地区12自治会がその年話題となったことなどをモチーフにし、競って展示しています。

IMG_0743.jpgIMG_0751.jpg
≪なおえ夏祭りで展示される各町内の力作≫

 今回の展示は、大人から子どもまで誰もが知っている昔話「浦島太郎」が題材で、太郎が竜宮城から玉手箱を抱えて帰る一場面です。陶器類を巧みに組み合わせる独創的な発想と工夫された技巧をぜひご覧ください。


 
■第52回出雲市無形文化財発表会
日時/11月19日(日)10:00〜
場所/スサノオホール(佐田町反辺1747‐4)
※詳しくはこちらのホームページをご覧ください。


■なおえ夏祭り
日時/毎年7月16日〜18日
場所/直江一式飾り館周辺(斐川町直江1116)

〜11月11日(土) 「館長講座」受講者募集中!〜 [2017年11月06日(Mon)]

 花谷館長による館長講座を開催します。

 H29館長講座1.jpg

 第1回 11月11日(土) 14:00〜16:00
  「とぶとりの飛鳥と やくもたつ出雲 その一」

  出雲最大の前方後円墳であり、最大の横穴式石室をもつ今市大念寺古墳。
  この古墳が築かれた6世紀後半、飛鳥で何が起きていて、それはここ出雲と
 どんな関連をもっていたのか。その真相に迫ります。

 ■会 場   出雲弥生の森博物館 たいけん学習室
 ■定 員   80名 
 ■受講料   300円
 ■申込方法 下記の申込書により、出雲弥生の森博物館へお申し込みください。
         なお、電話・FAXでも受け付けています。
          ⇒ 館長講座 申込書.pdf

 第2回は1月13日(土)に開催します。

 詳しくは博物館ホームページをご覧ください。
  ⇒ http://www.city.izumo.shimane.jp/yayoinomori


〜「第52回出雲市無形文化財発表会」出演団体紹介〜【万九千社立虫神社神代神楽】 [2017年11月03日(Fri)]

 神在月に全国から出雲に集まられた八百万の神さまが、旅立ち前に最後に立ち寄られ直会を催される、万九千神社が鎮座する斐川町の出西地区併川からのご出演は、万九千社立虫神社神代神楽保存会さんです。

 万九千社立虫神社神代神楽は、古くから神主によって行われてきた神事芸能で、現在も神職と氏子が一体となって継承されています。平成23年に旧斐川町で無形民俗文化財に指定されました。

3.湯立神事 剣舞.jpg
≪神社で奉納される「湯立神事 剣舞」≫

 毎年10月第1日曜日に行われる立虫神社例祭等で奉納されています。また、今月4日・5日に開催される地域伝統芸能全国大会「日本の祭りinしまね2017」にもご出演の予定です

 発表会の演目「茅の輪」は、日本昔ばなしのように裕福だけど意地悪な人と貧しいけど優しい人が登場します。因果応報と優しい心の大切さを教えてくれる神楽です。ぜひご覧ください。

DSC_0152(1).jpg
DSC_0155.jpg
≪「茅の輪」の一場面≫

■第52回出雲市無形文化財発表会
日時/11月19日(日)10:00〜
場所/スサノオホール(佐田町反辺1747‐4)
※詳しくはこちらのホームページをご覧ください。

■地域伝統芸能全国大会「日本の祭りinしまね2017」ホームページ

〜「第52回出雲市無形文化財発表会」出演団体紹介〜【荒茅盆踊り】 [2017年11月01日(Wed)]

 強い甘みとほどよい酸味のハーモニー、デラウェアを中心としたぶどうの産地、長浜地区荒茅町からのご出演は、荒茅盆踊り保存会さんです。

 荒茅盆踊りは、歌舞伎の始祖、出雲阿国が伝えた念仏踊りに由来し、それを習い伝えたのが起源とされており、5つある踊りのうちの行進踊りは、出雲神話まつりの「出雲盆踊り」の踊りにもなっています。

 昭和34年に出雲市で第1号となる無形民俗文化財に指定されました。

3_荒茅盆踊り2.jpg
≪輪になって踊る盆踊り≫

 毎年お盆の8月14日に行われるくにびき祭りでは参加者が輪になって賑やかに踊ります。今月4日・5日に開催される地域伝統芸能全国大会「日本の祭りinしまね2017」にもご出演の予定です。

47回無形文化財 198.jpg
≪踊りの様子≫
DSC_0166.jpg
≪盆踊り唄の熱唱≫

 扇子を広げ、安来節にのって踊る「扇子踊り」が一番の見所です。ぜひご覧ください。

3_荒茅盆踊り1.jpg
≪扇子踊り≫

■第52回出雲市無形文化財発表会
日時/11月19日(日)10:00〜
場所/スサノオホール(佐田町反辺1747‐4)
※詳しくはこちらのホームページをご覧ください。

■地域伝統芸能全国大会「日本の祭りinしまね2017」ホームページ