CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2017年01月 | Main | 2017年03月»
プロフィール

出雲弥生の森博物館さんの画像
出雲弥生の森博物館
プロフィール
ブログ
<< 2017年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
出雲弥生の森博物館職員
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/19) まるまど
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/18) 出雲弥生の森博物館職員
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/11) まるまど
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/10) 出雲弥生の森博物館職員
第1回夏休み体験教室開催! (07/30) まるまど
第1回夏休み体験教室開催! (07/29) 出雲弥生の森博物館職員
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/23) 出雲国風土記
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/10) 出雲弥生の森博物館職員
博物館を面白くするアイデア!? (05/22) アルビくん
博物館を面白くするアイデア!? (05/21)
リンク集
〜ギャラリー展「はそう −須恵器の前方後円墳?!」会期残り1か月!〜 [2017年02月23日(Thu)]

開催期間:平成29年1月11日(水)〜3月20日(月)
観覧料:無料

 IMG_9722.jpg

 現在開催中のギャラリー展「はそう −須恵器の前方後円墳?!」は、ご好評によりたくさんの方にご観覧いただいています。

 これまでブログでは、出雲、石見、伯耆、隠岐のそれぞれの「はそう」の特徴を紹介してきました。今回のブログでは、時代とともに用途が変わる出雲の「はそう」についてご紹介します。

 古墳時代に作られはじめた須恵器「はそう」は、飛鳥時代の7世紀後半になると石見や伯耆では作られなくなってしまいます。同じ形をしていた近畿地方や山陽地方も同じように作られなくなります。両手で捧げながらお酒を注ぐ丸底の「はそう」は、全国的に飛鳥時代に消滅し、その役割を終えたようです。
 ところが、出雲では奈良時代の8世紀にも「はそう」は残ります。出雲の「はそう」は7世紀になると平底になり、机の上でも安定して置けるため、墨を磨るための水差しへと転用されました。時代の変化に対応してその用途を変えながら使い続けられていったのです。
 役所で文書作成にあたる役人の必須アイテムとして奈良時代まで使われ、出雲国府(松江市)では、奈良時代の8世紀前半まで使われていたことがわかっています。


 IMG_0203.jpg

 ギャラリー展の会期も残り1か月となりました。
 ぜひ、この機会にご観覧ください。

〜体験教室「よすみコースターづくり」を開催しました〜 [2017年02月20日(Mon)]

 出雲弥生の森博物館 初の試みで「よすみコースターづくり」を行いました。

 最初に、博物館の展示室で「よすみ」と「女王の勾玉」をじっくりスケッチ。
 思い思いのよすみの形に板を電動糸ノコギリでカットします。板はこの日のために準備した出雲の天然杉です。
 P1000458.jpg

 紙やすりで形を整え、焼き目をつけます。
 P1000472.jpg

 最後に、勾玉の形にカットしたコルクを貼りつけて完成です。
 P1000475.jpg

 上手にできたかな?
 参加者の皆さん、大満足そうでした!!
 1P1000477.jpg


 日時:平成29年2月18日(土) 13時30分〜15時
 参加人数:8人(子供から大人まで)

〜速報展「ふるさとの記録を守る−古文書を未来へ伝えるために」のギャラリートークを開催しました〜 [2017年02月12日(Sun)]

 先月から開催している速報展の関連行事として、2月4日(土)にギャラリートークを開催しました。

 速報展を担当する中山玄貴 史料調査専門研究員が、古文書は、どのようなところから発見されるのか、どのような価値があるのかなど、説明をしました。具体的な例として、田儀櫻井家のたたら製鉄に関する帳簿など出雲で発見された古文書を紹介し、それらから知り得る当時の様子を解説しました。

 IMG_0029.jpg

 近年では、家庭や地域に眠る古文書が、歴史的価値を知られずに処分されることも少なくなく、これらを守り伝えることの重要性を知って欲しいと述べました。

 IMG_0008.jpg

 この日は8人の参加がありました。参加者からは状態を維持して個人で保存するのは難しく、どうすればよいか、また、自宅から出てきた古い書面に、記載されている文字が読めないが、内容を知りたい時はどうすればよいかなど、次々と多くの質問が寄せられました。いずれの質問からも古文書に対する関心の高さがうかがえました。

 この速報展は、4月10日(月)まで開催しています。この機会にご来館いただき、古文書について学び、また、未来への継承について考えてみませんか。

〜体験教室「よすみコースターづくり」を開催します〜 [2017年02月10日(Fri)]

 開催日 平成29年2月18日(土) 13:30〜16:00

 弥生時代のお墓「四隅突出型墳丘墓」の形をしたコースターを作る体験教室を開催します。
 コースターの中央には、勾玉をデザインしたコルクを飾り付けます。
 親子での参加も大歓迎です!! ぜひご参加ください(^^)

  2016体験教室よすみコースター2.jpg  2016体験教室よすみコースター1.jpg

 【会場】     出雲弥生の森博物館 実習室
 【参加費】    無料
 【定員】     15名(概ね10歳以上) ※小学生は大人と一緒に参加ください。
 【必要な物】  汚れてもよい服装
 【申込方法】  電話で博物館へお申し込みください。
           TEL:0853−25−1841
 【注意事項】  電動工具を使用しますので、安全には十分にご注意ください。

〜出雲市文化財保護審議会委員講座「神仏習合と出雲市の文化財」を開催しました〜 [2017年02月09日(Thu)]

 出雲市文化財保護審議会は13名で構成され、その委員のみなさまには、各専門分野から、出雲市の文化財保護についてご意見をいただいています。
 今年も3名の委員にご協力をいただき、講座をお送りいたします。

 初回となる第1回を2月4日(土)14:00から、梶谷 亮治 委員(奈良国立博物館名誉館員)を講師として、「神仏習合と出雲市の文化財」 というテーマで開催しました。

  IMG_0060.jpg

 講座の中では、「都で活躍した鰐淵寺(出雲市別所町)出身の僧には、永暹(えいせん)をはじめ、聖徳太子信仰の僧が多く、鰐淵寺には聖徳太子と何か関係性があるのではないかと思っているが、お寺に遺されている寺宝や、遺構、遺物などからはそれを結びつけるものはまだ見つかっていない。今後の調査で、ふたつの関係に結びつくものが発見させることを期待したい」との話がありました。

  IMG_0062.jpg

 当日は、95名の参加者があり、皆さん熱心に受講されていました。


今後講座は、

 第2回 2月25日(土)14:00〜
 「高瀬川水運と荒木川方役所」
 講師 多久田 友秀 氏(島根県近世史研究会会員)

お申し込みは下記HPから。
 http://www.city.izumo.shimane.jp/yayoinomori