CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2014年06月 | Main | 2014年08月»
プロフィール

出雲弥生の森博物館さんの画像
出雲弥生の森博物館
プロフィール
ブログ
<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
出雲弥生の森博物館職員
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/19) まるまど
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/18) 出雲弥生の森博物館職員
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/11) まるまど
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/10) 出雲弥生の森博物館職員
第1回夏休み体験教室開催! (07/30) まるまど
第1回夏休み体験教室開催! (07/29) 出雲弥生の森博物館職員
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/23) 出雲国風土記
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/10) 出雲弥生の森博物館職員
博物館を面白くするアイデア!? (05/22) アルビくん
博物館を面白くするアイデア!? (05/21)
リンク集
「第4回里見香奈杯争奪 出雲弥生の森ジュニア将棋大会」が開催されました [2014年07月27日(Sun)]

 7月27日、博物館では「第4回里見香奈杯争奪 出雲弥生の森ジュニア将棋大会」が開催されました。
 午前の森九段香川女流王将によるプロ棋士指導対局には、大人から子供まで32名がプロ棋士にチャレンジしました。午後からのジュニア将棋大会には中学生8名、小学生42名が参加して熱い対局を繰り広げていました。
 また、博物館からは高浜T遺跡から出土した将棋盤と駒を展示して、参加者の皆様にご覧いただきました。

P1040175.jpg

P1040178.jpg

P1040188.jpg

P1040171.jpg
第1回企画展関連講演会を開催しました。 [2014年07月21日(Mon)]

 7月21日(月)、大阪大学准教授市 大樹(いち ひろき)氏を講師に招き、「日本古代における文字の使用とその背景」と題して、講演会を開催しました。
 約100名の方にご参加いただき、非常に熱心に聞き入っていました。

 関連講演会は、8月3日(日)、8月30日(土)にも行います。
 ぜひ、お出かけください。

IMG_3040.jpg
古代の方法でオリジナルの紙をつくろう! [2014年07月21日(Mon)]

紙すき体験教室を開催します。

日時:平成26年8月16日(土) 14:00〜16:00
場所:出雲弥生の森博物館 たいけん学習室
定員:10名
受講料:無料
持ち物:タオル、汚れてもよい服装
申込み:電話、ファックス、電子メール等で事前にお申し込みください。

RIMG0619.jpg
藍の葉を摘んで、ハンカチを染めよう! [2014年07月21日(Mon)]

弥生の森博物館で栽培している藍の葉を摘んで、ハンカチを染める体験教室を開催します。

日時:平成26年8月23日(土)10:00〜12:00
場所:出雲弥生の森博物館 たいけん学習室
定員:25名
受講料:無料
持ち物:エプロン、帽子、タオル、汚れてもよい服装
申込み:電話、ファックス、電子メールなどで、事前にお申し込みください。


昨年の様子
IMG_0571.jpg
IMG_0580.jpg
IMG_0585.jpg
出雲弥生の森博物館は来館者数20万人を達成しました! [2014年07月19日(Sat)]

平成22年4月に開館して以来、出雲弥生の森博物館は、地元の皆さまに可愛がられる博物館を目指して努力してまいりました。

みなさまのおかげで、本日、来館者20万人を達成することができました。

20万人目のお客様は、上塩冶町からお越しの池田英夫様と姪御さんの木原柚歌ちゃん、風歌ちゃん姉妹でした。
P1040072.jpg

今後も、歴史文化のまち「出雲」を発信する交流拠点の一つとして、魅力ある展示、様々な講座・教室などを通し、古代出雲の魅力を皆さまにお伝えしてまります。

これからも出雲弥生の森博物館をご愛顧いただきますようお願いいたします。
斐川中央工業団地発掘調査(杉沢遺跡)の現地説明会を開催します! [2014年07月14日(Mon)]

 8月23日(土)、斐川町直江の(仮称)出雲斐川中央工業団地予定地内で実施している発掘調査の現地説明会を開催しますexclamation
 

 
 この発掘調査では、工業団地の開発にともなって、開発予定地内に存在する杉沢遺跡・杉沢U遺跡・杉沢横穴墓群を調査してきました。平成24年度から約2年半をかけて実施しており、今年度が最終年度ひらめきとなります。

 これまでの調査で、古墳時代終末期(約1,400年前)の横穴墓群奈良時代前半(約1,300年前)の『山陰道』と考えられる道路遺構弥生時代中期終わり頃(約2,000年前)の竪穴住居や加工段、県内最古のガラス玉などを発見し、多くの成果が得られましたわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

 今回の現地説明会では、杉沢遺跡の一部で見つかった弥生時代の竪穴住居跡や、戦時中に作られたタコ壺跡などの遺構と、土器や石器などの遺物を間近でご覧いただきます。


 当日の詳しい内容は下記の通りです。また、出雲弥生の森博物館ホームページ、出雲市ホームページにより詳しい案内を掲載しておりますので、そちらをご覧ください。

 多くの皆様のお越しをお待ちしておりますexclamation×2


********************************************************************************
斐川中央工業団地予定地内発掘調査 現地説明会
日 時  平成26年8月23日(土)10:00〜 ※小雨決行

場 所  出雲斐川中央工業団地予定地内(出雲市斐川町直江)
     ※下記の案内図、またはホームページ掲載の案内図をご参照ください。

その他  ・発掘調査現場内に駐車場はございません。アクティーひかわをご利用ください。
       ・現地は足元が悪いため、長靴等の着用をお勧めします。
       ・問い合わせ先:出雲弥生の森博物館( 0853-25-1841)


現説会場案内.png
出雲方言公開講座「出雲ことば再発見」を開催します。 [2014年07月04日(Fri)]

国立国語研究所が行う出雲方言の現地調査に合わせ、公開講座を行います。
受講料は無料ですが、申し込みが必要です。

名 称:出雲方言公開講座/国立国語研究所セミナー
   「出雲方言のつどい―出雲ことば再発見」

日 時:平成26年8月20日(水)19時〜21時
会 場:出雲市役所1階くにびき大ホール
内 容:「出雲方言の特徴ーアクセントを中心に」
       平子達也氏(日本学術振興会特別研究員)
    「出雲弁の息づかい」
       友定賢治氏(広島県立大学名誉教授)
    「出雲弁のある暮らし」
       藤岡大拙氏(出雲弁保存会会長)
受講料:無料
定 員:200人
申込締切:平成26年8月8日(金)
   ・電話 0853−21−6893
   ・FAX 0853−21−6617
   ・電子メール bunkazai@city.izumo.shimane.jp
いずれかの方法で参加者氏名と連絡先を連絡してください。
【動画】職員リレー講座 第3回「上長浜貝塚からわかる古代の漁撈活動」ダイジェスト動画を配信しています [2014年07月04日(Fri)]

6月28日に開催した職員リレー講座のダイジェスト動画を配信しています。古代出雲における漁撈活動についての発表です。ご覧ください。

また、動画で紹介している出土品等は、

 博物館ギャラリー展「上長浜貝塚」(平成26年9月29日まで開催)

で実際にご覧いただけます。ぜひ、ご来館ください。