CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2013年09月 | Main | 2013年11月»
プロフィール

出雲弥生の森博物館さんの画像
出雲弥生の森博物館
プロフィール
ブログ
<< 2013年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
出雲弥生の森博物館職員
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/19) まるまど
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/18) 出雲弥生の森博物館職員
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/11) まるまど
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/10) 出雲弥生の森博物館職員
第1回夏休み体験教室開催! (07/30) まるまど
第1回夏休み体験教室開催! (07/29) 出雲弥生の森博物館職員
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/23) 出雲国風土記
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/10) 出雲弥生の森博物館職員
博物館を面白くするアイデア!? (05/22) アルビくん
博物館を面白くするアイデア!? (05/21)
リンク集
上塩冶横穴墓群現地説明会を開催しました! [2013年10月30日(Wed)]

10月26日(土)の午前中、上塩冶横穴墓群現地説明会を開催しましたexclamationexclamation
 台風台風が接近する中、天気が心配されましたが、なんとか当日の午前中だけは曇り空曇り担当者の日ごろの行いのなせる業でしょうかわーい(嬉しい顔)
 足元の悪い中、当日は160名の皆さんにご参加いただきました。お越しいただいた皆様ありがとうございました。

 説明会では古墳時代のお墓「横穴墓」を間近でご覧いただいたほか、調査で発見された大量の出土遺物もご覧いただきました。
今回の調査現場はくり抜きの家形石棺や出土品の大刀・馬具・ガラス玉など、見どころ満載です。

DSC_0869-2.JPG
説明会の様子
IMG_4961-2.jpg
出土品や写真もたくさん展示しました

 参加していただいた皆さんは出雲の大横穴墓群に興味深深でした。
 今回の説明会は終了しましたが、調査はまだまだ続きます。今後の発見にもこうご期待exclamation




斐川中央工業団地(杉沢遺跡ほか)の発掘調査速報展第2弾が始まります! [2013年10月30日(Wed)]

10月28日(月)まで開催した速報展『斐川中央工業団地〜杉沢遺跡・杉沢U遺跡・杉沢横穴墓群 平成24年度の調査成果〜』をご覧いただきありがとうございました!


 本日10月30日(水)からは、ぴかぴか(新しい)速報展第2弾ぴかぴか(新しい)が始まります!

『斐川中央工業団地〜杉沢遺跡・杉沢U遺跡・杉沢横穴墓群 平成25年度の調査成果〜』と題した今回の速報展では、平成25年5月から行なっている斐川中央工業団地予定地内発掘調査の最新成果ひらめきをお届けしますexclamation

 展示では、古代の『山陰道』の可能性が高い道路遺構(杉沢遺跡)、弥生時代の竪穴住居から出土した島根県内最古級のガラス玉(杉沢U遺跡)、古墳時代最終末期の横穴墓群(杉沢横穴墓群)など、これまでに得た貴重な成果を、写真と、土器やガラス玉などの遺物を通してご覧いただきます。

A丘陵.jpg
【横穴墓の調査(杉沢横穴墓群)】

D丘陵.jpg
【道路遺構の調査(杉沢遺跡)】

E丘陵.jpg
【竪穴住居跡(杉沢U遺跡)】
 
展示風景.jpg
【展示のようす】

 展示場所は、博物館1階のミュージアムショップ隣、遺物整理室の前です。お正月をはさんで1月6日(月)までの約2ヶ月間の展示となります!

 期間内にぜひご覧ください!目ぴかぴか(新しい)
館長講座「お墓が語るヒトの歴史」受講者募集中! [2013年10月29日(Tue)]

出雲弥生の森博物館では、「お墓が語るヒトの歴史」と題して、渡邊貞幸館長による講座を3回シリーズで開催します。
渡邊館長といえば、島根大学名誉教授であり、山陰各地の遺跡にも精通していますので、発掘当時の様子など、ここだけでしか聞けない貴重な話が聞けると思います。この機会に、是非ご参加ください。

館長講座【お墓が語るヒトの歴史】

 第1回:11月 9日 (土)
  お墓の発明―「よみがえれ」

 第2回:12月14日(土)
  王墓の葬式―「よみがえるな!」

 第3回:1月11日(土)
  古志のよすみ―「こだわる!」


■時 間  14:00〜16:00
■会 場  出雲弥生の森博物館 たいけん学習室
■定 員  各講座 80名 
■受講料  各講座 300円
■申込方法
 下記の申込書により、出雲弥生の森博物館へお申し込みください。なお、電話・FAXでも受け付けております。


館長講座申込書.pdf

館長講座パンフレット.jpg



ミニ企画展関連講演「出土銭貨からみた出雲の貨幣事情」を開催しました [2013年10月28日(Mon)]

 10月27日(日)下関市立大学の櫻木晋一教授を講師に迎え、「出土銭貨からみた出雲の貨幣事情」と題して、ミニ企画展関連講演会を開催し、約40名の方にご参加いただきました。
 櫻木先生には、銭などの現物に触れながら、全国と出雲地域の銭貨の特徴などについて、とても分かりやすくご講演いただきました。
 ミニ企画展は、平成26年1月20日まで開催していますので、ぜひお越しください。

PA270009.jpg
第48回出雲市無形文化財発表会の開催について [2013年10月21日(Mon)]

第48回出雲市無形文化財発表会

悠久の時を経て今に伝わる技と心!

8_阿宮神楽保存会2.jpg
阿宮神能保存会(八戸)

●と き
 平成25年(2013)12月1日(日)
 10:00〜16:00(開場9:30)

●ところ
 斐川文化会館(斐川町荘原2172)

●入場料
 当日券500円(前売り400円)※中学生以下無料

●内 容
 詳細は以下のページをご覧ください。

http://www.city.izumo.shimane.jp/www/contents/1193306130207/index.html

逆さ虹 [2013年10月18日(Fri)]

 昨日午後3時半ごろ、博物館からは、珍しい「逆さ虹」を見ることができましたexclamation
「逆さ虹」は、風・大気の状況・太陽の位置・光の角度など、様々な条件が揃った時に見ることができる、とても珍しい大気現象なのだそうですグッド(上向き矢印)見ることができた人はいいことがあるかもしれませんね手(チョキ)

P1020269.JPG

P1020267.JPG

P1020262.JPG

P1020261.JPG
上塩冶横穴墓群発掘調査の現地説明会を開催します! [2013年10月16日(Wed)]

現在、出雲市上塩冶町地内で調査を行っている、上塩冶横穴墓群について、

10月26日(土)発掘調査現地説明会を開催します。

上塩冶横穴墓群はこれまでの調査で、お墓の数が200基を越える県内最大規模の横穴墓群です!

平成24年度には6基の横穴墓を確認しましたが、平成25年度は29基の横穴墓を確認しています。目

現地では、丘陵斜面につくられた横穴墓を間近でご覧頂くとともに、出土した土器や、馬具、大刀、ガラス製の小玉、耳環(イヤリング)等々も展示いたします。

多数の皆さまのお越しをお待ちしていますexclamation

当日の詳しい内容は出雲弥生の森博物館ホームページ、出雲市ホームページからご覧になれます。


上塩冶横穴墓群発掘調査 現地説明会

日時  平成25年10月26日(土) 10:00〜12:00
     少雨決行、荒天時は現地で遺物の展示のみ行ないます。

場所  出雲市上塩冶町地内(ホームページ掲載の案内図をご覧ください)

その他 駐車場は上塩冶築山古墳の駐車場をご利用ください。

DSC_0484(130919).JPG
斜面に造られた横穴墓です

DSC_0523(130925).JPG
横穴墓の中には家形石棺も!
ギャラリー展「神門寺発掘30年」 [2013年10月15日(Tue)]

開催期間 平成25年10月16日〜平成26年2月17日
観覧料  無料


 神門寺境内廃寺で発掘が行われてから、およそ30年経過しようとしています。そこで、神門寺付近遺跡出土の考古資料を最先端の研究成果をもとに紹介します。
 神門寺は、出雲市塩冶町にある浄土宗(元は天台宗)の寺院です。寺の境内や周辺では古代瓦が採取され、また境内に礎石が残ることなどから、古くから古代寺院の遺跡として注目を集めてきました。昭和35年(1960)には、「神門寺境内廃寺跡」として、出雲市の史跡に指定されています。
 ぜひ、お出かけください。

展示の様子
IMG_1272.jpg
古代瓦
IMG_1274.jpg
古墳時代前期の甕
IMG_1277.jpg
「岩ア家文書」ギャラリートーク開催 [2013年10月03日(Thu)]

ギャラリー展開催中の
「佐田町八幡原『岩ア家文書』」について
ギャラリートークを行います。



☆日 時  10月6日(日)午前11時〜、午後2時〜 

☆会 場  出雲弥生の森博物館 2階ギャラリー

☆概 要  
 岩ア家文書の資料を整理した古文書専門職員が岩ア家文書について説明します。ギャラリートークですので予約も受講料も不要で、気軽にご参加いただけます。
 当時の医書の面白さや国内に2冊しかない希少な資料がこの出雲で見つかった驚きやエピソードなどについて分かりやすくお話しします。

☆受講料  無料

ギャラリー展示チラシ.jpg

日御碕神社重要文化財神の宮本殿の屋根修理現場に日御碕小学校・幼稚園の児童のみなさんが見学に来られました [2013年10月02日(Wed)]

日御碕神社では現在重文神の宮本殿の屋根の修理工事を行っています。

10月2日に日御碕小学校・幼稚園の児童・園児のみなさんがこの修理の現場を見学に来られました。

修理に携わっている職人さんが、実演を交えながら、本殿をどうやって修理をしているかの説明をしてくださいました。

檜皮を竹釘で屋根に打ち付けたり、建物に塗料を塗ったりなどの職人さんの技を、児童・園児のみなさんは興味深そうに見ていました。

見学の最後には、竹釘を使った檜皮葺き体験に挑戦しました。
なかなかまっすぐに釘が刺さらず悪戦苦闘する児童もいました。

神社の修理の現場はなかなかみることができません。
こうした貴重な機会を通じて、児童や園児のみなさんには、少しでも地元の文化財や修理に携わる職人さんの仕事に興味を持ってもらえたらと思います。

檜皮葺の作業を見学
131002日御碕小・幼1.JPG

建物に塗料を塗る作業を見学
131002日御碕小・幼2.JPG

竹釘を使った檜皮葺体験
131002日御碕小・幼3..JPG