CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2013年08月 | Main | 2013年10月»
プロフィール

出雲弥生の森博物館さんの画像
出雲弥生の森博物館
プロフィール
ブログ
<< 2013年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
出雲弥生の森博物館職員
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/19) まるまど
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/18) 出雲弥生の森博物館職員
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/11) まるまど
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/10) 出雲弥生の森博物館職員
第1回夏休み体験教室開催! (07/30) まるまど
第1回夏休み体験教室開催! (07/29) 出雲弥生の森博物館職員
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/23) 出雲国風土記
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/10) 出雲弥生の森博物館職員
博物館を面白くするアイデア!? (05/22) アルビくん
博物館を面白くするアイデア!? (05/21)
リンク集
土笛づくり体験学習(大津小学校) [2013年09月29日(Sun)]

9月27日(金)に、大津小学校5年生のみなさんが、博物館で土笛づくり体験学習をされました。

土笛講師は、出雲市斐川町で笛作成をされている樋野達夫さん。
博物館ボランティアさん、大津小学校の先生方、博物館職員も事前に練習して参加しました!

子どもたちは事前に「世界の笛」をテーマに事前学習をしたうえで、今回の土笛づくりに取り組まれましたるんるん

粘土を卵型にし、一度二つに割って中身をくり抜きます。このとき笛を7ミリの厚さにしていきます。
くり抜いた粘土を再度くっつけて、吹口と自分の手に合う場所に慎重に穴を開けて本日の体験は終了!
まだ粘土が固まっていないのですが、すでにきれいな音色がします!

このあと、11月まで乾燥させて、野焼きで焼き固めます。11月の完成が楽しみですね位置情報

講師先生の指導をしっかり聞いて作成していきます
IMG_1105.jpg

粘土を卵形にしていきます
IMG_1107.jpg

一旦二つに割って、くり抜きます
IMG_1151.jpg

再びくっつけて、穴をあけます。11月に焼き固めると写真奥のようになるのですexclamation
IMG_1209.jpg

きれいな音色が出せるかな?
IMG_1211.jpg

11月の野焼きもがんばりましょう!
IMG_1217.jpg
斐川中央工業団地(杉沢遺跡ほか)の現地説明会を行いました [2013年09月26日(Thu)]

 9月21日(土)、斐川中央工業団地予定地内にて、杉沢遺跡・杉沢U遺跡・杉沢横穴群の現地説明会を開催しました。

 当日は、30℃近い真夏日晴れとなり、じっとしていても汗がにじむような暑さでしたが、県内外からおよそ130名の方にご参加いただきました。お越しいただいた皆様、ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

 説明会では、発掘現場を歩きながら、杉沢横穴墓群、杉沢遺跡の調査区内で説明を行いました。また、遺物と写真パネルの展示もあわせて開催し、杉沢横穴墓群、杉沢遺跡出土の須恵器や、杉沢U遺跡出土のガラス玉や弥生土器などを間近でご覧いただきました目

全体.jpg
全体説明のようす

横穴.jpg
〔杉沢横穴墓群〕横穴墓の中を見学
 
D丘.jpg
〔杉沢遺跡〕道路遺構の説明

E丘.jpg
〔杉沢U遺跡〕遺跡を見渡しながらの説明


 今週からは、発掘調査の大詰めを迎えます。引き続き、多くの成果が得られるように調査を進めたいと思いますexclamation

 なお、現地説明会でご紹介した調査成果は、10月30日(水)からの速報展第2弾で改めてお届けする予定です。どうぞご期待くださいるんるん
第4回 弥生の森お月見コンサート [2013年09月23日(Mon)]

9月23日秋分の日、博物館において「第4回弥生の森お月見コンサート」(主催:弥生の森おおつ)が開催されました!

約300人の方々にお集まりいただき、会場は満員御礼るんるん

秋の夜長に、合唱、ピアノ・ギター・金管楽器・オカリナ演奏・ヴァイオリン等、素敵な音楽が博物館を包み、大盛況のお月見コンサートでした満月

森脇和子さん、桑原知穂さん(合唱)、内山武司さん(ギター)
P1020039.jpg

iFoBBeのみなさん(金管楽器)
P1020095.jpg

園山洋史さん(オカリナ)
P1020112.jpg

内山 朱さん(ピアノ)
P1020129.jpg

桑原知穂さん(歌)
P1020141.jpg

福田悠子さん(ヴァイオリン)松田美紀さん(ピアノ)
P1020152.jpg
みちくさ講座を開催しました [2013年09月21日(Sat)]

 9月14日(土)と9月21日(土)にみちくさ講座「“史跡としての水の郷”大津のことやふるさとの歴史をもっと知ろう!」を開催しました。
 14日は「水の郷大津」をテーマに、21日は「近世から近代(藩政時代〜明治、大正、昭和20年の大津」をテーマに開催し、両日あわせてのべ約100名の方にお出かけいただきました。
 身近なふるさとの話題ということもあり、多くの方々に興味を持っていただき、たいへん盛り上がりましたぴかぴか(新しい)
9月14日の様子
IMG_0904.jpg
9月21日の様子
IMG_1026.jpg
9月21日の様子
IMG_1032.jpg
美郷町立大和中学校 職場体験 [2013年09月21日(Sat)]

 9月17日から三日間、美郷町立大和中学校3年生 渡部一輝さんが当博物館に職場体験にいらっしゃいました。

 文化財保護業務、博物館業務、埋蔵文化調査業務など、文化財課、博物館の仕事全般を学んでいただきました。特に、埋蔵文化調査業務では、県道出雲三刀屋線の発掘調査現場で、実際に発掘をしていただきました。

 最終日には、次のような感想文を作成いただきました。今回の博物館での職場体験を通じて、博物館の仕事や「働くこと」の喜びや厳しさを学んでいただけたのではないでしょうか。

『職場体験を通して〜弥生の森博物館で〜』  大和中学校3年 渡部一輝さん

 博物館で体験した係りの仕事は、文化財保護係・博物館学芸係・博物館企画係の3つです。それぞれとても大切な仕事で、仕事をする上で大切なことをや仕事の大変さ、また仕事の楽しさを学びました。
 博物館を案内してもらって、これはどんなものでどこから出てきたのか、またそれを展示する上で、よりわかって楽しんで見てもらえるように、どのような工夫をしているのか聞かせてもらいました。僕は、仕事をする上で一番大切なことは思いやりの心なんだなと思いました。また、とても温かい仕事場でいろいろ助けてもらいました。
 発掘調査はハケを使って少しずつ行うのかな、と思っていましたが、穴を掘るのは重労働で驚きました。
 博物館の方々のお話を聞いて、いつも何となく見ていた物もとても面白く、勉強になりました。また、インターネットで検索しても解らないようなお話を聞けてよかったです。


博物館・史跡公園についての学習
P9181341.jpg

勾玉づくり体験学習
P9181352.jpg

博物館の広報業務として写真撮影
P9181345.jpg

渡部さんが撮影された博物館の写真
DSC_9328.jpg

発掘現場で記念撮影
DSC_0493.jpg
斐川中央工業団地(杉沢遺跡ほか)の現地説明会を開催します! [2013年09月20日(Fri)]

 9月21日(土)に、斐川中央工業団地予定地内で進めている杉沢遺跡、杉沢U遺跡、杉沢横穴墓群の発掘調査現地説明会を開催します!

 これまでの調査で、古墳時代終末期(約1,400年前)の横穴墓群、古代(約1,300年前)の『山陰道』と考えられる道路遺構、弥生時代中期終わり頃(約2,000年前)の竪穴住居と県内最古のガラス玉などを発見し、多くの成果が得られました。

現地説明会では、普段入れない発掘現場で実際に遺構、遺物をご覧いただけます。


 当日の詳しい内容は下記の通りです。また、出雲弥生の森博物館ホームページ、出雲市ホームページにより詳しい案内を掲載しておりますので、そちらをご覧ください。

 多くの皆様のお越しをお待ちしております!


********************************************************************************
斐川中央工業団地予定地内発掘調査 現地説明会

日 時  平成25年9月21日(土) @10:00〜  A13:30〜
      ※小雨決行

場 所  斐川中央工業団地予定地内(出雲市斐川町直江)
     ※下記の案内図、またはホームページ掲載の案内図をご参照ください。

その他  ・発掘調査現場内に駐車場はございません。アクティーひかわをご利用ください。
       ・現地は足元が悪いため、長靴等の着用をお勧めします。
       ・問い合わせ先:出雲弥生の森博物館( 0853-25-1841)
        
             

kaijouannai.jpg
ギャラリー展 新 市指定文化財 佐田町八幡原「岩ア家文書」を開催しています [2013年09月18日(Wed)]

 佐田町八幡原「岩ア家」に伝わる中世末期から近代の古文書248点が、本年7月に出雲市指定文化財に指定されました。
 それを記念し、出雲弥生の森博物館ではギャラリー展を開催しています。
 資料の中で特に注目すべきは医学書関係資料で、中でも古活字版の『医方大成論(いほうたいせいろん)』は同じ版木で作られた本は国内で他に1冊しかありません。
 また芸能関係資料では、浄瑠璃本の『ゑぼしをり』は国内新出の奥書を持っています。
 そのほか、『庭訓往来(ていきんおうらい)』や『検地帳』など幅広い資料を展示します。
 貴重な資料ですので、この機会にぜひご観覧ください。


1.件名
  ギャラリー展 新 市指定文化財
  佐田町八幡原「岩ア家文書」

2.期間
  9月11日(水) 〜 10月14日(月)
3.場所
  出雲弥生の森博物館 2階 ギャラリー
4.観覧料
  無料



130911ギャラリー展1.JPG

130911ギャラリー展2.JPG
特別展関連講座「中世出雲神話と『出雲国風土記』」を行いました! [2013年09月05日(Thu)]

8月24日(土)に特別展関連講座として、
当館職員・橋周が「中世出雲神話と『出雲国風土記』」を行いました。
現在開催中の特別展「もう一つの出雲神話−中世の鰐淵寺と出雲大社」の関連講座としては3回目となります。第1回・第2回目ともに100名を超える皆さまにお越し頂いておりますが、
今回も129名の方々に聴講して頂きました。

今回は中世出雲神話の総まとめという意味もあり、神話が記されたすべての文書をご紹介しました。
古くは鎌倉時代の1250年から新しくは江戸時代の1810年まで。
いざ並べてみて、少なくとも560年間は、その内実を変化させたとはいえ、文字として残されていたと思うと、中世神話の存在の大きさを実感します本グッド(上向き矢印)

逆に、古代の出雲神話が再認識されたのは江戸時代半ば以降、つまりこの300年の間のことなのです。そうすると、本来の「いずもの神話」はどのようなものだったのか?と考えさせられますね。

実は、こうした「本来のいずもの神話」を、みなさまに再認識、再発見して頂きたいというのが、今回の特別展や関連講座のねらいの一つだったのですひらめき

観光パンフレットなどに活字化されていることがすべてではなく、出雲にはまだまだ魅力的な神話や歴史が眠っているのですexclamation

風土記写本(圧縮).jpg

写真は、今回の講座で取り上げた『出雲国風土記』の写本です。

この『風土記』に載る神話は、当時の天皇に進上された、いわば完成した神話なのです。
つまり、その話が当時の出雲の人々に知られた話であったとは言い切れないのです。

今回の講座では、この『出雲国風土記』と中世出雲神話との関係について、その神話の内容や、中世の出雲における写本の有無をさぐる観点から、お話させて頂きました位置情報

特別展「もう一つの出雲神話
−中世の鰐淵寺と出雲大社−」
9/9(月)まで開催中です!
第4回弥生の森「お月見コンサート」開催! [2013年09月02日(Mon)]

 9月23日(秋分の日)は、出雲弥生の森博物館において、第4回弥生の森
「お月見コンサート」が開催されます満月

 会場では、弥生の森にぴったりのオカリナ演奏(奏者 園山洋史さん=出雲
市出身)や、グランドピアノやヴァイオリンの演奏などをお楽しみいただけまするんるん

 秋の一夜、お月見と素敵な演奏で、癒しのひとときをお過ごしくださいグッド(上向き矢印)

1.日 時 9月23日(月)18:00〜20:30 開場17時30分
2.会 場 出雲弥生の森博物館
3.前売券 500円 
  大津コミュニティセンター、弥生の森博物館、くるみ市 で販売しています。

25月見コンサートちらし.jpg25月見コンサートちらし-2.jpg