CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2013年07月 | Main | 2013年09月»
プロフィール

出雲弥生の森博物館さんの画像
出雲弥生の森博物館
プロフィール
ブログ
<< 2013年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
出雲弥生の森博物館職員
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/19) まるまど
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/18) 出雲弥生の森博物館職員
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/11) まるまど
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/10) 出雲弥生の森博物館職員
第1回夏休み体験教室開催! (07/30) まるまど
第1回夏休み体験教室開催! (07/29) 出雲弥生の森博物館職員
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/23) 出雲国風土記
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/10) 出雲弥生の森博物館職員
博物館を面白くするアイデア!? (05/22) アルビくん
博物館を面白くするアイデア!? (05/21)
リンク集
斐川中央工業団地(杉沢遺跡ほか)の発掘調査速報展が始まりました! [2013年08月28日(Wed)]

 8月26日(月)まで開催しました『上塩冶横穴墓群発掘調査速報展』は、第1弾・第2弾ともに数多くの方々にご覧いただき、ありがとうございました。今後の調査成果にもご期待ください!わーい(嬉しい顔)

 本日8月28日(水)からは、新しくぴかぴか(新しい)速報展『斐川中央工業団地〜杉沢遺跡・杉沢U遺跡・杉沢横穴墓群 平成24年度の調査成果〜』ぴかぴか(新しい)と題して、出雲市斐川町直江の『斐川中央工業団地』予定地で昨年7月から行なっている発掘調査の成果を展示します。

 今回は、その第1弾exclamation×2  昨年7月から翌2月に行った調査成果をお届けします。

調査のようす.JPG
調査の様子(杉沢遺跡)

 調査地は、県種豚場のあった平地とそれを取り囲む丘陵からなります。昨年度の調査では丘陵の斜面や尾根上に弥生時代中期後半(約2,000年前)の加工段、古墳時代終末期(約1,300年前)の横穴墓群、大溝などの遺構と、土器などの遺物が見つかりました。

今回は、調査中の写真カメラとともに、出土した弥生土器、土師器、須恵器を展示しますひらめき

展示の様子.JPG
展示の様子

 展示場所は、博物館1階のミュージアムショップの隣、遺物整理室の前です。
 第1弾は10月28日(月)まで、続けて10月30日(水)からは、第2弾として今年度の調査成果をお届けする予定です。
 観覧料は無料ですので、この機会にぜひご覧くださいわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
田儀櫻井家の歴史学習を行いました。 [2013年08月23日(Fri)]



田儀櫻井家の歴史学習を行いました。イベント

 先日、8月10日に出雲市多伎町奥田儀の宮本鍛冶山内遺跡内で風の子楽習館(多伎町口田儀)主催のヤマメのつかみ取りの体験学習が行われました。この日は、小学生から一般の方まで60名が参加されました。晴れ

 ヤマメのつかみ取りが行われたのは、国史跡宮本鍛冶山内遺跡の中心部を南北に流れる宮本川です。

 皆さん、早くヤマメをつかみたいexclamation&questionようでしたが、その前に、文化財課から、田儀櫻井家の歴史、文化財、発掘調査のようすなどをお話しさせていただきました。

IMG_7117_R.jpg 
遺跡説明のようす(写真提供:風の子楽習館)

初めて宮本鍛冶山内遺跡を訪れた方から「重要な遺跡があったことを初めて知りました」という声も聞きました。

その後はいよいよ宮本川に入りヤマメのつかみ取りです。あせあせ(飛び散る汗)
IMG_7130_R.jpg 
ヤマメつかみ取りのようす(写真提供:風の子楽習館)

みなさん苦労してつかみ取ったヤマメを広場(田儀櫻井家本宅跡周辺)で塩焼きにしておいしく食べましたexclamation×2

毎年、この機会に普段は、鍵の閉まっている宮本鍛冶山内遺跡内の智光院(田儀櫻井家の菩提寺:大正時代から住職のおられないお寺)も開けてみなさまに見学してもらっています。

来年も開催される予定です。ぜひ!参加くださいexclamation




 
夏休み子ども体験教室「草木(藍)染め」を開催しました! [2013年08月18日(Sun)]

8月18日(日)、夏休み子ども体験教室「草木(藍)染め」を開催しましたexclamation×2
保護者を含め、約30人に参加していただきました。

IMG_0571.jpg

博物館の裏で栽培している藍(あい)の葉を摘んだ後、細かくして染め汁を作りました。

IMG_0580.jpg

絹のハンカチを輪ゴムや割り箸で縛って染めると、様々な模様のついたきれいな青緑色になりましたぴかぴか(新しい)

IMG_0585.jpg
サマーナイトミュージアムを開催しました! [2013年08月11日(Sun)]

8月11日は、夏の特別企画「サマーナイトミュージアム」を開催しましたexclamation
博物館・2号墓展示施設は、通常、17時に閉館しますが、この日は20時まで延長開館しました時計

博物館前では、古代衣装に身を包んだ博物館職員と、マスコットキャラクターの『よすみちゃん』が、かき氷のサービスでお客様をお出迎えしましたグッド(上向き矢印)

IMG_0502.jpg

また、普段は見ることのできない博物館の裏側を公開する『バックヤードツアー』には、大人も子どもも興味津々でご参加いただきました位置情報

IMG_0493.jpg


当日は、出雲神話まつり花火大会が開催されており、博物館前の公園からは、すばらしい花火を見ることができました。公園内の3号墓からみた花火風景は、『出雲弥生の森博物館フェイスブック』で公開中ですぴかぴか(新しい)

佐田町八幡原「岩ア家文書」が出雲市指定文化財に! [2013年08月06日(Tue)]

 佐田町八幡原の岩ア家で代々大切に伝えられてきた古文書が
出雲市の指定文化財に「佐田町八幡原『岩ア家文書』」
 として指定されました。

 岩ア家文書の中で最も注目されるものは医学関係資料で、その中の一つが雲州の領主、塩氏(塩冶氏?)が慶長17年(1612)に作らせた
古活字版『医方大成論(いほうたいせいろん)』です。
同じ奥付はこれ以外に国内では1冊ひらめきしか確認されてない希少本です。

医方大成論2.jpg『医方大成論』


 そのほか芸能関係資料では
『ゑぼしおり(烏帽子折)』と〔薩摩守忠度(さつまのかみただのり)〕
は、従来知られていたものに次ぐ
2点目の発見ひらめきです。
ゑほしおり1.jpg『ゑぼしおり』
出雲弥生の森博物館キャラクター3-.jpg「同じ奥付の『ゑぼしおり』のもう1冊はぴかぴか(新しい)台湾大学総合図書館ぴかぴか(新しい)に所蔵されてるんだって」



薩摩守忠度2.jpg〔薩摩守忠度〕
出雲弥生の森博物館キャラクター3-.jpg「絵入りの本の多くは幕末から明治にかけて海外に流出してしまっていてとても貴重なんだって
細字本の〔薩摩守忠度〕のもう1冊はぴかぴか(新しい)パリ国立図書館ぴかぴか(新しい)に所蔵されているよ。」


 また、手習い関係資料や岩崎家の由緒を書いた「覚」や「検地帳」など近世の岩ア家、佐田町の歴史を解明する上で欠かせない資料が多数残されています。

 全国的にも注目される中世末から近世初期の古医書、芸能関係の資料から近年の各種記録類まで幅広く残されている岩ア家文書を
9月11日(水)から弥生の森博物館で一般公開します。
 
詳しくは後日お知らせします。 お楽しみに手(チョキ)


「古代の鏡づくり」体験(鰐淵小学校) [2013年08月04日(Sun)]

 弥生の森博物館では、様々な体験学習ができます。
 今日は、鰐淵小学校のみなさんが「古代の鏡づくり」を体験されました。
 約60人が参加され、親子で協力してピカピカな鏡ぴかぴか(新しい)が完成しましたexclamation

溶かした金属を鋳型(いがた)に入れて固めています。
鰐淵小鏡づくり

鏡をピカピカになるまで磨きます。
鰐淵小鏡づくり

みんな上手にできましたね手(チョキ)
鰐淵小鏡づくり
特別展関連講座を行いました! [2013年08月04日(Sun)]

出雲弥生の森博物館特別展
「もう一つの出雲神話−中世の鰐淵寺と出雲大社−」に関連して、

佛教大学教授・斎藤英喜氏より

「神話学から見た中世出雲神話」と題して、ご講演頂きました。

IMG_0371(圧縮).JPG

当日は106名の方々に聴講頂きました。

スサノヲがなぜ中世出雲神話の主役になり得たのか?

知られざる中世神話の世界をご聴講の皆さまは興味深く聞き入っておられました。


また、博物館では特別展開催期間中、斎藤英喜氏の著書「荒ぶるスサノヲ、七変化<中世神話>の世界」(1,785円 税込)を販売しております。

みなさまのご来館をお待ちしております。