CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2013年05月 | Main | 2013年07月»
プロフィール

出雲弥生の森博物館さんの画像
出雲弥生の森博物館
プロフィール
ブログ
<< 2013年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
出雲弥生の森博物館職員
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/19) まるまど
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/18) 出雲弥生の森博物館職員
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/11) まるまど
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/10) 出雲弥生の森博物館職員
第1回夏休み体験教室開催! (07/30) まるまど
第1回夏休み体験教室開催! (07/29) 出雲弥生の森博物館職員
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/23) 出雲国風土記
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/10) 出雲弥生の森博物館職員
博物館を面白くするアイデア!? (05/22) アルビくん
博物館を面白くするアイデア!? (05/21)
リンク集
職員リレー講座(第3回)を開催しました! [2013年06月22日(Sat)]

6月22日職員リレー講座の第3回を開催しました。

本日は遷宮で沸く出雲大社をテーマに、文化財保護係の野坂が、「遷宮記念!出雲大社の建造物について」と題して講演を行いました。
出雲市内外からなんと93名の方が講座を聞きに駆けつけてくださいました!
IMG_0031w.jpg

講座では遷宮にまつわる様々な話が聞けました。

今回の遷宮にあわせて行われた様々な調査により、檜皮葺(ひわだぶき)の本殿の屋根の構造が予想以上に重厚なものであった事、あわせて行われた境外社の修理においては、境内社の古材が境外社に用いられていた事など、たくさんの事がわかりましたひらめき

また、今回の遷宮では昭和の遷宮では行われなかった「ちゃん塗り」が施され、明治期以前の出雲大社の姿が復元されました。

すばらしい先人の知恵や昔の職人さんの技術、そして出雲大社のスケールの大きさにはただただ驚かされるばかりでした。今後も銅鳥居の修理などが行われる予定で、新たな発見がありそうな出雲大社から目が離せませんねexclamation×2

今回で今年の職員リレー講座は終わりですが、今後も博物館では様々な楽しくて興味深い講座を企画していきますハートたち(複数ハート)
ぜひご期待ください!!
ボランティアさんに清掃活動をしていただきました! [2013年06月22日(Sat)]

弥生の森も夏に向けて新緑が美しい季節になってきましたわーい(嬉しい顔)
それとともに雑草も…がく〜(落胆した顔)

ということで、本日は地元のボランティア団体の「フレンドクラブ」さんが史跡公園の草刈りをしてくださいました!

IMG_0025w.jpg
花壇の中も…


IMG_0027w.jpg
道路の方まですみずみと…

18名の皆さんのおかげで史跡公園が見違えるようにきれいになりましたるんるんるんるん

フレンドクラブの皆さん、本当にありがとうございました黒ハート

とってもきれいになった新緑に萌ゆる弥生の森に皆さんで遊びに来てくださいね!!
(ホトトギスの美しい鳴き声も聞けますよ。)

モリアオガエルの産卵状況調査を行いました [2013年06月19日(Wed)]

 モリアオガエルの産卵数調査を出雲市内で最大の生息地である多伎町の7つの池で行いました。

 この調査は、県の準絶滅危惧種に指定されている貴重なモリアオガエルの生息地を保護する事を目的として、昭和58年(1983)から続けています。

平成25年度モリアオガエル結果.JPG

 産卵状況の結果としては、観測以来4番目の多さでした。(1,106個)

 モリアオガエルは、池にせり出した木の枝などに粘液を泡立てた泡の塊(卵塊)を作り、その中に卵を産み付けるのが特徴で、卵塊はソフトボールぐらいの大きさです。

 今年は、まとまった雨が少なく、池の水位もかなり低かったため産卵に適した状態とは言えませんでしたが、近年の良好な産卵数のお陰で、平均値(755個)を大きく上回る結果となりました。

 例年の調査では、卵塊の中で孵化したおたまじゃくしが池に落ち泳ぐ姿が見られますが、今年は全く見かけなかったため、産卵時期が1〜2週間程度遅れていると思われます。

 今後池の水量が通常の状態に戻る程度のまとまった雨が降れば、更に卵塊数が増えると考えています。

●リサイズP6180009.JPG
<木の枝に垂れ下がったモリアオガエルの卵塊>

●リサイズP6180011.JPG
<多伎町の7箇所の池で調査を実施>

●リサイズP6180002.JPG
<今年はまとまった雨が少なく池の水量も少なかった>

 モリアオガエルの繁殖地は年々減少しており、全国的にも貴重であることから出雲市多伎町の繁殖地をみなさんとともに守っていきたいと思います。


職員リレー講座(第2回)を開催しました! [2013年06月08日(Sat)]

6月8日、職員リレー講座の第2回を行いました!
演題は「-砂に埋もれた遺跡− 板津焼山遺跡調査の報告」です。
板津焼山遺跡は出雲市湖陵町板津地区でなんと平成23年に発見されたばかりのニューフェイスの遺跡です!!グッド(上向き矢印)
しかも、分厚い砂の堆積の下から発見されたのです!!ひらめき

今回は都合により講師を変更し、文化財課保護係の野坂と埋蔵文化財1係の曽田で講座を進めました。出雲市内外から62人の方がいらっしゃいました!わーい(嬉しい顔)

IMG_2518.jpg

今回の板津焼山遺跡の調査で、これまで無いだろうと思われていた神西湖の西側(板津地区)で遺跡が見つかったこと、また、「出雲国風土記」で「『薗の松山』が砂で埋まってしまいそうだ」という記述の裏付けが取れたことなどの驚きの新発見がありましたよ!!ハートたち(複数ハート)

講座に訪れた方からは「地元の遺跡についてよく知る事ができてよかったです。他にももっと遺跡があるのではと期待してしまいます!」といった声もありました!ひらめき

次回の講座は6月22日土曜日、14時からです。
テーマは「遷宮記念!出雲大社の建造物について」です。
皆様、ぜひお越しください!!わーい(嬉しい顔)
ギャラリー展示 写真展『国の登録文化財』が始まりました。 [2013年06月04日(Tue)]

ギャラリー展示状況軽い.JPG
出雲弥生の森博物館 ギャラリー展示
写真展『国の登録文化財』

が始まりました。

【開催期間】  2013年6月5日(水)〜 9月2日(月)

 出雲市文化財課では、近代建造物を守り、未来に残す仕事をしています。その結果、5ヵ所が国の登録有形文化財にななっています。今回のギャラリー展示では、出雲市所在の登録有形文化財を写真で紹介します。これらの建造物は、今も現役で使われています。明治から昭和にかけて撮影された写真と比較しご観覧ください。
 
【展示写真】
出雲日御碕灯台(大社町)、いなさ会館(大社町)、一畑電鉄出雲大社前駅舎(大社町)、一畑電車布崎変電所(多久町)、石橋家住宅(平田町)



4.jpg
                日本一高い日御碕灯台

7.jpg
  ステンドグラス風の窓が鮮やかな一畑電鉄出雲大社前駅舎